霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2024/6/15] 6月17日(月)から月末にかけて、霊界物語ネットのデザインの変更作業を行います。レイアウトが乱れるなどの不具合が生じたら、時間を置いてアクセスしてみて下さい。[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:前付 よみ(新仮名遣い):
章:序文 よみ(新仮名遣い):じょぶん 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年03月24日(旧02月8日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
伯耆の国皆生温泉浜屋旅館の見晴らしのよい二階の広間をあてがわれ、朝日の光と大山の雄姿を眺めながら、大正十二年如月八日から十日までの三日間にていよいよ第五十七巻を口述し終わった。
スーラヤ(日天子)、ラトナブラバ(宝光天子)、アワバーサブラ(光耀天子)の守護の下にようやく印度の国、波斯の国境テルモン山の昔物語の大要を述べ終わった。
顧みれば瑞月が神の大道に入ってから満二十五年に相当する今日、富士の神使に導かれ神教を伝えられた今日、出雲富士として名も高い大山の雄姿を拝し、三保の松原に等しい夜見ヶ浜の白砂青松の磯辺を筆録者と共に逍遥しながら、今昔の感に打たれ、思わず嘆息せざるを得ない。
隠岐の島は遠く波間に浮かびかすかに山の頂を現し、三保ヶ関の霊地は眼前に横たわり、日本海の波に漂えるがごとくに見えている。八大竜王は鼓を打って吾ら一行を迎え給う。
北村隆光、加藤明子、藤田、松田、紙本の氏をはじめ谷川常清氏、湯浅清高ならびに米子支部信者、および近国の信者諸氏の日々の訪問を歓喜しながら、神の恵みのまにまに五七の巻を述べ終わる。
時しも綾の聖地から三代直澄教主は、大本瑞祥会会長井上留五郎氏および前会長湯川貫一氏とともに来る。瑞月は感きわまって言うところを知らず。ここに序文に代えて一言を記すこととする。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2020-05-22 10:45:02 OBC :rm570001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第10輯 255頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 伯耆国(はうきのくに)皆生(かいけ)温泉(をんせん)浜屋(はまや)旅館(りよくわん)見晴(みはら)()二階(にかい)広間(ひろま)(あて)がはれ、002朝日(あさひ)(ひかり)大山(だいせん)雄姿(ゆうし)(なが)(なが)ら、003大正(たいしやう)十二(じふに)(ねん)如月(きさらぎ)八日(やうか)より十日(とをか)(まで)三日間(みつかかん)にていよいよ(だい)五十七(ごじふしち)(くわん)口述(こうじゆつ)(をは)りぬ。
004 スーラヤ(日天子(につてんし))チヤンドラ・デーワブトラ(月天子(ぐわつてんし))サマンタガン(普光(ふくわう)天子(てんし))ラトナブラバ(宝光(ほうくわう)天子(てんし))アワバーサブラ(光耀(くわうえう)天子(てんし))の守護(しゆご)(もと)に、005(やうや)印度(ツキ)(くに)波斯(フサ)国境(こくきやう)テルモン(ざん)昔物語(むかしものがたり)大要(たいえう)()(をは)りました。006(かへり)みれば瑞月(ずゐげつ)(かみ)大道(おほぢ)()りしより(まん)二十五(にじふご)(ねん)相当(さうたう)する今日(こんにち)007富士(ふじ)神使(しんし)(みちび)かれ神教(しんけう)(つた)へられたる今日(こんにち)008出雲(いづも)富士(ふじ)とて()(たか)大山(だいせん)雄姿(ゆうし)(はい)し、009三保(みほ)松原(まつばら)(ひと)しき夜見(よみ)(はま)白砂(はくしや)青松(せいしよう)磯辺(いそべ)筆者(ひつしや)御校正本・愛世版では「筆者」だが、校定版では「筆録者」に直している。(とも)逍遥(せうえう)(なが)ら、010今昔(こんじやく)(かん)()たれ、011(おも)はず歎息(たんそく)せざるを()ない。012隠岐(をき)(しま)(とほ)波間(なみま)(うか)び、013(かす)かに(やま)(いただき)(あら)はし、014三保(みほ)(せき)霊地(れいち)眼前(がんぜん)(よこた)はり日本海(にほんかい)(なみ)(ただよ)へるが(ごと)()えて()る。015八大(はちだい)竜王(りうわう)ナンダナーガラーシャ(歓喜(くわんき)竜王(りうわう))、016ウバナンダ(善歓喜(ぜんくわんき)竜王(りうわう))、017サーガラ(海竜王(かいりうわう))、018ワーシュキ(多頭(たとう)竜王(りうわう))、019タクシャカ(視毒(しどく)竜王(りうわう))、020マナスヰン(大身(たいしん)大力(たいりき)竜王(りうわう))、021ウッパラカ(青蓮華色(せいれんげしよく)竜王(りうわう))、022アナワタブタ(無悩(むなう)清涼(せいりやう)竜王(りうわう))、023(つづみ)()つて(われ)()一行(いつかう)(むか)(たま)ふ。024北村(きたむら)隆光(たかてる)025加藤(かとう)明子(はるこ)026藤田(ふぢた)027松田(まつだ)028紙本(かみもと)諸氏(しよし)(はじ)谷川(たにかは)常清(つねきよ)()029湯浅(ゆあさ)清高(きよたか)(ならび)米子(よなご)支部(しぶ)信者(しんじや)030(およ)近国(きんごく)信者(しんじや)諸氏(しよし)日々(にちにち)訪問(はうもん)歓喜(くわんき)(なが)ら、031(かみ)(めぐ)みのまにまに五七の(まき)()(をは)る。032(とき)しも(あや)聖地(せいち)より三代(さんだい)直澄(なほずみ)教主(けうしゆ)大本(おほもと)瑞祥会(ずゐしやうくわい)会長(くわいちやう)井上(ゐのうへ)留五郎(とめごらう)()(およ)前会長(ぜんくわいちやう)湯川(ゆかは)貫一(くわんいち)()(とも)(きた)らる。033瑞月(ずゐげつ)(かん)(きは)まつて()(ところ)()らず。034(ここ)序文(じよぶん)()一言(いちごん)(しる)すことと(いた)しました。
035   大正十二年旧二月十日
036於伯州皆生温泉
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!霊界物語の朗読ユーチューブ
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki