霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 慰労会(ゐらうくわい)〔一二一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第1篇 仕組の縺糸 よみ(新仮名遣い):しぐみのれんし
章:第2章 慰労会 よみ(新仮名遣い):いろうかい 通し章番号:1212
口述日:1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
松彦と松姫は、出て行った四人が早く帰るようにと大広間で祈願をこらしていた。二人が教主館まで帰ってきたところ、一行七人が帰ってきた。
松彦と松姫は別館にて蠑螈別とお民が帰ってくるように祈ろうと言い、一同は慰労会を開いて休むようにと言い残して去って行った。お寅と魔我彦は迷信家のこととて、神への祈願で蠑螈別とお民がすぐに戻ってくるものと信じて、しきりに酒を飲んでいる。万公と五三公は酔って労働や恋愛についての議論を交わした。
お菊と万公が歌をうたい、皆ではやし立てる。五三公は歌を所望され、宣伝歌を歌った。最後は一同が脱線歌を歌いながら、いつのまにか夜を明かしてしまった。数多の参詣者はぞろぞろと大広間を指して参拝する。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2021-04-30 09:39:17 OBC :rm4602
愛善世界社版:22頁 八幡書店版:第8輯 368頁 修補版: 校定版:23頁 普及版:9頁 初版: ページ備考:
001 松彦(まつひこ)002松姫(まつひめ)はお(とら)()アさま、003魔我彦(まがひこ)004蠑螈別(いもりわけ)などの(はや)(かへ)(きた)れかしと、005大広間(おほひろま)(おい)祈願(きぐわん)をこらし、006教主館(けうしゆやかた)玄関口(げんくわんぐち)まで(かへ)つて()たところへ、007ガヤガヤと(ささや)きながら一行(いつかう)(しち)(にん)(かへ)つて()た。
008松彦(まつひこ)『あゝ五三公(いそこう)さま、009蠑螈別(いもりわけ)さまは如何(どう)なつたかなア』
010五三(いそ)大広木(おほひろき)正宗(まさむね)生宮(いきみや)取逃(とりにが)しましたが、011(その)(かは)(おく)さまの鈴野姫(すずのひめ)肉宮(にくみや)奉迎(ほうげい)して()ました。012(しやう)()むと(ほつ)する(もの)()(その)(うま)()よですから、013女偏(をんなへん)(うま)引張(ひつぱ)つて(かへ)つておけば大丈夫(だいぢやうぶ)です、014(くぢら)でも(めん)()るとキツト(をん)がとれますからな、015それにモ(ひと)つの副産物(ふくさんぶつ)義理(ぎり)天上(てんじやう)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(ひろ)うて(まゐ)りました、016ハツハツハツハ』
017『それは()骨折(ほねをり)でした。018サア()(かく)(うち)へお這入(はい)りなさいませ』
019松姫(まつひめ)(みな)さま、020()苦労(くらう)でしたねえ、021蠑螈別(いもりわけ)さまとお(たみ)さまは、022たうとう()()がしましたかな、023残念(ざんねん)(こと)(ござ)いますね』
024 万公(まんこう)(そば)から、
025()げた(うを)(おほ)きいと()ひましてな、026ヤツパリ呑舟(どんしう)(うを)(あみ)(やぶ)つて()げましたよ。027海老(えび)一疋(いつぴき)帆立貝(ほだてがひ)(ひと)つ、028ゴク貧弱(ひんじやく)獲物(えもの)(ござ)いますが、029これでも今晩(こんばん)のお(さけ)(さかな)には()なり()()ふかも()れませぬ、030エヘヽヽ』
031松彦(まつひこ)『ハア、032()(かく)結構(けつこう)だ、033(これ)から松姫館(まつひめやかた)(かへ)つて(かみ)(さま)にトツクリと(ねが)つて()るから、034()発見祝(はつけんいはひ)にお神酒(みき)でもあがつて(くだ)さい』
