霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 (なみ)(つづみ)〔一七〇七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第1篇 美山梅光 よみ(新仮名遣い):びざんばいこう
章:第5章 浪の皷 よみ(新仮名遣い):なみのつづみ 通し章番号:1707
口述日:1924(大正13)年12月27日(旧12月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6705
愛善世界社版:56頁 八幡書店版:第12輯 50頁 修補版: 校定版:56頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第二篇 新興宗教 > 第九章 神仏無量寿経
001 波切丸(なみきりまる)甲板(かんばん)(うへ)にて(わらひ)()(ひら)かれ002(かふ)(おつ)二人(ふたり)問答(もんだふ)()いて、003(いま)(まで)悪業(あくごふ)(あらた)三五(あななひ)(みち)翻然(ほんぜん)として帰順(きじゆん)したるシーゴーは004(また)もや御霊(みたま)土台(どだい)がグラつき()し、005(ふたた)びもとの山賊(さんぞく)(たち)(かへ)り、006飽迄(あくまで)大胆(だいたん)不敵(ふてき)山賊(さんぞく)万能(ばんのう)主義(しゆぎ)発揮(はつき)せむかと決心(けつしん)(ほぞ)(きは)め、007良心(りやうしん)(たちま)邪鬼(じやき)となり、008悪魔(あくま)となり大蛇(をろち)とならむとせし危機(きき)一髪(いつぱつ)刹那(せつな)009ヨリコ(ひめ)(いましめ)(うた)悔悟(くわいご)し、010地獄(ぢごく)陥落(かんらく)危険(きけん)(まぬが)れた。011ヨリコ(ひめ)はタライの(むら)開墾(かいこん)事業(じげふ)従事(じゆうじ)して()ると(おも)つて()たシーゴーが、012いつの()にか波切丸(なみきりまる)()()(わが)(かたはら)()りしを()怪訝(くわいが)(ねん)()たれ(なが)013言葉(ことば)(しづか)丹花(たんくわ)(くちびる)(ひら)いて(やや)微笑(びせう)(うか)べながら、
014ヨリコ『其方(そなた)はシーゴーさまぢやないか。015タライの(むら)堅気(かたぎ)となつて、016開墾(かいこん)事業(じげふ)従事(じゆうじ)して()らるるだらうと(おも)つて()たのに、017いつの()其方(そなた)(わが)(ふね)()()んで()たのだい』
018シーゴー『ハイ、019宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)が、020ハルの(うみ)(わた)つてバルガン(じやう)へお(いで)になると()き、021どうかしてスガの(みなと)(まで)(おく)りしたいと(ぞん)じ、022(さき)(まは)つて波切丸(なみきりまる)船底(ふなぞこ)()(ひそ)め、023(かげ)ながら()保護(ほご)(にん)(あた)つて()たのです。024この(うみ)沢山(たくさん)海賊(かいぞく)()ますので、025もし途中(とちう)御難(ごなん)があつてはと(ぞん)じ、026改心(かいしん)報恩(はうおん)(ため)(ひそか)()同船(どうせん)(ねが)つたので(ござ)います』
