霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:前付 よみ(新仮名遣い):
章:総説歌 よみ(新仮名遣い):そうせつか 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年02月26日(旧01月11日) 口述場所:竜宮館 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大正十二年三月三日、旧正月十八日、奇しき尊き神代の顕幽神の物語を守らせたまう神の家に、言霊車も軋る音、ただ一言も聞き漏らすまいと息を凝らして、松村、加藤、北村ら筆録者たちが、いよいよ五十五巻の坂を上り来った。
綾の聖地の竜宮館、四ツ尾の霊山、桶伏の山を左右に眺めながら写すのは、印度の国ハルナの都にわだかまる八岐大蛇の悪霊を、神の御稜威に守られて言向け和す宣伝使の物語である。
治国別(亀彦)が、松彦、竜彦らと共に、波斯の国の猪倉山に割拠するバラモン教の軍の司・鬼春別、久米彦、スパール、エミシらを、神の誠の言霊に助けて、玉木の村の司テームスの二人の娘らと、敵に捕らわれていた道晴別やシーナまで救い出して立ち帰る。
徒弟の万公に妹のスガールをめあわし、姉のスミエルをシーナの妻と定め、ここにめでたく結婚の儀式を済ませ、一同に神の教えをよく諭し、松彦と竜彦を従えて、神のまにまに月の国ハルナを指して進んで行く。
後に残ったバラモンの鬼春別、久米彦、スパール、エミシらは悔悟の念に堪えかねて髪を剃って比丘となり、ビクトル山の谷間に庵を結んで三五教に真心を捧げ清く仕えた、という尊い神代の物語である。
述べ始めた今日は心も楽しき春の空、四方の山辺も雪は解けて和知の流れも滔々と水かさが増し、みづ御魂が心を洗うごとくである。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm550002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第10輯 34頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001()ちに()つたる三月三日(さんぐわつみつか)
002()ツの御魂(みたま)(ひら)(ぐち)
003(ひろ)(ただ)しき正月(しやうぐわつ)
004(なか)六日(むゆか)朝日影(あさひかげ)
005(ひがし)(そら)(いろど)りて
006書斎(しよさい)(まど)射照(いて)らしつ
007()しき(たふと)(かみ)()
008顕幽神(けういうしん)物語(ものがたり)
009(まも)らせたまふ(かみ)(いへ)
010言霊車(ことたまぐるま)(きし)(おと)
011(ただ)一言(ひとこと)()らさじと
012(いき)をこらして松村(まつむら)加藤(かとう)
013いよいよ五十(ごじふ)()(さか)
014スタスタ(のぼ)北村(きたむら)
015(たか)(ひか)れる()(もと)
016(くに)真秀良場(まほらば)畳並(たたな)はる
017青垣山(あをがきやま)(つつ)まれし
018(あや)聖地(せいち)竜宮館(りうぐうやかた)
019()()霊山(れいざん)桶伏(をけぶせ)
020(やま)左右(さいう)(なが)めつつ
021(うつ)すも(うれ)印度(ツキ)(くに)
022ハルナの(みやこ)(わだか)まる
023八岐大蛇(やまたをろち)悪霊(あくれい)
024(かみ)稜威(みいづ)(まも)られて
025言向和(ことむけや)はす三五(あななひ)
026(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
027治国別(はるくにわけ)亀彦(かめひこ)
028常磐(ときは)(まつ)(こころ)より
029五六七(みろく)御代(みよ)松彦(まつひこ)
030(をしへ)四方(よも)竜彦(たつひこ)
031(うづ)(つかさ)波斯(フサ)(くに)
032猪倉山(ゐのくらやま)割拠(かつきよ)せる
033婆羅門教(ばらもんけう)宣伝使(せんでんし)
034(いくさ)(つかさ)()()たる
035鬼春別(おにはるわけ)久米彦(くめひこ)
036(しこ)のゼネラル(はじめ)とし
037スパール、エミシのカーネルを
038(かみ)(まこと)言霊(ことたま)
039(たす)けて玉置(たまき)村司(むらつかさ)
040テームス首陀(しゆだ)愛娘(まなむすめ)
041二人(ふたり)(すく)救援(きうゑん)
042(むか)ひて(てき)(とら)はれし
043道晴別(みちはるわけ)やシーナまで
044(すく)(いだ)して()(かへ)
045万公(まんこう)徒弟(とてい)にスガール(ひめ)
046(めあは)(あね)のスミエルを
047シーナの(つま)(さだ)めつつ
048(ここ)目出度(めでたく)結婚(けつこん)
049儀式(ぎしき)をすませ一同(いちどう)
050(かみ)(をしへ)()(さと)
051松彦(まつひこ)竜彦(たつひこ)(したが)えて
052(かみ)のまにまに(つき)(くに)
053ハルナを()して(すす)()
054(あと)(のこ)りしバラモンの
055マーシャル鬼春別司(おにはるわけつかさ)
056久米彦(くめひこ)スパール、エミシ()
057悔悟(くわいご)(ねん)()えかねて
058(かみ)(おと)して比丘(びく)となり
059ビクトル(さん)谷間(たにあひ)
060(いほり)(むす)三五(あななひ)
061(うづ)(をしへ)真心(まごころ)
062(ささ)げて(きよ)(つか)えたる
063(たふと)神代(かみよ)物語(ものがたり)
064()(はじ)めたる今日(けふ)こそは
065(うら)(たの)もしき(はる)(そら)
066四方(よも)山辺(やまべ)(ゆき)()けて
067和知(わち)(なが)れも滔々(たうたう)
068水量(みづかさ)(まさ)るみづ御魂(みたま)
069(こころ)(あら)(ごと)くなり
070ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
071御魂(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ。
072大正十二年三月三日 旧正月十六日
 
王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
6/4飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (20) 行動原理の転換
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→