霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 優秀美(いうしうび)〔一七八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第70巻 山河草木 酉の巻 篇:第3篇 理想新政 よみ(新仮名遣い):りそうしんせい
章:第22章 優秀美 よみ(新仮名遣い):ゆうしゅうび 通し章番号:1789
口述日:1925(大正14)年08月25日(旧07月6日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
教務総監ジャンクは、千草姫の行動や、太子、王女らが行方不明であることに心を悩めていた。そして、いつのまにかうつらうつらと眠りについてしまった。
すると、夢うつつの中、言霊別のエンゼルが現れて託宣を下す。
太子らは、ある場所に神の守護によりかくまわれており、いよいよ教政改革断行の時期がせまったので、すぐに会うことができる。
新しい左守・右守はすでに定めれており、ジャンクは教務総監として新体制を補佐するべし。また、王女の夫はすでに定められており、王女夫婦はハリマの森の神主として奉仕させるべし。
ガーデン王は八岐大蛇の悪霊の片割れに表意されているが、静かな地で静養すればよくなるであろう。
また、千草姫は実はすでにこの世を去っており、その遺骸に高姫の霊が憑依して、今の醜態・乱暴を立ち働いている。これは、金毛九尾の悪孤の霊の仕業であり、よくよく注意すべし。
そして、言霊別は去っていった。
ジャンクはこの託宣に勇気をつけられ、神恩を感謝する歌を歌っている。
そこへ、太子が改革派一行を引き連れて戻ってくる。太子とジャンクは新しい時代の到来を互いに喜び合う。
そして、照国別の案により、妖僧キューバーを解放し、また千草姫の審神をすべく、一同は姫の居間に向かう。
そこでは、今しも千草姫がテイラの母モクレンを、スコブツエン宗の残酷な掟にしたがって、神のいけにえにしようとしているところであった。
照国別は、外から力の限りドアを打ち破り、千草姫をウーンと一声、睨みつければ、金毛九尾の狐は慌てて天窓を伝い、どこともなく姿を隠してしまった。
ここにチウイン太子は新教王となり、トルマン国も小天国を現出するにいたった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7022
愛善世界社版:276頁 八幡書店版:第12輯 492頁 修補版: 校定版:284頁 普及版:140頁 初版: ページ備考:
001 教務(けうむ)総監(そうかん)のジヤンクは一室(ひとま)(たて)(こも)り、002千草姫(ちぐさひめ)行動(かうどう)(つね)ならぬのに(こころ)(なや)め、003(かつ)チウイン太子(たいし)004王女(わうぢよ)005テイラ、006ハリスの行方(ゆくへ)不明(ふめい)となりしことも(また)ジヤンクが心配(しんぱい)(たね)となつた。007いつとはなく、008うつらうつらと(ねむり)につく。009(とき)しもあれ、010容色(ようしよく)端麗(たんれい)なる異様(いやう)神人(しんじん)011何処(どこ)ともなく(あら)はれ(きた)り、
012『ジヤンク ジヤンク』
0121(かた)をゆすり(たま)ふ。013ジヤンクはハツと(おどろ)()をさませば、014(ゆめ)にみしと同様(どうやう)神人(しんじん)厳然(げんぜん)として、015(わが)()(まへ)椅子(いす)(こし)うちかけ、016ニコニコし(なが)ら、
017神人(しんじん)(われ)第一(だいいち)霊国(れいごく)天人(てんにん)言霊別(ことたまわけ)のエンゼルであるぞよ。018(なんぢ)はトルマン(ごく)現状(げんじやう)憂慮(いうりよ)し、019心胆(しんたん)(なや)ませ()(だん)020(じつ)感服(かんぷく)(いた)りだ。021(なんぢ)至誠(しせい)(てん)(つう)じ、022(いま)やエンゼルとして(なんぢ)神業(しんげふ)(たす)くべく(くだ)(きた)れり、023ゆめゆめ(うたが)ふな』
