霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 海竜王(さあがらりうわう)〔一五二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第59巻 真善美愛 戌の巻 篇:第4篇 六根猩々 よみ:ろっこんしょうじょう
章:第20章 海竜王 よみ:さあがらりゅうおう 通し章番号:1520
口述日:1923(大正12)年04月03日(旧02月18日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年7月8日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
伊太彦たちは船団を出航させた。アキス、アンチーは舟歌に述懐を乗せて歌った。一行の舟は自然に猩々ヶ島に向かった。早くも正午ごろには船団は島に着いた。
見れば、島の中心に屹立する岩山に大蛇が取り巻き、猩々の群れを飲み喰らおうとしていた。これはキヨメの湖の底深く潜んでいる海竜でサァガラ竜王という。三年に一度この島に現れて、あらゆる生き物を食い尽くそうとする恐ろしい悪竜である。
今までは猩々女王が控えていたためにサァガラ竜王も島に上陸することができなかったが、女王が死んだ今、眷属たちを飲みこもうと上がってきたのであった。猩々たちは磯端に集まって、ヤッコス、ハール、サボールたちに救いを求めていた。
ヤッコスたちは自分たちもどうせ食われるならできる限り抵抗しようと覚悟を決め、磯端の石を拾って竜神に投げつけた。三百余匹の猩々たちも三人にならって石つぶてを投げ始めた。
さすがの竜王も辟易し、まず人間を倒そうと鎌首を上げて目を怒らし、隙を狙っている。伊太彦はこの様子を見ると船の先に立ちあがり天の数歌を奏上した。すると竜王の身体の各部より煙を吐きだし、鱗の間から火焔が立ち上った。
竜王はついに熱さに堪えかねて岩山から転げ落ち、湖水中深くに沈んでしまった。あたりの水は湯のように熱くなり、たくさんの魚が浮いてきた。伊太彦は魚族を助けるために天津祝詞を奏上し、天の数歌を唱えた。水は冷え、魚は動きだし、幾十万とも知れず磯端の泳ぎ来て伊太彦に感謝の意を表すごとく首を上下に振りながら、一斉に姿を水中に隠した。
ヤッコスたちは伊太彦に感謝の意を表した。伊太彦が酒樽の栓を抜かせると、猩々たちは集まってきて舟に乗り込んだ。ヤッコスたち三人も舟に乗せると、天の数歌と祝詞を唱え、船首を転じて帰路に就いた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ:サァガラ竜王(サーガラ竜王) データ凡例: データ最終更新日:2019-05-15 04:00:17 OBC :rm5920
愛善世界社版:259頁 八幡書店版:第10輯 576頁 修補版: 校定版:274頁 普及版: 初版: ページ備考:
001猩々(しやうじやう)(しま)(わた)るべく
002使命(しめい)()けし伊太彦(いたひこ)
003アキスやカールやアンチーを
004左右(さいう)(はしら)(さだ)めつつ
005二十(にじふ)(ふね)酒樽(さかだる)
006(なかば)つめこみ四十人(しじふにん)
007船頭(せんどう)(えら)(あさ)まだき
008大海原(おほうなばら)(いさ)ましく
009(なみ)(つづみ)をうたせつつ
010旗鼓(きこ)堂々(だうだう)(すべ)りゆく
011折柄(をりから)(ふき)()南風(なんぷう)
012真帆(まほ)(かか)げて驀地(まつしぐら)
013一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)
014()るも目覚(めざま)しき次第(しだい)なり。
015 アンチーは船頭頭(せんどうがしら)として、016旗艦(きかん)(さき)()ち、
 
017アンチー『ここは()()ふキヨメの(うみ)
018 (なみ)()かべる猩々ケ島(しやうじやうがしま)
019 やらるる(この)()(いと)はねど
020 (あと)(のこ)りしバーチルさまの
021 どうして女房(にようばう)()(なが)月日(つきひ)(くら)すやら。
022 なぜなれば
023 (ひと)(からだ)(ひと)でなし
024 ぢやとて(かみ)ではない(ほど)
025 さぞや(みな)さまが(こま)るだろ
026 (あん)じすごして(ふね)()つ。
027 (ふね)()()猩々(しやうじやう)(ひめ)
028 (おく)一間(ひとま)でキヤツ キヤツ キヤツと
029 怪体(けたい)(こゑ)(はり)あげて
030 玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
031 鎮魂帰神(ちんこんきしん)()められる
032 どうして(その)()()れるやら』
033アキス『(うち)主人(しゆじん)(えら)(ひと)
034三年(みとせ)三月(みつき)和田中(わだなか)
035猩々ケ島(しやうじやうがしま)(あら)はれて
036(さる)(わう)をば(つま)となし
037三百(さんびやく)(あま)りの()()つて
038(ひと)つの(しま)(わう)となり
039(たれ)(はばか)らず悠々(いういう)
040(くら)(たま)ふた猛者(つはもの)
041玉国別(たまくにわけ)神様(かみさま)
042(むか)ひの(ふね)()せられて
043アヅモス(さん)聖場(せいぢやう)
044(かへ)らせ(たま)ひし今日(けふ)()
045スマの神村(かみむら)(いさ)()
046老若男女(らうにやくなんによ)(わか)ちなく
047()めよ(さわ)げよと(いさ)()
048たつた一人(ひとり)のバーチルが
049(かへ)つて(ござ)つた(ばつか)りに
050イヅミの(くに)のスマの(さと)
051湿(しめ)(がち)なる草村(くさむら)
052(にはか)にかわきはしやいで
053夜明(よあけ)(ごと)くなつたぞや
054サア(これ)からは(これ)からは
055アヅモス(さん)古社(ふるやしろ)
056眷族(けんぞく)さまの木像(もくざう)
057(きざ)(なほ)して(いにしへ)
058健康体(けんかうたい)(つく)()
059()()(あし)(むし)()
060(くび)までぬけた負傷者(ふしやうしや)
061(ひと)つも(のこ)らずアヅモスの
062衛獣(ゑいじう)病院(びやうゐん)(かつ)ぎこみ
063彫刻(てうこく)医者(いしや)をば()んで()
064完全無欠(くわんぜんむけつ)修繕(しうぜん)
065新旧(しんきう)両派(りやうは)(むつ)まじく
066(ひと)つの(みや)(あつ)まつて
067真善美愛(しんぜんびあい)実況(じつきやう)
068(あら)はし(たま)()となつた
069(その)(さきが)けと吾々(われわれ)
070肝心要(かんじんかなめ)眷族(けんぞく)
071伊太彦(いたひこ)さまに(したが)ひて
072(むか)へむ(ため)二十艘(にじつそう)
073(ふね)(こしら)(なみ)(うへ)
074真帆(まほ)()げつつ(すす)むのだ
075あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
076(かみ)(めぐみ)(ふか)くして
077猩々ケ島(しやうじやうがしま)のお(きやく)さま
078一人(ひとり)(のこ)さず(この)(ふね)
079収容(しうよう)なして(つつが)なく
080アヅモス(さん)聖場(せいぢやう)
081(かへ)らせ(たま)へと()ぎまつる
082(あさひ)()るとも(くも)るとも
083(つき)()つとも()くる(とも)
084仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
085猩々ケ島(しやうじやうがしま)(あづ)けたる
086バラモン(けう)のヤッコスや
087ハール、サボール三人(さんにん)
088(たす)けてやらない(つもり)だが
089伊太彦(いたひこ)さまの御心(おこころ)
090(わたし)(はか)りかねてゐる
091もしもあんな(もの)(ふね)()
092()れて(かへ)らうものなれば
093天国(てんごく)浄土(じやうど)(をさ)まつた
094イヅミの(くに)のスマ(さと)
095(ふたたび)修羅(しゆら)八衢(やちまた)
096なるかも()らぬ(おそ)ろしや
097(おに)大蛇(をろち)(おほかみ)
098野原(のはら)(はな)ちし(ごと)くだと
099里人(さとびと)たちが(あん)じてる
100(ただ)何事(なにごと)吾々(われわれ)
101(かんが)(どほ)りにやゆきませぬ
102皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
103奉戴(ほうたい)したる伊太彦(いたひこ)
104艦長(かんちやう)さまの思召(おぼしめし)
105(ただ)吾々(われわれ)只管(ひたすら)
106(したが)ひまつる(ばか)りなり
107あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
108バラモン(けう)三人(さんにん)
109何卒(なにとぞ)スマの聖場(せいぢやう)
110(かへ)らぬ(やう)(たの)みます』
