霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 征魔(せいま)出陣(しゆつぢん)〔一九四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第2篇 十一神将 よみ:じゅういちしんしょう
章:第8章 征魔の出陣 よみ:せいまのしゅつじん 通し章番号:1940
口述日:1933(昭和8)年12月13日(旧10月26日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
田族比女と十柱の神の降臨によって、万里の島はようやく治まってきたが、まだ白馬ケ岳の谷間には、しばしば黒雲が立ち上り、天を塞いで光を隠し、暴風雨を起こして国土を荒らしていた。田族比女はまずこの曲津見を征服しようと、十柱の神々を率い、竜神が住む白馬ケ岳の深谷を目指した
田族比女は出陣の決意を歌に歌うと、従者神たちは、それぞれ魔神を征して万里の島に平和をもたらそうと決意を述懐歌に歌った。
一行は田族比女をはじめ四柱の女神と七柱の男神。その陣立ては、輪守(わもり)比古の神を先頭に、霊山(たまやま)比古の神、若春比古の神、保宗(もちむね)比古の神、直道比古の神を先触れとし、田族比女の神を正中に、その他五柱の神が後を守っていた。そして白馬ケ岳の魔棲ケ谷(ますみがやつ)を目指して進んでいった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7708
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 621頁 修補版: 校定版:127頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 田族比女(たからひめ)(かみ)(およ)十柱(とはしら)(かみ)降臨(かうりん)()りて万里(まで)島ケ根(しまがね)(をさ)まりつれども、002(いま)白馬ケ岳(はくばがだけ)谷間(たにあひ)には、003非時(ときじく)黒雲(くろくも)()(のぼ)折々(をりをり)(てん)(ふさ)がり、004日月(じつげつ)(ひかり)(かく)暴風雨(ばうふうう)(おこ)して国土(くに)(あら)すこと再三再四(さいさんさいし)なりければ、005()()曲津見(まがつみ)征服(せいふく)せむと、006田族比女(たからひめ)(かみ)十柱(とはしら)(かみ)(ひき)ゐて万里(まで)(をか)立出(たちい)で、007白馬ケ岳(はくばがだけ)竜神(たつがみ)のすめる深谷(ふかだに)()して()()たさむとして、008御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
009()(かみ)御稜威(みいづ)(きよ)(をさ)まりし
010万里ケ島根(までがしまね)曲津(まが)(ひそ)めるか
011白馬ケ岳(はくばがだけ)谷間(たにま)()ちたつ黒雲(くろくも)
012曲津見(まがつみ)水火(いき)(あめ)(つつ)める
013雨風(あめかぜ)折々(をりをり)(おこ)して万里(まで)(しま)
014木草(きぐさ)(なや)むる曲津(まが)(ほろぼ)さむ
015十柱(とはしら)(かみ)(したが)(いま)よりは
016(まが)(とりで)(われ)(すす)むべし
017()(かみ)()さし(たま)ひし万里(まで)(しま)
018心安国(うらやすくに)とよみがへらせむ』
019 輪守比古(わもりひこ)(かみ)御供(みとも)(つか)へむとして御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
020比女神(ひめがみ)神言(みこと)(かしこ)(われ)こそは
021十柱神(とはしらがみ)御尾前(みをさき)(まも)らむ
022(たに)(ふか)(ひそ)める曲津(まが)竜神(たつがみ)
023大蛇(をろち)非時(ときじく)毒気(どくき)()くかも
024毒気(あしきいき)非時(ときじく)()きてこの(しま)
025(わざはひ)()(かみ)譴責(きた)めむ』
026 霊山比古(たまやまひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
027(はて)しなき(この)神国(かみくに)(ひそ)()
