霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 霊肉問答(れいにくもんだふ)〔一二九九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:第2篇 兇党擡頭 よみ:きょうとうたいとう
章:第5章 霊肉問答 よみ:れいにくもんどう 通し章番号:1299
口述日:1923(大正12)年01月20日(旧12月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫は、初稚姫と会話の最中に腹中の兇霊が不注意な言葉をはさもうとしたことに怒り、悪態をついた。兇霊は高姫の腹を痛めて対抗するが、高姫も大神に届け出るぞと脅し、兇霊もそれは困るとやや下手に出て来た。
二人はけんかしながらも問答しているうちに、三五教を乗っ取ってウラナイ教に立て返すということに相談が決まった。
高姫がさっと障子を開けて外をのぞくと、初稚姫は無邪気に枯れた芒で遊んでいる。高姫はほくそえんで、初稚姫を教育してウラナイ教の宣伝使に仕込み、杢助とウラナイ教を盛り返せば、東助の鼻を明かせると独り言を言っている。
初稚姫は何気なく高姫に話しかけ、スマートは石を投げて頭を割り、追い払ったと報告した。そして誠さえ立てば名などどうでもよいと、ウラナイ教を立てて行けばよいといって高姫の機嫌を取った。
高姫がまた杢助を呼びに行った間、初稚姫は珍彦の居間を訪ね、楓姫と四方山話をしながら時を過ごしていた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5005
愛善世界社版:59頁 八幡書店版:第9輯 170頁 修補版: 校定版:63頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)初稚姫(はつわかひめ)のスマートを(おく)つて()(あと)(ただ)一人(ひとり)002腹中(ふくちう)兇霊(きようれい)打向(うちむか)ひ、003(にぎ)(こぶし)(かた)めながら、004(ふところ)をパツと(ひら)き、005布袋(ほて)(ぱら)(あら)はし、006両方(りやうはう)()(へそ)のあたりを(つか)んだり(なぐ)つたりしながら、007(やや)声低(こゑびく)になつて、
008『コリヤ、009(その)(はう)はあれ(だけ)注意(ちゆうい)(あた)へておくのに、010なぜ初稚姫(はつわかひめ)(まへ)で、011あんな不用意(ふようい)(こと)をいふのだ。012サア、013高姫(たかひめ)承知(しようち)(いた)さぬ。014一時(いちじ)(はや)く、015トツトと()てくれ。016エー(なん)()つてもモウ(ゆる)さぬのだ。017(けが)らはしい、018コリヤ、019痰唾(たんつば)をはつかけてやらうか』
020()ひながら、021自分(じぶん)(へそ)のあたりに(むか)つて、022青洟(あをばな)をツンとかんでこれをかけ、023又々(またまた)(つば)をピユーピユーと(しき)りに()きかけてゐる。
024『アハハハハ、025どれだけお(まへ)痰唾(たんつば)()きかけようが、026(はら)()ぢようが、027チツともおれは(いた)くはない。028つまりお(まへ)(はら)をお(まへ)(いた)め、029(まへ)(つば)をお(まへ)(はら)にかけるだけのものだ。030そんな他愛(たあい)もない馬鹿(ばか)(つく)すよりも、031日出神(ひのでのかみ)義理天上(ぎりてんじやう)(まを)すことを神妙(しんめう)服従(ふくじゆう)するがお(まへ)()(ため)だぞ。032グヅグヅ(まを)すと(はら)(なか)(あば)れさがし、033盲腸(まうちやう)(やぶ)つてやらうか、034コラどうぢや』
035『アイタタタタ、036コリヤコリヤそんな無茶(むちや)(こと)(いた)すものでないぞ。037結構(けつこう)結構(けつこう)常世姫(とこよひめの)御肉体(おにくたい)だ。038左様(さやう)不都合(ふつがふ)(いた)すと、039大神様(おほかみさま)御届(おとど)(いた)すが、040それでも(くる)しうないか』
041『や、042そいつア一寸(ちよつと)(こま)る、043(なに)()うても()(つよ)肉体(にくたい)だから、044(おも)ふやうに使(つか)へないので(かみ)(いささ)迷惑(めいわく)(いた)して()るぞよ。045チツと柔順(おとなし)くなつて御用(ごよう)()いて(くだ)されよ』
046(なに)(ぬか)しやがるのだ。047(また)しても(また)してもしようもない(こと)(ぬか)して、048(ひと)(さと)られたら(なん)とするのだ。049本当(ほんたう)馬鹿(ばか)だな。050これから(この)(はう)(きび)しく審神(さには)(いた)すから、051一言(ひとこと)でも(へん)なことを(まを)したら、052(この)生宮(いきみや)承知(しようち)(いた)さぬぞや』
053『イヤ、054肉体(にくたい)()ふのも(もつと)もだ、055キツト心得(こころえ)るから、056どうぞ(なか)ようしてくれ。057(なん)()つても密着不離(みつちやくふり)関係(くわんけい)になつてゐるのだから、058(まへ)肉体(にくたい)のある(うち)は、059(はな)れようといつたつて(はな)れる(わけ)にも()かず、060(まへ)(また)(おれ)()()さうとすれば、061(いのち)をすてる覚悟(かくご)でなくちや駄目(だめ)だぞ。062すぐに盲腸(まうちやう)でも十二指腸(じふにしちやう)でも、063空腸(くうちやう)064回腸(くわいちやう)065直腸(ちよくちやう)066結腸(けつちやう)(きら)ひなく、067()ぢて()ぢて()(まは)し、068肉体(にくたい)(いのち)()るのだから、069つまりお(まへ)(おれ)大事(だいじ)にし、070(おれ)はお(まへ)肉体(にくたい)唯一(ゆゐいつ)機関(きくわん)とせなくちや、071(あく)目的(もくてき)成就(じやうじゆ)せぬのだからなア』
072『コリヤ、073(また)左様(さやう)なことを(まを)す。074この高姫(たかひめ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)身魂(みたま)系統(ひつぽう)075常世姫命(とこよひめのみこと)再来(さいらい)だ。076(あく)といふ(こと)微塵(みぢん)でもしたくない、077大嫌(だいきら)ひなのだ。078(その)(はう)(あく)(あらた)めて(ぜん)立復(たちかへ)つたと(まを)したでないか。079どうしても(この)(はう)肉体(にくたい)使(つか)うて(あく)(いた)し、080変性男子様(へんじやうなんしさま)御神業(ごしんげふ)(さまた)(いた)すのなれば、081(この)高姫(たかひめ)仮令(たとへ)(その)(はう)(はらわた)をむしられて国替(くにがへ)をしても、082チツとも(かま)はぬのだ。083サアどうだ、084返答(へんたふ)(いた)せ』
085審神者気分(さにはきぶん)になつて呶鳴(どな)つてゐる。
086『ヤア高姫(たかひめ)(さま)087(まこと)(まを)(ちが)ひを(いた)しました。088つひ(あく)(にく)むの(あま)(ぜん)(あく)とを取違(とりちが)へまして、089あんな不都合(ふつがふ)なことを(まを)しました。090今後(こんご)はキツと心得(こころえ)ますから、091どうぞ霊肉和合(れいにくわがふ)して(くだ)さいませ』
092『ウンよしツ、093それに間違(まちが)ひなくば(ゆる)してやらう。094(この)(うへ)一言(ひとこと)でも金毛九尾(きんまうきうび)だの大蛇(をろち)だのと(まを)したら了簡(れうけん)(いた)さぬぞや』
095『それなら、096(なん)といひませうかな、097義理天上(ぎりてんじやう)日出神(ひのでのかみ)名乗(なの)りませうか』
098(おそれおほ)(こと)(まを)すな。099義理天上様(ぎりてんじやうさま)変性男子様(へんじやうなんしさま)系統(ひつぽう)御身魂(おみたま)ぢや。100(その)(はう)はヤツパリ、101ユラリ彦命(ひこのみこと)(まを)したがよからうぞ』
102『コレ高姫(たかひめ)さま、103さうイロイロと沢山(たくさん)()()つちや、104娑婆(しやば)亡者(まうじや)本当(ほんたう)(いた)しませぬぞや』