027ヨリコ『これシーゴーさま、028()親切(しんせつ)有難(ありがた)いが、029(なん)()つても(しし)()つた(いぬ)のヨリコが()()んで()以上(いじやう)大丈夫(だいぢやうぶ)です。030(その)心遣(こころづか)ひは()無用(むよう)にして、031(いち)(にち)(はや)民衆(みんしう)幸福(かうふく)()めに開墾(かいこん)事業(じげふ)にかかつて(くだ)さい。032さうして其方(そなた)(いま)二人(ふたり)船客(せんきやく)(はなし)()いて、033折角(せつかく)黎明(れいめい)(むか)つた(たま)暗黒界(あんこくかい)()()れやうとして()たではないか。034万一(まんいち)(わたし)(そば)()なかつたなら、035其方(そなた)(ふたた)天地(てんち)()れざる大悪魔(だいあくま)となつて()(ほろ)ぼし036来世(らいせ)地獄(ぢごく)(つく)(ところ)だつたよ。037男子(だんし)一旦(いつたん)決心(けつしん)した(こと)(ひるがへ)すものではありませぬよ。038(ちつ)(かんが)へて(くだ)さい。039(わたし)其方(そなた)(ため)大変(たいへん)()()んで()るのだから』
040シーゴー『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。041(やや)もすれば(おさ)()けておいた(こころ)(おに)(あたま)(もた)()し、042(この)()(なか)(かみ)(ほとけ)もあるものか。043(ぜん)だとか(あい)だとか、044信仰(しんかう)だとか、045(まこと)だとか()ふものは046偽善者(ぎぜんしや)どもが()(なか)(たば)かる道具(だうぐ)()ぎないのだ。047女々(めめ)しい(こと)(おも)ふな。048(いま)()(なか)弱肉(じやくにく)強食(きやうしよく)049優勝(いうしよう)劣敗(れつぱい)だ。050()てば官軍(くわんぐん)(まく)れば(ぞく)051強者(きやうしや)はいつも善人(ぜんにん)()ばれ052弱者(じやくしや)悪人視(あくにんし)せらるるのが現代(げんだい)趨勢(すうせい)だ。053(なに)(くる)しんで(をとこ)らしくもない改心(かいしん)などをするのだ。054なぜ徹底(てつてい)(てき)(あく)遂行(すゐかう)しないか。055畢竟(ひつけう)056(ぜん)()(あく)()ふのも()(なか)一種(いつしゆ)標語(へうご)だ。057(ぜん)(あく)()つたものか」と(ささや)きますので058開墾(かいこん)事業(じげふ)などはまどろしくなつて、059矢張(やは)(あそ)んで大親分(おほおやぶん)となつて(くら)山賊(さんぞく)事業(じげふ)壮快(さうくわい)でもあり、060男性(だんせい)(てき)でもあり英雄(えいゆう)(てき)でもある」と、061時々(ときどき)良心(りやうしん)(やつ)がグラついて()るのです。062(しか)(なが)女帝(によてい)()訓戒(くんかい)()つて(やうや)危険(きけん)区域(くゐき)脱出(だつしゆつ)したやうです。063何分(なにぶん)(あく)()れた(わたし)(こと)ですから064スガの(みなと)(まで)どうぞお(とも)をさして(くだ)さい。065さうして(その)(あひだ)宣伝使(せんでんし)貴女(あなた)()薫陶(くんたう)()066快濶(くわいくわつ)(ぜん)()めに活動(くわつどう)したいもので(ござ)います』
067ヨリコ『アヽそれは()(ところ)()がついた。068(わたし)一安心(ひとあんしん)をしましたよ。069宣伝使(せんでんし)梅公(うめこう)(さま)がこんな(こと)をお(きき)になつたならばきつと(わら)はれるでせう。070(わたし)071さう(こころ)のグラつくお(まへ)さまを(いま)(まで)使(つか)つて()たかと(おも)はれては赤面(せきめん)(いた)りですからなア』
072 シーゴーは(うれ)(なみだ)腮辺(しへん)()らしながら073黙々(もくもく)としてヨリコ(ひめ)(むか)合掌(がつしやう)して()る。074(うみ)静寂(せいじやく)(やぶ)つて075梅公(うめこう)(くち)より音吐(おんと)朗々(らうらう)独唱(どくしやう)する神仏(しんぶつ)無量寿経(むりやうじゆきやう)甲板(かんばん)(じやう)(ひびき)(わた)つた。
 
076   神仏(しんぶつ)無量寿経(むりやうじゆきやう)
