霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2024/6/15] 6月17日(月)から月末にかけて、霊界物語ネットのデザインの変更作業を行います。レイアウトが乱れるなどの不具合が生じたら、時間を置いてアクセスしてみて下さい。[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 天声(てんせい)〔一四七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻 篇:第3篇 天上天下 よみ(新仮名遣い):てんじょうてんか
章:第25章 天声 よみ(新仮名遣い):てんせい 通し章番号:1475
口述日:1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年5月24日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ニコラスが広場に来てみると、警護させておいた兵士たちはいずれも立ったまま眠っており、繋いでおいた四人の姿はなかった。またいつの間にか、縛って連れてきた小国姫とヘルの姿もなかった。
にわかにハゲワシが兵士たちの頭をこつきまわり、兵士たちは狂乱して無性やたらに斬り込んできた。ニコラスは従者たちに指図して応戦した。たちまち怪我人が十数人出てしまった。
このとき空中に音楽が響き、宣伝歌が聞こえてきた。隆光彦の神がニコラスの無礼な振る舞いに歌で戒めを与えた。そして一同に改心を促す説示を宣伝歌に込めて説き諭した。
兵士たちはたちまち傷は癒え、眠気は去って精神爽快を覚えた。ニコラスは合点行かず、士官を引き連れてふたたび館の奥に進み入れば、小国姫、三千彦をはじめ縛り上げた人々は、嬉しげに手を打って酒宴の最中であった。
ニコラスは翻然として悟り、神徳の広大なるに感じて涙を流して三千彦に無礼の罪を謝した。このとき館の外には、ワイワイと山岳も揺るぐばかりの喊声が聞こえてきた。一同は何事かと耳をそばだてて様子をうかがっている。スマートの声は耳をつんざくようにあたりの木霊を響かせている。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5725
愛善世界社版:290頁 八幡書店版:第10輯 365頁 修補版: 校定版:301頁 普及版:137頁 初版: ページ備考:
001 ニコラスのキャプテンはハンナ、002マリス(ほか)()(にん)(とも)小国姫(をくにひめ)003ヘルの二人(ふたり)高手(たかて)小手(こて)(いまし)め、004門前(もんぜん)馬場(ばば)()()れば警固(けいご)させ()いた兵士(へいし)(いづ)れも一蓮(いちれん)托生(たくしやう)005()つた(まま)白河(しらかは)夜船(よぶね)()いで()る。006大杭(おほぐひ)(しば)りつけて()いた三千彦(みちひこ)以下(いか)()(にん)姿(すがた)(かげ)もなく、007(また)(いま)(しば)つてきた二人(ふたり)何時(いつ)()にか(なは)ばかりになつて()る。008ニコラスは不審(ふしん)()へず双手(もろて)()んで(かうべ)()思案(しあん)()れて()る。009(にはか)禿鷲(はげわし)がパツと(そら)から()つて()軍帽(ぐんばう)(うへ)から(あたま)をカンカンとコツいた。010アツと(さけ)んでニコラスは芝原(しばはら)(しやが)(あたま)(かか)へて(ふる)うて()る。011禿鷲(はげわし)五十(ごじふ)(にん)兵士(へいし)居眠(ゐねむ)つて()(あたま)(うへ)から(いち)012()013(さん)014()万遍(まんべん)なく、015コツき(まは)つた。016さうして最後(さいご)一人(ひとり)をグツと(つか)んで中空(ちうくう)(つばさ)(ひろ)げ、017(ほこ)(がほ)()うて()る。018兵士(へいし)一時(いつとき)兇霊(きやうれい)襲来(しふらい)()(おのおの)(かたな)()()き、019ニコラス(ほか)(ろく)(にん)士官(しくわん)(むか)つて、020無性(むしやう)矢鱈(やたら)()()んで()た。021ニコラスも(あたま)(いた)さをこらへハンナ、022マリス以下(いか)()(にん)指図(さしづ)し、023兵士(へいし)にむかつて応戦(おうせん)した。024(たちま)十数(じふすう)(にん)重軽傷(ぢゆうけいしやう)(しや)(いだ)し、025(くさ)(あけ)()めてしまつた。026(この)(とき)空中(くうちう)音楽(おんがく)ひびき、027(しとや)かな宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()た。
