霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 歌垣(うたがき)〔一五〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第1篇 毀誉の雲翳 よみ(新仮名遣い):きよのうんえい
章:第2章 歌垣 よみ(新仮名遣い):うたがき 通し章番号:1502
口述日:1923(大正12)年04月01日(旧02月16日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
キヨの港の関所の総取締であるキャプテン・チルテルの留守宅では、チルテルの妻チルナ姫が、部下のカンナとヘールを呼んで、ひそびそ話をしている。
この頃、チルテルが美しい女を奥の別室に招き入れたので妻のチルナ姫は悋気を起こし、部下の二人に、女を口説いてチルテルから引き離すようにと命じていたのであった。
カンナとヘールは、チルナ姫にうまく丸め込まれ、女を口説こうと庭園を縫って奥の別室に近づいたが、いざとなると心がドギマギして戸を開けることができない。
ヘールとカンナは歌を歌って美人の気を引くことにした。二人はおかしな手つきで一生懸命、滑稽な歌を歌い始めた。
美人が戸を開けると、二人の軍人が尻をまくって滑稽踊りをやっている。美人は戸を開けて二人を室内に招き入れた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ:リュチナント(リュウチナント) データ凡例: データ最終更新日:2020-05-22 17:01:47 OBC :rm5902
愛善世界社版:24頁 八幡書店版:第10輯 493頁 修補版: 校定版:25頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 キヨの(みなと)関所(せきしよ)総取締(そうとりしまり)チルテル・キャプテンの留守宅(るすたく)にキャプテンの(つま)チルナ(ひめ)は、002リュウチナント英語でLieutenant(ルーテナント)、中尉のこと。のカンナと、003ユゥンケルドイツ語でJunker(ユンカー)、士官候補生のこと。のヘール(さん)(にん)004密々(ひそびそ)(くび)(あつ)めて何事(なにごと)小声(こごゑ)(ささや)()たり。
005チルナ『これ、0051カンナさま、006ヘールさま、007此頃(このごろ)旦那(だんな)(さま)様子(やうす)は、008チツと(へん)だとは(おも)ひませぬか』
009カンナ『さうですな、010奥様(おくさま)(まへ)だから申上(まをしあ)(にく)(ござ)いますが、011此頃(このごろ)余程(よほど)旦那(だんな)(さま)(あや)しうなられた(やう)ですわ。012のうヘール』
013ヘール『ウン、014さうだな。015(しか)(なが)吾々(われわれ)(いや)しき(もの)上官(じやうくわん)行動(かうどう)()いて云々(うんぬん)する権利(けんり)はないからのう』
016チルナ『これ、017ヘールさま、018公務(こうむ)(じやう)(こと)()(かく)も、019今日(けふ)私事(しじ)(くわん)して打解(うちと)けて(はなし)をして()るのだから020旦那(だんな)(さま)(こと)だつて、021矢張(やは)り、022よくないと(おも)つたら(わし)忠告(ちうこく)して()れるのがお(まへ)(やく)ぢやないか。023(まへ)から()(こと)出来(でき)なければ024(わし)(また)機嫌(きげん)()(とき)()てお(はなし)するから、025()()いた(こと)があれば遠慮(ゑんりよ)()らぬ、026トツトと()ふて(くだ)さい。027如何(いか)なる英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)でも028女房(にようばう)(しつか)りして()らねば成功(せいこう)するものぢやありませぬよ』