111 伊太彦(いたひこ)()つた(ふね)一艘(いつそう)目立(めだ)つて(あたら)しく(おほ)きい。112さうしてアキス、113カールの両人(りやうにん)左守右守然(さもりうもりぜん)(ひか)へてゐる。114十九艘(じふくそう)(ふね)指揮(しき)してゐるのはアンチーであつた。115各船(かくせん)雁列(がんれつ)(ぢん)()つて、116(あさひ)()(かがや)(なみ)(うへ)を、117(おのおの)(ふなばた)(たた)き、118(うた)(うた)ひ、119(しやう)をすり、120豆太鼓(まめだいこ)(うち)()らし、121海若(かいじやく)(おどろ)かしつつ(すべ)つて()く。122(かみ)(まも)りか猩々姫(しやうじやうひめ)精霊(せいれい)守護(しゆご)か、123二十(にじふ)(マイル)以上(いじやう)速力(そくりよく)にて124()(ごと)自然(しぜん)(ふね)猩々ケ島(しやうじやうがしま)(むか)つて125船頭(せんどう)櫓櫂(ろかい)も、1251()(ちから)(なん)(もの)かはと()はぬ(ばか)りに、126()逆様(さかさま)(ふく)らせ(なが)(はし)つて()く。127(かぜ)(みなみ)から()いてゐる。128どうしても()(きた)(はう)(ふく)れねばならぬ。129それにも(かかは)らず、130()(かぜ)方向(はうかう)(ふく)れてるのを()ても、131(その)速力(そくりよく)(はや)きを(うかが)()(こと)出来(でき)る。
132 七八十里(しちはちじふり)湖路(うなぢ)133(はや)くも正午頃(まひるごろ)には、1331猩々ケ島(しやうじやうがしま)(きし)に、134一艘(いつそう)落伍船(らくごせん)もなく横着(よこづけ)になつた。135よくよく()れば、136幾丈(いくぢやう)とも()れぬ大蛇(をろち)猩々島(しやうじやうじま)中心(ちうしん)屹立(きつりつ)せる岩山(いはやま)取巻(とりま)き、137(いは)(うへ)から大口(おほぐち)をあけ、1371(した)をペロペロ()(なが)ら、138猩々(しやうじやう)(むれ)一匹(いつぴき)(のこ)さず()(くら)はむとしてゐる最中(さいちう)である。139これはキヨメの(うみ)(そこ)(ふか)(ひそ)んでゐる海竜(かいりう)で、140サァガラ竜王(りうわう)(とな)へられ、141三年(さんねん)一度(いちど)(ぐらゐ)(この)(しま)(あら)はれて、142所在(あらゆる)生物(いきもの)()(つく)さむとする(おそ)ろしき悪竜(あくりう)である。143(いま)(まで)猩々王(しやうじやうわう)(この)(しま)厳然(げんぜん)として(ひか)へてゐた(ため)144流石(さすが)のサァガラ竜王(りうわう)上陸(じやうりく)する(こと)(おそ)れてゐたが、145(わう)()くなつたのを(さいはひ)146(その)死骸(しがい)(ただ)一口(ひとくち)()んで(しま)147(いきほひ)(じやう)じて上陸(じやうりく)し、148岩山(いはやま)長大(ちやうだい)なる(からだ)にて()きつけ、149一匹(いつぴき)(のこ)らず()(たや)さむとしてゐる真最中(まつさいちう)なりける。
150 猩々(しやうじやう)はキヤツキヤツと(なき)(さけ)び、151磯端(いそばた)(あつ)まり、152ヤッコス、153ハール、154サボールの(そば)(あつ)まり(きた)つて、155かの悪竜(あくりう)退治(たいぢ)し、1551(われ)()危難(きなん)(すく)へと、156形容(けいよう)(もつ)歎願(たんぐわん)した。157ヤッコス(ほか)二人(ふたり)猩々(しやうじやう)のみか、158グヅグヅしてゐては、159自分(じぶん)(たち)(とも)()まれて(しま)ふのだ。160(おな)()はれるのなら、161(あた)(かぎ)りの抵抗(ていかう)をやつてみようと覚悟(かくご)()め、162何一(なにひと)武器(ぶき)がないので、163磯端(いそばた)手頃(てごろ)(いし)(ひろ)ひ、164竜神(りうじん)急所(きふしよ)(ねら)つて石礫(いしつぶて)()げつける。165三百有余(さんびやくいうよ)猩々(しやうじやう)三人(さんにん)(なら)つて、166(おのおの)(いし)(ひろ)ひ、167雨霰(あめあられ)()ちつけてゐる。168(さすが)竜王(りうわう)石礫(いしつぶて)辟易(へきえき)し、169岩山(いはやま)(ちから)にグツと尻尾(しつぽ)(もつ)()きかかへ(なが)ら、170鎌首(かまくび)()て、171()人間(にんげん)より()(くら)はむと()(いか)らし、172(すき)(ねら)つてゐる、173(その)光景(くわうけい)(すさま)じさ。174伊太彦(いたひこ)()るより(ふね)()(たち)(あが)りつつ、175一生懸命(いつしやうけんめい)(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)した。