霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 (いづみ)(もり)出発(しゆつぱつ)〔一九五三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第4篇 歓天喜地 よみ:かんてんきち
章:第21章 泉の森出発 よみ:いずみのもりしゅっぱつ 通し章番号:1953
口述日:1933(昭和8)年12月16日(旧10月29日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一同は、魔棲ケ谷の曲津神たちを根絶したことによろこび、御樋代神・田族比女の神をはじめ、それぞれ戦いの述懐と、これからの神業に思いを馳せる歌を歌った。
歌っているうちに、空は明けはなれ、木々に鳥がさえずり、朝露は朝日に照らされて七色に光り、たとえようもない美しい朝を迎えた。そこへ、霊山比古の神を戦闘に、五柱の神々は無事に帰陣し、御樋代神の前に、凱旋報告の歌を奏上することとなった。男神たちは、御樋代神の言霊の神力をたたえ、戦いを述懐し、そして勝利を祝い喜ぶ歌を、それぞれ歌った。
最後に雲川比古は、今や御樋代神の聖所へ帰って行く時である、と歌い宣言し、一同は万里ケ原の聖所目指して帰りの途についた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7721
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 684頁 修補版: 校定版:361頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 田族比女(たからひめ)(かみ)(はじ)二男三女(になんさんぢよ)神等(かみたち)は、002魔棲ケ谷(ますみがやつ)曲神(まがかみ)(あと)もなく全滅(ぜんめつ)したるを(よろこ)(たま)ひて、003(つき)()りかがよふ(いづみ)(もり)真砂(まさご)()みしめ(なが)(こころ)(ほがら)かに各自(おのもおのも)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
004 田族比女(たからひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
005千早振(ちはやぶ)(かみ)御水火(みいき)()みきらひ
006万里(まで)島根(しまね)(よみが)へりたり
007(とき)じくに(くも)(つつ)みし大空(おほぞら)
008()れて(すが)しき万里(まで)島ケ根(しまがね)
009()(かみ)()さし(たま)へる御樋代(みひしろ)
010(かみ)神業(みわざ)()()めにけり
011かくならば(こひ)しきものは顕津男(あきつを)
012(かみ)神言(みこと)御姿(みすがた)なりけり
013長年(ながとせ)()ちつ(くら)せど()岐美(きみ)
014万里(ばんり)(そと)にいますがつれなき
015国津神(くにつかみ)万里(まで)島根(しまね)()(うつ)
016国魂神(くにたまがみ)()まむとぞ(おも)
017八十柱(やそはしら)御樋代神(みひしろがみ)(えら)まれて
018(われ)はさみしく月日(つきひ)(おく)るも
019高地秀(たかちほ)(みや)()()遥々(はろばろ)
020この稚国土(わかぐに)(きた)りて(ひさ)しも
021(とし)さびむ(こと)をおそれつ今日迄(けふまで)
022岐美(きみ)()でまし()()びしはや
023(あふ)()御空(みそら)(つき)のさやけさに
024(つつが)あらせぬ岐美(きみ)(おも)ふも
025(あま)(わた)(つき)(おもて)(あふ)ぎつつ
026()()()ふる(さび)しき(われ)なり
027ややややに万里(まで)島根(しまね)(かた)まりぬ
028いざこれよりは国魂(くにたま)()まむか
029国魂(くにたま)(かみ)()まむと(おも)へども
030()岐美(きみ)まさねばせむ(すべ)もなき
031この(しま)永久(とは)(つかさ)(さだ)まりし
032(つる)もゑらぎて御空(みそら)()()
033はてしなき(おも)(いだ)きて岐美(きみ)()
034(わが)魂線(たましひ)御空(みそら)白雲(しらくも)
035折々(をりをり)(おも)(なや)みて吐息(といき)しつ
