霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 野探(やさがし)〔一四五三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第1篇 照門山颪 よみ(新仮名遣い):てるもんざんおろし
章:第3章 野探 よみ(新仮名遣い):やさがし 通し章番号:1453
口述日:1923(大正12)年03月24日(旧02月8日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
求道居士一行がパインの森で息を休めていると、老若男女の鬨の声が聞こえてきた。群衆は、ワックスが煽動したとおり、悪神の手先・三千彦を捕えたこと、三五教にたぶらかされたデビス姫を捕えようと捜索していることを歌いながら進んでくる。
町民一同が脱線的な動きを始めたのは、ワックスがいつも使役している悪孤の所為である。この悪孤は妖幻坊の手下で三九坊と名乗る刧を経た古狐である。
この狐はワックスの体内に出入りしていつもよからぬことを計画していた。そこへ三千彦がやってきたので、三千彦を排斥するのはこのときと、有らん限りの力を尽くして、ワックスの口を借りて町民を扇動し、精神をかく乱したのである。
町民たちはデビス姫の捜索に出かけてしまい、どの家も留守になってしまった。その間にオークスとビルマは、ワックスの内命によって留守の家からめぼしい物品を盗み出し、テルモン山の岩窟に運んでしまった。
ワックスはパインの森に大勢を連れて押し寄せ、求道居士らを誰何した。求道居士は言葉優しくこれまでの経緯を説明し、デビス姫はワックスを叱りつけたが、ワックスの下知によって四人は縛り上げられてしまった。
四人はむしろ、縛られて館に行き、誤解を解こうと思っていたのだが、ワックスは三九坊のささやきにより、四人をテルモン山の岩窟に放り込んでしまった。
町人たちは勝鬨を上げて帰ってきたが、見れば家の宝が残らず盗まれている。オークスは馬上より大音声を発して、これはすべて三五教の悪宣伝使たちの仕業だと触れて回り、ワックスを先見の明ある救世主だと持ち上げた。
町民たちはすっかり信じてしまい、三五教をますます憎み、反対にワックスを神のごとく尊敬するに至った。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5703
愛善世界社版:35頁 八幡書店版:第10輯 270頁 修補版: 校定版:37頁 普及版:16頁 初版: ページ備考:
001 求道(きうだう)居士(こじ)はデビス、002ケリナをパインの(もり)(まで)(おく)(きた)り、003ヘルと(とも)少時(しばし)(いき)(やす)めて()た。004(たちま)老若(らうにやく)男女(なんによ)(とき)(こゑ)005(かね)太鼓(たいこ)()らしながら、
006群衆(ぐんしう)(かへ)(もど)せ、三五教(あななひけう)悪神(あくがみ)
007ドンドコドンドコ ドコドコドン
008チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
009大事(だいじ)大事(だいじ)のお(ひめ)さま
010テルモン(やかた)のお(ひめ)さま
011ドンドコドンドコ ドコドコドン
012チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
013不動(ふどう)(たき)()()んで
014悪逆(あくぎやく)無道(ぶだう)三千彦(みちひこ)
015(さき)(やかた)(しの)ばせつ
016金剛(こんがう)不壊(ふゑ)如意(によい)宝珠(ほつしゆ)
017大事(だいじ)大事(だいじ)のお(たから)
018(かく)した(やつ)三千彦(みちひこ)
019(かへ)せ (もど)せ 如意(によい)宝珠(ほつしゆ)
020ドンドコドンドコ ドコドコドン
021チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
022如意(によい)宝珠(ほつしゆ)はバラモンの
023(かみ)のお(かげ)(かへ)つたが
024肝腎要(かんじんかなめ)のお(ひめ)さま
025(かへ)(もど)せやサア(はや)