024ジヤンク『ハイ、025何事(なにごと)愚鈍(ぐどん)(わたくし)026進退(しんたい)(これ)(きは)まつて、027憂愁(いうしう)(しづ)()ります(さい)028(たふと)(かみ)(さま)()降臨(かうりん)029(じつ)有難(ありがた)(ぞん)じます。030何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)()守護(しゆご)あらむ(こと)(ひとへ)(ねが)()(たてまつ)ります』
031エンゼル『(なんぢ)心配(しんぱい)(いた)して()るチウイン太子(たいし)(はじ)め、032王女(わうぢよ)チンレイ、033テイラ、034ハリスの面々(めんめん)(かみ)守護(しゆご)()り、035少時(しばし)(ある)(ところ)(かく)まひおきしが、036いよいよ教政(けうせい)改革(かいかく)断行(だんかう)時期(じき)到来(たうらい)したれば、037(いま)()はしてやらう。038(なんぢ)()(まで)もトルマン(ごく)教務(けうむ)総監(そうかん)となり、039チウイン太子(たいし)(たす)けて、040(ただ)しき教化(けうくわ)(おこな)へ。041(また)左守(さもり)042右守(うもり)はチウイン太子(たいし)043(すで)(さだ)()れば、044太子(たいし)意見(いけん)(したが)ふべし。045王女(わうぢよ)チンレイは照国別(てるくにわけ)弟子(でし)春公(はるこう)なる(もの)(をつと)となし、046ハリマの(もり)神殿(かむどの)三五(あななひ)大神(おほかみ)とウラルの(かみ)(あは)(まつ)り、047春公(はるこう)神主(かんぬし)となし、048チンレイと(とも)永遠(えいゑん)奉仕(ほうし)せしめよ』
049ジヤ『ハイ、050(なに)から(なに)(まで)051()指導(しだう)(くだ)さいまして有難(ありがた)(ぞん)じます。052(かみ)(さま)……エンゼル(さま)(おそ)(なが)()(うかが)(いた)しまするが、053ガーデン教王(けうわう)(さま)精神(せいしん)()異状(いじやう)ありとみえ、054言行(げんかう)(とみ)一変(いつぺん)し、055(この)老臣(らうしん)(じつ)困難(こんなん)(いた)して()りまするが、056教王(けうわう)(さま)(もと)正気(しやうき)()(かへ)(あそ)ばすで御座(ござ)りませうか』
057エンゼル『(かれ)八岐(やまた)大蛇(をろち)片割(かたわれ)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)され、058精神(せいしん)惑乱(わくらん)しをれば、059(しばら)閑地(かんち)静養(せいやう)せしめよ。060(また)千草姫(ちぐさひめ)はすでにすでに(この)()()り、061(その)遺骸(ゐがい)高姫(たかひめ)(れい)憑依(ひようい)し、062()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(しよう)し、063所在(あらゆる)醜態(しうたい)(えん)じ、064乱暴(らんばう)(はたら)()るは、065(まつた)金毛(きんまう)九尾(きうび)悪狐(あくこ)(れい)(いた)(ところ)066随分(ずいぶん)注意(ちうい)すべし』
067ジヤ『ハイ、068心得(こころえ)まして御座(ござ)います。069千草姫(ちぐさひめ)(さま)でないとすれば、070(この)老臣(らうしん)(おほい)(かんが)ふる(ところ)御座(ござ)います。071何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)(あやま)ちなきやう、072()守護(しゆご)(ねが)(まつ)ります』
073エン『()高姫(たかひめ)再来(さいらい)たる千草姫(ちぐさひめ)(つね)(とく)()()けよ。074さらば』
075といふより(はや)く、076(たちま)(その)神姿(しんし)()させ(たま)ふた。077ジヤンクは神恩(しんおん)感謝(かんしや)し、078讃美歌(さんびか)(うた)ふ。
079()はくれはてて(みち)もなし
080(ゆき)野山(のやま)(うづだか)
081(つも)りて(あゆ)まむ(よし)もなし
082行手(ゆくて)(なや)旅人(たびびと)
083頭上(づじやう)(てら)()(かみ)
084(やみ)をば()らし()(ゆき)
085()かせ(たま)ひて(おの)()