029カンナ『如何(いか)にも、030奥様(おくさま)仰有(おつしや)(とほ)り、031どんな難問題(なんもんだい)でも裏口(うらぐち)からソツと這入(はい)つて奥様(おくさま)()機嫌(きげん)さへ()つて()けば、032(すぐ)解決(かいけつ)がつくものだ。033(おもて)玄関口(げんくわんぐち)から這入(はい)つて()(やつ)官海(くわんかい)游泳術(いうえいじゆつ)()らぬものだ。034一寸(ちよつと)裏口(うらぐち)からソツと奥様(おくさま)()()りさうな反物(たんもの)宝石(はうせき)(など)()()みて()くと、035屹度(きつと)出世(しゆつせ)出来(でき)るものだ。036(なん)()つても(うら)女性(ぢよせい)がついて()らなくては、037()(なか)成功(せいこう)する(こと)出来(でき)ないからな。038アハヽヽヽ』
039チルナ『これ、040そんな(こと)如何(どう)でも()い。041(まへ)(たち)042(おく)別室(はなれ)一絃琴(いちげんきん)(あさ)から(ばん)まで(だん)じて()る、043()(をんな)(なん)(おも)ひますか』
044カンナ『さうですな。045第一(だいいち)(わたし)は、046それが不思議(ふしぎ)(たま)らないのですよ。047(あさ)から(ばん)まで座敷(ざしき)()めきつて、048(こと)ばつかり(だん)じて()(うつく)しい(をんな)は、049まだ吾々(われわれ)にも一言(ひとこと)挨拶(あいさつ)もした(こと)もなし、050旦那(だんな)(さま)とニタニタ(わら)(なが)らコソコソ(ばなし)をやつて()るのです。051そして肝腎(かんじん)奥様(おくさま)にも挨拶(あいさつ)せないのだから、052()(たい)なものだと(おも)ひますワ』
053ヘール『ウン、054あれかい。055ありや旦那(だんな)(さま)()いて()たら、056「あの(かた)天上(てんじやう)からお(くだ)(あそ)ばしたアバローキテー・シュヷラ(さま)だ。057バラモン(けう)守護(しゆご)(ため)にお(くだ)(くだ)さつた天人(てんにん)(さま)だ」と仰有(おつしや)つて()られました。058奥様(おくさま)059(かなら)()心配(しんぱい)なさいますな、060失礼(しつれい)(なが)ら、061よもや嫉妬(しつと)をなさる(やう)卑屈(ひくつ)(こと)(ござ)いますまいな。062嫉妬(しつと)婦徳(ふとく)(けが)(もつと)(おそ)るべき悪魔(あくま)(ござ)いますからな。063あの(かた)はトライロー・キャボクラーの救世主(きうせいしゆ)だと()(こと)ですから、064うつかり(けが)れた身魂(みたま)のものが(そば)()つては大変(たいへん)です』
065チルナ『何程(なにほど)0651観自在天(くわんじざいてん)(さま)()らぬが、066矢張(やつぱり)先方(むかふ)(うつく)しい(をんな)肉体(にくたい)(もつ)て、067自分(じぶん)主人(しゆじん)喋々(てふてふ)喃々(なんなん)(あま)つたるい(くち)(はな)してゐるのを()くと、068(あんま)()気分(きぶん)がしないぢやないか』
069ヘール『成程(なるほど)070奥様(おくさま)立場(たちば)とすれば、071そんな気分(きぶん)にお()(あそ)ばすのも無理(むり)(ござ)いますまい。072(しか)(なが)らそこが辛抱(しんばう)()ふものです。073まアまア(しば)らく様子(やうす)(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。074あの品行(ひんかう)方正(はうせい)旦那(だんな)(さま)立派(りつぱ)奥様(おくさま)があるのに075(をんな)引張(ひつぱ)()むだり、0751なさる(やう)(はず)(ござ)いませぬワ』