026三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
027如何(いか)なる魔法(まはふ)使(つか)ふとも
028此方(こちら)にや此方(こちら)魔法(まはふ)がある
029(かへ)(もど)せサア(はや)
030大事(だいじ)大事(だいじ)のお(ひめ)さま
031(ひと)大事(だいじ)なケリナ(ひめ)
032三年前(さんねんまへ)(やかた)をば
033()ましなさつたそれ(かぎ)
034()つから(かへ)つて(ござ)らない
035ドンドコドンドコ ドコドコドン
036チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
037これも矢張(やつぱり)三五(あななひ)
038悪神(わるがみ)(ども)のなす(わざ)
039ワックス(つかさ)()託宣(たくせん)
040よもや間違(まちが)(ござ)るまい
041ドンドコドンドコ ドコドコドン
042チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
043エーエーエ
044さても(この)(たび)テルモン(やかた)
045(にはか)悪魔(あくま)到来(たうらい)
046肝腎要(かんじんかなめ)如意(によい)宝珠(ほつしゆ)
047(ぬす)んで(つぎ)にお(ひめ)さま
048(くわ)へて()なうと(たく)みつつ
049まづ手初(てはじ)めに教主(けうしゆ)さま
050小国別(をくにのわけ)(いのち)をば
051所在(あらゆる)魔法(まはふ)使(つか)ひつつ
052(いのち)()らうと(たく)()
053()うなりや(やかた)(そん)でない
054宮町中(みやまちぢう)大損(おほぞん)
055テルモン(ざん)中腹(ちうふく)
056泰平(たいへい)(ゆめ)(むさぼ)りし
057天下(てんか)唯一(ゆゐいつ)のパラダイス
058三五教(あななひけう)(おに)()
059(みづ)()らさぬ悪企(わるだく)
060根本(こんぽん)(てき)看破(かんぱ)した
061ワックスさまは(えら)いもの
062テルモン(やかた)救世主(きうせいしゆ)
063宮町中(みやまちぢう)(たす)(がみ)
064(わる)いお(かた)()いてたに
065古今(ここん)無双(むさう)神力(しんりき)
066(あら)はしなさつた(えら)(ひと)
067()めよ(たた)へよ(あが)めよ(をが)
068()めよ(たた)へよ(あが)めよ(をが)
069ドンドコドンドコ ドコドコドン
070チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
071パインの(もり)には(なん)となく
072(あや)しい(ひと)(かげ)がある
073これも矢張(やつぱり)三五(あななひ)
074悪神(わるがみ)(ども)襲来(しふらい)
075デビス、ケリナの(ひめ)さまの
076吾々(われわれ)町人(ちやうにん)一同(いちどう)
077一度(いちど)もお(かほ)(をが)まねど
078()容色(きりよう)(すぐ)れた(ひと)ぢやげな
079(みな)さま(しつか)りなされませ
080三五教(あななひけう)守護(しゆごう)する
081高倉(たかくら)(あさひ)明神(みやうじん)
082(をんな)()けてテルモンの
083(やかた)侵入(しんにふ)すると()
084大国彦(おほくにひこ)(かみ)(さま)
085さしも(きび)しき()託宣(たくせん)
086ワックスさまに(くだ)りしと
087()いて(われ)()はうかうかと
088無事(ぶじ)泰平(たいへい)(ゆめ)()
089これが(くら)して()られうか
090何程(なにほど)(ひめ)()えたとて
091(けつ)して(しん)じちやなりませぬ
092ワックスさまの()(とほ)
093一旦(いつたん)(をんな)()つけたら
094とつ(つか)まへてワックスの
095()にかけた(うへ)でなくば
096(けつ)して(やかた)(おく)るなよ
097ドンドコドンドコ ドコドコドン
098チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン』