077第一(だいいち)神王(しんのう)伊都能売(いづのめ)大神(おほかみ)大威徳(だいゐとく)大光明(だいくわうみやう)最尊(さいそん)最貴(さいき)にして諸神(しよしん)光明(くわうみやう)(およ)(ところ)にあらず。078(あるひ)神光(しんくわう)百神(ひやくしん)世界(せかい)079(あるひ)万神(ばんしん)世界(せかい)照明(せうめい)するあり。080(えう)するに東方(とうはう)日出(ひので)神域(しんゐき)()らし、081南西北(なんざいほく)082四維(しいゆい)上下(じやうげ)(また)(また)(かく)(ごと)し。083嗚呼(ああ)(さかん)なる(かな)084伊都能売(いづのめ)顕現(けんげん)(たま)厳瑞(げんずゐ)二霊(にれい)大霊光(だいれいくわう)085()(ゆゑ)天之(あめの)御中主(みなかぬしの)大神(おほかみ)086大国常立(おほくにとこたちの)大神(おほかみ)087天照皇(あまてらすすめ)大御神(おほみかみ)088伊都能売(いづのめ)大神(おほかみ)089弥勒(みろく)大聖(だいせい)御稜威(みいづ)(かみ)090大本(おほもと)大御神(おほみかみ)091阿弥陀(あみだ)(ぶつ)092無礙光(むげくわう)如来(によらい)093超日(てうにち)月光(ぐわつくわう)(ぶつ)尊称(そんしよう)(たてまつ)る。
094それ蒼生(さうせい)にして()神光(しんくわう)()ふものは、095三垢(さんく)消滅(せうめつ)身意(しんに)柔軟(にうなん)歓喜(くわんぎ)踊躍(ゆうやく)して、096愛善(あいぜん)至心(ししん)(しやう)ず。097三途(さんづ)勤苦(ごんく)(ところ)にありて、098(この)(かみ)大光明(だいくわうみやう)(はい)(たてまつ)らば、099(いづれ)安息(あんそく)()て、100(また)(ひと)つの苦悩(くなう)()く、101生前(せいぜん)死後(しご)超越(てうゑつ)し、102()(なが)安楽境(あんらくきやう)()()き、103天国(てんごく)生涯(しやうがい)(おく)ることを()べし。
104(この)(かみ)大光明(だいくわうみやう)顕赫(けんかく)にして、105宇内(うだい)諸神(しよしん)諸仏(しよぶつ)国土(こくど)照明(せうみやう)したまひて(きこ)えざることなし。106(ただ)()(いま)()神光(しんくわう)霊明(れいみやう)(たた)(まつ)而己(のみ)ならず、107一切(いつさい)諸神(しよしん)諸仏(しよぶつ)108清徒(しやうと)声聞(しやうもん)求道者(きゆだうしや)縁覚(えんがく)諸々(もろもろ)宣伝使(せんでんし)109諸々(もろもろ)菩薩衆(ぼさつしう)110(ことごと)(とも)歎称(たんしよう)悦服(えつぷく)帰順(きじゆん)(たま)ふこと(また)(また)(かく)(ごと)し。111()蒼生(さうせい)ありて(その)光明(くわうみやう)稜威(みいづ)洪徳(こうとく)()きて日夜(にちや)称説(しようせつ)信奉(しんぽう)して、112至心(ししん)にして()えざれば、113心意(しんい)(ねが)(ところ)(したが)ひて、114天国(てんごく)楽土(らくど)復活(ふくくわつ)する(こと)()べし。115諸々(もろもろ)宣伝使(せんでんし)116菩薩(ぼさつ)117清徒(しやうと)声聞(しやうもん)大衆(だいしう)(ため)に、118(とも)歎誉(たんによ)せられて()洪徳(こうとく)(たた)へられ、119(その)(しか)(のち)成道(じやうだう)内覚(ないかく)()(とき)(いた)り、120(あまね)三界(さんがい)十方(じつぱう)諸神(しよしん)諸仏(しよぶつ)121宣伝使(せんでんし)122菩薩(ぼさつ)()めに、123()光明(くわうみやう)歎称(たんしよう)せられむこと(また)(いま)(ごと)くなるべし。124嗚呼(ああ)(わが)伊都能売(いづのめ)大神(おほかみ)神光(しんくわう)霊明(れいみやう)巍々(ぎぎ)として殊妙(しゆめう)なることを()かむに125昼夜(ちうや)一劫(いちごふ)すとも(なほ)(いま)(つく)すこと(あた)はず。