霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2024/6/15] 6月17日(月)から月末にかけて、霊界物語ネットのデザインの変更作業を行います。レイアウトが乱れるなどの不具合が生じたら、時間を置いてアクセスしてみて下さい。[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 月見(つきみ)(をか)〔二〇一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻 篇:第2篇 秋夜の月 よみ(新仮名遣い):しゅうやのつき
章:第7章 月見ケ丘 よみ(新仮名遣い):つきみがおか 通し章番号:2011
口述日:1934(昭和9)年07月27日(旧06月16日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年12月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm8007
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 325頁 修補版: 校定版:127頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 秋男(あきを)一行(いつかう)()(にん)は、002(やうや)くにして雑草(ざつさう)()(しげ)月見(つきみ)(をか)(ゆふべ)を、003ここに(いき)(やす)めながら松間(まつま)(つき)(なが)めて(うた)ふ。
004秋男(あきを)大野原(おほのはら)(わた)りて(やうや)月見(つきみ)(をか)
005(まつ)(かか)れる(つき)()しかな』
006 (まつ)(うた)ふ。
007(まつ)()ふる月見(つきみ)(をか)月光(つきかげ)
008(あき)(ゆふべ)(かぜ)にゆれつつ。
009(つき)(きよ)草葉(くさば)にすだく(むし)()
010いやさえざえに小夜(さよ)()けにけり。
011秋月(あきづき)(しづ)かに()れる(をか)()
012(たび)(つか)れを(やす)らふ(よひ)かな。
013籠木(こもりぎ)(こずゑ)宿(やど)月影(つきかげ)
014千々(ちぢ)(くだ)けて(かぜ)にさゆれつ。
015大空(おほぞら)(つき)(こころ)()らねども
016われには(たの)しきかげにぞありける。
017(つき)()めるこれの丘辺(をかべ)(やす)らひて
018松風(まつかぜ)()けば(あき)(こゑ)あり。
019天国(てんごく)姿(すがた)なるかな(まつ)()
020()月影(つきかげ)()れば(たの)しき』
021 (たけ)(うた)ふ。
022此処(ここ)()(した)しと(おも)故郷(ふるさと)
023(やま)()()づる(つき)()しかな。
024高光(たかみつ)(やま)(すす)まむ(みち)すがら
025月見(つきみ)(をか)(つき)()るかな。
026白雲(しらくも)(まく)()ぢつつ(ひら)きつつ
027(つき)桂男(かつらを)われ()をのぞけり。
028鈴虫(すずむし)(すが)しき(こゑ)()りあげて
029今宵(こよひ)(つき)(たた)へうたふも。
030(はぎ)桔梗(ききやう)(にほ)へる(をか)()(つき)
031かげは一入(ひとしほ)(すが)しかりけり。
032(そら)(たか)秋男(あきを)(きみ)(したが)ひて
033今宵(こよひ)(すが)しき(つき)()るかな。
034此処(ここ)()(そら)ゆく(つき)(なが)むれば
035悪魔(あくま)のすまふ野路(のぢ)とは(おも)へず。
036大丈夫(ますらを)弥猛心(やたけごころ)(つき)()れば
037(やは)らぎ()めぬ女郎花(をみなへし)(はな)
038(つき)()()女郎花(をみなへし)よく()れば
039(つゆ)()みつつ(かたむ)きにけり。
040(つき)()(みち)(たしか)()ゆるまで
041()(わた)りたり今宵(こよひ)大空(おほぞら)
042大空(おほぞら)(うか)べる(つき)(かげ)(きよ)