099と、100赤襷(あかだすき)赤鉢巻(あかはちまき)(しろ)(はた)文字(もじ)をムシヤムシヤと()いたのを()(なが)ら、101(くろ)(かほ)した老若(らうにやく)男女(なんによ)坂道(さかみち)(くだ)つて()る。102(かく)(ごと)町民(ちやうみん)一同(いちどう)脱線(だつせん)(てき)蠢動(しゆんどう)(はじ)めたのは、103ワックスがいつも使役(しえき)して()悪狐(あくこ)所為(しよゐ)である。104この悪狐(あくこ)妖幻坊(えうげんばう)部下(てした)であつて三九坊(さんきうばう)(とな)ふる数千(すうせん)(ねん)(ごふ)()古狐(ふるぎつね)で、105時々(ときどき)テルモン(ざん)夜中(やちう)数千(すうせん)()(とぼ)し、106(あるひ)文字(もじ)をもつて(だい)()(あら)はしなどして、107町民(ちやうみん)誤魔化(ごまくわ)して()たのである。108(この)三九坊(さんきうばう)はワックスの体内(たいない)出入(でいり)して何時(いつ)()からぬ(こと)計劃(けいくわく)して()た。109其処(そこ)三五教(あななひけう)三千彦(みちひこ)突然(とつぜん)やつて()たので、110自分(じぶん)正体(しやうたい)(あら)はれむ(こと)(おそ)れ、111三千彦(みちひこ)排斥(はいせき)し、112三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一人(ひとり)(うかが)はしめざるやう()すは(いま)(この)(とき)と、113()らむ(かぎ)りの(ちから)(つく)し、114()第一(だいいち)町民(ちやうみん)精心(せいしん)攪乱(かくらん)すべく、115ワックスの(くち)()つて辻演説(つじえんぜつ)(はじ)めたものである。116百戸(ひやくこ)(ばか)りの町民(ちやうみん)は、117ワックスの妖言(えうげん)(いち)()もなく(しん)じて仕舞(しま)ひ、118(いへ)(から)にして(ひめ)捜索(そうさく)出掛(でか)けたのである。119どの(いへ)もどの(いへ)(いへ)(から)にして(そと)()()し、120(ねこ)()一匹(いつぴき)留守(るす)をして()なかつた。121(その)(あひだ)にオークス、122ビルマの両人(りやうにん)はワックスの内命(ないめい)により、123留守(るす)家々(いへいへ)(さぐ)つて()ぼしい物品(ぶつぴん)(のこ)らず(ぬす)()し、124テルモン(ざん)()岩窟(がんくつ)(はこ)ばせて()いた。125百戸(ひやくこ)百戸(ひやくこ)とも(もつと)大切(たいせつ)なる物品(ぶつぴん)(ひと)つも(ぬす)まれない(いへ)()かつた。126ワックスは数多(あまた)人々(ひとびと)()()(なが)ら、127()(にん)休息(きうそく)せるパインの(もり)()()(きた)大音声(だいおんじやう)
128ワックス『ヤアヤアそれなる、129円頂(ゑんちやう)緇衣(しえ)比丘(びく)(ども)130(なんぢ)三五教(あななひけう)魔法(まはふ)使(つか)ひ、131二人(ふたり)(ひめ)(さま)をいづくにか、132(うば)()(かく)()き、133(あさひ)134高倉(たかくら)白狐(びやくこ)使(つか)ひ、135デビス(ひめ)136ケリナ(ひめ)()けさせ、137(ふたた)如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(たから)()()れむとして(すす)(きた)りし大悪人(だいあくにん)()138(また)一人(ひとり)一ケ月(いつかげつ)以前(いぜん)(さん)(にん)抜刀(ばつたう)をもつて宮町(みやまち)(あら)した大泥坊(おほどうばう)(なか)片割(かたわれ)139(かく)しても(かく)されまい。140サアどうぢや、141尋常(じんじやう)(ばく)につけ』
142呶鳴(どな)()てた。143求道(きうだう)居士(こじ)言葉(ことば)(やさ)しく、
144拙者(せつしや)(けつ)して悪神(わるがみ)では(ござ)らぬ、145(もと)はバラモン(けう)のカーネル、146エミシと(まを)すもの、147大黒主(おほくろぬし)(さま)(めい)(ほう)じ、148鬼春別(おにはるわけ)149久米彦(くめひこ)両将軍(りやうしやうぐん)(したが)ひ、150斎苑(いそ)(やかた)進軍(しんぐん)途中(とちう)151三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)迦葉(かせう)尊者(そんじや)152治国別(はるくにわけ)出遇(であ)(まこと)(みち)()(しめ)され、153比丘(びく)となつたもので(ござ)る。154さうして(この)()両人(りやうにん)はテルモン(やかた)のデビス(ひめ)(さま)155ケリナ(ひめ)(さま)(ござ)るぞ。156危急(ききふ)場合(ばあひ)をお(たす)(まを)し、157此処(ここ)(まで)(おく)(まをし)たもので(ござ)る。158サア(うたがひ)()らして吾々(われわれ)一同(いちどう)()案内(あんない)()され』
159ワックス『アハハハハハ、160(ぬか)したりな糞坊主(くそばうず)()161怪弁(くわいべん)をもつて神力(しんりき)無双(むさう)(それがし)誤魔化(ごまくわ)さむと(いた)すとも、162左様(さやう)(こと)(たばか)らるる(ごと)(それがし)では(ござ)らぬぞ。163デビス(ひめ)(さま)(けつ)してそのやうなお(みみ)はして(ござ)らぬ。164(まつた)高倉(たかくら)(まを)悪狐(あくこ)(ござ)らう、165化損(ばけそこ)ねて(いぬ)(みみ)()まれた証拠(しようこ)にはまだ()(したた)つて()るぢやないか。166もう一人(ひとり)のケリナ(ひめ)()けた奴狐(どぎつね)首筋(くびすぢ)(きず)(いた)して()るぢやないか、167(その)(はう)(また)(みみ)(あた)りに(きず)(あと)がある。168きつと(いぬ)()まれて、169()けて此処(ここ)まで()よつたに(ちが)ひない。170サア(みな)(もの)猶予(いうよ)はいらぬ、171ワックスの(めい)だ、172(しば)りあげて(ひめ)住所(ありか)白状(はくじやう)させる()め、173テルモン(ざん)岩窟(がんくつ)(おく)つたがよからう』
174デビス『これお(まへ)家令(かれい)(せがれ)175野呂作(のろさく)のワックスぢやないか、176(なん)()失礼(しつれい)(こと)()ふのだ。177(わらは)(いのち)(たす)けて(くだ)さつた()恩人(おんじん)178無礼(ぶれい)(こと)(いた)すと量見(れうけん)(いた)しませぬぞ』
179ケリナ『ヤア(めづら)しやワックス殿(どの)180其方(そなた)相変(あひかは)らず脱線(だつせん)(つづ)ける(をとこ)だな。181(われ)()妹姉(きやうだい)小国別(をくにのわけ)(むすめ)間違(まちが)ひない(ほど)に、182サア(はや)其処(そこ)退()いてお()れ、183父上(ちちうへ)()()(うへ)()にかかるから(いち)()(はや)(かへ)らねばなりませぬ』
184ワックス『ツベコベと吾々(われわれ)誤魔化(ごまくわ)さむと(いた)しても(その)()()るものではない。185サア(みな)さま、186あの(みみ)()まれて()るのが四足(よつあし)証拠(しようこ)だ。187(はや)(しば)りなさい』
188下知(げち)すれば、189数十(すうじふ)(にん)荒男(あらをとこ)有無(うむ)()はせず()(にん)雁字搦(がんじがらみ)(しば)()げた。190求道(きうだう)居士(こじ)(はじ)(その)(ほか)(さん)(にん)()もなき小童(こわつぱ)(ども)にムザムザ(しば)られるやうな(もの)ではなかつたが、191一層(いつそ)(こと)(しば)られて(やかた)(かへ)り、192ワックス(その)(ほか)(おどろ)かしてやらうと、193(わざ)とに(ばく)()いたのである。194(しか)るにワックスは(むね)一物(いちもつ)ある(こと)とて、195三九坊(さんきうばう)副守(ふくしゆ)(めい)ずる(まま)三千彦(みちひこ)()()んだ()かひ(がは)谷間(たにま)岩窟(がんくつ)一人(ひとり)(づつ)()けて、196大勢(おほぜい)(とも)(おく)()(ぢやう)(かた)(とざ)して仕舞(しま)つたのである。