105『コリヤ、106(なん)()ふことを(まを)す。107人間(にんげん)結構(けつこう)(かみ)生宮(いきみや)だ。108(あめ)(した)神様(かみさま)のお(まも)りを()けないものは一人(ひとり)もないぞや。109()はば結構(けつこう)(てん)神様(かみさま)直々(ぢきぢき)の、110人間(にんげん)御子(みこ)だ。111(なに)(もつ)娑婆亡者(しやばまうじや)などと(まを)すのか、112なぜ善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)使(つか)はぬ。113ヤツパリ(その)(はう)はまだ本当(ほんたう)改心(かいしん)出来(でき)()らぬと()えるなア。114改心(かいしん)(いた)さな(いた)すやうにして改心(かいしん)(いた)さして()せうぞや』
115高姫(たかひめ)さま、116一旦(いつたん)(にふ)()つた瀬戸物(せともの)何程(なにほど)(うま)(やき)つぎをしても、117(その)(きず)(もと)(とほ)りになほらないと同様(どうやう)に、118元来(ぐわんらい)身魂(みたま)にヒビが()つてゐるのだから、119本当(ほんたう)(ぜん)(かへ)(こと)(つら)うて出来(でき)ませぬぞや。120(まへ)さまの肉体(にくたい)だつて、121ヤツパリさうぢやないか。122(にふ)()つて()ればこそ、123(この)(はう)這入(はい)れたのだ。124(まへ)さまは立派(りつぱ)大和魂(やまとだましひ)生粋(きつすゐ)だと(おも)つてゐるだらうが、125(この)金毛九尾(きんまうきうび)から()れば、126大和魂(やまとだましひ)どころか山子(やまこ)だましの身魂(みたま)だよ。127相応(さうおう)()によつて、128破鍋(われなべ)にトヂ蓋式(ぶたしき)自然(しぜん)(むす)ばれた因縁(いんねん)だから、129何程(なにほど)もがいても()うしても、130(この)悪縁(あくえん)()ることは出来(でき)ませぬぞや、131(まへ)さまも是非(ぜひ)なき(こと)断念(だんねん)して、132(わが)()因縁(いんねん)(うら)めるより仕方(しかた)がないぢやありませぬか。133霊肉不二(れいにくふじ)関係(くわんけい)()つてゐる肉体(にくたい)(この)(はう)とが、134何時(いつ)もこれだけ衝突(しようとつ)をして()つては(たがひ)迷惑(めいわく)……(いな)大損害(だいそんがい)ですよ。135チツとはお(まへ)さまも大目(おほめ)()(もら)はなくちや、136わしだつて、137さう(いぢ)められてばかり()つても、138()()がないぢやないか』
139(いま)(まで)なれば少々(せうせう)のことは大目(おほめ)にみておくが、140(まへ)()つて()るだらう、141斎苑館(いそやかた)(ござ)つた三五教(あななひけう)三羽烏(さんばがらす)杢助様(もくすけさま)がお()でになり、142(この)肉体(にくたい)(をつと)となられ、143(また)立派(りつぱ)(むすめ)初稚姫(はつわかひめ)此処(ここ)(わし)()となつて()たのだから、144余程(よほど)心得(こころえ)(もら)はなくては、145(いま)(まで)とは(ちが)ひますぞや。146(いま)(まで)(この)高姫(たかひめ)(ほとん)独身(どくしん)同様(どうやう)であつた。147大将軍様(だいしやうぐんさま)肉宮(にくみや)はあの(とほ)りお(ひと)よしだから、148どうでもよい(やう)なものだつたが、149今度(こんど)摩利支天様(まりしてんさま)肉宮(にくみや)が、150(この)肉体(にくたい)(をつと)とお()(あそ)ばしたのだから、151(まへ)さまの自由(じいう)ばかりになつてゐる(わけ)には()かぬから、152(その)(つも)りで()つて(くだ)されや』
153『それは肉体(にくたい)のすることだから()へて干渉(かんせふ)はしないが、154(しか)しながら、155初稚姫(はつわかひめ)といふ(をんな)(なん)だか(むし)()かぬ(をんな)だ。156(まへ)物好(ものずき)な、157他人(ひと)()(わが)()にせなくてもよいぢやないか』