126爾今(じこん)諸天人(しよてんにん)(およ)後世(ごせ)人々(ひとびと)127神明(しんみやう)仏陀(ぶつだ)神教(しんけう)経語(きやうご)()()さに(つらつ)(これ)思惟(しゆい)し、128()(その)(なか)(おい)心魂(しんこん)(ただ)し、129行為(かうゐ)(ただ)しうせよ。130瑞主(ずゐしゆ)聖王(せいわう)131愛善(あいぜん)(とく)(しう)して、132(その)(しも)万民(ばんみん)(ひき)ひ、133(うた)相神令(あひしんれい)して、134(おのおの)(みづか)(ただ)しく(まも)り、135聖者(せいじや)(たふと)び、136善徳者(ぜんとくしや)(うやま)ひ、137仁慈(じんじ)博愛(はくあい)にして、138聖語(しやうご)神教(しんけう)遵奉(じゆんぽう)し、139(あへ)虧負(きふ)すること()く、140()さに度世(どせ)(もと)めて、141生死(しやうじ)衆悪(しうあく)根源(こんげん)抜断(ばつだん)すべし。142()さに(あめ)八衢(やちまた)143三途(さんづ)無限(むげん)憂畏(いうゐ)苦痛(くつう)逆道(ぎやくだう)離脱(りだつ)すべし。
144(なんぢ)()145(これ)(おい)(ひろ)愛善(あいぜん)徳本(とくほん)()え、146慈恩(じおん)()き、147仁恵(じんゑ)(ほど)こして、148神禁(しんきん)道制(だうせい)(をか)すこと()く、149忍辱(にんにく)精進(しやうじん)にして心魂(しんこん)帰一(きいつ)し、150智慧(ちゑ)証覚(しようかく)(もつ)衆生(しゆじやう)教化(けうけ)し、151(とく)(をさ)め、152(ぜん)(おこな)ひ、153心魂(しんこん)(きよ)め、154意志(いし)(ただ)しうして、155斎戒(さいかい)清浄(しやうじやう)なること一日(いちにち)一夜(いちや)なれば、156(すなは)無量寿(むりやうじゆ)天国(てんごく)()りて、157愛善(あいぜん)(とく)(をさ)むること(ひやく)(ねん)なるに(まさ)れり。158如何(いかん)となれば()神仏(しんぶつ)国土(こくど)には、159無為(むゐ)自然(じねん)に、160(みな)衆善(しうぜん)大徳(だいとく)()みて毫末(がうまつ)不善(ふぜん)不徳(ふとく)だも()ければなり。161(ここ)(おい)善徳(ぜんとく)(をさ)信真(しんしん)(ぢう)すること十日(じふにち)十夜(じふや)なれば、162天国(てんごく)浄土(じやうど)(おい)愛善(あいぜん)(とく)(ぢう)し、163信真(しんしん)光明(くわうみやう)(よく)すること、164(せん)(ねん)日月(じつげつ)(まさ)れり。165(それ)(ゆゑ)如何(いかん)となれば、166天国(てんごく)浄土(じやうど)には善者(ぜんしや)(おほ)く、167不善者(ふぜんしや)(すく)なく、168智慧(ちゑ)証覚(しようかく)()たされ、169造悪(ざうあく)余地(よち)(そん)せざればなり。170(ただ)自然界(しぜんかい)171(すなは)現界(げんかい)のみ悪業(あくごふ)(おほ)くして、172惟神(かむながら)大道(だいだう)背反(はいはん)し、173勤苦(ごんく)して求欲(ぐよく)し、174(うた)(あひ)(あざむ)心魂(しんこん)(つか)れ、175形体(ぎやうたい)(くるし)み、176苦水(くすい)()み、177毒泉(どくせん)()み、178害食(がいしよく)(くら)ひ、179(かく)(ごと)怱務(そうむ)して、180(いま)(かつ)寧息(ねいそく)すること()し。
181(われ)(なんぢ)()蒼生(さうせい)悲境(ひきやう)苦涯(くがい)(あは)れみ、182苦心(くしん)惨澹(さんたん)誨諭(くわいゆ)して(をし)へて善道(ぜんだう)(をさ)めしめ、183(うつは)(おう)じて開導(かいだう)し、184神教(しんけう)経語(きやうご)授与(じゆよ)するに承用(しようよう)せざることなく、185意志(いし)(ねが)(ところ)()りて悉皆(しつかい)得道(とくだう)せしむ。186聖神(しやうしん)仏陀(ぶつだ)遊履(いうり)する(ところ)187国邑(こくいふ)丘聚(くじう)(くわ)(かうむ)らざることなし。188天下(てんか)和順(わじゆん)し、189日月(じつげつ)清明(しやうみやう)190五風(ごふう)十雨(じふう)191(とき)(したが)ひ、192十愁(じふしう)八歎(はつたん)()く、193国土(こくど)(ゆたか)にして、194民衆(みんしう)安穏(あんおん)なり。195兵戈(へいくわ)(よう)()く、196善徳(ぜんとく)(たつと)び、197仁恵(じんゑ)(おこ)し、198(つと)めて礼譲(れいじやう)(をさ)む。
199(われ)(なんぢ)()諸天(しよてん)200(およ)地上(ちじやう)蒼生(さうせい)哀愍(あいみん)すること父母(ふぼ)(ごと)く、201愛念(あいねん)旺盛(わうせい)にして無限(むげん)なり。202(いま)(われ)()世間(せけん)(おい)て、203伊都能売(いづのめ)(かみ)となり、204仏陀(ぶつだ)(げん)基督(キリスト)()り、205メシヤと()りて、206五悪(ごあく)降下(かうか)し、207五痛(ごつう)消除(せうぢよ)し、208五焼(ごせう)絶滅(ぜつめつ)し、209善徳(ぜんとく)(もつ)て、210悪逆(あくぎやく)(あらた)めしめ、211生死(しやうじ)苦患(くげん)抜除(ばつぢよ)し、212五徳(ごとく)()せしめ、213無為(むゐ)安息(あんそく)(のぼ)らしめむとす。214瑞霊(ずゐれい)()()りて(のち)215聖道(しやうだう)(やうや)(めつ)せば、216蒼生(さうせい)諂偽(てんぎ)にして、217(また)(しう)(あく)()し、218五痛(ごつう)五焼(ごせう)(かへ)りて(まへ)(はふ)(ごと)(ひさ)しきを()て、219(のち)(うた)劇烈(げきれつ)なる()し。220(ことごと)()()からず。221(われ)(ただ)衆生(しゆじやう)一切(いつさい)(ため)(りやく)して(これ)()ふのみ。
222(なんぢ)()(おのおの)()(これ)(おも)ひ、223(うた)(あひ)教誨(けうくわい)聖神(しやうしん)教語(けうご)遵奉(じゆんぽう)して(あへ)(をか)すこと(なか)れ。224あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
225   伊都能売(いづのめ)大神(おほかみ)   謹請(こんじやう)再拝(さいはい)
 
226
227 ヨリコ(ひめ)もシーゴーも花香(はなか)船客(せんきやく)一同(いちどう)228(えり)(ただ)甲板(かんばん)(じやう)(すわ)(なほ)して、229合掌(がつしやう)しながら感涙(かんるい)にむせびつつ、230梅公(うめこう)宣伝使(せんでんし)読経(どくきやう)(うやうや)しく聴聞(ちやうぶん)した。231梅公(うめこう)一同(いちどう)目礼(もくれい)しながら階段(かいだん)(くだ)り、232(わが)居間(ゐま)()つて休息(きうそく)した。233ヨリコ(ひめ)234花香(はなか)235シーゴーも(おのおの)自分(じぶん)船室(せんしつ)()り、236ドアーを(かた)(とざ)して瞑想(めいさう)(ふけ)つて()る。237ヨリコ(ひめ)(わが)居間(ゐま)にあつて神恩(しんおん)(たか)きを(おも)ひ、238暗黒(あんこく)(ふち)より黎明(れいめい)天地(てんち)(すく)はれたる歓喜(くわんぎ)(おも)ひに()(なが)ら、239(こゑ)(しづ)かに神徳(しんとく)讃美(さんび)して()る。240(その)(うた)
 
241   ()
伊都(いづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
出現(しゆつげん)ませし(その)()より
(はや)三十年(みそとせ)()たまへり
法身(ほつしん)光明(くわうみやう)きはもなく