076カンナ『おい、077ヘール、078さう楽観(らくくわん)出来(でき)ないよ。079(をとこ)()ふものは(をんな)()けたら()(はな)()(もの)だ。080()して天下(てんか)無双(むさう)美人(びじん)081(とし)(わか)し、082(はだ)紫磨(しま)黄金色(わうごんしよく)083愛嬌(あいけう)たつぷり、084何処(どこ)から()ても三十二(さんじふに)(さう)(そろ)ふた、0841欠点(けつてん)のない女菩薩(によぼさつ)だから、085如何(いか)なる強骨(きやうこつ)男子(だんし)もあの一瞥(いちべつ)にかかつたら086(たちま)章魚(たこ)(やう)(ほね)(なに)もなくなつて(しま)ふからな。087(あたま)(さき)から(あし)(さき)までスヴァラナやルーブヤや、088ブラヷーザ、089バヅマラーカ、090マニラツナ、091ムサラガルワ、092アスマガルタと()(やう)七宝(しつぱう)(ちりば)093一目(ひとめ)()てもマクマクする(やう)な、0931あのお姿(すがた)094木石(ぼくせき)ならぬ人間(にんげん)として、095どうして(こころ)(うご)かさぬものがあらうかい。096(じつ)奥様(おくさま)097()注意(ちうい)なさらぬと険難(けんのん)(ござ)いますよ。098うつかりして()ると、099「チルナ(ひめ)(をつと)(あい)がないから、100今日(けふ)(かぎ)(ひま)をやる」なぞと何処(どこ)から低気圧(ていきあつ)襲来(しふらい)するやら、101地震(ぢしん)102(かみなり)103()(あめ)大騒動(おほさうどう)勃発(ぼつぱつ)するやら(わか)りませぬぞえ』
104チルナ『如何(いか)にもカンナさまの()観察(くわんさつ)(ちが)ひますまい。105(なん)とか二人(ふたり)さま、106よい(かんが)へは(うか)むで()ないかな。107(じつ)はあの(をんな)(この)(やかた)()てから神経(しんけい)興奮(こうふん)して一目(ひとめ)(ねむ)られないのよ』
108カンナ『成程(なるほど)109(おく)さまのお()血走(ちばし)つて()ますわ。110用心(ようじん)せないとヒステリックになりますよ』
111チルナ『そらさうだとも、112何時(なんどき)自分(じぶん)不幸(ふかう)(たね)となるかも()れない美人(びじん)だから、113(わたし)だつて安心(あんしん)出来(でき)さうな(こと)がないぢやないか。114あの(かた)(けつ)して(くわん)自在天(じざいてん)でも文珠(もんじゆ)師利(しり)菩薩(ぼさつ)でもありませぬ。115矢張(やつぱ)普通(ふつう)人間(にんげん)だ。116旦那(だんな)(さま)がそんな(うま)(こと)()つてお(まへ)(たち)誤魔化(ごまくわ)して(ござ)るのだ。117何卒(どうぞ)(いま)(うち)にお(まへ)()(かんが)へで、118あの(をんな)をどうか口説(くど)(おと)し、119旦那(だんな)(さま)(はな)()かして、120(おも)()らして(くだ)さる(わけ)には()きますまいかな』
121カンナ『ヘー、122そりや(ねが)ふてもなき()命令(めいれい)123(ただ)ちにお()(いた)()いは山々(やまやま)(ござ)いますが、124そんな(こと)をして旦那(だんな)(さま)()機嫌(きげん)(そこ)ねやうものなら、125それこそ足袋屋(たびや)看板(かんばん)足上(あしあが)り、126(たちま)風来者(ふうらいもの)になつて(しま)ふぢやありませぬか』
127チルナ『ホヽヽヽヽ、128(なん)とまア、129(まへ)さまの(たましひ)時代遅(じだいおく)れだな。130リュチナントの職名(しよくめい)()がれるのが、131それ(ほど)(おそ)ろしいのかい。132よう(かんが)へて御覧(ごらん)133あの(やう)なナイスをお(まへ)さまの女房(にようばう)にしようものなら、134それこそ天下(てんか)()(あが)り、135ゼネラルよりも尊敬(そんけい)されるやうになりますよ。136あの(からだ)()いて()宝石(はうせき)(ひと)(かね)にしても一代(いちだい)安楽(あんらく)(くら)されるぢやないか。137あんな美人(びじん)()()見逃(みのが)(くらゐ)なら138(をとこ)廃業(はいげふ)なさつたが()からう。139(をとこ)決断力(けつだんりよく)肝腎(かんじん)ですよ』