176竜王(りうわう)(にはか)身体(しんたい)各部(かくぶ)より(けぶり)(はき)()し、177一枚(いちまい)々々(いちまい)(うろこ)(あひだ)から火焔(くわえん)()ちのぼり、178(あつ)(くる)しさに()へかねてや、179矢庭(やには)()(をど)らして、180岩山(いはやま)(ころ)()(なが)ら、181バサリと(おと)()てて海中(かいちう)飛込(とびこ)むで(しま)つた。182四辺(あたり)一里(いちり)(ばか)りは(たちま)海水(かいすい)()(ごと)(あつ)くなり、183沢山(たくさん)(うを)(しろ)184(あを)いろいろの(はら)水面(すいめん)(あら)はし、185ブカブカと()()たる。
186 伊太彦(いたひこ)(また)もや魚族(ぎよぞく)(たす)けむと天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、187(あま)数歌(かずうた)(とな)へた。188(やうや)くにして(みづ)(ねつ)()え、189(うを)溌溂(はつらつ)として(うご)()し、190幾十万(いくじふまん)とも()れず磯端(いそばた)(およ)(きた)り、191伊太彦(いたひこ)(むか)つて感謝(かんしや)()(あら)はすものの(ごと)く、192(いづ)れも一斉(いつせい)(くび)上下(じやうげ)()(なが)大小無数(だいせうむすう)魚族(ぎよぞく)一斉(いつせい)水中(すいちう)姿(すがた)(かく)しけり。
193 ヤッコス(はじ)猩々(しやうじやう)(むれ)磯端(いそばた)()つて(れつ)(つく)り、194伊太彦(いたひこ)(ふね)(むか)つて()(あは)せ、195感謝(かんしや)()(へう)してゐる。196伊太彦(いたひこ)一同(いちどう)(むか)つて酒樽(さかだる)(かがみ)をぬく(こと)(めい)じた。197(たちま)(さけ)(にほ)ひは四辺(あたり)(ただよ)うた。198猩々(しやうじやう)(むれ)(さき)(あらそ)うて、199(わが)()危険(きけん)(わす)れ、200二十(にじふ)(ふね)(おも)(おも)ひに(とび)()つた。201三人(さんにん)(をとこ)(おそ)(おそ)る、2011伊太彦(いたひこ)(ふね)()()り、202両手(りやうて)(あは)(なみだ)(なが)して、203感謝(かんしや)(まこと)(あら)はしゐる。
204伊太(いた)『アンチーさま、205モウこれで猩々潔白(しやうじやうけつぱく)さまはスツカリ乗船(じやうせん)なされただらうかなア。206一人(ひとり)でも(のこ)つてゐるやうな(こと)があつては、207(かへ)つて申訳(まをしわけ)がないから、208()(しら)べて(くだ)さい』
209アンチー『ハイ大抵(たいてい)(みな)(のり)になつたと(おも)ひますが、210(ねん)(ため)一度(いちど)(しら)べてみませうか』
211ヤッコス『お(しら)べには(およ)びませぬ。212(この)(しま)猩々(しやうじやう)(けつ)して一人(ひとり)(はな)れて(あそ)んだりは(いた)しませぬ。213(しばら)くの(あひだ)吾々(われわれ)()くなづき、214一緒(いつしよ)(くら)して()りましたが、215本当(ほんたう)友誼(いうぎ)(あつ)動物(どうぶつ)親切(しんせつ)(もの)です。216(また)一匹(いつぴき)でもゐないやうな(こと)があれば、217キツと猩々(しやうじやう)がどんな場合(ばあひ)でも(さが)して()れて(まゐ)ります。218御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
219伊太(いた)(しま)(わう)()言葉(ことば)にはヨモヤ間違(まちが)ひはあるまい。220サア(これ)から天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、221(この)(しま)(わか)れを()げる(こと)とせう』
222()(なが)ら、223船首(せんしゆ)全部(ぜんぶ)(しま)(はう)()(なほ)し、224伊太彦(いたひこ)導師(だうし)(もと)(あま)数歌(かずうた)(うた)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(をは)つて、225(ふたたび)船首(せんしゆ)(てん)じ、226(この)(たび)()()(おろ)し、227(なみ)のまにまに海上(かいじやう)()(かへ)(こと)となつた。
228大正一二・四・三 旧二・一八 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→