暗黒(あんこく)世界(せかい)()らし(たま)ふ。
242   (うし)
(あい)(しん)との光明(くわうみやう)
無明(むみやう)(やみ)()らしつつ
一念(いちねん)歓喜(くわんぎ)信頼(しんらい)
まつらふ(ひと)天国(てんごく)
真楽園(しんらくゑん)(しやう)ぜしめ(たま)ふ。
243   (とら)
(すめ)大神(おほかみ)霊暉(れいき)より
無碍光(むげくわう)威徳(ゐとく)洪大(こうだい)
(しん)(あい)とを摂受(せつじゆ)して
(みづ)御霊(みたま)向上(かうじやう)
菩提(ぼだい)清水(しみづ)()ませ(たま)ふ。
244   ()
(あい)(ぜん)との神徳(しんとく)
虚偽(きよぎ)(あく)との逆業(ぎやくごふ)
(みづ)(こほり)(ごと)くにて
(こほり)(おほ)きに(みづ)(おほ)
(さはり)(おほ)きに(とく)(おほ)し。
245   (たつ)
五濁(ごじよく)悪世(あくせ)万衆(ばんしう)
選択(せんじやく)(かみ)()しますと
(しん)じまつれば不可称辞(ふかしようじ)
不可説(ふかせつ)不可思議(ふかしぎ)もろもろの
御徳(みとく)(なんぢ)()()たむ。
246   ()
(あい)(ぜん)との大徳(だいとく)
(しん)(しん)との大慈光(だいじくわう)
(かか)ぶる(かみ)(みち)()
法悦道(ほふえつだう)(すす)()
安養(あんやう)世界(せかい)帰命(きみやう)せむ。
247   (うま)
生死(しやうじ)苦海(くかい)(きは)()
久永(とは)(しづ)める蒼生(さうせい)
伊都能売(いづのめ)主神(すしん)御船(みふね)のみ
(われ)()()せて永遠(とことは)
天津(あまつ)御苑(みその)(わた)すなり。
248   (ひつじ)
五六七(みろく)如来(によらい)大作願(だいそぐわん)
苦悩(くなう)有情(うじやう)(すて)ずして
万有(ばんいう)愛護(あいご)(おん)(ちか)
信真光(しんしんくわう)をば(しゆ)となして
愛善心(あいぜんしん)をば成就(じやうじゆ)せり。
249   (さる)
五六七(みろく)如来(によらい)神号(しんがう)
それの光徳(くわうとく)智証(ちしよう)とは
無明(むみやう)長夜(ちやうや)(あん)()
所在(あらゆる)一切(いつさい)万衆(ばんしう)
志願(しぐわん)()たせ(たま)ふなり。
250   (とり)
(わが)罪業(ざいごふ)信知(しんち)して
瑞霊(ずゐれい)(をしへ)(じやう)ずれば
すなはち汚穢(をゑ)()(きよ)
全天界(ぜんてんかい)昇往(しようわう)
法性(ほふしやう)常楽(じやうらく)(しよう)せしめ(たま)ふ。
251   (いぬ)
厳瑞(げんずゐ)慈悲(じひ)大海(だいかい)
智愚(ちぐ)正邪(せいじや)(なみ)()
(かみ)(ちか)ひの(おん)(ふね)
()りて苦界(くかい)(わた)()
その()愛風(あいふう)(まか)せたり。
252   ()
多生(たしやう)曠劫(こうごふ)()()まで
愛護(あいご)()けし()()なり
厳瑞(げんずゐ)二霊(にれい)真心(しんしん)
(ささ)(まつ)りて神徳(しんとく)
(たか)きを(たた)(まつ)るべし。
253 花香姫(はなかひめ)梅公(うめこう)宣伝使(せんでんし)広大(くわうだい)無辺(むへん)なる神格(しんかく)艶麗(えんれい)にして(をか)すべからざる神格(しんかく)(そな)はれる()容貌(ようばう)(たふと)さを(むね)()かべながら、254(かみ)化身(けしん)ならずやと憧憬(どうけい)のあまり大神(おほかみ)神徳(しんとく)讃美(さんび)した。255(その)(うた)
 
256   ()
暗黒(あんこく)無明(むみやう)現界(げんかい)
(あは)れみ(たま)ひて伊都能売(いづのめ)
(かみ)慈光(じくわう)(きは)みなく
無碍光(むげくわう)如来(によらい)(あら)はれて
安養(あんによ)世界(せかい)()(たま)ふ。
257   (うし)