140カンナ『成程(なるほど)141さう()けば食指(しよくし)(おほ)いに(うご)いて()ました。142(しか)し、143(わたし)も、144もう(じふ)(ねん)(ばか)辛抱(しんばう)して、145せめてカーネルの地位(ちゐ)(のぼ)り、146郷里(きやうり)(にしき)(かざ)代議士(だいぎし)候補者(こうほしや)にでもなつて(うま)当選(たうせん)し、147議事(ぎじ)壇上(だんじやう)花々(はなばな)しく言霊戦(ことたません)開始(かいし)し、148天晴(あつぱれ)政治家(せいぢか)()められ(やう)(おも)つたのですが、149ここは(ひと)思案(しあん)仕所(しどころ)ですな』
150チルナ『議場(ぎぢやう)雑沓(ざつたふ)議員(ぎゐん)や、151矛盾(ほことん)議員(ぎゐん)152着炭(ちやくたん)議員(ぎゐん)153事故(じこ)議員(ぎゐん)154陣笠(ぢんがさ)議員(ぎゐん)155墓標(ぼへう)議員(ぎゐん)1551(など)156国民(こくみん)から冷評(れいひやう)()びせかけられ、157(しび)れケ(はら)糞蛙(くそがへる)()はれるよりも、158あんなナイスを女房(にようばう)()159総理(そうり)大臣(だいじん)裏口(うらぐち)からソツと出入(でいり)させてお(ひげ)(ちり)(はら)はせ、160伴食(ばんしよく)大臣(だいじん)にでもなる(はう)余程(よほど)出世(しゆつせ)近道(ちかみち)だよ。161陣笠(ぢんがさ)になつた(ところ)到底(たうてい)知事(ちじ)にもなるこたア出来(でき)やしない。162()出世(しゆつせ)をしようと(おも)へば、163あの(くらゐ)美人(びじん)女房(にようばう)()つのだな』
164ヘール『もし奥様(おくさま)165(この)ヘールは予算外(よさんぐわい)(ござ)いますか。166カンナが、167あの美人(びじん)女房(にようばう)()つのならば(わたし)()()(ござ)います。168一人(ひとり)(をんな)二人(ふたり)(をとこ)169どうも平衡(へいかう)がとれぬぢやありませぬか』
170チルナ『そこはお(まへ)さま(たち)選挙(せんきよ)競争(きやうそう)でもやつて、171うまく当選(たうせん)するのだな。172(まけ)(ところ)運動(うんどう)()らないのだから(あきら)めるより仕方(しかた)がない。173(また)次期(じき)総選挙(そうせんきよ)()つて、174やり(なほ)せば()いのだから』
175ヘール『もし、176その運動(うんどう)方法(はうはふ)如何(どう)すれば()いのですか。177(なん)()つても先方(むかふ)天下(てんか)無双(むさう)美人(びじん)178そして(たから)何程(いくら)でも()つてゐるのだから、179黄白(くわうはく)(もつ)歓心(くわんしん)()(こと)出来(でき)ないし、180男前(をとこまへ)でゆかうと(おも)へば(ぜろ)なり、181弁舌(べんぜつ)(うま)くなし、182到底(たうてい)()りつけないぢやありませぬか』
183チルナ『さア、184そこが選挙(せんきよ)水物(みづもの)()ふのだ。185(えん)()なもの、186(おつ)なものと()つて、187(をんな)(めう)(ところ)()れるものだから、188(ひと)(なまじひ)知恵(ちゑ)()して内兜(うちかぶと)見透(みす)かされるよりも、189(ちから)一杯(いつぱい)滑稽(こつけい)(えん)じて(をんな)(あご)()き、190(なん)とまア調子(てうし)()(ひと)だな、191余程(よつぽど)チヨカ(すけ)だ、192()んな(をとこ)()ふて()つたら(さぞ)面白(おもしろ)からう。193(わたし)一人(ひとり)でこんな(ところ)でコードを(だん)じて()つても面白(おもしろ)くない。194久振(ひさしぶ)りで(あご)(ひも)(ほど)けた。195(なん)とまア()いオツチヨコチヨイだ」と(おも)はせるのが一番(いちばん)近道(ちかみち)だよ』
