霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 不眠症(ふみんしやう)〔一一七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻 篇:第1篇 神示の合離 よみ:しんじのごうり
章:第5章 不眠症 よみ:ふみんしょう 通し章番号:1174
口述日:1922(大正11)年12月07日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年8月18日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
祠の前で見張りをしていた五十公は、イル、イク、サールたちがヨル、テル、ハルの新顔を連れてきたので治国別を起こした。治国別は早くも、バラモン教の落ち武者であろうと察している。
治国別は新客の三人に目通りするために、寝所を離れて祠の前にやってきた。ヨルは酔った勢いで調子に乗ってバラモン教を抜け出したいきさつを語り始める。テルとハルは治国別に投降と帰順を申し出た。治国別は三人の帰順を許した。
道公と伊太公は物音に目をさまし、祠の様子を見に行こうと掛け合いを始めた。純公、万公も目をさまし、治国別が行ったのだから大丈夫だと安眠を勧めた。五十子姫、玉国別も歌を歌い、ふたたび眠りについた。そうするうちに夜は明けてきた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4405
愛善世界社版:57頁 八幡書店版:第8輯 160頁 修補版: 校定版:58頁 普及版:28頁 初版: ページ備考:
001 治国別(はるくにわけ)002玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)(ほこら)(まへ)立出(たちい)で、003上方(じやうはう)以前(いぜん)(もり)(かげ)(おのおの)(みの)()野宿(のじゆく)なしゐる。004そこへ(ほこら)(まへ)見張(みは)りをさして()いた五三公(いそこう)はいそいそとして(はし)(きた)り、
005『もしもし、006治国別(はるくにわけ)先生(せんせい)007(にはか)にお(きやく)さまが()えました。008どう(いた)しませうか』
009 (この)(こゑ)治国別(はるくにわけ)不図(ふと)()()まし、
010(この)(やま)(なか)でお(きやく)さまを(むか)へた(ところ)仕方(しかた)がない。011(しか)(なが)(その)(きやく)()ふのは如何(いか)なる(ひと)か。012大方(おほかた)バラモン(けう)落武者(おちむしや)であらうなア』
013『ハイ、014(さつ)しの(とほ)りバラモン(けう)先生(せんせい)三人(さんにん)やつて()ました。015さうして()()いた(やつ)沢山(たくさん)葡萄酒(ぶだうしゆ)山籠(やまかご)一杯(いつぱい)つめ()()()りますぜ。016大方(おほかた)(どく)でも(はい)つてゐるのかと(おも)ひ、017(つめ)をとつて()つて()(をとこ)毒味(どくみ)をさして()ましたが大丈夫(だいぢやうぶ)です。018(なん)でも一人(ひとり)(あたま)(ひか)つた若年寄(わかどしより)()(やう)なテルと()(やつ)019(ひと)つは(あふぎ)をパツと(ひら)いた(やう)(うへ)ほど(あたま)のハルと()(やつ)020一人(ひとり)(あし)のヨボヨボしたヨロとかヨルとか()(やつこ)さまで(ござ)いますわい。021それはそれは(おつ)(こと)()ひますぜ。022(ひと)()つてやつて(くだ)さいませな』
023『チツと(しづ)かにものを()はぬか。024(みな)さまがお(やす)みの邪魔(じやま)になるぢやないか。025さうして如何(いか)なる要件(えうけん)か、026それを()いたぢやらうな』