伊都能売(いづのめ)霊魂(みたま)(ひかり)には
歓喜(くわんき)清浄(しやうじやう)(あい)(しん)
充満(じゆうまん)なして(その)智証(ちしよう)
顕神幽(けんしんいう)貫徹(くわんてつ)
天人(てんじん)地人(ちじん)(やす)ましむ。
258   (とら)
顕神幽(けんしんいう)三界(さんがい)
天人(てんにん)(およ)蒼生(さうせい)
厳瑞(げんずゐ)二霊(にれい)伊都能売(いづのめ)
御名(みな)()りて信真(しんしん)
大光明(だいくわうみやう)喜悦(きえつ)せむ。
259   ()
金剛(こんがう)不壊(ふゑ)(てき)信仰(しんかう)
(さだ)まる(とき)()()てぞ
伊都能売(いづのめ)御魂(みたま)聖霊光(せいれいくわう)
(あまね)照護(せうご)永遠(とことは)
生死(しやうじ)超越(てうゑつ)させたまふ。
260   (たつ)
(あく)虚偽(きよぎ)との逆徳(ぎやくとく)
遮断(しやだん)せられて摂取(せつしゆ)
大光明(だいくわうみやう)()えねども
(あい)全徳(ぜんとく)(さち)はひて
(つね)(わが)()()らすなり。
261   ()
東西(とうざい)両洋(りやうやう)聖師(せいし)(たち)
哀愍(あいみん)摂受(せつじゆ)(おこた)らず
(あい)(しん)とを()(ひろ)
天下(てんか)蒼生(さうせい)(へだ)てなく
信楽境(しんらくきやう)()らしめよ。
262   (うま)
救世(ぐぜい)聖主(せいしゆ)()(がた)
瑞霊(ずゐれい)(をしへ)()きがたし
神使(しんし)勝法(しようぽふ)()くことも
(まれ)なりと()(やみ)()
()くは(うれ)しき伊都(いづ)()(のり)
263   (ひつじ)
三千(さんぜん)世界(せかい)一同(いちどう)
(かがや)光明(くわうみやう)(かしこ)みて
(かみ)(おん)()とおん(をしへ)
()()(ひと)常永(とこしへ)
不退転(ふたいてん)()(すす)むなり。
264   (さる)
聖名(しやうみやう)不思議(ふしぎ)海水(かいすい)
悪逆(あくぎやく)無道(ぶだう)法謗(ほふばう)
屍体(したい)()めず衆悪(しうあく)
万河(ばんか)(ひと)つに()しぬれば
功徳(くどく)潮水(てうすい)道味(だうみ)あり。
265   (とり)
伊都能売(いづのめ)御魂(みたま)()神徳(しんとく)
(じん)(じつ)(ぱう)()()なれば
(あい)(しん)との海水(かいすい)
煩悩(ぼんなう)不脱(ふだつ)衆流(しうりう)
(つひ)無限(むげん)道味(だうみ)あり。
266   (いぬ)
(あく)虚偽(きよぎ)とに(みた)されし
(われ)()(かみ)にまつろひて
(あい)(ぜん)との(とく)()
(しん)(しん)との光明(くわうみやう)
(よく)して御国(みくに)(のぼ)()む。
267   ()
聖教(しやうけう)権仮(ごんけ)方便(はうべん)
万衆(ばんしう)(ひさ)しく(とど)まりて
三界(さんがい)流転(るてん)()とぞなる
(かみ)信従(しんじゆう)する身魂(たま)
一乗(いちじやう)帰命(きみやう)天津国(あまつくに)
268
269 (にはか)湖面(こめん)北風(きたかぜ)(おもむろ)(おこ)つて白帆(しらほ)(ふく)らませ、270波上(はじやう)をほどほどに(すべ)りだした。271(ふなばた)()(なみ)(おと)は、272御世(みよ)太平(たいへい)(うた)(つづみ)(ごと)く、273(おだや)かに(きこ)えて()る。274(あたか)救世(ぐぜい)御船(みふね)()つて天国(てんごく)浄土(じやうど)楽園(らくゑん)(すす)むの(おも)ひがあつた。275あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
276大正一三・一二・二 新一二・二七 於祥雲閣 加藤明子録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→