028魔神(まがみ)在処(ありか)()(ほろぼ)さむ
029久方(ひさかた)御空(みそら)月日(つきひ)(かく)しつつ
030邪気(じやき)(みなぎ)らす(しこ)曲神(まがみ)
031御樋代(みひしろ)(かみ)天降(あも)りし(この)(しま)
032曲神(まがみ)(ひそ)むとは(われ)心得(こころえ)
033さりながら(あさ)(ゆふ)なに毒気(あしきいき)
034()きつつ(そら)黒雲(くろくも)(おこ)すも
035黒雲(くろくも)(てん)(ふさ)がり()()ひて
036この食国(をすくに)朝夕(あさゆふ)(けが)すも』
037 若春比古(わかはるひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
038八千草(やちぐさ)(はな)曲津見(まがみ)毒気(あしきいき)
039(なや)まされつつ()(しぼ)むなり
040非時(ときじく)(みの)りし(しま)()()さへ
041(むし)()はれて(みの)らず()ちつつ
042(この)(しま)常春(とこはる)(くに)()きつれど
043曲津(まが)(すさ)びに冬心地(ふゆごこち)すも
044黒雲(くろくも)(なか)(まぎ)れて丹頂(たんちやう)
045(つる)御空(みそら)(まよ)()ぶなり』
046 保宗比古(もちむねひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
047(この)(しま)(ひさ)しく()みし百蛙(ももかはず)
048()()(かげ)(ひそ)むる(あは)れさ
049荒金(あらがね)(つち)(たがや)(ねずみ)(かはず)
050曲神(まがみ)水火(いき)(ほろ)()せつつ
051()(いぬ)月日(つきひ)(かさ)ねて其数(そのかず)
052(すくな)くなりしも曲津見(まがみ)(ため)なり
053曲津見(まがつみ)(がい)(のぞ)きて万里(まで)(しま)
054(もも)(かはず)(たす)けたく(おも)
055御樋代(みひしろ)(かみ)(したが)白馬ケ岳(はくばがだけ)
056谷間(たにま)大蛇(をろち)言向(ことむ)けてみむ』
057 直道比古(なほみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
058()(かみ)(さだ)(たま)ひし天地(あめつち)
059(ただ)しき(みち)刃向(はむか)曲津(まが)なし
060言霊(ことたま)真言(まこと)(つるぎ)()(かざ)
061()りはふりてむ(しこ)曲津見(まがみ)
062言霊(ことたま)(いさを)()りし天地(あめつち)
063生言霊(いくことたま)(おそ)れぬ曲津(まが)()
064(あふ)()れば白馬ケ岳(はくばがだけ)谷間(たにま)より
065(てん)(ちう)する八重(やへ)黒雲(くろくも)
066 山跡比女(やまとひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
067御樋代(みひしろ)(かみ)真言(まこと)(したが)ひて
068白馬ケ岳(はくばがだけ)谷間(たにま)(すす)まむ
069(われ)はしも女神(めがみ)なれども言霊(ことたま)
070(つるぎ)(ひかり)曲津(まが)()らさむ
071久方(ひさかた)月日(つきひ)(かく)して(すさ)(くる)
072(しこ)曲津(まがつ)()(はふ)るべし
073十柱(とはしら)(かみ)雄々(をを)しく(こま)()べて
074白馬(はくば)(たに)(すす)(たの)しさ
075常世(とこよ)()(やみ)()らして天日(てんじつ)
076終日(ひねもす)(あふ)神世(かみよ)となさばや
077(ゆふ)されば(つき)(ほがら)かに大空(おほぞら)
078(かがや)(たま)神世(みよ)とひらかむ』
079 千貝比女(ちかひひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
080白馬ケ岳(はくばがだけ)千峡(ちがひ)八百峡(やほがひ)(ひそ)みたる
081(しこ)曲神(まがみ)(とりで)(むか)はむ
082七男四女(しちなんよぢよ)(かみ)一行(いつかう)堂々(だうだう)
083(すす)むも(たの)白馬(はくば)谷間(たにま)
084(わが)伊行(いゆ)(みち)にさやらむ曲神(まがかみ)
085躊躇(ためらひ)もなく()りて(はふ)らむ