196ヘール『ヘー、197(うま)れつき無粋(ぶすゐ)(わたし)198滑稽(こつけい)なぞは到底(たうてい)出来(でき)ませぬわ』
199カンナ『や、200()(こと)(をし)へて(くだ)さつた。201滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)202(くち)をついて()ると()ふチーチャーのカンナさまだから勝利(しようり)(うたが)ひなし、203さア(これ)から(ひと)逐鹿(ちくろく)場裡(ぢやうり)()つて烏鷺(うろ)(あらそ)ひませう。204エヘヽヽヽヽ、205もし、206当選(たうせん)したら(おく)さま、207(なに)(おご)つて(くだ)さいますかナ』
208チルナ『当選(たうせん)した(はう)から(おご)つて(もら)はなくちやならぬぢやないか。209そして落選(らくせん)した(はう)には(わたし)慰安料(ゐあんれう)として210一生(いつしやう)()へる()けのお(かね)()げませう。211さア(これ)から二人(ふたり)()つて精一杯(せいいつぱい)ベストを(つく)して(くだ)さい。212(はや)くやらなければ旦那(だんな)(さま)(かへ)つては駄目(だめ)になりますよ。213アヅモス(ざん)にでも引張(ひつぱ)()して、214(うま)要領(えうりやう)()るのだな。215()てば結構(けつこう)216(まけ)ても結構(けつこう)217こんな(うま)選挙(せんきよ)競争(きやうそう)がありますか。218さア(いさ)むでやつて(くだ)さい』
219カンナ『はい、220(しか)らば(おほ)せに(したが)捨身(しやしん)(てき)活動(くわつどう)御覧(ごらん)()れませう。221おいヘール、222貴様(きさま)(おれ)(しば)らく艶敵(えんてき)となつて逐鹿(ちくろく)場裡(ぢやうり)()つのだ。223(とき)(おく)れては一大事(いちだいじ)だ。224さア()かう』
225二人(ふたり)庭園(ていゑん)樹木(じゆもく)(あひだ)()うて226美人(びじん)居間(ゐま)(むね)(をど)らせ(なが)(ちか)づいた。227(なん)だか(こころ)がドギマギして、228()()けて這入(はい)(こと)出来(でき)ない。229二人(ふたり)はモジモジし(なが)(には)木立(こだち)()つてコソコソと(ささや)いて()る。
230カンナ『おい、231此処迄(ここまで)()るは()たものの、232(なん)だか(はづか)しくて(ほほ)(あか)くなつて、233あの()(いち)(まい)()ける勇気(ゆうき)()なくなつたぢやないか。234(をとこ)()うなると(よわ)いものだな』
235ヘール『さうだ、236到底(たうてい)正面(しやうめん)攻撃(こうげき)駄目(だめ)だよ。237ここで(ひと)二人(ふたり)(うた)でも(うた)つて、238(ひん)よう(をど)らうぢやないか。239そしたらナイスが(まど)()けて、240あの(すず)しい目付(めつき)(のぞ)いて()れるかも()れない。241さうなりや、242此方(こつち)のものだ。243(その)(とき)一生(いつしやう)懸命(けんめい)にラブ・イズ・ベストを(うた)ふのだ。244屹度(きつと)先方(むかふ)だつて()(かよ)ふて()(みづ)()(やう)なボトボトとした(さか)りの肉塊(にくくわい)だから、245屹度(きつと)(うご)くに(ちが)ひない。246それより()方法(はうはふ)()からうぢやないか。247オツト失敗(しま)つた。248こんな妙案(めうあん)奇策(きさく)政敵(せいてき)のお(まへ)()かすぢやなかつたに』