043地上(ちじやう)(まつ)(かげ)(ゑが)けり』
044 (うめ)(うた)ふ。
045(つき)()める御空(みそら)(くも)次々(つぎつぎ)
046(うす)らぎにつつ()()せにけり。
047(つき)(はな)(つゆ)にかこまれわれは(いま)
048月見(つきみ)(をか)(うた)()むなり。
049月読(つきよみ)(つゆ)(めぐ)みの()かりせば
050(もも)草木(くさき)(そだ)たざるべし。
051()(わた)今宵(こよひ)(つき)大井川(おほゐがは)
052(たつ)淵瀬(ふちせ)()(わた)るらむ。
053(ふち)()(つき)(なが)めて竜神(たつがみ)
054()()(うか)()でて(あそ)ばむ。
055火炎山(くわえんざん)(みね)()(つき)(かげ)(あか)
056千草(ちぐさ)(つゆ)(かぜ)()るなり。
057(いち)(にち)(たび)(をは)りてわれは(いま)
058月見(つきみ)(をか)(つき)(した)しむ。
059(あき)()(たの)しきものは百千花(ももちばな)
060(つき)(かな)づる(むし)()なりけり。
061此処(ここ)()松虫(まつむし)鈴虫(すずむし)きりぎりす
062(きよ)けき(むし)()()()きしよ。
063水上(みなかみ)(やま)にも()かぬ(むし)()
064わが(たましひ)(よみがへ)りける。
065高光山(たかみつやま)(すす)まむ(みち)首途(かどいで)
066われは()えたる(つき)()しかな。
067(そら)(わた)(つき)下草(したぐさ)(つゆ)うけて
068おのもおのもに(たま)とかがよふ。
069わが(そで)(つゆ)にしめりて御空(みそら)ゆく
070(つき)(かげ)さへ宿(やど)らせにけり。
071真昼間(まひるま)にまがふべらなる月光(つきかげ)
072()びて今宵(こよひ)草枕(くさまくら)かな。
073(つき)()めば御空(みそら)(くも)()えゆきて
074(まつ)()(かぜ)(おと)もさやけき。
075何時(いつ)とても(つき)()()はなけれども
076(たび)(ゆふべ)()るは(たの)しき。
077(あま)(はら)ふりさけ()れば(みどり)(ふか)
078(あき)こそ(つき)(ひかり)なるかな。
079水上山(みなかみやま)(まつ)()()(つき)()えて
080われを(おく)るかこの(をか)()つ。
081(くも)()(つばさ)()ちて()(かり)
082(かず)さへ()ゆる今宵(こよひ)(つき)はも』
083 (さくら)(うた)ふ。
084()(わた)秋男(あきを)(きみ)(したが)ひて
085()えたる(つき)(かむばせ)()る。
086(はな)()(むし)()()月光(つきかげ)
087(あき)(かざ)らぬものなかりけり。
088(たの)しきは(あき)旅路(たびぢ)()かざらめ
089百花(ももばな)(にほ)(つき)()ゆれば。
090(つき)()ゆる下道(したみち)ゆけば(むし)(こゑ)
091(つゆ)にふるひて花香(はなかを)るなり。
092(つき)()()ゆる空気(くうき)をゆるがせて
093()きとほるなり鈴虫(すずむし)(こゑ)
094天地(あめつち)(くま)なく()らす月光(つきかげ)
095心持(こころも)ちたし(たび)ゆくわれは。
096せせらぎの(おと)(きこ)えて(をか)()
097(むし)()()ゆる(つき)夜頃(よごろ)よ。
098(ひる)(ごと)(あか)るき(つき)女郎花(をみなへし)
099桔梗(ききやう)刈萱(かるかや)(いろ)()せて()ゆ』
100 かく一行(いつかう)は、101(あき)()()みきる(つき)(たた)へ、102(やす)らひ()たる(をり)もあれ、103東南(とうなん)(てん)(あた)りて一塊(いつくわい)黒雲(こくうん)(あら)はるるよと()()に、104次第(しだい)々々(しだい)四方(しはう)(ひろ)がり、105さしもに(あか)るき月光(つきかげ)も、106(たちま)黒雲(こくうん)(つつ)まれ、107咫尺(しせき)黯澹(あんたん)として、108どつかりと(やみ)(かたまり)月見(つきみ)(をか)茂樹(しげき)(もり)()(きた)りぬ。109一行(いつかう)姿(すがた)(たがひ)()えぬまで暗黒(あんこく)(くわ)し、110(ただ)(こゑ)のみを(たよ)りに(そら)()るるを()つより(ほか)手段(てだて)なかりける。
