霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 万巌(まんがん)〔一四二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第55巻 真善美愛 午の巻 篇:第4篇 法念舞詩 よみ(新仮名遣い):ほうねんぶし
章:第17章 万巌 よみ(新仮名遣い):まんがん 通し章番号:1425
口述日:1923(大正12)年03月04日(旧01月17日) 口述場所:竜宮館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
玉置村のテームスは屋敷や山林田畑を開放し村人の共有となし、新しい村を経営することになった。治国別は神勅により、しばらくテームス宅に止まっていた。
仮宮に大神を鎮座する祭典に、数百人の老若男女が喜び勇んで集まり列した。治国別は祭主となって神殿に向かって祝詞くづしの宣伝歌を奏上した。
村人たちは千引の岩を神前に奉ろうと大綱を握り歌を歌って進んでくる。社の傍らに添えられた千引の岩は、この岩石が腐るまで心を変えずに神に尽くす、という赤心の供え物であった。
万公は村人と同じく捻鉢巻をして運んできた石を場に据えようと、槌を振り上げて大地を固め、杭を打って歌いながら作業に励んでいる。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5517
愛善世界社版:219頁 八幡書店版:第10輯 114頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 玉置(たまき)(むら)のテームスは治国別(はるくにわけ)(をしへ)()いて(いま)(まで)貪欲心(どんよくしん)執着心(しふちやくしん)弊履(へいり)()つるが(ごと)くに脱却(だつきやく)し、002(ひろ)(やしき)開放(かいはう)村人(むらびと)共有(きよういう)とし、003()山林(さんりん)田畑(でんばた)村内(そんない)提供(ていきよう)して共有(きよういう)となし、004(ここ)一団(いちだん)となつて(あたら)しき(むら)経営(けいえい)する(こと)となつた。005()大神(おほかみ)神殿(しんでん)造営(ざうえい)すべく村人(むらびと)(いま)(まで)テームスの()(やま)たりし遠近(をちこち)(やま)()()つて()()(いた)()き、006日夜(にちや)赤心(まごころ)(つく)し、007(やうや)くにして一ケ月(いつかげつ)()たる(のち)仮宮(かりみや)造営(ざうえい)し、008大神(おほかみ)鎮座(ちんざ)する(こと)となつた。009治国別(はるくにわけ)村人(むらびと)(をしへ)(つた)ふべく、010(また)この神館(かむやかた)完成(くわんせい)する(まで)神勅(しんちよく)()つて()(こと)とした。011数百(すうひやく)(にん)老若(らうにやく)男女(なんによ)(よろこ)(いさ)みて社前(しやぜん)(あつ)まり、012この盛大(せいだい)なる盛典(せいてん)(れつ)した。013治国別(はるくにわけ)祭主(さいしゆ)となり、014神殿(しんでん)(むか)つて祝詞(のりと)くづしの宣伝歌(せんでんか)奏上(そうじやう)した。
 
015治国別(はるくにわけ)久方(ひさかた)天津(あまつ)御空(みそら)高天原(たかあまはら)に、016(しづ)まり()ます大国常立(おほくにとこたち)大神(おほかみ)017(かむ)伊邪那岐(いざなぎ)大神(おほかみ)伊邪那美(いざなみ)大神(おほかみ)018(いづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)(はじ)(まつ)り、019天津(あまつ)(かみ)国津(くにつ)(かみ)八百万(やほよろづ)(かみ)(たち)御前(みまへ)に、020三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)治国別(はるくにわけ)(みこと)021(きよ)(たふと)(うづ)御前(みまへ)(つつし)(ゐやま)ひ、022(かしこ)(かしこ)みも(まを)さく、023高天原(たかあまはら)(つき)御国(みくに)(しろ)()す、024(みづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)025()神国(かみくに)(しろ)()す、026(いづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)は、027現身(うつそみ)()(くも)(けが)(つみ)(あやまち)を、028科戸(しなど)(かぜ)()(はら)ひ、029速川(はやかは)()(なが)()て、030(きよ)(うるは)しきミロクの御代(みよ)立直(たてなほ)さむと、031(かむ)素盞嗚(すさのを)大御神(おほみかみ)に、032千座(ちくら)置戸(おきど)()はせたまひ、033産砂山(うぶすなやま)聖場(せいぢやう)に、034斎苑(いそ)(やかた)()(たま)ひ、035千代(ちよ)住所(すみか)(さだ)めつつ、036(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて、037遠近(をちこち)国々(くにぐに)(うづ)(をしへ)完全(まつぶさ)に、038(ひら)かせ(たま)有難(ありがた)さ、039(もも)(つかさ)(はじ)めとし、040四方(よも)国人(くにびと)(たち)は、041(すめ)大御神(おほみかみ)大御恵(おほみめぐみ)を、042(よろこ)(あふ)(たてまつ)り、043早風(はやて)(ごと)(うしほ)打寄(うちよ)する(こと)(ごと)く、044(かみ)御前(みまへ)伊寄(いよ)(つど)ひて、045(かみ)(たま)ひし村肝(むらきも)(こころ)()(きた)へ、046(もも)(つみ)(けが)(あやまち)を、047(はら)(きよ)めて天地(あめつち)の、048(かみ)(はしら)()()でたる(ひと)()(つと)めを、049完全(うまら)委曲(つばら)(つく)()へむと、050(いそ)しみ(つか)ふる(いさ)ましさ、051掛巻(かけまく)(かしこ)(すめ)大神(おほかみ)領有(うしは)(たま)ふ、052豊葦原(とよあしはら)千五百(ちいほ)(あき)瑞穂(みづほ)(くに)は、053生言霊(いくことたま)(さち)はふ御国(みくに)054生言霊(いくことたま)(たす)くる御国(みくに)055生言霊(いくことたま)()ける御国(みくに)にましませば、056(あめ)(した)()きとし()ける民草(たみぐさ)は、057()()(こころ)(みが)()(つつし)み、058(かみ)(たま)ひし(うづ)言霊(ことたま)()()(まつ)り、059(かり)にも(ひと)(ののし)らず、060(そし)らず(ねた)まず(にく)みなく、061(むつ)(した)しみ兄弟(はらから)(ごと)く、062現世(うつしよ)生永(いきなが)らへて、063日々(ひび)生業(なりはひ)(たの)しみ(つか)(まつ)り、064(かみ)()さしの大御業(おほみわざ)に、065(つか)(まつ)るべき(もの)にしあれば、066三五教(あななひけう)御教(みをしへ)を、067(ゆめ)にも(わす)るる(こと)なく、068(あさ)(ゆふ)なに(かへり)みて、069(かみ)御国(みくに)(さちは)ひを、070完全(うまら)委曲(つばら)()けさせ(たま)へと、071(すめ)大神(おほかみ)大前(おほまへ)に、072(つつし)(ゐやま)()(まつ)る、073(した)岩根(いはね)千木(ちぎ)(たか)く、074(つか)へまつりし(この)(みや)の、075いとも(ひろ)くいとも(きよ)けきが(ごと)く、076いや永久(とこしへ)に、077いづの玉置(たまき)村人(むらびと)は、078テームスの村司(むらつかさ)(おや)(あが)め、079各自(おのもおのも)生業(なりはひ)を、080いそしみ(つと)めて大神(おほかみ)の、081御前(みまへ)勲功(いさを)(たてまつ)り、082家内(やぬち)(むつ)(した)しみて、083恵良(ゑら)々々(ゑら)(ゑら)(にぎは)ひ、084(しげ)(さか)えしめ(たま)へ、085ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)086御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
087 ()かる(ところ)(むら)(わか)(しう)()えて赤鉢巻(あかはちまき)()(なが)ら、088(かね)太鼓(たいこ)(たた)きつつ、089千引(ちびき)(いは)(くるま)()せ、090(かみ)御前(みまへ)(たてまつ)らむと、091大綱(おほづな)老若(らうにやく)男女(なんによ)(にぎ)(なが)(あせ)をタラタラ(なが)しつつ、092(うた)(うた)つて(すす)()(その)(いさ)ましさ。093以下(いか)( )(ない)はワキ)
094『(エンヤラヤー、エンヤラヤア)
095三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
096治国別(はるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
097(ヨーイヨーイ、エンヤラヤア)
098天津(あまつ)御空(みそら)(くも)()けて
099玉置(たまき)(むら)(くだ)りまし
100(ヨーイトセー、ヨーイトセー)
101(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
102(よく)抜目(ぬけめ)のない(おやぢ)
103テームスさまを()きつけて
104(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
105(ひと)つそこらで(エンヤラヤア)
106(ヨーイヨーイ ヨーイトナ)
107(みな)さま(そろ)うてモ(ひと)つぢや
108(むかし)(むかし)先祖(せんぞ)から
109(よく)をかはいて()めおいた
110(やま)田地(でんち)もすつかりと
111(ヨーイヨーイ、エンヤラヤ)
112玉置(たまき)(むら)(はふ)()して
113上下(うへした)なしに安楽(あんらく)
114生活(くらし)をせよと()はしやつた
115時節(じせつ)()たねばならぬもの
116(ヨーイヨーイ、エンヤラヤア)
117(みな)さま(そろ)うてモ(ひと)つぢや
118(ヨーイヨーイ、ヨーイトセ)
119(ひろ)(やしき)開放(かいはう)して
120(たふと)(かみ)(みや)()
121老若(らうにやく)男女(なんによ)(むつ)()
122今日(けふ)目出度(めでた)宮遷(みやうつ)
123(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
124(ヨーイトセ、ヨーイトセ)
125(みな)さまそこらで一気張(ひときば)
126(ヨーイヨーイ ヨーイヤナ)
127これから玉置(たまき)村人(むらびと)
128今度(こんど)(あらた)にお(いで)ました
129万公(まんこう)さまの若主人(わかしゆじん)