086大道(おほぢ)(ひら)かせ(たま)ひけり
087あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
088御国(みくに)(つく)赤心(まごころ)
089(かみ)(うべ)なひ(たま)ひけむ
090(こま)()つたる今日(けふ)(よひ)
091(わが)枕辺(まくらべ)におごそかに
092(あら)はれ(たま)()(たま)
093(その)御言葉(みことば)(ゆめ)ならず
094(まこと)(かみ)()出現(しゆつげん)
095(あふ)ぐも(たか)須弥(しゆみ)(やま)
096(まも)らせ(たま)()(はな)
097(ひめの)(みこと)にましますか
098(ただ)しは言霊別(ことたまわけ)(かみ)
099(いづ)れにますかは()らね(ども)
100姿(すがた)雄々(をを)しき瑞御霊(みづみたま)
101(かわ)ききつたる(わが)(たま)
102うるほし(たま)清鮮(せいせん)
103血汐(ちしほ)(わが)()(みなぎ)らし
104(すく)はせ(たま)ひし(うれ)しさよ
105あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
106()大神(おほかみ)(おん)(まへ)
107(つつ)しみ感謝(かんしや)(たてまつ)
108(よろこ)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
109 ()(うた)()(とき)しも、110チウイン太子(たいし)照国別(てるくにわけ)111照公(てるこう)112レール、113マーク、114テイラ、115ハリス、116(およ)王女(わうぢよ)チンレイ、117テルマン、118春公(はるこう)面々(めんめん)引伴(ひきつ)れ、119意気(いき)揚々(やうやう)(かへ)()る。120ジヤンクは太子(たいし)()るより(いだ)きつき、121(なみだ)(こゑ)(しぼ)(なが)ら、
122『あゝ太子(たいし)(さま)123()くマア()(かへ)(くだ)さいました』
124といつたきり、125(あと)(あま)りの感激(かんげき)()たれて、126一言(いちごん)()()なかつた。127太子(たいし)(この)老臣(らうしん)(ただ)一人(ひとり)128悪魔(あくま)(なか)孤城(こじやう)(まも)つてゐたかと(おも)へば、129そぞろ(なみだ)(もよほ)し、1291(うれ)(なみだ)にむせ(かへ)り、130ハンカチにて両眼(りやうがん)(ぬぐ)(なが)ら、131少時(しばし)言葉(ことば)得出(えいだ)さず(うつ)むいて(しま)つた。
132照国別(てるくにわけ)『ジヤンク(さま)(よろこ)びなさりませ。133太子(たいし)(さま)(この)(とほ)()壮健(さうけん)()らせられます。134そして教政(けうせい)大改革(だいかいかく)準備(じゆんび)として、135(すで)棟梁(とうりやう)(しん)をお(さだ)めになり、136()(かへ)りになつたので御座(ござ)いますから、137どうか貴方(あなた)(さま)は、138太子(たいし)(さま)新教王(しんけうわう)(あふ)ぎ、139教王(けうわう)(さま)退隠(たいいん)(ねが)ひ、140千草姫(ちぐさひめ)悪霊(あくれい)()()し、141教政(けうせい)()尽瘁(じんすい)あらむ(こと)希望(きばう)(いた)します』
142ジヤンク『ハイ、143(なに)から(なに)(まで)有難(ありがた)御座(ござ)います。144只今(ただいま)(たふと)きエンゼルが(わが)枕辺(まくらべ)出現(しゆつげん)(あそ)ばし、145いろいろさまざまと教化(けうくわ)大本(たいほん)につき、146()(さと)しを(いただ)きました。147何分(なにぶん)(よろ)しく()(ねが)(まを)します』
148照国(てるくに)(この)(たび)149大英断(だいえいだん)(もつ)仁恵令(じんけいれい)発布(はつぷ)されましたのは、150人心(じんしん)(あらた)にする(うへ)から()ても、151(まこと)結構(けつこう)(こと)(ぞん)じます。152(つい)ては荒井(あらゐ)(たけ)岩窟(がんくつ)に、153チウイン教王(けうわう)(さま)(おし)()めおかれたる妖僧(えうそう)キユーバーを、154(すみやか)解放(かいはう)されむ(こと)希望(きばう)します』