197 町民(ちやうみん)勝鬨(かちどき)をあげて(おのおの)家路(いへぢ)(かへ)()れば、198バラモン(がみ)(まつ)(もつと)必要(ひつえう)金銀製(きんぎんせい)香炉(かうろ)水壺(みづつぼ)が、199一個(いつこ)(のこ)らず紛失(ふんしつ)して()た。200(いづ)れも周章(あわて)狼狽(ふためき)街路(がいろ)()て、201(たがひ)盗難(たうなん)次第(しだい)物語(ものがた)つて()る。202其処(そこ)意気(いき)揚々(やうやう)として驢馬(ろば)(またが)りやつて()たのは、203ワックス、204オークス、205ビルマの(さん)(にん)であつた。206一同(いちどう)(さん)(にん)周囲(しうゐ)(むら)がり(きた)り、207盗難(たうなん)次第(しだい)(うつた)へた。208オークスは馬上(ばじやう)より大音声(だいおんじやう)(はつ)して()ふ。
209三五教(あななひけう)(あく)宣伝使(せんでんし)210テルモン(ざん)(やかた)(しの)()み、211デビス(ひめ)をチヨロまかし、212如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(かく)し、213小国別(をくにのわけ)呪咀(じゆそ)して(いのち)()(なほ)(これ)にては()()らず、214宮町(みやまち)家々(いへいへ)重宝(ぢゆうほう)215バラモン(がみ)(まつ)重要(ぢゆうえう)器具(きぐ)(ひと)つも(のこ)さず(うば)()りしは、216(まつた)(かれ)()魔法(まはふ)(いた)(ところ)217(けつ)して油断(ゆだん)をするな。218グヅグヅして()ると大切(たいせつ)(むすめ)()られ、219財産(ざいさん)(うば)はれ、220(つひ)には(みな)さまの(いのち)(まで)()られますよ。221最早(もはや)テルモンの神館(かむやかた)小国別(をくにのわけ)(さま)九死(きうし)一生(いつしやう)場合(ばあひ)222とてもお(いのち)(むつか)しい。223(くわ)ふるに二人(ふたり)のお娘子(むすめご)魔法使(まはふつかひ)(ため)行方(ゆくへ)(わか)らず、224到底(たうてい)安心(あんしん)して(くら)(こと)出来(でき)ますまい。225(また)肝腎要(かんじんかなめ)如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(うしな)うた(うへ)はハルナの(みやこ)(まし)ます大黒主(おほくろぬし)(さま)(いかり)()村中(むらぢう)追放(つゐはう)()ふか、226(あるひ)鏖殺(みなごろし)()はねばならぬ(ところ)(この)ワックス(さま)が、227()神力(しんりき)によつて如意(によい)宝珠(ほつしゆ)()()れて(くだ)さつた()め、228宮町(みやまち)百戸(ひやくこ)(つみ)(のが)れたと(まを)すもの、229されば今後(こんご)はワックス(さま)(やかた)(あるじ)(あが)(まつ)り、230本当(ほんたう)のデビス(ひめ)()つかつた(うへ)()夫婦(ふうふ)にお()(くだ)さるやう、231()両人(りやうにん)村中(むらぢう)がお(すす)(まを)し、232そして祖先(そせん)より(つた)はつた(いへ)(まも)らうでは(ござ)いませぬか。233ワックス(さま)今日(こんにち)(まで)故意(わざ)とに馬鹿(ばか)になり、234放蕩(はうたう)息子(むすこ)()せかけて、235(この)国難(こくなん)をお(すく)(くだ)さつた(まこと)救世主(きうせいしゆ)(ござ)いますぞや』
236(うそ)(うま)(なら)()て、237()きつけた。238(あつ)まり(きた)りし老若(らうにやく)男女(なんによ)は、239(いづ)れも三五教(あななひけう)悪神(わるがみ)魔法(まはふ)にかかつて(くる)しむ(こと)(うら)み、240()つワックスの神力(しんりき)賞揚(しやうやう)し、241『ワックス万歳(ばんざい)』を三唱(さんしやう)(なが)(おのおの)家路(いへぢ)(いそ)(かへ)る。242(かへ)つて()れば先祖(せんぞ)代々(だいだい)から(つた)はつた財物(ざいぶつ)祭具(さいぐ)()いので(また)もや(うれひ)(しづ)み、243益々(ますます)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(にく)み、244その反対(はんたい)にワックスを(かみ)(ごと)くに尊敬(そんけい)するに(いた)りぬ。
245大正一二・三・二四 旧二・八 於伯耆国皆生温泉浜屋 加藤明子録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→