036わが気魂(からたま)(ほそ)りけるかな
037さらさらと(こずゑ)(かぜ)(なが)れつつ
038(つゆ)()(つき)はきらめき(わた)る』
039 輪守比古(わもりひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
040御樋代(みひしろ)(かみ)(つか)へて(われ)(いま)
041(いづみ)(もり)月下(げつか)(あそ)ぶも
042いやさゆる(つき)(した)びに()もすがら
043(うた)うたひつつ(ねむ)らえぬ(われ)
044(うれ)しさと(たの)しさ一度(いちど)(せま)()
045(はる)短夜(みじかよ)さへも(ねむ)()
046白梅(しらうめ)(つき)にかがよふあで姿(すがた)
047御樋代神(みひしろがみ)(よそほ)ひに()
048()(はる)(わか)くあれども桜木(さくらぎ)
049(こずゑ)(つぼみ)はほぐれ()めつつ』
050 若春比古(わかはるひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
051小夜(さよ)()けて(つき)(した)びに(うた)()みつ
052(をど)りつ()ひつ(たの)しき(われ)なり
053真清水(ましみづ)(いづみ)(うか)月光(つきかげ)
054(くだ)きて()ぎぬ(はる)夜風(よかぜ)
055(あま)りにも(つき)(ひか)りのさやかなれば
056(くす)樹蔭(こかげ)一入(ひとしほ)(くら)きも
057(むらさき)(はな)(にほ)ひつつ(いけ)()
058あやめはここだ()()でにけり
059真白(ましろ)なる(はな)(まじ)へて(いけ)()
060菖蒲(あやめ)(はる)()(にほ)ひつつ
061(ところ)どころ水鏡(みづかがみ)()()(みづ)
062ふさぎてあやめは()()でにけり
063曲神(まがかみ)(かげ)地上(ちじやう)()()せて
064(つき)のみひとりさやかなるかも』
065 山跡比女(やまとひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
066曲神(まがかみ)征途(きため)(いくさ)をさまりて
067(いづみ)(もり)聖所(すがど)(あそ)ぶも
068村肝(むらきも)(こころ)(たま)清々(すがすが)
069(いづみ)(もり)(きみ)(あそ)びて
070心安(うらやす)国土(くに)のしるしか真砂(まさご)()
071(いづみ)(もり)(つき)()えつつ』
072 千貝比女(ちかひひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
073(くさ)()若返(わかがへ)りたる心地(ここち)かな
074(そら)()みきる(つき)(した)びに
075(あふ)()れば幾億万(いくおくまん)(ほし)(すな)
076()してし()れば真砂(まさご)(ほし)()
077(ほし)(ほし)(つき)(つき)との中空(なかぞら)
078(くも)(ごと)くにうけるこの(もり)
079常磐樹(ときはぎ)(うれ)濡葉(ぬれば)にきらめきて
080千々(ちぢ)()らせる今宵(こよひ)月光(つきかげ)
081(あたら)しく(よみが)へりたる心地(ここち)すも
082曲神(まがみ)征途(きため)(いくさ)(をは)りて
083(わが)(こま)(つか)れたるらむ(くさ)()
084()(よこ)たへて(やす)(ねむ)れり
085はてしなき荒野(あらの)(わた)(すす)みてし
086(こま)(いさを)()らす月光(つきかげ)
087小夜(さよ)()けて(もり)(かたへ)のこもり()
088かすむが(ごと)くふくろふの()くも
089これの()(われ)(うま)()(はじ)めての
090(すが)しき(おも)ひに()たされにける』
091 湯結比女(ゆむすびひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
092鷲馬(わしうま)()(またが)りて御空(みそら)はろか
093(わた)りし(おも)へば怖気立(おぢけた)つかも
094村肝(むらきも)(こころ)威猛(ゐたけ)曲神(まがかみ)
095(しこ)(とりで)(そら)よりのぞみし
096心安(うらやす)神世(みよ)にありせば()くの(ごと)
097(はな)れし(あや)ふき(わざ)はなさじを
098(たま)()生命(いのち)(かぎ)(わが)(きみ)
099真言(まこと)(ささ)げて(つか)(まつ)らむ
100(つき)()ゆる(いづみ)(もり)()もすがら
101御樋代神(みひしろがみ)(たの)しく(あそ)ぶも
102東雲(しののめ)(そら)(やうや)(あか)るみて
103(むらさき)(くも)ただよひにけり
104五柱(いつはしら)比古神(ひこがみ)やがて駿馬(はやこま)
105(くつわ)(なら)べて(かへ)()まさむ』
106 ()(うた)はせ(たま)(をり)しも、107(あづま)(そら)はからりと()(はな)れ、108百鳥(ももどり)(こゑ)樹々(きぎ)(こずゑ)(さへづ)り、109朝露(あさつゆ)はさし(のぼ)天津(あまつ)()()らされて七色(なないろ)(ひか)りを(はな)ち、110その(うるは)しさ(たと)ふるにものなかりける。
111 かかる(ところ)霊山比古(たまやまひこ)(かみ)先頭(せんとう)保宗比古(もちむねひこ)(かみ)112直道比古(なほみちひこ)(かみ)113正道比古(まさみちひこ)(かみ)114雲川比古(くもかはひこ)(かみ)五柱(いつはしら)は、115勇気(ゆうき)満面(まんめん)()たせつつ、116この(たび)(いくさ)大本営(だいほんえい)(さだ)まりし(いづみ)(もり)聖所(すがど)無事(ぶじ)帰陣(きぢん)(たま)ひける。117霊山比古(たまやまひこ)(かみ)御樋代神(みひしろがみ)(そば)(ちか)(すす)みより、118(うやうや)しく拝跪(はいき)しながら凱旋報告(がいせんはうこく)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
119天晴(あは)天晴(あは)(たふと)きろかも(わが)(きみ)
120水火(いき)(ひか)りに曲津(まが)(ほろ)びし
121千万(ちよろづ)曲津(まが)奸計(たくみ)をふみ()えて
122(かみ)(ちから)勝鬨(かちどき)あげしよ
123曲津見(まがつみ)千引(ちびき)(いは)()()へて
124(わが)(のぼ)りゆく(みち)(ふさ)ぎし
125三柱(みはしら)比女神(ひめがみ)となりて曲津見(まがつみ)
126(われ)(つぶさ)(はか)らむとせり
127曲津見(まがつみ)化身(けしん)(いは)()(かた)
128(しば)しの憩所(やすど)(われ)なしにけり
129御樋代(みひしろ)(かみ)曲津(まがつ)(へん)じつつ
130(われ)屡々(しばしば)ためらはしける
131村肝(むらきも)(こころ)(たま)をとぎすまし
132(われ)ためらはず(たたか)ひにけり
133三柱(みはしら)比女神等(ひめがみたち)(はな)(わざ)
134もろくも曲津(まが)(ほろ)()せぬる
135七宝(しつぽう)をとり()らしつつ曲津見(まがつみ)
136雲井(くもゐ)(そら)()()せにけり
137心地(ここち)よく曲津(まが)(いくさ)(ほろ)ぼして
138御前(みまへ)復命(かへりごと)するぞ(うれ)しき
139五柱(いつはしら)比古神(ひこがみ)いづれも曲津見(まがつみ)
140(なや)まされつつ(たたか)ひましける
141なかなかに(あなど)(がた)曲津見(まがつみ)
142(わざ)のがれしも(きみ)功績(いさをし)
143かなはじと(おも)ひて神言(かみごと)()りつれば
144(ひか)りとなりて(たす)けし(わが)(きみ)
145(はろ)かなる(いづみ)(もり)(そら)()らし
146(わが)(たたかひ)(たす)(たま)ひぬ
147(とし)(ふる)曲津(まが)()まひし魔棲ケ谷(ますみがやつ)
148堅磐常磐(かきはときは)巌城(いはしろ)なりける
149曲神(まがかみ)(とりで)をことごと言霊(ことたま)
150水火(いき)退(やら)ひし(こころ)(すが)しさ』
151 保宗比古(もちむねひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
152千万(ちよろづ)(なや)みしのびて曲津見(まがつみ)
153()(ほろ)ぼして(かへ)りし(うれ)しさ
154御樋代(みひしろ)(かみ)(へん)じて曲津見(まがつみ)
155(わが)魂線(たましひ)(まよ)はせにけり
156曲津見(まがつみ)女神(めがみ)(へん)じて(わが)行手(ゆくて)
157いより(つど)ひて(はか)らひにけり
158何事(なにごと)(きみ)言葉(ことば)(したが)ひし