086山路(やまぢ)()(みち)(かた)への草叢(くさむら)
087()(むし)()(かな)しかりける
088百鳥(ももとり)(むし)(けもの)(やす)くあれ
089(いま)曲津見(まがみ)(かげ)(ほろ)ぶべし
090久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)(くだ)りたる
091(かみ)ある(かぎ)(やす)国原(くにはら)
092曲神(まがかみ)生言霊(いくことたま)()(はら)
093(きよ)()まして国土(くに)(ひら)かむ』
094 湯結比女(ゆむすびひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
095(やま)()(かみ)霊気(れいき)()たさるる
096(この)食国(をすくに)(ひそ)曲津(まが)はも
097曲津見(まがつみ)黒雲(くろくも)となり(きり)となり
098(あらし)となりて(すさ)(くる)ふも
099万里(まで)(しま)(つく)(そだ)つる穀物(たなつもの)
100曲津(まがつ)水火(いき)()()(あし)
101(たに)(ふか)(ひそ)める曲津(まが)言向(ことむ)けて
102心安国土(うらやすくに)(つく)(かた)めむ
103神々(かみがみ)()きとし()ける森羅万象(ものみな)
104心安国土(うらやすくに)(さか)えしむべし』
105 正道比古(まさみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
106天地(あめつち)(かみ)()みてし言霊(ことたま)
107真言(まこと)(みち)(さか)らふものなし
108(たに)(ふか)八十(やそ)曲津見(まがつみ)(ひそ)むとも
109生言霊(いくことたま)()(はふ)りてむ
110言霊(ことたま)(さち)(うま)れし(われ)にして
111言霊戦(ことたまいくさ)門出(かどいで)なすも
112わが(たま)(すこ)しの(くも)りある(とき)
113生言霊(いくことたま)()らざるべきを
114谷川(たにがは)(きよ)清水(しみづ)(みそぎ)して
115(われ)(すす)まむ言霊戦(ことたまいくさ)
116御樋代(みひしろ)(かみ)(ひかり)(おそ)れずに
117(ひそ)める曲津(まが)(したたか)ものなる
118(くも)となり雨風(あめかぜ)となり(きり)となりて
119神世(みよ)(くも)らす曲津見(まがみ)(にく)しも
120万里河(までがは)(みなもと)(とほ)白馬ケ岳(はくばがだけ)
121(みね)()()(くも)(つづ)けば
122()()けど白馬ケ岳(はくばがだけ)(はろ)かなり
123(こま)脚並(あしなみ)(はや)めて(すす)まむ』
124 雲川比古(くもかはひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125御樋代(みひしろ)(かみ)(つか)へし十柱(とはしら)
126(かみ)言霊戦(ことたまいくさ)(つかさ)
127十柱(とはしら)(かみ)(くつわ)(なら)べつつ
128(すす)まむ(みち)にさやる曲津(まが)なし
129曲津見(まがつみ)(しこ)(つかさ)言霊(ことたま)
130(つるぎ)()りて神世(みよ)()らさむ
131御樋代神(みひしろがみ)稜威(いづ)(ひかり)()らされて
132曲津(まが)征途(きため)(のぼ)(たの)しさ』
133 ()神々(かみがみ)曲津見(まがつみ)征途(きため)(のぼ)らむとして、134御歌(みうた)()ませつつ各自(おのもおのも)(こま)(またが)り、135輪守比古(わもりひこ)(かみ)先頭(せんとう)霊山比古(たまやまひこ)(かみ)136若春比古(わかはるひこ)(かみ)137保宗比古(もちむねひこ)(かみ)138直道比古(なほみちひこ)(かみ)前供(まへども)として、139田族比女(たからひめ)(かみ)正中(せいちう)(その)()五柱(いつはしら)(かみ)140御後辺(みあとべ)(まも)りつつ、141黒雲(くろくも)()(のぼ)白馬ケ岳(はくばがだけ)魔棲ケ谷(ますみがやつ)目指(めざ)して(すす)ませ(たま)ふぞ雄々(をを)しけれ。
142昭和八・一二・一三 旧一〇・二六 於大阪分院蒼雲閣 森良仁謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。