130(こころ)(そこ)から服従(ふくじゆう)
131上下(うへした)(そろ)うて(かみ)(さま)
132御用(ごよう)(はげ)日々(にちにち)
133野良(のら)仕事(しごと)山仕事(やましごと)
134(よろこ)(いさ)んで(つと)めませう
135(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
136(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
137(みな)さまここらで一気張(ひときば)
138千引(ちびき)(いは)(おも)くとも
139大勢(おほぜ)(こころ)(ひと)つにし
140(ちから)(かぎ)りに()くならば
141何程(なにほど)(ひど)(さか)だとて
142(かみ)(まも)りに安々(やすやす)
143苧殻(をがら)()くよに(あが)るだらう
144(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
145(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
146抑々(そもそも)玉置(たまき)村人(むらびと)
147(むかし)(むかし)神世(かみよ)から
148この神村(かみむら)住所(すみか)とし
149ウラルの(かみ)御教(みをしへ)
150(まも)(きた)りし(ひと)ばかり
151(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
152(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
153ウラルの(かみ)さまどうしてか
154幾何(いくら)信心(しんじん)したとても
155(ちつ)ともお(かげ)(くだ)さらぬ
156テームスさまが唯一人(ただひとり)
157(かげ)横取(よこどり)(ばか)りして
158(われ)()一同(いちどう)汗膏(あせあぶら)
159(しぼ)つて(らく)()(くら)
160栄耀(ええう)栄華(えいぐわ)にやつて()
161(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
162(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
163それをば(だま)つて()(ござ)
164ウラルの(ひこ)(かみ)さまは
165(この)(ごろ)(めくら)になつたのか
166(ただし)(つんぼ)になつたのか
167(むら)難儀(なんぎ)()らぬ(かほ)
168(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
169(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
170(みな)さま(そろ)うて一気張(ひときば)
171(ヨーイヨーイ エンヤラヤア)
172(この)(たび)(すく)ひの(かみ)(さま)
173(あま)河原(かはら)(さを)さして
174治国別(はるくにわけ)()()へて
175玉置(たまき)(むら)(くだ)りまし
176(われ)()一同(いちどう)(すく)はむと
177仁慈(じんじ)無限(むげん)御教(みをしへ)
178()らせ(たま)ひし(うれ)しさよ
179(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
180(エンヤラヤーのエンヤラヤア)
181これから玉置(たまき)村人(むらびと)
182(うゑ)(くる)しむ(ひと)()
183(こご)えて()ぬる(ひと)もなし
184上下(うへした)運否(うんぷ)のないやうに
185ミロクの御代(みよ)(きづ)かれて
186(よろこ)(いさ)んで(くら)すだらう
187(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
188(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
189(この)神殿(しんでん)(まつ)りたる
190(すく)ひの(かみ)厳御霊(いづみたま)
191(みづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
192(はしら)(きよ)(むね)(たか)
193御殿(ごてん)(ひろ)風景(ふうけい)
194(すぐ)れて絶佳(ぜつか)(おん)場所(ばしよ)
195(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
196(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
197捻鉢巻(ねぢはちまき)(わか)(しう)
198(はや)階段(かいだん)近付(ちかづ)いた
199もう一気張(ひときば)一気張(ひときば)
200(こゑ)(そろ)へてヨーイヤナ
201(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
202(エンヤラヤーのエンヤラヤー)』
203(うた)(なが)方形(はうけい)大岩石(だいがんせき)(やしろ)(かたはら)()ゑたり。204これは村人(むらびと)が……(この)岩石(がんせき)(くさ)(まで)(こころ)(かた)()へませぬ、205何処(どこ)(まで)御神(みかみ)(ため)(つく)します……と()赤心(まごころ)(そな)(もの)である。