035(とら)『どうぞ蠑螈別(いもりわけ)貴方(あなた)鎮魂(ちんこん)で、036今夜(こんや)(うち)にでも此処(ここ)引着(ひつつ)けられて(かへ)りますやうに()祈願(きぐわん)して(くだ)さいな、037松姫(まつひめ)(さま)(よろ)しく()(ねが)(いた)します』
038松姫(まつひめ)『ハイ、039力限(ちからかぎ)(ねが)つて()ませう』
040魔我(まが)(わたし)もお(たみ)さまが引着(ひきつ)けられて(かへ)るやうに(いの)つて(くだ)さい』
041松姫(まつひめ)『ハイ、042(いの)りませう』
043万公(まんこう)(なん)()つても、044末代日(まつだいひ)王天(わうてん)大神(おほかみ)(さま)上義姫(じやうぎひめ)(さま)とのお(いの)りだから大丈夫(だいぢやうぶ)だよ、045なア海老(えび)帆立貝(ほたてがひ)046マア安心(あんしん)したがよからうぞ』
047松彦(まつひこ)『アハヽヽ、048左様(さやう)なら(みな)さま、049御緩(ごゆつく)りと慰労会(ゐらうくわい)でも(ひら)いて、050(にぎや)かうして(くだ)さいませ』
051松姫(まつひめ)『どうぞ十分(じふぶん)にお神酒(みき)()(あが)りませ、052何程(なにほど)酩酊(めいてい)しても、053(はな)()ぢることだけはなりませぬぞや、054ホヽヽヽ』
055()ひながら、056松彦(まつひこ)057松姫(まつひめ)二百(にひやく)階段(かいだん)(あし)(きざ)んで()く。058万公(まんこう)(した)から二人(ふたり)姿(すがた)打仰(うちあふ)ぎ、
059()夫婦(ふうふ)万歳(ばんざい)060よく似合(にあ)ひまつせ。061浦山吹(うらやまぶき)さま、062アツハヽヽヽ』
063 松彦(まつひこ)064松姫(まつひめ)(あと)()()きもせず、065別館(べつくわん)さして(かへ)()く。
066 一同(いちどう)大広間(おほひろま)参拝(さんぱい)し、067(をは)つて教祖館(けうそやかた)(おい)慰労(ゐらう)祝宴(しゆくえん)(ひら)いた。068ソロソロ(よひ)がまはり()し、069すべての障壁(しやうへき)()つてくだらぬことを(しやべ)(はじ)めた。070(とら)魔我彦(まがひこ)迷信家(めいしんか)(こと)とて、071ユラリ(ひこ)072上義姫(じやうぎひめ)夫婦(ふうふ)生宮(いきみや)が、073(はや)ければ夜明(よあ)(まへ)074(おそ)くても明日(あす)(ひる)(ごろ)には、075キツト両人(りやうにん)恋人(こひびと)此処(ここ)引戻(ひきもど)してくれるものと(おも)ひ、076大船(おほぶね)()つたやうな心持(こころもち)でニコニコしながら、077無性(むしやう)矢鱈(やたら)土手(どて)()らして(さけ)()んだ。
078万公(まんこう)『アヽア、079エライ労働(らうどう)をやつたものだ。080余程(よほど)報酬(ほうしう)請求(せいきう)しなくちや、081バランスが()れない。082()苦労(くらう)さまだつた(くらゐ)報酬(ほうしう)では、083()つから有難(ありがた)くないからな、084夜業(やげふ)までさされて、085幾分(いくぶん)かの割増(わりまし)(もら)つたて、086やり()れないワ』
087五三(いそ)『オイ万公(まんこう)088労働(らうどう)神聖(しんせい)だ。089(おれ)だつて労働(らうどう)貴様(きさま)同様(どうやう)にやつたのだ。090労働(らうどう)(りやう)相当(さうたう)しただけの報酬(ほうしう)を、091権利(けんり)として要求(えうきう)するのは道徳(だうとく)(てき)には根拠(こんきよ)のないものだよ。092労働(らうどう)報酬(ほうしう)のみを(もつ)当然(たうぜん)権利(けんり)とみるならば、093それこそ社会(しやくわい)弊害(へいがい)百出(ひやくしゆつ)して()混乱(こんらん)(みちび)くより仕方(しかた)がない、094老者(らうしや)095病者(びやうしや)096小児(せうに)などは労働(らうどう)をせないからパンを(あた)へないと()つたら()うするのだ。