027『まだ()いては()りませぬが、028委細(ゐさい)はイル、029イク、030サールの三人(さんにん)承知(しようち)してゐる(はず)です。031彼奴(あいつ)引張(ひつぱ)つて()たのですからな。032滅多(めつた)裏返(うらかへ)気遣(きづか)ひはありますまい、033()づイル、034イク、035サールの三人(さんにん)信用(しんよう)してやつて(くだ)さいませ』
036()(かく)もここで()ふと(みな)さまの安眠(あんみん)妨害(ばうがい)になるから、037(ほこら)(まへ)(まで)出張(しゆつちやう)することにしようかな』
038『ハイ、039御苦労(ごくらう)(なが)(よろ)しくお(ねが)(いた)します』
040()ふより(はや)五三公(いそこう)(よる)山坂道(やまさかみち)飛鳥(ひてう)(ごと)()(くだ)り、041(ほこら)(まへ)()つてゐる六人(ろくにん)(むか)ひ、042ハアハアと(いき)(はづ)ませ、
043『おい、044イル、045イク、046サール、047テル、048ハル、049ヨル、050半打(はんダース)人間(にんげん)さま、051五三公(いそこう)さまの交渉(かうせふ)委員(ゐゐん)大成功(だいせいこう)だよ。052治国別(はるくにわけ)(さま)特別(とくべつ)(もつ)てお()にブラ(さが)つてやらうと仰有(おつしや)るのだ。053さア(いま)にも此処(ここ)御出張(ごしゆつちやう)になるのだから(えり)(ただ)し、054(からだ)(なほ)して(つつし)みてお(むか)へをするが()いぞ』
055『それは(まこと)早速(さつそく)御承知(ごしようち)056有難(ありがた)い、057ヨルの()うな(もの)にも()つて(くだ)さいますか、058これと()ふのも(まつた)神様(かみさま)のお(かげ)だ』
059(これ)()ふのも幾分(いくぶん)かは五三公(いそこう)さまのお(かげ)だと()つた(ところ)で、060あまり(もと)のきれる(はなし)ぢやないがな、061アハヽヽヽ』
062 ()(わら)(ところ)静々(しづしづ)足許(あしもと)()をつけ(なが)七人(しちにん)(まへ)(あら)はれたのは治国別(はるくにわけ)である。
063『バラモンからお(いで)になつたお(きやく)さまとは、064(まへ)さまのことかな』
065 ヨルは(おそ)(おそ)(まへ)(すす)み、066(あたま)(ふた)()()(なが)ら、
067『ハイ、068(わたし)はランチ将軍(しやうぐん)恩顧(おんこ)()けてゐるヨルと(まを)(もの)(ござ)いますが、069(じつ)(ところ)は、070(おほい)(かん)ずる(ところ)があつて三五教(あななひけう)貴方様(あなたさま)にお(ねが)ひの(すぢ)があつて遥々(はるばる)(まゐ)りました』
071(ねが)ひの(すぢ)とは何事(なにごと)(ござ)るか』
072(じつ)(わたし)玉山峠(たまやまたうげ)(おい)三五教(あななひけう)言霊(ことたま)敬服(けいふく)(いた)し、073(また)もやクルスの(もり)(おい)ても言霊(ことたま)威力(ゐりよく)遁走(とんそう)し、074片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)先鋒隊(せんぽうたい)(また)(もろ)くも打破(うちやぶ)られたと()(こと)()くより、075信仰(しんかう)基礎(どだい)がぐらつき()し、076これやどうしても吾々(われわれ)(しん)ずる(かみ)宇宙(うちう)根本(こんぽん)(かみ)でない。077(かみ)のために(はたら)戦争(いくさ)(これ)()負続(まけつづ)けては、078(なに)かの原因(げんいん)がなくてはならぬ。079ここは(おほ)いに(かんが)ふべき(ところ)だと沈思黙考(ちんしもくかう)結果(けつくわ)080三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)することに()めたので(ござ)ります。081それについてバラモン(けう)のランチ将軍(しやうぐん)部下(ぶか)に、082(もつと)もバラモンに熱心(ねつしん)にして()頑固(ぐわんこ)身霊(みたま)(きこ)えあるテル、083ハルの両人(りやうにん)帰順(きじゆん)させ、084(これ)(わたし)のお土産(みやげ)として葡萄酒(ぶだうしゆ)()へて()()つて(まゐ)りました。085何卒(どうぞ)この(こう)(めん)じて今迄(いままで)三五教(あななひけう)抵抗(ていかう)した(つみ)をお(ゆる)しの(うへ)086貴方(あなた)のお弟子(でし)(くは)へて(もら)()いもので(ござ)ります』
087三五教(あななひけう)(まけ)るのも()つのも、088バラモン(けう)(まけ)るのも()つのも(みんな)神様(かみさま)御摂理(ごせつり)だ。089一度(いちど)二度(にど)(いくさ)勝負(しようぶ)によつて(かみ)(ちから)(ため)すと()(こと)僣越(せんえつ)沙汰(さた)でせう。090それ(くらゐ)薄弱(はくじやく)基礎(きそ)(もと)入信(にふしん)するやうの(ひと)ならば、091(この)(さき)三五教(あななひけう)不幸(ふかう)にして(まけ)(とき)矢張(やつぱり)バラモン(けう)(かみ)(はう)(えら)いと()つて、092(くびす)(かへ)逆転(ぎやくてん)せなくてはなりますまい。093そンなに()(かは)るお(かた)三五教(あななひけう)には()りませぬからな』
094(なん)とまア、095(むつ)かしい(をしへ)(ござ)りますな。096(けつ)してさう()軽佻浮薄(けいてうふはく)吾々(われわれ)では(ござ)りませぬ。097これにはいろいろの動機(どうき)(ござ)ります。098(ただ)戦争(せんそう)(はなし)をしたのは御参考(ごさんかう)のために、099一部分(いちぶぶん)理由(りいう)申上(まをしあ)げたに()ぎませぬ。100第一(だいいち)テル、101ハルの(ごと)没暁漢(わからずや)改心(かいしん)させたのを証拠(しようこ)何卒(どうぞ)102入信(にふしん)のお(ゆる)しを(ねが)ひます』
103『ハア……』
104『モシ宣伝使(せんでんし)(さま)105(この)ヨルの()(こと)(あて)になりませぬよ。106(じつ)(ところ)(この)ハルと(わたし)両人(りやうにん)守衛(しゆゑい)(つと)めテルと、107あまり(さむ)うて退屈(たいくつ)なので職務(しよくむ)不忠実(ふちうじつ)とは(おも)(なが)一寸(ちよつと)一杯(いつぱい)聞召(きこしめ)して()(ところ)へ、108(こは)(かほ)して(この)ヨルさまが見廻(みまは)りにやつて()て「こりやこりやその(はう)(たち)両人(りやうにん)は、109バラモン(がみ)大黒主(おほくろぬし)(さま)御事(おんこと)(わる)(まを)し、110三五教(あななひけう)()めて()つたぢやないか。111()しからぬ代物(しろもの)だから、112これから両人(りやうにん)面縛(めんばく)して片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)面前(めんぜん)引立(ひきた)ててくれむ」と威猛高(ゐたけだか)になり、113それはそれは大変(たいへん)(にら)(かた)(ござ)りました。114そこを吾々(われわれ)両人(りやうにん)がうまく(さけ)()()み、115(どろ)()かして()れば、116此奴(こいつ)矢張(やつぱり)(こころ)(そこ)三五教(あななひけう)天国(てんごく)(ひら)けて()ると()え、117(よひ)がまはるにつけバラモン(けう)をこき()ろすので、118此奴(こいつ)大丈夫(だいぢやうぶ)だと、119ヘベレケに()うたズブ(ろく)さまを駕籠(かご)()せて、120ここ(まで)(あが)つて()たので(ござ)ります。121このテルだつて(けつ)してヨルの()(やう)(わる)人間(にんげん)では(ござ)りませぬ。122(また)123それほどバラモンに熱心(ねつしん)なものでも(ござ)りませぬから、124御安心(ごあんしん)なすつて(くだ)さいませ。125なア、126ハル、127それに間違(まちがひ)ないな』