159(いさを)曲津(まが)(あざむ)かれざりしよ』
160 直道比古(なほみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
161遥々(はろばろ)大野(おほの)(わた)醜神(しこがみ)
162(もも)奸計(たくみ)()みにじりつつ
163曲津見(まがつみ)(あさ)奸計(たくみ)可笑(をか)しさに
164()()すばかり(おも)はれにける
165太刀膚(たちはだ)竜神(たつがみ)大蛇(をろち)数限(かずかぎ)
166百谷千谷(ももだにちだに)(ひそ)みて(たたか)
167溪々(たにだに)ゆのこる(くま)なく黒雲(くろくも)
168()()でにつつ吾等(われら)(なや)めし
169曲神(まがかみ)水火(いき)黒雲(くろくも)十重(とへ)二十重(はたへ)
170(つつ)みて()()(とざ)したりけり
171千万(ちよろづ)曲津(まが)(とりで)()(むか)
172(かみ)(めぐみ)(こと)なく()ちしよ
173ありがたき(たふと)きものは言霊(ことたま)
174水火(いき)(ひか)りと(ふか)(さと)りぬ』
175 正道比古(まさみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
176(きみ)がます(いづみ)(もり)(かへ)()
177(あした)(そら)復命(かへりごと)せむ
178天津(あまつ)()豊栄(とよさか)(のぼ)四方八方(よもやも)
179草木(くさき)諸々(もろもろ)(よみが)へりたり
180(なん)となく(こころ)(いさ)まし曲神(まがかみ)
181(あと)なく()ちて(かへ)りし(あした)
182種々(くさぐさ)(しこ)奸計(たくみ)(なや)まされ
183(やうや)曲津(まが)をきため(かへ)りぬ
184(うみ)()八万尺(はちまんじやく)白馬ケ岳(はくばがだけ)
185(のぼ)りて()はらす国土(くに)(はろ)けし
186曲津見(まがつみ)(ほろ)びし(あと)(すが)しさに
187四方(よも)国形(くにがた)(のぞ)()しはや
188牛頭ケ峯(ごづがみね)(いただき)いよいよ(たか)くして
189白馬ケ岳(はくばがだけ)(たけ)をくらべつ
190(そら)()(たか)(からす)百鳥(ももどり)
191はろかに(われ)より下空(したぞら)にありき
192魔棲ケ谷(ますみがやつ)(をか)(のぼ)りて見渡(みわた)せば
193万里(まで)海原(うなばら)(なみ)かがやけり
194ここに()(こころ)(やうや)(なご)みけり
195御樋代神(みひしろがみ)御前(みまへ)(つか)へて』
196 雲川比古(くもかはひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
197(われ)(いま)申上(まをしあ)ぐべき(こと)もなし
198四柱神(よはしらがみ)復命(ふくめい)ありせば
199(いさ)ましき曲津(まが)征途(きため)(いくさ)して
200(われ)天地(あめつち)(こころ)(さと)りぬ
201天地(あめつち)(こころ)永久(とは)(いだ)きつつ
202稚国原(わかくにはら)(ひら)かむと(おも)
203(かぎ)りなきこの(ひろ)国土(くに)如何(いか)にして
204(つく)りまさむかと(きみ)(おも)ひぬ
205曲津見(まがつみ)雲井(くもゐ)(おく)()えし(うへ)
206(すべ)てのものはゆたに(さか)えむ
207天津(あまつ)()豊栄(とよさか)(のぼ)(わが)(きみ)
208(いさを)(きよ)()らさせ(たま)へり
209いざさらば万里ケ丘(までがをか)なる(わが)(きみ)
210聖所(すがど)をさして(いそ)(かへ)らむ』
211 ()雲川比古(くもかはひこ)(かみ)提言的(ていげんてき)御歌(みうた)に、212田族比女(たからひめ)(かみ)(はじ)一行(いつかう)十一柱(じふいちはしら)神々(かみがみ)は、213朝日(あさひ)()大野ケ原(おほのがはら)(こま)(いなな)(いさ)ましく、214万里ケ丘(までがをか)さして一目散(いちもくさん)(かへ)らせ(たま)ひけるぞ目出度(めでた)けれ。
215昭和八・一二・一六 旧一〇・二九 於大阪分院蒼雲閣 谷前清子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。