028 (その)(うた)
029隆光彦(たかてるひこ)天津(あまつ)御神(みかみ)御言(みこと)もて
030バラモン(けう)神館(かむやかた)
031テルモン(ざん)霊場(れいぢやう)
032(すく)はむ(ため)三五(あななひ)
033(うづ)(つかさ)三千彦(みちひこ)
034バラモン(がみ)(こひ)()
035(かむ)素盞嗚(すさのを)大神(おほかみ)
036此処(ここ)(つか)はし(たま)ひけり
037その御心(みこころ)露知(つゆし)らず
038バラモン(ぐん)のキャプテンが
039数十(すうじふ)兵士(へいし)引率(ひきつ)れて
040これの(やかた)出陣(しゆつぢん)
041(かみ)御前(みまへ)拝礼(はいれい)
042なさず(たちま)(おく)()
043闖入(ちんにふ)なして神館(かむやかた)
044主人(あるじ)(つま)(はじ)めとし
045(まこと)(みち)神柱(かむばしら)
046一人(ひとり)(のこ)らずフン(じば)
047無慙(むざん)仕打(しうち)をなせしより
048仁慈(じんじ)無限(むげん)天地(あめつち)
049(かみ)(いか)らせ(たま)ひつつ
050(あさひ)高倉(たかくら)二柱(ふたはしら)
051(かみ)使(つかひ)(つか)はして
052()(ほこ)りたるニコラスの
053(いくさ)(ことごと)()(さま)
054(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
055言向和(ことむけやは)(おん)仕組(しぐみ)
056ニコラス如何(いか)(ゆう)あるも
057(かみ)(ちから)(およ)ばむや
058()(あらた)めよ(かへり)みよ
059三五教(あななひけう)やバラモンの
060(をしへ)御名(みな)(かは)れども
061その(みなもと)(たづ)ぬれば
062大国治立(おほくにはるたち)大神(おほかみ)
063(うづ)御裔(みすゑ)()らざるか
064アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
065(かみ)(をしへ)にいと(くら)
066色盲(しきまう)患者(くわんじや)武士(つはもの)
067一日(ひとひ)(はや)真心(まごころ)
068かへりて天地(てんち)大道(だいだう)
069(わきま)(さと)惟神(かむながら)
070(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
071(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
072(こころ)(たま)(きよ)ければ
073如何(いか)なる(まが)(おそ)ふとも
074如何(いか)(おそ)るる(こと)あらむ
075(なれ)(ちから)相任(あひまか)
076(しば)()げたる宣伝使(せんでんし)
077(その)(ほか)()(にん)真人(まさびと)
078(まこと)(ひと)つの勇士(ゆうし)ぞや
079()(あらた)めて大神(おほかみ)
080御旨(みむね)(かな)(まつ)りたる
081(たふと)(かみ)太柱(ふとばしら)
082如何(いか)でか(なんぢ)()曲神(まがかみ)
083(なは)(しば)られ(ひる)むべき
084朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
085(つき)()つとも()くるとも
086仮令(たとへ)天地(てんち)(かへ)るとも
087(まこと)(ひと)つを(つく)しなば
088現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)
089(おも)ふがままになるものぞ
090(まなこ)()ませ(はや)()ませ
091(われ)隆光彦(たかてるひこ)(かみ)
092天津(あまつ)御空(みそら)天国(てんごく)
093(かみ)使命(しめい)(かがぶ)りて
094(なんぢ)()一同(いちどう)曲神(まがかみ)
095(まこと)(みち)(すく)はむと
096(あめ)八重雲(やへくも)()()けて
097(くだ)(きた)れるものなるぞ
098(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
099(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
100(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