128 ハルは(あと)()いで、
129『テル(こう)()つた(とほ)一分一厘(いちぶいちりん)相違(さうゐ)(ござ)りませぬ。130貴方(あなた)もヤンチヤの氏子(うぢこ)()えたと(おも)つて何卒(どうぞ)大目(おほめ)()(ひろ)()げて(くだ)さいませえな』
131治国別(はるくにわけ)敵味方(てきみかた)(かき)(つく)りて(あらそ)ふは
132(とり)(けだもの)仕業(しわざ)なるらむ。
133天地(あめつち)(つく)(たま)ひし皇神(すめかみ)
134()(なほ)すらむ(しこ)枉事(まがこと)
135三五(あななひ)(みち)(たづ)ねて()(ひと)
136つれなくやらふ(みち)しなければ。
137()(きた)るテル、ハル、ヨルの三柱(みはしら)
138生言霊(いくことたま)()(つた)へせむ。
139(いま)よりは(まこと)(かみ)(うぢ)()
140なりて(つく)せよ世人(よびと)()めに』
141ヨル『有難(ありがた)(こころ)(はな)(ひら)くなる
142治国別(はるくにわけ)(いづ)言霊(ことたま)
143今日(けふ)よりは(こころ)(あか)()(はら)
144(やす)(たの)しく(みち)(つか)へむ』
145テル『(かぎ)りなき(めぐ)みの(つゆ)四方(よも)(くに)
146(うるほ)(わた)るテルの神国(かみくに)
147テルと()ふは(そら)(かがや)日月(じつげつ)
148(ひかり)ばかりか(わが)(かしら)もてる』
149ハル『ハル()ぎて(なつ)()(あき)(また)()ぎて
150みたまの(ふゆ)(かかぶ)りにける。
151皇神(すめかみ)恩頼(みたまのふゆ)()けむとて
152(つゆ)生命(いのち)(なが)らへてけり』
153イル『大神(おほかみ)(すく)ひの(みち)(すす)みイル
154(われ)(たの)しき身魂(みたま)なりけり』
155サール『腹帯(はらおび)(いま)やしつかり()(なほ)
156世人(よびと)のために(まこと)(つく)さむ。
157()(みだ)(まが)もサールの神言(かみごと)
158言向和(ことむけやは)(きみ)(たふと)き。
159清春(きよはる)(やま)(とりで)にさし(こも)
160(さと)()たりし三五(あななひ)(みち)
161松公(まつこう)竜公(たつこう)さまの御教(みをしへ)
162バラモン(ぐも)()(わた)りける』
163治国別(はるくにわけ)(われ)(いま)八岐大蛇(やまたをろち)(すく)いたる
164ハルナに()かむ(みち)()にこそ。
165さり(なが)らハルナの(くに)はいと(とほ)
166(もも)山河(やまかは)(よこ)たはりあれば』
167ヨル『夜昼(よるひる)(こころ)(かぎ)()(かぎ)
168(まが)とは()らず(つく)()にけり。
169今日(けふ)よりは(こころ)(こま)()(なほ)
170皇大神(すめおほかみ)正道(まさみち)()る』
171 (はなし)(かは)つて(もり)木蔭(こかげ)(やす)ンでゐた道公(みちこう)172伊太公(いたこう)二人(ふたり)()()まし()(あが)り、
173『オイ、174道公(みちこう)さま、175(ほこら)(まへ)には(また)もや活劇(くわつげき)悠々(いういう)(はじ)まつてるのぢやあるまいかな。176(ひと)つそつと()つて()たらどうだらう』