155ジヤ『成程(なるほど)156(じつ)(ところ)はキユーバーの所在(ありか)(わか)りませぬので、157(なん)処置(しよち)()つて()りませぬが、158所在(ありか)(わか)りました以上(いじやう)は、159(すみやか)解放(かいはう)(いた)しませう』
160照国(てるくに)『チウイン教王(けうわう)(さま)()継職(けいしよく)(つい)て、161目出度(めでた)くこれで、162国内(こくない)風塵(ふうじん)(はき)(きよ)められました。163サア(これ)から千草姫(ちぐさひめ)審神(さには)(いた)しませう。164ジヤンク殿(どの)165()一同(いちどう)166拙者(せつしや)(とも)千草姫(ちぐさひめ)居間(ゐま)(まで)()()しを(ねが)ひませう』
167 一同(いちどう)(うなづ)(なが)照国別(てるくにわけ)(うしろ)より、168足音(あしおと)(しの)ばせ、169千草姫(ちぐさひめ)居間(ゐま)にと(すす)()つた。170室内(しつない)には(をんな)(こゑ)
171王妃(わうひ)(さま)172どうか、173(これ)(ばか)りは()(たす)(くだ)さいませ』
174千草姫(ちぐさひめ)(なん)()つても、175其方(そなた)絶対(ぜつたい)服従(ふくじう)(ちか)ふたではないか。176(まへ)乳房(ちぶさ)(この)焼金(やきがね)()()り、177大神(おほかみ)(さま)()(そな)(いた)し、178キユーバーの所在(ありか)()らして(いただ)かねばならぬのだ。179モクレンともあらう(もの)が、180(いま)はの(きは)卑怯(ひけふ)未練(みれん)181(いのち)()しいか、182テモ(さて)(かな)(さう)(かほ)わいの。183(なに)(ほど)()げても、184(はし)つても、185(この)一室(ひとま)()()めた(うへ)(たす)かりは(いた)さぬぞや。186サ、187観念(くわんねん)(まなこ)()ぢなさい。188(かみ)(いけにへ)になるのだつたら、189其方(そなた)光栄(くわうえい)だらう』
190モク『如何(いか)なる御用(ごよう)(うけたま)はりまするが、191どうか(むすめ)のテイラに一目(ひとめ)()はして(くだ)さいませ。192(その)(うへ)にて如何(いか)なる御用(ごよう)(つと)めまする』
193千草(ちぐさ)『ホヽヽヽそんな(こと)()つて、194(この)()(にげ)()し、195千草姫(ちぐさひめ)悪口(わるぐち)をふれ(ある)き、196(わが)神徳(しんとく)をおとそうと(いた)(かんが)へだらう。197さやうな計略(けいりやく)()千草姫(ちぐさひめ)では御座(ござ)らぬぞや』
198(やさ)しい(おもて)殺気(さつき)()び、199金火箸(かなひばし)(しろ)くなる(ところ)(まで)()き、200キヤアキヤアと(なき)(さけ)ぶモクレンの乳房(ちぶさ)(いま)やあてがはむとする(とき)しも、201照国別(てるくにわけ)(ちから)(かぎ)り、202(そと)よりドアを(うち)(やぶ)り、203『ウーン』と一声(ひとこゑ)204(にら)みつくれば、205千草姫(ちぐさひめ)(あわ)てふためき、206(しり)のあたりより(きつね)尻尾(しつぽ)八岐(やまた)になつたのをブリンブリンと()(なが)ら、207天窓(てんまど)(つた)ひ、208何処(どこ)ともなく姿(すがた)をかくしける。
209 (ちなみ)にテルマンは新教王(しんけうわう)見出(みいだ)しに()つて、210番僧頭(ばんそうがしら)(にん)ぜられ、211新教王(しんけうわう)神政(しんせい)国民(こくみん)謳歌(おうか)し、212(いま)(まで)(みだ)()つたるトルマン(ごく)も、213小天国(せうてんごく)現出(げんしゆつ)するに(いた)つた。214あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)(ませ)
215大正一四・八・二五 旧七・六 於丹後由良秋田別荘 松村真澄録)
216(昭和一〇・六・二四 王仁校正)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→