249()(なが)250ヘールは(まど)(そと)にて(くろ)(しり)(まく)251(めう)手付(てつき)(うた)(をど)(くる)ふ。
252ヘール『(わし)印度(いんど)のハルナの(そだ)
253  こんなナイスは()()らぬ
254 ヨイトサヨイトサ、ヨイトサのサツサ。
255(なつ)(あつ)いのに一間(ひとま)()もる
256  さぞや(あつ)からう(さび)しからう
257 ヨイトサー ヨイトサー。
258(ひと)如何(どう)しても一人(ひとり)ぢや()れぬ
259  (をんな)ばかりぢや()()けぬ。
260(をとこ)()つならヘールさまを()ちやれ
261  (かほ)面痤(にきび)がこの(とほ)
262 ア、ヨイトサー ヨイトサー』
263カンナ『(をとこ)()つならカンナさまを()ちやれ
264  リュウチナントの軍人(いくさびと)
265ヘールは(えら)さうに威張(ゐば)つて()ても
266  ユウンケルでは仕様(しやう)()い。
267ここに(ござ)るのは天女(てんによ)(また)
268 三十三(さんじふさん)(さう)観音(くわんのん)さまか
269   一度(いちど)(かほ)(をが)()い。
270()けよ夏風(なつかぜ)(あが)れよ(すだれ)
271  (なか)のナイスの(かほ)()たい
272 ア、ヨイトサー ヨイトサー。
273女旱(をんなひでり)もない()(なか)
274  ()れて()()(いき)(をとこ)
275(この)(をとこ)(いろ)(くろ)うても浅漬(あさづけ)茄子(なすび)
276  ()めば()(ほど)(あぢ)()
277 ア、ヨイトサー ヨイトサー。
278これ()けに二人(ふたり)(をとこ)(こころ)(つく)
279  (をど)(くる)ふのを()らぬ(ひめ)
280一絃(いちげん)の、(こと)音色(ねいろ)(わし)憧憬(あこが)れて
281  ピンピンシヤンシヤン()(まは)
282 ア、ヨイトセー ヨイトセー。
283ヘールさま(ひと)つお(まへ)皺嗄(しわが)(ごゑ)
284  (ひめ)(あご)をば()いて()れ。
285()つも(まけ)るも時世(ときよ)時節(じせつ)
286  (まけ)(ところ)(かね)になる』
287ヘール『カンナさまもう(この)(うへ)惟神(かむながら)
288  (かみ)のまにまに(まか)しませう。
289三五(あななひ)(かみ)(をしへ)()らされて
290  バラモン(をしへ)(いや)になつた。
291こう()へば屹度(きつと)ナイスが(まど)()けて
292  (わし)(くろ)(かほ)()るであらう。
293 ア、ヨイトサー ヨイトサー。
294これ(ほど)(うた)(をど)れど(この)ナイス
295  (みみ)()いのかぢれつたい。
296(つき)はテラテラ テルモン(ざん)
297  (みね)(かす)めて(のぼ)()く。
298(ほし)(かほ)より綺麗(きれい)なナイス
299  (つき)(やう)なる(ひかり)()
300 ア、ヨイトサー ヨイトサー。
301宝石(はうせき)(からだ)一面(いちめん)ピカピカと
302  (たれ)()しがる()けたがる。
303(つき)にや村雲(むらくも)(はな)には(あらし)
304  カンナ、ヘールの(くも)()る。
305(むらさき)(くも)(なか)より(あら)はれた
306  二人(ふたり)(をとこ)(この)(をど)り。
307棚機(たなばた)(とし)一度(いちど)()()はあるに
308  何故(なぜ)(わた)れぬ(こひ)(はし)
309カンナ『惟神(かむながら)(かみ)のまにまに(うた)(うた)
310  ()けて(うれ)しい(ひめ)(かほ)
311(まど)()けて(には)(おもて)()やしやんせ
312  (つみ)(をとこ)二人(ふたり)()る。
313チルナ(ひめ)(つの)(はや)してブツブツ叱言(こごと)
314  ()ふに()はれぬ(わけ)がある。