097労働(らうどう)させて(もら)ふのもヤツパリ(かみ)(さま)のおかげだよ。098現代(げんだい)八釜(やかま)しく持上(もちあが)つて()労働(らうどう)問題(もんだい)は、099人類(じんるゐ)集団(しふだん)()しくは階級間(かいきふかん)問題(もんだい)でなくして、100(かみ)(さま)人間(にんげん)との問題(もんだい)だ。101吾々(われわれ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(また)信者(しんじや)たるものは、102如何(いか)なる場合(ばあひ)にも、103永遠(ゑいゑん)真理(しんり)(うへ)()ち、104時代(じだい)超越(てうゑつ)して()なければならない。105神聖(しんせい)(かみ)(みち)でありながら、106労働(らうどう)問題(もんだい)云々(うんぬん)するやうな(こと)は、107チツと(つつし)まねばなるまいぞ』
108『それだとて、109労働(らうどう)(てん)(めぐみ)開拓(かいたく)するのだ、110宣伝使(せんでんし)だつてヤツパリ労働者(らうどうしや)でもあり、111(また)報酬(ほうしう)要求(えうきう)する権利(けんり)がなくてはヤリ()れないぢやないか』
112宣伝使(せんでんし)113信者(しんじや)(かみ)より(たま)はる報酬(ほうしう)といふものは、114(しん)(あい)(ただ)しき理解(りかい)との歓喜(くわんき)報酬(ほうしう)即時(そくじ)(かみ)から(たま)はつて()るぢやないか。115仮令(たとへ)()(なか)物貨(ぶつくわ)生産(せいさん)労働(らうどう)従事(じうじ)し、116相当(さうたう)報酬(ほうしう)()るのを、117(いま)人間(にんげん)自分(じぶん)(まう)けるのだと()つてゐるが、118(けつ)して(まう)けるのではない、119(かみ)から(あた)へられるのだ。120おかげを(いただ)くのだ。121自分(じぶん)(まう)けるなンて(おも)つたら大変(たいへん)間違(まちがひ)だ。122人間(にんげん)()ふものは自分(じぶん)から()きるこたア出来(でき)ない、123(ゆる)されて()きてゐるのだ。124それだから(ひと)はパンのみにて()くるものに(あら)ずと(かみ)仰有(おつしや)るのだよ。125パン問題(もんだい)のみで人間(にんげん)生活(せいくわつ)解決(かいけつ)()くのならば、126()(なか)殺風景(さつぷうけい)荒野(くわうや)のやうなものだ』
127吾々(われわれ)は、128つまり()へば筋肉(きんにく)労働者(らうどうしや)だ。129ヂツとしてゐて、130(くち)(さき)やペンを使(つか)つてゐるやうな屋内(をくない)労働者(らうどうしや)とは、131苦痛(くつう)(てん)(おい)天地(てんち)霄壌(せうじやう)()があるのだからなア』
132『そりや(じつ)浅見(せんけん)だ。133筋肉(きんにく)労働者(らうどうしや)人体(じんたい)自然(しぜん)道理(だうり)(したが)つて活動(くわつどう)するのだから、134仮令(たとへ)(あせ)(しぼ)つても愉快(ゆくわい)なものだ、135(くる)しいと()つても(よひ)(くち)だよ。136ペンを()つて著述(ちよじゆつ)をしたり、137椅子(いす)(かか)つて調査(てうさ)などをやつたりしてゐる(もの)労働(らうどう)(くる)しみと()つたら、138筋肉(きんにく)労働者(らうどうしや)夢想(むさう)だも(およ)ばざる(ところ)だ。139(すべ)人間(にんげん)()ふものは(ひと)のやつてゐる(こと)()()えるものでなア、140(たれ)だつて(その)(きよく)(あた)つてみよ、141随分(ずゐぶん)(くる)しいものだよ。142(うへ)になる(ほど)責任(せきにん)(おも)く、143単純(たんじゆん)筋肉(きんにく)労働者(らうどうしや)()ではない。144(わし)一度(いちど)青表紙(あをべうし)(くび)つぴきをして、145沢山(たくさん)参考書(さんかうしよ)をあさり、146著述(ちよじゆつ)従事(じゆうじ)したこともある。