177『さうだな伊太公(いたこう)178(なん)とはなしに(さわ)がしい(やう)だ。179(しか)吾々(われわれ)(たい)急用(きふよう)があれば先生(せんせい)()ンで(くだ)さるだらうよ。180まアじつくりとしたが()からう』
181『まづ(おれ)偵察(ていさつ)()つて()るから道公(みちこう)(まへ)はここに()つてゐてくれぬか』
182『そいつは御免(ごめん)だ。183(また)(この)(あひだ)(やう)清春山(きよはるやま)につれて()かれちや俺達(おれたち)迷惑(めいわく)だから……もし(この)道公(みちこう)が、184(あや)しいものだつたら独特(どくとく)哄笑器(こうせうき)()して(この)(あひだ)のやうに(わら)()らしてやるのだ。185まア()つてくれ。186(おれ)()つて()る』
187(わら)()らしたと(おも)へば宣伝使(せんでんし)(さま)(おとうと)ぢやなかつたか。188そンな他愛(たあい)もない(こと)なら、189伊太公(いたこう)だつて一旦(いつたん)痛手(いたで)()うた(うへ)充分(じゆうぶん)注意(ちうい)をして()るから大丈夫(だいぢやうぶ)だよ。190(おれ)でも(わら)()らし(くらゐ)出来(でき)るよ』
191『そンなら道公(みちこう)道案内(みちあんない)をしてやらう。192貴様(きさま)はどうしても捕虜(ほりよ)身魂(みたま)()いて()るから駄目(だめ)だ。193三間(さんげん)ばかり(あと)から(おれ)()いて()い。194もし(あや)しい(こと)でもあつたら一生懸命(いつしやうけんめい)(はし)つて()るのだ』
195大変(たいへん)信用(しんよう)(おと)したものだな。196(しか)神様(かみさま)には信用(しんよう)()けて()るのだから安心(あんしん)だ。197(ひと)つここから、198治国別(はるくにわけ)(さま)(ちが)ひないから、199呶鳴(どな)つて()たらどうだらう』
200馬鹿(ばか)()ふない。201(おほ)きな(こゑ)()しちや(みな)()()めるぞ。202治国別(はるくにわけ)(さま)が、203道公(みちこう)()()まして()いて()れば(おれ)(やす)ンで()るものと(おも)ひ、204五三公(いそこう)一緒(いつしよ)にひそひそと(はな)して()られたが、205(なん)でも何々(なになに)何々(なになに)()()るのかも()れぬぞ』
206『さうすると道公(みちこう)(やす)ンでゐる(やう)(かほ)して()きて()たのだな』
207(おれ)(この)(ごろ)流行(はや)不眠症(ふみんしやう)とかに(かか)つてゐるのだが、208(よる)になると()()えて神経(しんけい)興奮(こうふん)して一寸(ちよつと)や、209そつとには(ねむ)られぬのだよ。210道公(みちこう)(じつ)ふびんなものだ。211アハヽヽヽ』
212『オイ両人(りやうにん)213そつと()かぬといかないぞ。214純公(すみこう)さまが()()ましちや()(どく)だからな』
215『アハヽヽヽ(なに)()ふのだ。216()()ましておりやこそ(しやべ)つて()るのぢやないか』
217純公(すみこう)肉体(にくたい)()()るが、218(おれ)一寸(ちよつと)(ゆめ)()てゐるのだ』
219(ゆめ)だか(うつつ)だか、220馬鹿(ばか)だか、221悧巧(りかう)だか、222一寸(ちよつと)測量(そくりやう)出来(でき)ない代物(しろもの)だな』
223国治立尊(くにはるたちのみこと)(さま)ぢやないが、224スになりましてすみきり(たま)ふと()立派(りつぱ)身魂(みたま)だから、225人間(にんげん)(ぐらゐ)智慧(ちゑ)純公(すみこう)さまの智慧(ちゑ)がどうして測量(そくりやう)する(こと)出来(でき)るものかい。226人間(にんげん)測量(そくりやう)出来(でき)(やう)なものは最早(もはや)(かみ)でも(なん)でもない。227チヤンときまりきつた相場(さうば)がついてゐるのだ。228馬鹿(ばか)とも阿呆(あはう)とも(わか)らぬ(ところ)に、229純公(すみこう)さまの神格(しんかく)縦横無尽(じうわうむじん)活躍(くわつやく)してるのだよ。230それだから(この)純公(すみこう)さまは(すみ)にも()けないと、231何時(いつ)だつたかな、232五十子姫(いそこひめ)さまがお()(あそ)ばした(こと)があるよ』