315トントンと(たた)妻戸(つまど)()けて()
316  ()てた(をとこ)ぢや()(ほど)に』
317 二人(ふたり)(うた)(こゑ)()いて一絃琴(いちげんきん)()()め、318美人(びじん)(みみ)(かたむ)けて(しば)らく様子(やうす)(かんが)へて()た。
319カンナ『一絃(いちげん)(こと)音色(ねいろ)がピツタリ()んだ
320  思案(しあん)投首(なげくび)(まど)(うち)
321ヘール『さア()めた()めた障子(しやうじ)をサラリと()けて
322  観音(くわんのん)菩薩(ぼさつ)(いま)(のぞ)く。
323その(とき)(たがひ)(かほ)整理(せいり)して
324  (をとこ)(くら)べをせにやならぬ
325 ア、ヨイトサー ヨイトサー』
326 美人(びじん)連子窓(れんじまど)障子(しやうじ)をサツと()けて(には)(おもて)見渡(みわた)せば、327チュウリック姿(すがた)両人(りやうにん)臀部(でんぶ)(あら)はし、328滑稽踊(こつけいをどり)をやつて()る。
329美人(びじん)(には)(おも)()れば(あや)しき(ひと)(かげ)
330(むね)(をど)りぬ(ひと)(をど)りぬ。
331何人(なにびと)()らず(わらは)窓前(まどさき)
332(をど)(くる)へる姿(すがた)可笑(をか)しき。
333面白(おもしろ)(うた)(うた)ひて面黒(おもくろ)
334(ひと)()()()(くる)ひけり』
335カンナ『村肝(むらきも)(こころ)のかぎり真心(まごころ)
336(つく)して(きみ)(した)()にけり』
337ヘール『今更(いまさら)(おどろ)かれける()(おもて)
338(つき)(かんばせ)(はな)姿(すがた)に』
339美人(びじん)如何(いか)にせむ天津(あまつ)乙女(をとめ)(われ)なれば
340(ひと)(こひ)をば()るる(すべ)なき』
341カンナ『いぶかしや(ひと)(からだ)()(なが)
342天津(あまつ)乙女(をとめ)(のが)(たま)ふか。
343(われ)(また)高天原(たかあまはら)天人(てんにん)
344霊魂(みたま)()けし益良夫(ますらを)ぞかし』
345ヘール『(この)(をとこ)(ひと)(あたま)(けず)(やつ)
346それ(ゆゑ)(めい)をばカンナとぞ()ふ』
347カンナ『(この)(をとこ)(さけ)ばかり()みて財産(ざいさん)
348日向(ひなた)(こほり)ヘール馬鹿者(ばかもの)
349美人(びじん)()(かく)(うづ)益良夫(ますらを)(わが)居間(ゐま)
350(すす)ませ(たま)(すす)(まゐ)らす』
351カンナ『惟神(かむながら)(ひめ)言葉(ことば)(したが)ひて
352(すす)()らむか(きみ)御前(みまへ)に』
353ヘール『(いま)こそはラブ・イズ・ベストを振翳(ふりかざ)
354登竜門(とうりうもん)安々(やすやす)(くぐ)らむ』
355美人(びじん)()(かく)(やさ)しき二人(ふたり)益良夫(ますらを)
356(わが)(まへ)()(こころ)(やす)けく』
357カンナ『(おも)ふたよりいと安々(やすやす)(かど)()
358打開(うちあ)(たま)ひし(ひめ)(かしこ)き』
359(うた)(なが)表門(おもてど)をガラリと()け、360(なん)となく手足(てあし)微動(びどう)させつつ、361美人(びじん)(まへ)(はづか)しげに()(しめ)た。
362大正一二・四・一 旧二・一六 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
12/30霊界物語音読霊界物語朗読日記を追加しました。『第29巻 高砂島・鏡の池のインチキ宗教「懸橋御殿」
12/25王仁DB王仁DBの文献検索の結果画面にオニペディアへのリンクが出るようにしました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→