147(また)土工(どこう)にもなり、148百姓(ひやくしやう)にもなり、149車力(しやりき)にもなつたが、150ヤツパリ(ふで)()御用(ごよう)一番(いちばん)(らく)さうに()えて一番(いちばん)(くる)しかつたよ。151霊界(れいかい)物語(ものがたり)口述者(こうじゆつしや)だつて筆記者(ひつきしや)だつて(くる)しいものだ。152(とら)()アさまの(あと)()つかけ、153息切(いきぎ)れするやうな(くる)しい()()つたと()つても、154(からだ)(やす)(さけ)一杯(いつぱい)()めば、155それで()んで(しま)ふものだ。156著述家(ちよじゆつか)なンかになつてみよ、157(いつ)分間(ぷんかん)だつて(こころ)のゆるむ(ひま)はない、158(ゆめ)にだつて(わす)れることが出来(でき)ない(ほど)159心身(しんしん)疲労(ひらう)させるのだ。160マアそんな小六(こむづ)かしい(はなし)打切(うちき)りにして、161今日(けふ)気楽(きらく)にお神酒(みき)(いただ)き、162(また)明朝(あす)(あたら)しいお日様(ひさま)(をが)むことにしようぢやないか。163なアお(とら)さま、164魔我(まが)さま、165(ひと)つやりませうか、166どうぞ一杯(いつぱい)()いで(くだ)さいな』
167(とら)(ばば)アでお()()りますまいが、168御免(ごめん)(かうむ)りませう』
169とニコニコしながら五三公(いそこう)(さかづき)(わた)し、170燗徳利(かんどくり)からドブドブと()いだ。171かくして(さかづき)はクルクルまはり、172(えん)ますます(たけなは)となつて()た。
173 万公(まんこう)(おも)ひの(ほか)()ひつぶれ、174独舞台(ひとりぶたい)(やう)になつて言霊(ことたま)発射(はつしや)()した。
175随分(ずゐぶん)(なん)だなア、176(すずめ)(ひやく)までとか()つて、177(とし)がよつても恋愛(れんあい)といふものは下火(したび)にならないものと()えるな、178エヽン、179(げん)にお(とら)()アさまだつてさうぢやないか、180(おれ)やどうも(この)問題(もんだい)解決(かいけつ)にや、181(じつ)(ところ)(まよ)つてゐるのだ』
182五三(いそ)恋愛(れんあい)神聖(しんせい)だ、183宗教(しうけう)(てき)信仰(しんかう)(ただ)しき恋愛(れんあい)とは、184人間(にんげん)霊魂(れいこん)優美(いうび)向上(かうじやう)させるものだよ。185(ただ)しき信仰(しんかう)完全(くわんぜん)恋愛(れんあい)人間(にんげん)心霊(しんれい)発育(はついく)せしめ、186永遠(ゑいゑん)無窮(むきう)生命(せいめい)(あた)ふるものだ。187(しか)現代(げんだい)科学者(くわがくしや)のいふやうな浅薄(せんぱく)恋愛観(れんあいくわん)では駄目(だめ)だ。188(すべ)恋愛(れんあい)といふものは性欲(せいよく)から分科(ぶんくわ)したものだ。189そして性欲(せいよく)(うち)可能性(かのうせい)(かたち)(おい)(はじ)めて含蓄(がんちく)されてるのが恋愛(れんあい)だ。190(この)()(つく)(たま)うた(まこと)(かみ)(さま)が、191人間(にんげん)生命(せいめい)性欲(せいよく)(あた)(たま)うた(とき)から、192恋愛(れんあい)といふものを含蓄(がんちく)させておかれたのだ。193信仰(しんかう)恋愛(れんあい)歓喜(くわんき)源泉(げんせん)だ。194歓喜(くわんき)といふものは心霊(しんれい)永遠(ゑいゑん)保存(ほぞん)し、195(かつ)心霊(しんれい)優美(いうび)完全(くわんぜん)なる活躍(くわつやく)(おこ)さしむるものだ』
196成程(なるほど)197それだから今晩(こんばん)大活躍(だいくわつやく)も、198ハアそこから(おこ)つたのだな。199さう()けば、200(とら)()アさまの鈴野姫(すずのひめ)(さま)()活躍(くわつやく)(あそ)ばしたのも、201義理(ぎり)天上(てんじやう)さまが、202舎身(しやしん)(てき)活動(くわつどう)理由(りいう)解決(かいけつ)がついて()た。203五三公(いそこう)さまのやうに、204さう綿密(めんみつ)()つてくれると、205(おれ)恋愛(れんあい)(たい)しての煩悶(はんもん)綺麗(きれい)サツパリ排除(はいじよ)することが出来(でき)たやうだ』