101直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
102(わが)()(つみ)()(さと)
103(ひと)(あやま)(ことごと)
104直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
105それが(まこと)神心(かみごころ)
106(かみ)(こころ)(くも)りなし
107(まこと)(みち)にさやりなし
108(まこと)天地(てんち)(たから)ぞや
109そもそもこれの神館(かむやかた)
110バラモン(けう)大神(おほかみ)
111(いつ)(まつ)りしものなれど
112天津国(あまつくに)より(くだ)りたる
113如意(によい)宝珠(ほつしゆ)のある(かぎ)
114(みづ)御霊(みたま)霊場(れいぢやう)
115大黒主(おほくろぬし)霊宝(れいほう)
116威徳(ゐとく)(おそ)れて()(いだ)
117(せん)()山野(さんや)打渡(うちわた)
118(いま)(やうや)(つき)(くに)
119ハルナの(みやこ)(きよ)(さだ)
120大雲山(だいうんざん)岩窟(がんくつ)
121(いや)永遠(とこしへ)()まひたる
122八岐(やまた)大蛇(をろち)(あやつ)られ
123(いつは)(ごと)(まこと)とし
124(あく)をば(ぜん)(しん)じつつ
125脱線(だつせん)だらけの宣伝(せんでん)
126(はじ)めたるこそ(うた)てけれ
127(なんぢ)ニコラス、キャプテンよ
128(わが)エンゼルの(こと)()
129(ただ)一言(ひとこと)()らさずに
130(むね)(おく)にと(たた)()
131(ふか)(かへり)みよく(さと)
132(たふと)(かみ)御心(みこころ)
133麻柱(あななひ)(まつ)惟神(かむながら)
134(かみ)のまにまに(さと)()
135(われ)はこれより久方(ひさかた)
136高天原(たかあまはら)霊国(れいごく)
137大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
138(しづ)まり()ます(つき)(かみ)
139(うづ)(やかた)()(のぼ)
140(この)有様(ありさま)詳細(まつぶさ)
141いとこまごまと復命(ふくめい)
142(なんぢ)()一同(いちどう)(かみ)()
143(つみ)をば(ゆる)(たま)ふべく
144(ねが)(まつ)らむいざさらば
145(こころ)(そこ)より(あらた)めて
146(かみ)(おん)(ため)()(ため)
147真心(まごころ)(ささ)げて(つく)せかし
148アア惟神(かむながら)々々(かむながら)
149(かみ)のまにまに()(つた)ふ』
150(うた)(をは)り、151(あは)(けむり)となつて何処(どこ)ともなく中空(ちうくう)()(たま)うた。152(いま)まで居眠(ゐねむ)つて()禿鷲(はげわし)片身(かたみ)(うら)みなく(ひたひ)をコツかれ、153苦痛(くつう)(なや)んで()兵士(つはもの)(きず)(たちま)()え、154眠気(ねむけ)(とみ)()め、155精神(せいしん)爽快(さうくわい)(おぼ)え、156()んとなく顔色(かほいろ)まで生々(いきいき)して()た。157ニコラスは合点(がてん)()かず、158ハンナ、159マリス(ほか)()(にん)士官(しくわん)引率(ひきつ)れ、160(ふたた)(やかた)(おく)()(すす)()()れば(あに)(はか)らむや、161小国姫(をくにひめ)162三千彦(みちひこ)(はじ)(しば)()げた人々(ひとびと)(うれ)しげに()()つて酒宴(さかもり)最中(さいちう)であつた。163ニコラスは翻然(ほんぜん)として(さと)り、164神徳(しんとく)広大(くわうだい)なるに(かん)じ、165(なみだ)(なが)して三千彦(みちひこ)無礼(ぶれい)(つみ)(しや)した。166(この)(とき)(やかた)(そと)にはワイワイと山岳(さんがく)(ゆる)ぐばかりの喊声(かんせい)(きこ)えて()た。167一同(いちどう)何事(なにごと)ならむと(みみ)(そばだ)(しば)様子(やうす)(うかが)つて()る。168スマートの(こゑ)(みみ)(つんざ)(やう)に『ウワッウワッ』と四辺(あたり)木霊(こだま)(ひび)かして()る。
169大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
170(昭和一〇・六・一五 王仁校正)
文芸社文庫『あらすじで読む霊界物語』絶賛発売中!
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki