霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 犬闘(けんとう)〔一四七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ(新仮名遣い):てんじょうてんか
章:第20章 犬闘 よみ(新仮名遣い):けんとう 通し章番号:1470
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
悪酔怪員はあちらこちらに三々五々集まり、犬に噛まれた無念話の花を咲かせており、中には怒る者もあり、酒をあおって蛮声を張り上げ、自暴自棄的にさざめいている。
そこへワックスが、包帯を腕に巻き付けて驢馬にまたがり、オークスとビルマをしたがえてやってきた。ワックスは十字街頭に立ち、豆太鼓と摺り鉦をはやし立て、馬上に立って大喝し、悪酔怪員を呼び集めた。
またたくうちに怒れる老若男女は数百人集まってきて鬨の声を上げた。オークスがまず大道演説を始め、三五教をやっつけよと群衆をたきつけた。群衆がオークスに賛同すると、ワックスは包帯をほどいて傷を見せ、自分の働きを語って鼓舞した。
ワックスはめいめい得物をもって館に押し寄せ、三千彦を捕えようと言葉巧みに説きたてた。群衆は竹槍や長剣をふるって、ワックス指揮のもとに列を正して館の門前に押し寄せた。
門前に押し寄せた群衆を前に、ワックスはふたたび馬上演説をなし、小国別、、小国姫、姫たちをはじめ、三千彦ら三五教徒を捕縛するよう下知した。群衆がわっと門内に乱入しようとするとき、スマートがいずこよりともなく現れて、山岳も揺れるばかりの唸り声を発した。
群衆がこの唸り声に辟易して進みかねていると、スマートは群衆の中に矢のように飛び入って縦横無尽に駆け回り、悪酔怪員のみを目がけて咬み倒した。
群衆は驚きあわてて色を失い、おのおの思い思いに命からがら逃げ散って行った。ワックスはオークス、ビルマ、エルをしたがえて自分の館に帰って行く。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5720
愛善世界社版:249頁 八幡書店版:第10輯 350頁 修補版: 校定版:259頁 普及版:117頁 初版: ページ備考:
001 (そら)はドンヨリと(くも)り、002濃淡(のうたん)雲片(うんぺん)雲塊(うんくわい)所斑(ところまんだら)満天(まんてん)(つつ)み、003(すこ)(ばか)りの(くも)(やぶ)れから青雲(あをくも)(はだへ)をチラチラと七八(ななや)箇所(かしよ)(ばか)()せて()る。004(かぜ)もなく()()のそよぎも()まり、005(からだ)一面(いちめん)(あせ)(にじ)()る。006湿(しめ)つぽい空気(くうき)天地(てんち)充塞(じうそく)して()る。007悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)彼方(あちら)(さん)(にん)008此方(こちら)()(にん)(あつま)(いぬ)()まれた無念話(むねんばなし)(はな)()かし、009()()()(ひたひ)青筋(あをすぢ)()て、010(なか)には()ぎしり()んで(いか)(くる)(もの)もあつた。011(あま)腹立(はらだ)たしさに(いづ)れも(さけ)をあふり苦痛(くつう)(まぎ)らす(ため)とて銅羅(どら)(やう)蛮声(ばんせい)()()げ、012自暴(じばう)自棄(じき)(てき)にさざめいて()る。013そこへ(しろ)繃帯(はうたい)(うで)()きつけ驢馬(ろば)(またが)りオークス、014ビルマを(したが)へてやつて()たのはワックスであつた。015ワックスは十字(じふじ)街頭(がいとう)()ち、016(うす)つぺらな豆太鼓(まめだいこ)誓願寺(せいぐわんじ)遍歴者(へんれきしや)(たた)(やう)に、017「ドンドン、018ドンドンドン、019チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン」と、020擦鉦(すりがね)(とも)(はや)()(なが)(あら)はれ(きた)り、021馬上(ばじやう)にツツと()(なが)ら、
022ワックス『一大事(いちだいじ)突発(とつぱつ)せり。023悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)(まを)すに(およ)ばず脛腰(すねこし)()(もの)(いづ)れも鐘路(しようろ)(あつ)まれ』
024大喝(だいかつ)するや、025(いか)()つたる老若(らうにやく)男女(なんによ)(またた)(うち)数百(すうひやく)(にん)(あつ)まり(きた)り、026「ワーイ ワーイ」と(とき)(こゑ)()げ、027ワックスの演説(えんぜつ)()かむと(はや)()ててゐる。028オークスは太鼓(たいこ)()をやめて馬上(ばじやう)()()(なが)ら、029大手(おほて)左右(さいう)()り、030鰐口(わにぐち)をあけて大道(だいだう)演説(えんぜつ)(はじ)()した。
031オークス『(みな)さま、032神館(かむやかた)門番頭(もんばんがしら)033未来(みらい)家令職(かれいしよく)オークスで(ござ)る、034(いま)ここへ(あら)はれ(たま)うたワックス先生(せんせい)は、035御覧(ごらん)(ごと)三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)使役(しえき)する狂犬(きやうけん)(うで)()まれ、036(また)吾々(われわれ)(この)(とほ)(あし)()()られ、037散々(さんざん)()()はされました。038()吾々(われわれ)のみならず悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)大部分(だいぶぶん)(みな)()狂犬(きやうけん)(きず)つけられたでは(ござ)らぬか。039吾々(われわれ)テルモン(ざん)霊地(れいち)住居(すまゐ)(いた)(かみ)選民(せんみん)が、040どうして(これ)不問(ふもん)()する(こと)出来(でき)ませうか。041悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)(まを)すに(およ)ばず、042水平会(すいへいくわい)(ゐん)(ならび)本町(ほんちやう)老若(らうにやく)男女(なんによ)(この)霊地(れいち)(まも)るべく()(てい)して(やかた)につめよせ、043魔法使(まはふづかひ)三千彦(みちひこ)044求道(きうだう)居士(こじ)召捕(めしと)()狂犬(きやうけん)撲殺(ぼくさつ)し、045霊地(れいち)(きよ)むる()所存(しよぞん)(ござ)いませぬか。046(まこと)残念(ざんねん)至極(しごく)(ござ)います。047これが(なん)ともない(やう)人間(にんげん)なら、048それは木石(ぼくせき)(ひと)しきもので(ござ)いませう。049(ひと)感情(かんじやう)動物(どうぶつ)です。050どうか(みな)さま、051バラモン(だましひ)発揮(はつき)し、052吾々(われわれ)(あと)()いて(この)壮挙(さうきよ)賛同(さんどう)あらむ(こと)希望(きばう)(いた)します』
053 悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)(うち)より、054へべれけに()うた(をとこ)055繃帯(はうたい)(なが)(あら)はれ(きた)り、
056(をとこ)『ヤア門番(もんばん)057オークス、058()苦労(くらう)()苦労(くらう)059(まへ)がそんな(こと)()はずとも(この)トンクさまが一人(ひとり)でも(かたき)()たなくちや悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)(かほ)()たねーだ。060(しか)(なが)(しばら)(あし)(なほ)(まで)(この)攻撃(こうげき)()つて()れ。061(この)トンク一人(ひとり)(ちから)でも()(ごと)062やつつけて()せる。063本当(ほんたう)怪体(けつたい)(わる)い、064これが(だま)つて()られやうかい』
065 群衆(ぐんしう)(なか)より、
066(もつと)もだ(もつと)もだ。067猶予(いうよ)はならぬ。068やつつけよ やつつけよ』
069口々(くちぐち)(さけ)(ののし)る。070ワックスは潮時(しほどき)()すまし繃帯(はうたい)(ほど)傷所(きずしよ)(あら)はし(なが)ら、
071ワックス『(みな)さま、072(わたし)魔法使(まはふづかひ)()めに(この)(とほ)(むご)()()ひました。073(わたし)舎身(しやしん)(てき)活動(くわつどう)(いた)し、074斯様(かやう)負傷(ふしやう)をしたのも(みな)さまを(おも)(ため)(ござ)いますぞ。075(いやし)くも悪酔怪(あくすゐくわい)統率者(とうそつしや)たるもの、076仮令(たとへ)貴重(きちよう)なる生命(せいめい)()つるとも諸君(しよくん)()犠牲(ぎせい)となつて(よわ)きを(くじ)き、077(つよ)きを(たす)けねばなりますまい、078サア(とき)(おく)れては(かへ)つて(てき)()げられるかも()れませぬから、079(みな)さまは(この)ワックスに(したが)脛腰(すねこし)()(かた)(やかた)()()(てき)捕縛(ほばく)して(くだ)さい。080さうして負傷(ふしやう)した(かた)是非(ぜひ)(およ)ばぬとしてお(やす)みになつても(よろ)しい。081(しか)(なが)人間(にんげん)(こころ)()(かた)肝腎(かんじん)です、082(この)(とほ)(うで)()まれ(あし)()まれて激痛(げきつう)(しの)(なが)ら、083(やうや)驢馬(ろば)(またが)活動(くわつどう)(いた)して()(わたし)苦心(くしん)をお(さつ)(くだ)さらば、084少々(せうせう)怪我(けが)(ぐらゐ)(うれ)ふるに(およ)びますまい。085千騎(せんき)一騎(いつき)(この)場合(ばあひ)086協心(けふしん)戮力(りくりよく)(てき)大活動(だいくわつどう)(いの)ります』
087言葉(ことば)(たくみ)()(をは)るや、088慌者(あわてもの)弥次馬(やじうま)各自(てんで)棍棒(こんぼう)(たづさ)へ、089(あるひ)竹槍(たけやり)090長剣(ちやうけん)(ふる)つてワックスが指揮(しき)(もと)(うしほ)(ごと)(やかた)門前(もんぜん)さして、091(れつ)(ただ)(はた)()()て、092太鼓(たいこ)(たた)擦鉦(すりがね)()らし(なが)(すす)()く。093ワックスは(さき)()進軍歌(しんぐんか)(うた)(はじ)めた。
094ドーン ドーン ドーン
095チヤンチキチヤンチキ チヤンチキチン
096ワックス『(みな)さま(みな)さま(しつか)りと
097鉢巻(はちまき)()めて(おび)()めて
098草鞋(わらぢ)(ひも)をよく(むす)
099()()柄物(えもの)(たづさ)へて
100テルモン(ざん)聖場(せいぢやう)
101(くつが)へさむと(たく)(やつ)
102ドーン ドーン ドーン
103チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
104三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)
105みち三千彦(みちひこ)求道(きうだう)居士(こじ)
106それに(したが)小盗人(こぬすびと)
107狂犬(きやうけん)スマート諸共(もろとも)
108(ただ)一匹(いつぴき)(のこ)さずに
109(いのち)(まと)立向(たちむか)
110往生(わうじやう)さしてやりませう
111ドーン ドーン ドーン
112チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
113(ひと)(こころ)第一(だいいち)
114(よわ)(やつ)にはドツと()
115(つよ)(やつ)にはドツと()
116もしも先方(むかふ)(つよ)ければ
117(しばら)予定(よてい)退却(たいきやく)
118(ふたた)戦備(せんび)(ととの)へて
119捲土(けんど)重来(ぢゆうらい)(すす)()
120ドーン ドーン ドーン
121チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
122(すべ)(いくさ)駆引(かけひき)
123(しほ)満干(さしひき)ある(やう)
124千変(せんぺん)万化(ばんくわ)秘術(ひじゆつ)をば
125(つく)して(てき)(むか)ふのが
126(まこと)兵法(へいはふ)()ふものだ
127仮令(たとへ)(さん)(ねん)かかるとも
128(この)残念(ざんねん)()らさねば
129悪酔怪(あくすゐくわい)水平会(すいへいくわい)
130霊地(れいち)()まへる人々(ひとびと)
131(をとこ)(かほ)丸潰(まるつぶ)
132(をんな)(かほ)(だい)なしに
133なつて天地(てんち)(はぢ)(さら)
134末代(まつだい)(まで)(わら)はれる
135それを(ふせ)ぐは(いま)だぞや』
136ドンドコ ドンドコ ドコドコドン
137チヤンチキ チヤンチキ チヤンチキチン
138太鼓(たいこ)擦鉦(すりがね)(せは)しき()(おと)につれて足並(あしなみ)(はや)(たちま)門前(もんぜん)(すす)()り、139ワックスは(あと)()(かへ)り、140(また)もや馬上(ばじやう)演説(えんぜつ)(はじ)()した。
141ワックス『三五教(あななひけう)魔法使(まはふづかひ)142悪逆(あくぎやく)無道(ぶだう)三千彦(みちひこ)(はじ)求道(きうだう)居士(こじ)堕落僧(だらくそう)143(ならび)小盗人(こぬすと)のヘルの(さん)(にん)144狂犬(きやうけん)スマートと諸共(もろとも)(まさ)(この)(やかた)にあり。145国家(こくか)興亡(こうばう)146旦夕(たんせき)(せま)る。147(なんぢ)()一同(いちどう)勇士(ゆうし)諸君(しよくん)148獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)(もつ)武備(ぶび)なき(この)(やかた)149(まへ)(うしろ)より乱入(らんにふ)し、150()悪人輩(あくにんばら)捕縛(ほばく)し、151魔法使(まはふづかひ)(たましひ)()かれたる小国別(をくにわけ)夫婦(ふうふ)152(ならび)悪狐(あくこ)変化(へんげ)なる二人(ふたり)(ひめ)(とりこ)にし、153(この)馬場(ばば)物干竿(ものほしざを)(しば)りつけ、154(こら)しめられ()し。155(とき)(おく)れては遁走(とんそう)(おそれ)あり。156(はや)(はや)く』
157下知(げち)すれば(はや)りきつたる群衆(ぐんしう)は『ワツワツ』と(とき)(つく)雪崩(なだれ)をうつて門内(もんない)乱入(らんにふ)せむとする(その)(いきほ)物凄(ものすご)く、158狂瀾(きやうらん)怒濤(どたう)(きし)()()(ごと)光景(くわうけい)となつて()た。159何処(いづこ)よりともなく(あら)はれ(きた)りしスマートは、160ここを先途(せんと)(うな)()し、161山岳(さんがく)()るぐ(ばか)りの(こゑ)(はつ)した。162流石(さすが)群衆(ぐんしう)もワックスも(この)(うな)(ごゑ)辟易(へきえき)し、163(すす)()ねたる(をり)もあれ、164スマートは群衆(ぐんしう)(なか)()(ごと)()()り、165縦横(じうわう)無尽(むじん)()(まは)り、166悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)のみを目蒐(めが)けてバタリバタリと()(たふ)した。167群集(ぐんしふ)(おどろ)(あわ)てて(いろ)(うしな)ひ、168(おのおの)(おも)(おも)ひに生命(いのち)からがら()()つた。169ワックスはオークス、170ビルマ、171エルを(したが)(おの)(やかた)をさして一目散(いちもくさん)驢馬(ろば)(むち)()(かへ)()く。
172大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→