206 万公(まんこう)村人(むらびと)(おな)じく捻鉢巻(ねじはちまき)をし、207(はこ)んで()(いし)適当(てきたう)場所(ばしよ)()ゑむとして二三(にさん)(にん)部下(しもべ)(とも)(つち)()()げ、208大地(だいち)をドンドンと(かた)め、209(くひ)()つて(いし)にえ()まないやうと(つと)めて()る。210相方(さうはう)交互(たがひちがひ)(うた)(うた)(なが)拍子(ひやうし)をとつて()る。
211万公(まんこう)(かみ)(かみ)との()(あは)
212(ドーン、ドーン、ドンドンドン)
213玉置(たまき)(むら)里庄(りしやう)なる
214テームスさまの若主人(わかしゆじん)
215万公司(まんこうつかさ)(あら)はれて
216今日(けふ)目出度(めでた)いお(まつ)りを
217(ちから)(かぎ)りに(いは)ひませう
218(ドーン ドーン、ドンドンドン)
219()てよ()()(しつか)()てよ
220地獄(ぢごく)(かま)()れる(まで)
221(いま)()(つち)(かみ)(つち)
222(つち)(つち)うつ面白(おもしろ)
223(ドーン ドーン、ドンドンドン)
224玉置(たまき)(むら)(みな)さまが
225キールの(たに)から千引岩(ちびきいは)
226毛綱(けづな)(くく)つて()(きた)
227(たふと)きお(みや)(おん)(まへ)
228(しん)(しん)との(ひかり)をば
229(あら)はし(たま)うた目出度(めでた)さよ
230(ドーン ドーン、ドンドンドン)
231大神(おほかみ)(さま)()利益(りやく)
232テームス(やかた)()ふも(さら)
233(この)村人(むらびと)永久(とこしへ)
234(たふと)(この)()(たの)しんで
235堅磐(かきは)常磐(ときは)(たま)()
236(いのち)(たも)心安(うらやす)
237(いへ)(ゆたか)(さか)えませう
238(ドーン ドーン、ドンドンドン)
239これから村中(むらぢう)(こころ)をば
240(ひと)つに(あは)して()(つく)
241(やま)には木苗(きなへ)植付(うゑつ)けて
242(ドーン ドーン、ドンドンドン)
243共有(きよういう)財産(ざいさん)沢山(どつさり)
244(つく)つて子孫(しそん)(すゑ)(まで)
245(ドーン ドーン、ドンドンドン)
246(たから)(のこ)()(をさ)
247(こころ)(きよ)めて(かみ)(さま)
248(たふと)(をしへ)心従(しんじゆう)
249(この)()(やす)(たの)もしく
250(ドーン ドーン、ドンドンドン)
251千引(ちびき)(いは)御霊(みたま)もて
252悪魔(あくま)(はら)ひいつ(まで)
253ビクとも(うご)かぬ鉄石(てつせき)
254信仰(しんかう)(はげ)もぢやないかいな
255(ドーン ドーン、ドンドンドン)
256どうやら準備(じゆんび)出来(でき)たよだ
257(みな)さまモ(ひと)(たの)むぞや
258(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
259(エンヤラヤーのエンヤラヤア)
260(ちから)(つよ)(わか)(しう)
261(てこ)をば四五本(しごほん)()つて()
262千引(ちびき)(いは)(この)(うへ)
263何卒(なにとぞ)()ゑて(くだ)されよ
264万公別(まんこうわけ)(たの)みます
265(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
266(エンヤラヤーのエンヤラヤア)
267朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
268(とどろ)(わた)(たき)(みづ)
269(あら)(さら)した(この)身体(からだ)
270(かみ)御前(みまへ)(たてまつ)
271舎身(しやしん)供養(くやう)(はげ)みませう
272ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
273(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
274(エンヤラヤーのエンヤラヤー)
275(かみ)御心(みこころ)(かしこ)みて
276村人(むらびと)(こころ)(ひと)つにし
277今日(けふ)(まつり)(つつが)なく
278()ませた(こと)(うれ)しさよ
279玉置(たまき)(むら)万世(よろづよ)
280玉置(たまき)(みや)諸共(もろとも)
281(さか)()きせぬ(こと)だらう
282(よろこ)(いは)諸人(もろびと)
283(ヨーイヨーイ エンヤラヤ)
284(エンヤラヤーのエンヤラヤア)』
285大正一二・三・四 旧一・一七 於竜宮館 加藤明子録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/30飯塚弘明.com7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」が琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。かねてより予告していた言霊学の資料集もこの日に発表されます。王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。全部で600頁を超える本格的なものです。
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→