158馬鹿(ばか)だなア、159あの初稚姫(はつわかひめ)本当(ほんたう)掘出(ほりだ)(もの)だよ。160柔順(じうじゆん)賢明(けんめい)(しか)して(ひと)には信用(しんよう)があるなり、161あんな(むすめ)使(つか)はずに、162どうして神業(しんげふ)完全(くわんぜん)出来(でき)るのだ。163(まへ)改心(かいしん)して五六七(みろく)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(ため)活動(くわつどう)するならば、164これ(ほど)大慶(たいけい)(こと)はないぢやないか。165変性男子様(へんじやうなんしさま)(なが)らくの(あひだ)御苦労(ごくらう)御艱難(ごかんなん)(あそ)ばして、166此処(ここ)まで麻柱(あななひ)(みち)をお(ひら)(あそ)ばし、167(また)都合(つがふ)によつてウラナイ(けう)御開(おひら)(あそ)ばしたのだから、168(あく)微塵(みじん)でもあつたら、169(この)(こと)成就(じやうじゆ)(いた)しませぬぞや』
170『それでも、171(まへ)172三五教(あななひけう)をやめてウラナイ(けう)()てようと、173昨日(きのふ)もいつたぢやないか。174どちらを()てて()くのだ。175それからきめて(もら)はなくちや、176此方(こつち)(こま)るぢやないか』
177変性男子(へんじやうなんし)のお(ふで)には……三五教(あななひけう)ばかりでないぞよ。178(この)(かみ)はまだ(ほか)にも仕組(しぐみ)(いた)してあるぞよ。179ウツカリ(いた)して()ると、180結構(けつこう)神徳(しんとく)(そと)()られて(しま)ふぞよ……とお(しめ)しになつて()るだろ、181(この)(ごろ)斎苑館(いそやかた)役員(やくゐん)(ども)()(かた)()つたら、182サツパリ変性女子(へんじやうによし)(をしへ)ばかり(いた)して、183男子様(なんしさま)御苦労(ごくらう)(みづ)(あわ)(いた)さうとするによつて、184(ふで)()いてある(とほ)り、185系統(ひつぽう)身魂(みたま)(この)(はう)が、186()むを()ずしてウラナイ(けう)()てるのだ、187(しか)しながら秘密(ひみつ)何処(どこ)までも秘密(ひみつ)だから、188(おもて)はヤツパリ三五教(あななひけう)標榜(へうばう)し、189(その)内実(ないじつ)はウラナイ(けう)()てるのだよ。190よいか、191合点(がてん)がいただらうなア』
192『コレ肉体(にくたい)さま、193ソリヤ二股膏薬(ふたまたかうやく)といふものではないかなア。194いつも(あく)(いや)(いや)だと()(くせ)に、195なぜ(その)(やう)謀反(むほん)(おこ)すのだい。196(ぜん)(ひと)つを()てぬくのなれば、197(まへ)舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)をして三五教(あななひけう)(あやま)つてゐる行方(やりかた)改良(かいりやう)さして、198(ひと)つの(みち)でやつて()つたらいいぢやないか。199さうするとヤツパリ肉体(にくたい)(ぜん)(おもて)標榜(へうばう)し、200自我(じが)()(とほ)(ため)結局(けつきよく)(あく)(たく)んでゐるのだなア。201サウすりや(なに)も、202わしのすることや()ふことをゴテゴテいふには(およ)ばぬぢやないか。203(おな)(あな)(おほかみ)だ。204怪狼同狐(くわいらうどうけつ)間柄(あひだがら)ぢやないか。205(まへ)(ぜん)か、206(おれ)(あく)か、207(はかり)にかけたら何方(どちら)(あが)るやら、208(わづ)かに五十歩(ごじつぽ)五十一歩(ごじふいつぽ)との(ちが)ひだらう。209どうぢや肉体(にくたい)210これでも返答(へんたふ)(ござ)るかな、211ウツフツフ』
212『コリヤ、213(やかま)しいワイ。214そこは、215それ、216(かみ)(おく)には(おく)があり、217(その)(また)(おく)には(おく)があるのだ。218()れてバラバラ(あふぎ)(かなめ)……といふ(なぞ)を、219(まへ)()らぬのか……十五夜(じふごや)(かた)われ(づき)があるものか、220(くも)にかくれてここに半分(はんぶん)……だ』