111 秋男(あきを)(うた)ふ。
112(ひる)(ごと)()れたる(そら)(たちま)ちに
113あやめも()かずなりにけらしな。
114幾万(いくまん)(ほし)(のこ)らず(つつ)みたる
115(くも)黒々(くろぐろ)()(かぜ)(さむ)し。
116(むし)()もひたと()まりて(こずゑ)()
117(かぜ)いやらしくうなり()めたり。
118(まつ)(たけ)(うめ)(さくら)(こころ)せよ
119悪魔(あくま)()づる序幕(じよまく)なるらむ。
120(やみ)(まく)(おろ)してわれ()()をかすめ
121(こと)(はか)るらし悪魔(あくま)(むれ)は。
122われわれの(ちから)()ぢて悪神(あくがみ)
123地上(ちじやう)(やみ)(おと)せしならむ。
124惟神(かむながら)御霊(みたま)(さち)はひましまして
125この暗闇(くらやみ)()らさせ(たま)へ。
126何処(いづこ)よりか(あや)しき(こゑ)(きこ)ゆなり
127(わら)(ばば)アか(そし)(ばば)アか。
128如何(いか)ならむ曲津(まがつ)(おそ)(きた)るとも
129われには(いづ)言霊(ことたま)ありけり』
130 (まつ)(うた)ふ。
131月見(つきみ)(をか)(まつ)百木(ももき)黒雲(くろくも)
132かくれて()えず(むし)()(ほそ)し。
133水奔鬼(すゐほんき)たとへ幾万(いくまん)(きた)るとも
134生言霊(いくことたま)()ちて(はふ)らむ。
135()にもあれ月見(つきみ)(をか)(つつ)みたる
136(やみ)()らして(すす)みゆかばや』
137 (たけ)(うた)ふ。
138大丈夫(ますらを)弥猛心(やたけごころ)暗闇(くらやみ)
139(おそ)るべしやは(くに)(おん)(ため)
140爛漫(らんまん)(にほ)へる(はな)()()()せて
141(やみ)はますます(ふか)みけるかな。
142この(をか)にすだく(むし)()(ほそ)りつつ
143(あや)しき(かぜ)()()夜半(よは)なり。
144雄々(をを)しくは言挙(ことあげ)すれど村肝(むらきも)
145(こころ)(さび)しくなりにけらしな』
146 (うめ)(うた)ふ。
147大丈夫(ますらを)(きみ)(あら)ずや常闇(とこやみ)
148今宵(こよひ)をさまで(おそ)(たま)ふか。
149(やみ)(まく)幾重(いくへ)にわれを(つつ)むとも
150(こころ)(まこと)(ひか)りに(すす)まむ。
151大空(おほぞら)(きよ)月光(つきかげ)(つつ)みつつ
152曲津(まが)はわれ()にさやらむとすも。
153よしやよし常闇(とこやみ)()(ふか)くとも
154如何(いか)でひるまむ悪魔(あくま)(おそ)れじ』
155 (さくら)(うた)ふ。
156(めずら)しく月見(つきみ)(をか)(のぼ)()
157われは(こころ)(なぐさ)めしはや。
158(たましひ)(よみがへ)りたるたまゆらを
159(つつ)むも(にく)(しこ)黒雲(くろくも)
160黒雲(くろくも)(つつ)めど(つき)皎々(かうかう)
161御空(みそら)(かがや)(たま)ふなるらむ。
162中空(なかぞら)(くも)如何程(いかほど)(あつ)くとも
163やがては()れむ(つき)のいませば』
164 ()(うた)へる(をり)しも、165何処(いづこ)ともなく(きこ)(きた)るいやらしき(こゑ)
 
166『ギアハハハハハー、167ギヨホホホホー
168腰抜(こしぬ)けのヒヨロヒヨロ(をとこ)(あつま)りて
169弱音(よわね)()くかな月見(つきみ)(をか)に。
170(そら)(わた)(つき)(ちから)腰抜(こしぬ)けが
171くだらぬ(うた)をうたふ可笑(をか)しさ。
172(やみ)(まく)(つつ)まれ(むし)()(ごと)
173(かな)しき(こゑ)をしぼり()るかな。
174高光山(たかみつやま)(たび)をとどまれ貴様(きさま)()
175弱腰(よわごし)にてはとても(およ)ばじ。