233『それは大方(おほかた)(ゆめ)だつたらう。234なア道公(みちこう)235こンな(をとこ)()めるとは、236五十子姫(いそこひめ)さまも一寸(ちよつと)如何(どう)かしてるぢやないか。237さうぢやなければ純公(すみこう)さまが(ゆめ)()たのかも()れぬぜ』
238人間(にんげん)(ゆめ)(なか)(ゆめ)()てゐるのだよ。239そんな(こと)大体(だいたい)240本当(ほんたう)()てゐるのが馬鹿(ばか)だ。241(ひと)正邪(せいじや)賢愚(けんぐ)(わか)るものかい。242()して()ちた真珠(しんじゆ)(こほり)()つた(やう)肉眼(にくがん)では外面(ぐわいめん)だけでも観察(くわんさつ)する(こと)不可能(ふかのう)だ。243(いは)ンや身内(しんない)()ける清浄(せいじやう)無垢(むく)有為(いうゐ)精神(せいしん)(おい)てをやだ』
244『オイ、245ガラクタ(ども)246(なに)八釜(やかま)しく()ふのだい。247いい加減(かげん)(やす)まないかい、248万公(まんこう)さまの(おれ)第一(だいいち)249晴公(はるこう)さまは(まを)すに(およ)ばず、250五十子姫(いそこひめ)(さま)251今子姫(いまこひめ)(さま)252玉国別(たまくにわけ)(さま)御迷惑(ごめいわく)だ。253さアさア()たり()たり。254治国別(はるくにわけ)さまが御出張(ごしゆつちやう)になつてゐるのだから大丈夫(だいぢやうぶ)だよ。255吾々(われわれ)(ごと)小童子武者(こつばむしや)()きて()つても(なん)になるものか。256起床喇叭(きしやうラツパ)()るまで神妙(しんめう)就寝(しうしん)するのだな』
257『いや仕方(しかた)がない。258それもさうだ、259道公(みちこう)260純公(すみこう)261万公(まんこう)()やうかい。262もう夜明(よあ)けに()もあるまいし、263只今(ただいま)()(この)時間(じかん)万劫末代(まんごまつだい)取返(とりかへ)(こと)出来(でき)ぬのだから、264(おも)ひきつて(やす)まうぢやないか、265伊太公(いたこう)(ねむ)いからのう』
266五十子姫(いそこひめ)玉国別(たまくにわけ)(かみ)(みこと)のいたづきも
267()(しづ)まりて(つき)(かがや)く。
268皇神(すめかみ)(めぐみ)(つゆ)()(なが)
269(かぜ)()かれて()ぬる(うれ)しさ』
270 玉国別(たまくにわけ)()()まし、
271大空(おほぞら)(かがや)(わた)(つき)(たま)
272国別(くにわ)(わた)らし(すす)(たふと)さ。
273治国別(はるくにわけ)(かみ)(みこと)雄々(をを)しくも
274(しこ)(つかさ)(をし)()ますか。
275(われ)(また)(かみ)(つかさ)(えら)まれて
276(きた)りし(うへ)(すく)はでおくべき。
277(みぎ)()(わが)いたづきも()まりけり
278(つき)御神(みかみ)(かげ)()びしより』
279 ()(うた)ふうちに十七夜(じふしちや)(つき)西天(せいてん)色褪(いろあ)せ、280(かささぎ)(こゑ)はカアカアと(きよ)(ひび)き、281百鳥(ももどり)(こゑ)(かぎ)りに(さへづ)(はじ)めた。
282大正一一・一二・七 旧一〇・一九 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。