221『ハツハハ、222イヤ、223チツとばかり了解(れうかい)した。224……(この)(はら)(くろ)尉殿(じやうどの)一旦(いつたん)改心(かいしん)(さか)(とほ)()し、225(また)もや慢心(まんしん)(まを)(もと)屋敷(やしき)にお(なほ)(さふらふ)……だな、226イツヒツヒ。227それならさうと、228なぜ(はじ)めから()つてくれないのだ。229コツチにも方針(はうしん)があるのだから……(おれ)(むかし)から金毛九尾(きんまうきうび)といつて、230随分(ずいぶん)(あく)(つく)して()たのだが、231(はら)(くろ)人間(にんげん)腹中(ふくちう)は、232自分(じぶん)現在(げんざい)這入(はい)つて()りながら、233(わか)らぬものだ。234いかにも人間(にんげん)といふものは重宝(ちようほう)なものだなア。235偽善(ぎぜん)徹底的(てつていてき)遂行(すゐかう)するには、236本当(ほんたう)重宝(ちようはう)唯一無二(ゆゐいつむに)のカラクリだ、237イツヒヒヒ。238それを()いて(この)金毛九尾(きんまうきうび)もスツカリと安心(あんしん)(いた)したぞや。239サア(はじ)めてお(まへ)()()けてくれたのだから、240今日(けふ)(くらゐ)心地(ここち)よいことはないワ、241のう大蛇(をろち)よ、242(さる)よ、243(くろ)よ、244(がま)よ、245(まめ)よ、246本当(ほんたう)岩戸(いはと)(ひら)けたやうな気分(きぶん)がするぢやないか』
247 (はら)(なか)から(ちが)うた(こゑ)で、
248『ウン ウン ウン ウン、249さうさう、250これでこそ、251(わし)たちも安心(あんしん)だ。252流石(さすが)金毛九尾(きんまうきうび)さまだけあつて、253よくマア肉体(にくたい)と、254其処(そこ)まで談判(だんぱん)して(くだ)さつた。255ああ有難(ありがた)有難(ありがた)い』
256 腹中(ふくちう)より(また)もや以前(いぜん)(こゑ)で、
257『さうだから、258(この)金毛九尾(きんまうきうび)さまに(したが)へと()ふのだ。259これから高姫(たかひめ)肉体(にくたい)をかつて、260三千世界(さんぜんせかい)自由自在(じいうじざい)(いた)すのだ。261それに()いては()第一(だいいち)三五教(あななひけう)崩壊(ほうくわい)し、262ウラナイ(けう)()てて(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)り、263現界(げんかい)人間(にんげん)(かた)(ぱし)から兇党界(きようたうかい)引張(ひつぱ)()んで(しま)ふのだ。264最早(もはや)肉体(にくたい)(こころ)()()けた以上(いじやう)は、265(なん)()つても()(なほ)しはささない。266()しも最前(さいぜん)言葉(ことば)肉体(にくたい)(そむ)きよつたら、267(まへ)たちはおれの命令一下(めいれいいつか)(とも)に、268そこら(ぢう)引張(ひつぱ)りまはし(くるし)めてやるのだよ』
269『コラ、270そんな無茶(むちや)相談(さうだん)(いた)すといふことがあるか、271(おもて)(おもて)272(うら)(うら)だ。273さうお(まへ)のやうに露骨(ろこつ)()つちや、274肝腎(かんじん)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)せぬぢやないか』
275(なに)276(まへ)(みみ)内部(ないぶ)から(つた)はるだけのもので、277(けつ)して外部(ぐわいぶ)へは()れる気遣(きづか)ひはない。278(まへ)さへ(しやべ)らなかつたら、279それでいいのだ』
280『ソリヤさうだな、281それならマア、282十分(じふぶん)にお(まへ)千騎一騎(せんきいつき)活動(くわつどう)(いた)すがよいぞや。283この高姫(たかひめ)()りかけた(ふね)だ、284何処(どこ)までも初心(しよしん)貫徹(くわんてつ)せなくちやおかないのだからな。285ドレドレ、286モウ初稚(はつわか)(かへ)つて()時分(じぶん)だ。287(おも)はず守護神(しゆごじん)談判(だんぱん)をして()つたものだから、288つひ(とき)()つのも(わす)れてゐた。289(しか)初稚姫(はつわかひめ)()いてゐやせなんだか()らぬて、290(なん)だか気掛(きがか)りでならないワ』
291といひながら、292サツと障子(しやうじ)をあけて長廊下(ながらうか)(なが)めた。293初稚姫(はつわかひめ)(すすき)()れた()(ひと)つかみ(にぎ)りながら、294他愛(たあい)もなく(あそ)(たはむ)れ、295廊下(らうか)一本(いつぽん)一本(いつぽん)さして(あそ)んでゐる。296その無邪気(むじやき)光景(くわうけい)(なが)めて、297高姫(たかひめ)はホツと一息(ひといき)し、
298(なん)とマア無邪気(むじやき)()だこと、299枯尾花(かれをばな)(いた)()隙間(すきあひ)()(なら)べて(あそ)んでゐるのだもの。300(おほ)きな図体(づうたい)をしながら、301そして十七(じふしち)にもなりながら、302未通(おぼ)こい(むすめ)だなア。303本当(ほんたう)水晶魂(すいしやうだま)だ。304この高姫(たかひめ)がうまく仕込(しこ)んでやれば、305完全(くわんぜん)改悪(かいあく)して立派(りつぱ)なウラナイ(けう)宣伝使(せんでんし)になるだらう。306(なん)()つても杢助(もくすけ)さまと()父親(てておや)掌中(しやうちう)(にぎ)つてゐるのだから大丈夫(だいぢやうぶ)だ。307東助(とうすけ)さまに肱鉄(ひぢてつ)をかまされ、308大勢(おほぜい)(まへ)(はぢ)をかかされて、309(くや)残念(ざんねん)さをこばつて、310此処(ここ)まで()()れば、311こんな都合(つがふ)()いことが出来(でき)()た。312あああ、313人間万事塞翁(にんげんばんじさいをう)(うま)(くそ)とやら、314(くる)しい(あと)には(たの)しみがあり、315(たの)しみの(あと)には(くる)しみが()るぞよ、316改心(かいしん)なされよ……と男子様(なんしさま)のお筆先(ふでさき)にチヤンと()()る。317高姫(たかひめ)もまだ天運(てんうん)()きないと……あ……()えるワイ、318エツヘヘヘ、319変性男子様(へんじやうなんしさま)320大国治立命(おほくにはるたちのみこと)(さま)321(まも)(たま)(さきは)(たま)へ』
322『オツホツホホホ、323オイ肉体(にくたい)324大変(たいへん)元気(げんき)だなア、325(うま)()きさうだのう。326吾々(われわれ)一団体(いちだんたい)兇霊連中(きようれいれんちう)満足(まんぞく)してゐる。327どうだ、328チツと(うた)でもうたつたら面白(おもしろ)からうに……のう』
329『コリヤ、330(なん)()不心得(ふこころえ)なことをいふか。331世界(せかい)暗雲(やみくも)になり、332(ほとん)泥海(どろうみ)のやうになつてゐるのに、333そんな陽気(やうき)なことで、334どうして(まこと)(つらぬ)けるか。335変性男子様(へんじやうなんしさま)のお筆先(ふでさき)(なん)心得(こころえ)てゐる、336チツと改心(かいしん)したがよからうぞ』
337『アハハハハ、338善悪(ぜんあく)不二(ふじ)339正邪一如(せいじやいちによ)といふ(うま)筆法(ひつぱふ)だなア。340一枚(いちまい)(かみ)にも裏表(うらおもて)のあるものだから……』
341『シーツ、342(いま)そこへ初稚姫(はつわかひめ)()()るぢやないか、343チツと心得(こころえ)ないか』
344(こゑ)がせないと、345チツとも姿(すがた)()えぬものだから、346これはエライ不調法(ぶてうはふ)(いた)しました。347オオ()はオオ()は、348肉体(にくたい)権幕(けんまく)には(おれ)往生(わうじやう)(いた)したワイ』
349 初稚姫(はつわかひめ)何気(なにげ)なき(てい)(よそほ)ひ、350ニコニコしながら()(きた)り、