206タク『ハヽヽヽヽ、207恋愛(れんあい)煩悶(はんもん)だなンて、208そんな(つら)でよくいへたものだ。209チツとお(まへ)(かほ)相談(さうだん)してみよ、210エヽン』
211アク『お(きく)さまの(やう)なナイスと結婚(けつこん)させてもよい(やう)口吻(くちぶり)を、212(とら)さまが()らしたものだから、213(にはか)色気(いろけ)づきよつて、214(へん)()になつたのだから、215(ただ)しからざる恋愛(れんあい)煩悶(はんもん)(おそ)はれよつたのだ、216アハヽヽヽ』
217五三(いそ)『こんな七六ケ(しちむつか)しい問答(もんだふ)はやめて、218今晩(こんばん)(さかん)にやらうぢやないか』
219(とら)『サ(みな)さま、220今日(けふ)十分(じふぶん)()うて(くだ)さい、221メツタに(はな)はつまみませぬからなア』
222とお(とら)今日(けふ)(なん)(おも)うてか、223主人(しゆじん)気取(きどり)になつて一生(いつしやう)懸命(けんめい)(さけ)をあふり()した。224だんだんと(よひ)がまはつて()た。
225万公(まんこう)『オイお(きく)さま、226恋愛(れんあい)()打切(うちき)りとして、227(ひと)()馳走(ちそう)(うた)をうたひ、228()うて()せて(もら)へまいかいな』
229(きく)万公(まんこう)さまのために(うた)ふのは一寸(ちよつと)(かんが)へさして(くだ)さい、230(みな)さまの()馳走(ちそう)ならば(うた)つても(よろ)しい』
231 お(きく)立上(たちあが)り、232(あふぎ)(ひろ)げて(みづか)(うた)(みづか)()ふ。233一同(いちどう)()()つて(はや)す。
234小北(こぎた)(やま)神床(かむどこ)
235(はな)のお(きく)(しやく)をする
236(さけ)より(さかな)よりお(きく)さまが
237万公(まんこう)さまの()についた
238ホヽヽヽヽ』
239万公(まんこう)『コリヤお(きく)240馬鹿(ばか)にするない、241()についたのは(おれ)ばかりでない。242すぐに(おれ)(むか)ふにまはし挑戦(てうせん)(てき)態度(たいど)()るのだな』
243タク『ヤツパリ万公(まんこう)さまが()にかかると()えて、244乙姫(おとひめ)さまが挑戦(てうせん)(あそ)ばすのだよ、245何事(なにごと)善意(ぜんい)(かい)するのだな』
246万公(まんこう)『アハヽヽヽ』
247 お(きく)(また)(うた)ふ。
248()につかば、249つれて(ござ)れよ(うみ)(そこ)250竜宮(りうぐう)(うみ)(そこ)までも』
251アク『妙々(めうめう)252面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、253(きく)さまに(かぎ)る。254(ひと)(ねが)ひます』
255(きく)『エヽヽー今日(けふ)()もエヽヽー
256 くれーたアれど くれーたアれど
257 エヽヤのサ、258エヽーエヽー
259 わがア殿(どの)はア
260 ヤーレ、261マーだ()えぬ
262 ハーレヤーレエーヤのサアヽヽ
263オホヽヽヽ、264(おほ)きに不調法(ぶてうはふ)265これで御免(ごめん)(かうむ)りませう』
266万公(まんこう)万万万(まんまんまん)267(ひと)所望(しよもう)だ。268こんな(ところ)でやめられてたまるかい』
269(きく)(まん)さま、270(まへ)さまも(をとこ)ぢやないか、271返報(へんぱう)がへしといふ(こと)をようせないやうな(もの)は、272(をとこ)ぢやありませぬよ。273(なん)でもいいから(ひと)(うた)つて御覧(ごらん)274さうすりや(また)(わたし)()つときを(はふ)()しますから……』
275万公(まんこう)『エヽ仕方(しかた)がない、276女王(ぢよわう)さまの()託宣(たくせん)だ』
277()ひながら立上(たちあが)り、
278『あそばむ(ため)とて(うま)れけむ
279いたづらせむとて(うま)れけむ
280あそ……ぶ子供(こども)(こゑ)()けば
281(わが)()さへこーそゆるがるれ
282あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)…………だ、アハヽヽヽ』
283一同(いちどう)『ウツフツフヽヽ』
284万公(まんこう)(はな)(さか)り……が(ふたた)びあらうか
285 枯木(かれき)(はな)()きはせぬ
286 ドツコイシヨ ドツコイシヨ……だ
287 竜宮(りうぐう)(ちか)いな (ちか)いな
288 乙姫(おとひめ)さまが(つづみ)うつ
289 (こゑ)(きこ)えて()るぢやないか
290 (その)(また)(つづみ)(なん)とうつ
291 とどろ とどろと()つにうつ……
292サアこれで満期(まんき)免除(めんぢよ)(ねが)ひたい、293サア乙姫(おとひめ)さまの(ばん)だ』
294(きく)(いち)(まい)295()(まい)
296『コリヤコリヤ、297(いち)(まい)()(まい)はモウこりこりだ、298もつと()()いた(こと)()はぬかい』
299『ホツホヽヽヽ
300 岩屋(いはや)(なか)(たこ)(をど)
301 珊瑚(さんご)(しま)では(かめ)(うた)
302 竜宮(りうぐう)(なみ)のはざまにて
303 お(きく)乙女(をとめ)黄金(こがね)まく
304 (その)(また)黄金(こがね)(なん)とまく
305 万公(まんこう)さまにやろと()うてまく
306ホツホヽヽ』
307アク『オイ中下(ちうげ)先生(せんせい)308得意(とくい)(ほど)309(さつ)(まを)します。310モシ(よだれ)がこぼれますよ、311オホヽヽ』
312一同(いちどう)『ワハツハヽヽ』
313万公(まんこう)『エヘヽヽ、314(みな)よつてかかつて、315(この)万更(まんざら)でもない(まん)さまを馬鹿(ばか)にしよる、316(しか)随分(ずゐぶん)()てたものだなア、317オツホヽヽヽ、318ウツフヽヽヽ』
319タク『お(きく)乙姫(おとひめ)さま、320(ひと)(ねが)ひます、321(あま)万公(まんこう)揶揄(からか)つて(もら)ふと、322(あと)始末(しまつ)(こま)りますからな、323そこはよく取捨(しゆしや)按配(あんぱい)して(うた)つて(くだ)さい、324(なん)なら(わたし)(こと)(ひと)つ、325(うた)つて(もら)ひたいものだな』
326(きく)『これこれもうしタクさまえ
327 (わし)()ひたくば河鹿(かじか)(なが)
328 おやなぎ小柳(こやなぎ)蛇籠(じやかご)のあひの
329 小砂利(こじやり)(まじ)りの荒砂(あらすな)つかみ
330 背戸(せど)小窓(こまど)にバラバラと
331 ()げておくれよ小雨(さめ)ふると
332 (おも)うて(わたし)()()はう
333 もしも(まん)さまであつたなら
334 雨戸(あまど)をピツシヤリ()()てて
335 長持(ながもち)(そこ)にてふるうてゐる
336 ()きと(きら)ひはこんなもの
337 ヨイトサア ヨイトサア
338 エヽエエー、339はれやーれエイヤのサ………
340モウこれで品切(しなぎれ)となりました。341(また)製造(せいざう)出来(でき)ましたら、342(みな)さまの(まへ)陳列(ちんれつ)(いた)します、343ホヽヽヽ』
344五三(いそ)『ヤア有難(ありがた)い』
345(きく)先生(せんせい)346貴方(あなた)(ひと)(ねが)ひます。347(もら)ひずては不道徳(ふだうとく)ですよ、348ねえ(みな)さま』
349五三(いそ)『わたしは(うま)れつきの無粋漢(ぶすゐかん)だ。350面白(おもしろ)(うた)はうたへない、351宣伝使(せんでんし)としての相当(さうたう)(うた)(うた)つてみませう、352折角(せつかく)(さけ)(きよう)がさめるかも()れませぬが、353やはらかい(ところ)(かた)いのが這入(はい)るのも、354調和(てうわ)()れてよいかも()れませぬ』
355万公(まんこう)(なん)乙姫(おとひめ)(さま)(まへ)ぢやと(おも)つて、356シカツウ仰有(おつしや)るワイ、357イヒヽヽヽ、358(はや)所望(しよもう)所望(しよもう)だ』
359五三(いそ)天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
360(かみ)常住(じやうぢう)にましませど
361姿(すがた)()えぬぞ果敢(はか)なけれ
362(ひと)のおとせぬ(あかつき)
363(ほの)かに(ゆめ)にみえ(たま)
364あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
365(かみ)姿(すがた)(たふと)けれ
366
367祝詞(のりと)(ちから)(はる)(みづ)
368罪障(ざいしやう)(こほり)()けぬれば
369万法(まんぽふ)空寂(くうじやく)(なみ)()ちて
370真如(しんによ)(きし)にぞ打寄(うちよ)する
371あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
372御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
373万公(まんこう)(なん)(とき)場所(ばしよ)(かんが)へない結構(けつこう)のやうな、374結構(けつこう)でないやうな(うた)だなア』
375(とら)(なん)だか先生(せんせい)(うた)()きますと、376(かみ)()がシーンとして()ました。377ヤツパリ(まん)さまの(うた)とは大変(たいへん)品格(ひんかく)(ちが)ひますなア、378(こころ)(いろ)言葉(ことば)()るとか()つて、379(たい)したものですワ。380(なん)とはなしに爽快(さうくわい)気分(きぶん)(ただよ)ひました』
381万公(まんこう)『モシ先生(せんせい)382目出度(めでた)う。383(とら)さまは余程(よほど)思召(おぼしめし)があると()えますよ。384オホヽヽヽ、385色男(いろをとこ)といふものは(かは)つたものだな。386(なん)()つても(むかし)別嬪(べつぴん)だからなア、387イヒヽヽヽ』
388魔我(まが)『コレ(まん)さま、389そんな(こと)()つては失礼(しつれい)ぢやありませぬか』
390万公(まんこう)『そら失恋(しつれん)です。391(なん)()つてもお(きく)さまにエツパツパをやられた立派(りつぱ)()人格者(じんかくしや)と、392(たみ)さまに肱鉄(ひぢてつ)(くら)つた、393どこやらの哥兄(にい)さまと、394蠑螈別(いもりわけ)さまにエツパツパのパアで置去(おきざ)りにされた、395(むかし)別嬪(べつぴん)さまと、396三組(みくみ)(そろ)うた失恋(しつれん)会議(くわいぎ)だから、397チツとは失恋(しつれん)(こと)仰有(おつしや)りませうかい。398(おも)へば(おも)へば同情(どうじやう)(いた)します。399同病(どうびやう)相憐(あひあは)れむ同情(どうじやう)ヨシノリさまだ。400柔道(じうだう)行成(ゆきなり)次第(しだい)()つちやつておく(わけ)にも()きますまい。401あゝ不義理(ふぎり)天上日(てんじやうひ)出神(でのかみ)(たい)し、402軽業師(かるわざし)玉乗姫(たまのりひめ)が、403あらう(こと)かあるまい(こと)か、404大広木(おほひろき)正宗(まさむね)さまをくはへて(はし)るといふのだから、405(こま)つたものだい。406イヒヽヽヽ』
407魔我(まが)大広木(おほひろき)正宗(まさむね)さまに玉則姫(たまのりひめ)
408かつさらはれて(たま)なしの魔我(まが)
409鈴野姫(すずのひめ)ガチヤ ガチヤ ガチヤと()(わた)
410(あと)()つかけて()くぞ可笑(をか)しき。
411打倒(うちたふ)(はな)()(くだ)鈴野姫(すずのひめ)
412われて飛出(とびだ)(たま)何処(いづこ)ぞ。
413地上姫(ちじやうひめ)(こひ)(ねがひ)(きく)(おも)へば
414(かた)約束(やくそく)たがやし大神(だいじん)
415面白(おもしろ)(その)面付(かほつき)(なん)(こと)
416(まん)さま(とら)さま(おも)ひやります』
417万公(まんこう)『コラ魔我(まが)(この)(まん)さまを(なん)(おも)
418(こひ)にかけたら世界(せかい)(いち)(にん)
419魔我(まが)(まん)(にん)口説(くど)いて一人(ひとり)出来(でき)(やつ)
420(ひろ)世界(せかい)(ただ)(いち)(にん)
421ウフヽヽヽうろたへ(さわ)(やみ)(よる)
422(きく)幽霊(いうれい)(きも)つぶす(かな)
423万公(まんこう)自分(じぶん)のみ二世(にせ)(つま)よと(おも)ひしに
424(たま)()りそこね()つる魔我彦(まがひこ)
425大広木(おほひろき)正宗(まさむね)さまに(かね)とられ
426(あと)()つかけて(はな)をとられつ。
427(とら)さま(いづ)れおとらぬ恋衣(こひごろも)
428(やぶ)れて今日(けふ)()ふすべもなし』
429(とら)(やかま)しい(こし)(まが)つた魔我彦(まがひこ)
430(こひ)(かた)らふ資格(しかく)あるべき。
431片思(かたおも)(かた)(おも)うてゐたものを
432(たま)()りそこねヒメ(悲鳴(ひめい))をあげつつ』
433万公(まんこう)(まん)これで失恋党(しつれんたう)(さけ)もりも
434一寸(ちよつと)()みけり(あと)無礼講(ぶれいかう)
435アク『見渡(みわた)せば女男(をんなをとこ)()(この)
436(つら)した(やつ)一人(ひとり)だもなし。
437(その)(なか)でアクのぬけたるアクさまは
438中立(ちうりつ)地帯(ちたい)安全(あんぜん)なもの』
439タク『タクさんにお(みや)(かみ)はありながら
440(この)(さわ)ぎをば他所(よそ)()るかな。
441(この)(かみ)夫婦(ふうふ)喧嘩(げんくわ)(わざはひ)
442(まも)(たま)へる不義理(ふぎり)天上(てんじやう)
443テク『魔我彦(まがひこ)(かほ)青森(あをもり)白木(しらき)(じやう)
444蠑螈(いもり)(わけ)横領姫(わうりやうひめ)されて』
445魔我(まが)花依(はなより)(ひめ)ではなくて鼻打(はなうち)
446婆姫(ばばひめ)さまとなりにける(かな)
447花依姫(はなよりひめ)身魂(みたま)変化(へんげ)猿彦姫(さるひこひめ)
448赤恥柿(あかはぢかき)のみのる(ひめ)かな』
449(とら)金竜姫(きんりうひめ)()られて難儀(なんぎ)大足姫(おほだるひめ)
450正宗(まさむね)さまは常世姫(とこよひめ)()げたか』
451魔我(まが)『ユラリ(ひこ)上義(じやうぎ)(ひめ)今頃(いまごろ)
452さぞ(むつま)じくおはしますらむ』
453 かく(たがひ)脱線歌(だつせんうた)(うた)ひつつ、454何時(いつ)()にやら、455カラリと()()かして(しま)つた。456数多(あまた)参詣者(さんけいしや)はゾロゾロと大広前(おほひろまへ)()して参拝(さんぱい)する、457下駄(げた)足音(あしおと)乱雑(らんざつ)(てき)(きこ)えて()る。
458大正一一・一二・一五 旧一〇・二七 松村真澄録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
6/30飯塚弘明.com7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」が琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。かねてより予告していた言霊学の資料集もこの日に発表されます。王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。全部で600頁を超える本格的なものです。
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→