霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻 篇:余白歌 よみ(新仮名遣い):
章:余白歌 よみ(新仮名遣い):よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2021-04-20 13:54:28 OBC :rm518801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
未決監(みけつかん)にて
(とき)ならぬ(さむ)一夜(いちや)(おそ)()
おどろかされぬ長月(ながつき)(そら)〈第5章(初)〉

遠近(をちこち)(をしへ)御子(みこ)赤心(まごころ)
()めし玉章読(たまづさよ)みつつ(うれ)しき〈第5章(初)〉

ゐながらに日本(にほん)西洋(から)(めぐ)りけり
(めぐ)()されし名所(めいしよ)絵葉書(ゑはがき)〈第5章(初)〉


未決監(みけつかん)にて
()につれぬ(つき)(ひかり)甲子(きのえね)
文月(ふづき)十二夜曇(じふにやくも)りてしかな〈第6章(初)〉

甲子(きのえね)文月十二(ふづきじふに)(つき)みれば
下界(げかい)のために(うれ)(がほ)なる〈第6章(初)〉

中央白(なかしろ)左右(さいう)(あか)()(いろ)
水火(すゐくわ)(じよ)をば(しめ)すなるらむ〈第6章(初)〉

瑞御魂生(みづみたまあ)れし吉日(よきひ)前後三日(ぜんごみつか)
(つき)(かがみ)のかすむ(うた)てさ〈第6章(初)〉

ナイフルのわが(うま)れたる文月(ふみづき)
十二(じふに)夜半(よは)()れる(あや)しさ〈第6章(初)〉


未決監(みけつかん)にて絵葉書(ゑはがき)()
()ながらに(かへで)名所(めいしよ)(いざな)はれ
(みやこ)内外(うちと)(なが)めせしかな〈第9章(初)〉


未決監(みけつかん)にて
馬清(うまきよ)()えたり(まど)風寒(かぜさむ)
此頃(このごろ)(われ)牛馬(うしうま)()たるかな
牛寅(うしとら)(はたら)かばやと足掻(あが)きなし
甲子(きのえね)早暮近(はやくれちか)羊肥(ひつじこ)
パンよりもカミを(あい)する(ひつじ)かな
又一(またひと)馬齢加(ばれいくは)へて(うし)(はる)〈第10章(初)〉


綾詩
海外宣伝日月進   擁護厚厳瑞二神
天下驚倒三五教   地上普愛善信真
抱鴻図遠進満蒙   神威大振三五道
突然雖遭暴戻剣   幸得息天地加護
現代是黒鉄濁世   愛善滅偽真独盛
衆生頑迷不知天   弥勒出世開神政〈第10章(初)〉


空拳録
俄然寒冷襲来晩秋空  長夜思国涙滂沱腮辺
吁伝達愛善天上使者  忽降根底暗闇裡呻吟
何人夫不愁哉神人難  東雲空赤鶏鳴将開窟〈第13章(初)〉


甲子文月十二夜   玉兎鏡面在星妖
伝日天災地変象   勿愁瑞祥開坤輿
顧在我頭上大師   亦別在教弟妻子
欲上奉神下伝教   吁奈何在窟暗児
聖地在愛信教壇   旦暮修養煉心胆
経緯典範道大本   日神諭霊界聖談〈第15章(初)〉


人間(にんげん)(うま)れし甲斐(かひ)神業(しんぎやう)
(つく)して(かへ)(われ)(くひ)なき〈第18章(初)〉

からたまは(せま)一間(ひとま)(ひそ)むとも
(こころ)はひろし(かみ)にある(われ)〈第18章(初)〉

今日(けふ)こそは()(うま)れたる()()ぞと
まめ(ひと)たちは(いさ)みて(いの)るも〈第19章(初)〉


三五(さんご)(たま)〔その三〕
()ツの玉
金剛(こんがう)不壊(ふゑ)如意(によい)宝珠(ほつしゆ)伊都能売(いづのめ)
(もと)御魂(みたま)(いく)むすびなり
神直日厳(かむなほひいづ)御霊(みたま)(むらさき)
天地(てんち)和合(わがふ)宝珠(ほつしゆ)なりけり
大直日(おほなほひ)(みづ)御霊(みたま)黄金(こがね)なす
善言(ぜんげん)美詞(びし)言霊(ことたま)(さち)〈巻末(初)〉


()ツの玉
(むらさき)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)高砂(たかさご)
(じよう)(うば)との御魂(みたま)なりけり
赤色(あかいろ)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(かみ)(くに)
やがて(をざ)むる(うづ)国魂(くにたま)
青色(あをいろ)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)はエルサレム
下津(したつ)岩根(いはね)大和魂(やまとだましひ)
白色(はくしよく)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)英米仏(えいべいふつ)
西洋(せいやう)諸国(しよこく)(をさ)むる国魂(くにたま)
黄色(わうしよく)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)支那印度(しないんど)
露西亜(ろしあ)一帯治(いつたいをさ)むる国魂(くにたま)
        (大正十三年十月三十日)〈巻末(初)〉

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
12/30霊界物語音読霊界物語朗読日記を追加しました。『第29巻 高砂島・鏡の池のインチキ宗教「懸橋御殿」
12/25王仁DB王仁DBの文献検索の結果画面にオニペディアへのリンクが出るようにしました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→