351『お()アさま、352とうとうスマートをぼつ(かへ)して()ましたよ。353(めう)(いぬ)でしてね、354何程(なにほど)()つかけても(あと)(かへ)つて()仕方(しかた)がありませぬので、355(わたし)(こま)りましたよ』
356『ああさうだろさうだろ、357あれ(だけ)(まへ)につき(まと)うて()つたのだから、358(はな)れともなかつただらう。359(なん)()つても畜生(ちくしやう)だから人間(にんげん)()ふこた(わか)らず、360(さぞ)骨折(ほねをり)だつたろ。361(しか)しマアよう()にましたなア』
362『ハイ、363仕方(しかた)がないので、364(いし)(ひろ)つて(いつ)(むつ)(あたま)にかちつけてやりましたの。365そしたら(あたま)(ふた)つにポカンと()れて大変(たいへん)()()し、366(いや)らしい(こゑ)()して()げて(かへ)りましたの』
367『それは本当(ほんたう)に、368気味(きみ)のよいこと……ウン、369オツトドツコイ、370気味(きみ)(わる)いことだつたね。371大変(たいへん)にお(まへ)(うら)んで()つただらうなア』
372何程(なにほど)ウラナイ(けう)だとて、373(うら)みも(いた)しますまい、374ホホホ』
375『や、376初稚(はつわか)さま、377(まへ)(いま)ウラナイ(けう)()ひましたね、378(たれ)にそんなことをお()きになつたのだえ』
379『お()アさま、380(おもて)はね、381三五教(あななひけう)で、382(その)内実(ないじつ)は、383()アさまのお(ひら)(あそ)ばしたウラナイ(けう)(はう)()いぢやありませぬか。384(わたし)385ウラナイ(けう)大好(だいす)きのよ』
386『オホホホホ、387ヤツパリお(まへ)(わし)大事(だいじ)()だ、388(なん)(かしこ)(もの)だなア。389これでこそ三五教(あななひけう)崩壊(ほうくわい)の……ウン……トコドツコイ、390法界(ほふかい)危急(ききふ)完全(くわんぜん)救済(きうさい)することが出来(でき)ませうぞや』
391『さうですなア。392(まこと)さへ()てば、393()()うでもいいぢやありませぬか』
394 高姫(たかひめ)(くび)(しき)りにシヤクリながら、395(ゑみ)満面(まんめん)(たた)へて、
396『コレ初稚(はつわか)さま、397()アさまは、398これからお(とう)さまをお(むか)(まを)してくるから、399(まへ)さまは(しばら)事務所(じむしよ)へでも()つて(あそ)んで()(くだ)さい。400こんな(ところ)一人(ひとり)()いとくのも()(どく)だからなア』
401『お()アさま、402そんなに(なが)時間(じかん)がかかるのですか』
403『さう(なが)くもかからない(つもり)だが、404(なん)()つてもあの(とほ)り、405()ひかけたら(あと)()かぬ杢助(もくすけ)さまだから、406(いぬ)()なしたことから、407(その)(ほか)(まへ)さまの(はら)(そこ)を、408トツクリと御得心(ごとくしん)なさるやうに申上(まをしあ)げねばならぬから、409チツとばかり(ひま)()るかも()れませぬからなア』
410『お()アさま、411(わたし)もお(とも)(いた)しませうか』
412『イヤイヤそれには(およ)びませぬ。413(また)杢助様(もくすけさま)に、414どんな御意見(ごいけん)があるか()れませぬから、415(かへ)つてお(まへ)さまが(そば)にゐない(はう)が、416双方(さうはう)(ため)都合(つがふ)がいいかも()れませぬ。417一寸(ちよつと)其処(そこ)まで()つて(まゐ)ります』
418とイソイソとして()でて()く。419(あと)見送(みおく)つて初稚姫(はつわかひめ)はニツコと(わら)ひ、420イソイソとして珍彦(うづひこ)居間(ゐま)(たづ)ね、421同年輩(どうねんぱい)楓姫(かへでひめ)とあどけなき(はなし)交換(かうくわん)しながら(とき)(うつ)してゐる。
422大正一二・一・二〇 旧一一・一二・四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。