176貴様(きさま)()(もと)むる冬男(ふゆを)()(すで)
177へこたれよつて弱鬼(よわおに)となりしよ。
178メソメソと吠面(ほえづら)かわき赤恥(あかはぢ)
179(しのぶ)(をか)()(くら)()る。
180(その)(はう)冬男(ふゆを)(ごと)くへこたれて
181月見(つきみ)(をか)(おに)となれなれ。
182(なんぢ)()(うた)道々(みちみち)()いてゐた
183(おれ)姿(すがた)()らぬか馬鹿者(ばかもの)
184(この)(はう)世界(せかい)(やつ)(ことごと)
185(そし)(たの)しむ(ばば)アなるぞや。
186(そし)られて(はら)()つなら()()んで
187()んでしまへば(らち)があくぞや。
188(この)(はう)経綸(しぐみ)(やみ)(つつ)まれて
189吠面(ほえづら)かわく腰抜(こしぬけ)野郎(やらう)よ。
190ギヤハハハハーぎゆうぎゆう(のど)をしめられて
191(いま)(かな)しき最後(さいご)をする(やつ)
192かうなればもう(おれ)のもの貴様(きさま)()
193(した)など()んで()んだがよいぞや。
194()(なか)(おれ)(ほど)えらい(もの)はない
195水上館(みなかみやかた)(かみ)もあるかい。
196腰抜(こしぬけ)冬男(ふゆを)(あに)()ると()きて
197()つて()たぞよ月見(つきみ)(をか)に。
198かくなればもうこちのもの()()はうと
199()いて()はうとしたい放題(はうだい)
200アハハハハあはれなるかな(この)餓鬼(がき)
201(おれ)()仲間(なかま)(なぶ)(ごろ)しよ。
202ちよこざいな腰弱(こしよわ)(をとこ)餓鬼(がき)どもが
203(おれ)縄張(なはばり)()らそとするか。
204縄張(なはばり)をむざむざ貴様(きさま)()らされて
205(そし)()さんの(かほ)がたつかい。
206(わら)(ばば)(いもと)(おれ)(そし)(ばば)
207(そし)()らして(あわ)()かさむ。
208(この)(はう)(わな)にかかつてこの(をか)
209(やす)むといふは(うん)()きぞや。
210大空(おほぞら)月見(つきみ)したのが()(はう)
211いよいよ(うん)()きとなりける。
212(うん)のつきまごつきうろつききよろつきの
213五人(ごにん)(をとこ)(あは)れなるかな。
214 ギヤハハハハー、215ギヨホホホホー、216ギユフフフフー』
 
217といやらしき(こゑ)(やみ)(なか)連続(れんぞく)してゐる。218秋男(あきを)最早(もは)(たま)()ね、219(てん)(はい)()(はい)拍手(はくしゆ)しながら、
 
220(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
221 (もも)()(よろづ)八千万(やちよろづ)(かみ)
222 天津(あまつ)御空(みそら)()らさせ(たま)へ』
 
223(あま)数歌(かずうた)()(かへ)してゐる。
224 (やみ)(なか)より破鐘(われがね)(やう)(こゑ)
225『ワツハハハハー、226ウフフフフー、227てもさてもいぢらしいものだのう。228(この)(はう)(しのぶ)(をか)()水奔鬼(すゐほんき)(わら)()アさんの(いもうと)229世界(せかい)(やつ)ども(かた)つぱしから(そし)()らして茶々(ちやちや)()れる(そし)(ばあ)さんの貧乏神(びんばふがみ)ぞや、230(おそ)()つたか。231(あま)数歌(かずうた)なんぞと()らず(ぐち)(たた)くな。232そんな(こと)でビクとも(いた)鬼婆(おにばば)ではないぞや。233ギヤハハハハー、234ギユフフフフー、235(をは)り』
236()つた()り、237ピタリと(あや)しき(こゑ)(とま)つた。
238昭和九・七・二七 旧六・一六 於関東別院南風閣 林弥生謹録)
絶賛発売中『超訳霊界物語2/出口王仁三郎の「身魂磨き」実践書/一人旅するスサノオの宣伝使たち』
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki