霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 犬嘩(けんくわ)〔一三一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第50巻 真善美愛 丑の巻 篇:第4篇 神犬の言霊 よみ:しんけんのことたま
章:第21章 犬嘩 よみ:けんか 通し章番号:1315
口述日:1923(大正12)年01月23日(旧12月7日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年12月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
イクとサールの二人は高姫が逃げるのを追って、河鹿峠の急坂を下って行く。二人は妖怪の正体が割れた妖幻坊と高姫を捕えて懲らしめようと追いかけていたのであった。
サールは先に入っていたイクが怪我をして倒れているところに追いついた。イクは石につまずいて血を流して倒れていた。二人はこれ以上追うことができず、神に祈り始めた。
すると間近の茂みから妖幻坊の杢助と高姫が現れた。妖幻坊はイクとサールを殺すと脅しをかけ、高姫はそれがいやなら自分の手下になれと呼び掛けた。
イクとサールは高姫の提案を拒絶した。高姫は樫の棒を振りかざし、杢助は巨岩を持ち上げ、投げつけて二人を害そうとした。イクとサールは進退窮まり、眼をつぶって一生懸命に大神を念じていた。
たちまち、足許からスマートの唸り声が聞こえてきた。妖幻坊と高姫は強直してしまい、そのまま駆け出した。妖幻坊はパタリと転び、後に高姫がつまずいて樫の棒で妖幻坊の後頭部を打った。
妖幻坊は怪しい声で鳴き声を上げた。あたりに暗の幕が下りてきた。後にはただ、谷川の水の音のみが聞こえるのみであった。イクの傷は、スマートの声と共に一時に全快した。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5021
愛善世界社版:289頁 八幡書店版:第9輯 256頁 修補版: 校定版:295頁 普及版:144頁 初版: ページ備考:
001 イク、002サールの両人(りやうにん)は、003高姫(たかひめ)()ぐるを()うて、004河鹿峠(かじかたうげ)急坂(きふはん)(くだ)りながら(うた)ひゆく。
005イク『大雲山(たいうんざん)(わだか)まる
006八岐大蛇(やまたをろち)のドツコイシヨ
007(その)眷属(けんぞく)(あら)はれし
008妖幻坊(えうげんばう)曲津神(まがつかみ)
009ウントコドツコイきつい(さか)
010オイオイ サール()をつけよ
011義理天上(ぎりてんじやう)肉宮(にくみや)
012(いつは)高姫婆(たかひめばば)(やつ)
013彼方(あちら)此方(こちら)()(かぶ)
014(つる)()つかけ吾々(われわれ)
015すつてんころりとドツコイシヨ
016ひつくりかへそと(たく)らみて
017ウントコドツコイ()きやがつた
018アイタタタツタ、アイタタタ
019矢張(やつぱり)此奴(こいつ)(いし)だつた
020何程(なにほど)高姫司(たかひめつかさ)でも
021そんな(こと)する()がなかろ
022さうぢやと()つてドツコイシヨ
023サールの(つかさ)油断(ゆだん)すな
024(てき)()()妖幻坊(えうげんばう)
025金毛九尾(きんまうきうび)(にく)(みや)
026(ひと)すぢ(なは)ではゆかぬ(やつ)
027(また)もや此処(ここ)()()して
028どつかの聖場(せいぢやう)()(かま)
029鉄面皮(てつめんぴ)にも しやあ しやあと
030日出神(ひのでのかみ)()りまはし
031(をさ)まりかへつて()るだらう
032かうなる(うへ)何処(どこ)(まで)
033(あと)()つかけて彼奴等(きやつら)をば
034(つら)ひん()いてやらなけりや
035世界(せかい)(がい)()(ほど)
036(わか)つたものぢやない(ほど)
037アイタタタツタ(つまづ)いた
038(あんま)(さき)()()られ
039足許(あしもと)留守(るす)になつたのか
040(たふと)(かみ)(まつ)りたる
041(ほこら)(もり)へぬつけりと
042(かみ)さま(づら)()げよつて
043やつて()るとは(ふと)(やつ)
044(てこ)でも(ぼう)でも(うご)かない
045(したた)(もの)をスマートが
046(いづ)雄健(をたけ)()(たけ)
047ウウウウワンと()(たけ)
048(その)猛声(まうせい)(きも)つぶし
049()()すやうな(よわ)(やつ)
050何程(なにほど)(くち)達者(たつしや)でも
051直接(ちよくせつ)行動(かうどう)にや(かな)ふまい
052サアサア(いそ)(はや)(いそ)
053グヅグヅしとると()()れる
054もしも夜分(やぶん)になつたなら
055彼奴等(きやつら)二人(ふたり)見失(みうしな)
056残念至極(ざんねんしごく)口惜(くちを)しと
057(ほぞ)()むとも(およ)ぶまい
058(いそ)げよ(いそ)げ、いざ(いそ)
059(かみ)御為(おんため)(みち)のため
060仮令(たとへ)吾等(われら)曲神(まがかみ)
061(いのち)()らるる(こと)あるも
062(なに)かは()しまむドツコイシヨ
063ウントコドツコイアイタタツタ
064ほんとに(あぶ)ない坂道(さかみち)
065(をんな)(くせ)高姫(たかひめ)
066(おほ)きな(しり)()りながら
067中々(なかなか)(あし)(はや)(やつ)
068これも矢張(やつぱ)杢助(もくすけ)
069(おも)ひつめたる一心(いつしん)
070(こひ)矢玉(やだま)となり()てて
071(ちう)をば()んで()くのだろ
072何程(なにほど)(おれ)(はし)つても
073(むか)ふも矢張(やつぱ)(はし)(ゆゑ)
074ドツコイドツコイ コンパスに
075よつぽど(より)をかけなくちや
076()ひつく(こと)(むつか)しい
077こりやこりやサール(なに)しとる
078もちつと(はや)(はし)らぬか
079ウントコドツコイドツコイシヨ
080(たに)(なが)れが囂々(がうがう)
081伊猛(いたけ)(くる)(その)(おと)
082(まぎ)れて(おれ)()(こと)
083(まへ)(みみ)()らぬのか
084(おも)へば(おも)へばジレツたい
085いざいざ(きた)れ いざ(きた)
086(てき)(はや)くも()()せた
087こいつ(のが)しちや一大事(いちだいじ)
088(また)もや小北(こぎた)神殿(しんでん)
089主人面(しゆじんづら)をば(さら)しつつ
090(なに)(いた)すか(わか)らない
091俺等(おれら)(はや)()()いて
092途中(とちう)二人(ふたり)引掴(ひつつか)
093河鹿(かじか)(なが)れに()()んで
094三五教(あななひけう)妨害(ばうがい)
095根絶(こんぜつ)しなくちや()むまいぞ
096(まへ)(おれ)もバラモンの
097(かみ)(をしへ)(つか)へつつ
098(わる)(こと)をば遺憾(ゐかん)なく
099(いま)(まで)やつて()たものだ
100ウントコドツコイ(その)(ふか)
101(つみ)(あがな)天国(てんごく)
102死後(しご)生涯(しやうがい)(おく)るべく
103改心(かいしん)したる(その)(うへ)
104(なに)(ひと)つの功名(こうみやう)
105(かみ)御前(みまへ)()てなくちや
106斎苑(いそ)(やかた)神様(かみさま)
107(ひと)つも土産(みやげ)がなからうぞ
108(あと)ふり(かへ)(なが)むれば
109サールの(やつ)()うしてる
110()れば()(ほど)(おく)れよる
111ほんにお(まへ)はヤツトコシヨ
112ドツコイドツコイ辛気臭(しんきくさ)
113なぜ(また)(あし)(おそ)いのか
114アイタタタツタ パツタリコ
115とうとう向脛(むかふづね)()ちました
116これを(おも)へば神様(かみさま)
117(あと)()ふなと()(こと)
118いやいやさうではあるまいぞ
119一旦(いつたん)(おも)()つた(うへ)
120どこどこ(まで)(あと)()
121(かれ)先途(せんど)見届(みとど)けて
122喉首(のどくび)グツとひん(にぎ)
123もう(これ)からは高姫(たかひめ)
124改心(かいしん)(いた)して自転倒(おのころ)
125生田(いくた)(もり)(かへ)りますと
126()はさにやおかぬ(おれ)(むね)
127(こころ)千々(ちぢ)にはやれども
128肝腎要(かんじんかなめ)向脛(むかふづね)
129(したた)()つた(その)(ため)
130(こころ)ばかりは(いそ)げども
131(なん)だか(からだ)(うご)かない
132アイタタタツタ アイタタツタ
133サールの(やつ)(なに)してる
134もうそろそろと追付(おひつ)いて
135(あら)はれ()さうなものぢやなア
136ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
137肝腎要(かんじんかなめ)正念場(しやうねんば)
138何卒(なにとぞ)(あし)(いた)みをば
139()めさせ(たま)逸早(いちはや)
140両手(りやうて)(あは)(この)イクが
141(ひとへ)(ねが)(たてまつ)る』
142 ()坂道(さかみち)(たふ)れながら、143(なほ)(うた)(つづ)けて()る。144此処(ここ)へトントントンと足許(あしもと)覚束(おぼつか)なげにやつて()たのはサールであつた。145サールはイクの(あし)から()()して(たふ)れて()るのに吃驚(びつくり)し、146頓狂(とんきやう)(こゑ)()して、
147『ヤア、148(まへ)はイクぢやないか。149どうした どうした』
150()うも()うもあつたものかい。151あまり貴様(きさま)がグヅグヅして()るものだから、152(はや)()ぬか(はや)()ぬかと、153(あと)()もつて(はし)つたものだから、154(おほ)きな(いし)(つまづ)いて(たふ)れたのだ。155オイ、156サール、157(おれ)には(かま)はずに(はや)(はし)つて()れ。158グヅグヅして()ると二人(ふたり)(やつ)159()()れたら(わか)らぬやうになつて仕舞(しま)ふぞ。160(おれ)(あと)から(あし)(なほ)次第(しだい)追駆(おひか)けて()くからなア』
161『さうだといつて、162(まへ)がこんな怪我(けが)をして()るのに、163これが()うして見捨(みす)てて()かりようか。164此処(ここ)(おほかみ)沢山(たくさん)()(ところ)だから、165()()れるのに()がないから、166剣呑(けんのん)(たま)らないわ。167そんな(こと)()はずに(おれ)介抱(かいほう)さして()れ。168(なん)とまアえらい怪我(けが)だのう』
169(おれ)()うでもよいから、170(はや)()かないと()(にが)すぢやないか。171(おれ)大事(だいじ)か、172(みち)大事(だいじ)か、173よく(かんが)へて()よ。174(おれ)(あし)一本(いつぽん)(くらゐ)なくなつたつて(かま)ふものか、175なくなつたら義足(ぎそく)でもつけたらいいぢやないか。176さア(はや)()つて()()つて()れ』
177(なん)ぼなんでも友人(いうじん)として(おれ)此処(ここ)見捨(みす)てて()るには(しの)びない。178どうも貴様(きさま)顔色(かほいろ)(わる)いぞ』
179『ああ貴様(きさま)臆病(おくびやう)だなア。180そんな(こと)()つて彼奴等(あいつら)両人(りやうにん)(おそ)ろしいのぢやないか』
181『そりやさうだ。182貴様(きさま)二人(ふたり)()くのなら力強(ちからづよ)いが、183あんな化物(ばけもの)(ばば)アの(あと)()()けて()つても、184一人(ひとり)ぢや反対(あべこべ)にやられて仕舞(しま)ふからな。185(じつ)(ところ)貴様(きさま)(さき)へやつて(おれ)応援(おうゑん)にいく(つもり)だつた。186肝心(かんじん)のイクが(たふ)れて(おれ)だけ()つてみても、187完全(くわんぜん)なイクサールは出来(でき)ぬからのう。188()けるのは(きま)つて()るから、189そんな敗戦(まけいくさ)なら、190()かない(はう)余程(よつぽど)利口(りこう)だぞ』
191貴様(きさま)(ひと)(あて)にするからいかぬのだ。192人間(にんげん)五人(ごにん)十人(じふにん)()つたつて(なに)にならう。193神力無辺(しんりきむへん)神様(かみさま)(たの)んで()けば、194きつと彼奴等(きやつら)鼻柱(はなばしら)(くじ)き、195きつと御用(ごよう)出来(でき)るのだ。196さア、197()つて()()つて()れ。198アイタタタタ、199どうも(おれ)(いき)()れさうだ。200到底(たうてい)回復(くわいふく)覚束(おぼつか)ないかも()れないぞ』
201()(よわ)(やつ)だなア、202貴様(きさま)こそ、203なぜ神様(かみさま)(いの)らぬのだ』
204 イクは(ほそ)(こゑ)で、
205『ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)206(まこと)無調法(ぶてうはふ)(いた)しました。207(しか)(わたし)はどんなになつても(かま)ひませぬ。208何卒(どうぞ)サールに神力(しんりき)(あた)へて(くだ)さいまして、209臆病風(おくびやうかぜ)()(はら)ひ、210勇気(ゆうき)()して猪突猛進(ちよとつまうしん)するやうにお(ねが)(いた)します。211ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ) 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
212(いの)(をり)しも、213間近(まぢか)()(しげ)みから破鐘(われがね)のやうな(こゑ)で、
214『アハハハハ、215(ざま)()よ。216杢助(もくすけ)計略(けいりやく)にかかり(その)有様(ありさま)(なん)(こと)217ても()ても心地(ここち)よやなア、218アハハハハ』
219『ヤ、220()よつた()よつた。221オイ、222サール、223取掴(とつつか)まへて()れ、224(おれ)(この)(とほ)(あし)(いた)いのだから(うご)けないわ』
225(おれ)(なん)だか(からだ)(しやち)()つて(うご)けないのだ。226アアアアどうしようかなア、227アイタタタタタ(なん)だか(こし)までが(へん)になつて()たぞ』
228 (はやし)(なか)から、
229『ウアハハハハ、230こりやイク、231サールの両人(りやうにん)232(いま)杢助(もくすけ)(その)(はう)両人(りやうにん)荒料理(あられうり)して()つてやらう。233てもさても不愍(ふびん)なものだなア。234オイ高姫(たかひめ)235彼奴等(きやつら)両人(りやうにん)(この)(かし)(ぼう)をもつて、236(あたま)をまつ(ぷた)つに()つて(まゐ)れ』
237 この(こゑ)(した)よりヌツと(あら)はれた高姫(たかひめ)二人(ふたり)(まへ)()(あら)はれ、238(かし)(ぼう)()()りながら、
239『こりや両人(りやうにん)240(この)高姫(たかひめ)(その)(はう)(けつ)して()(たた)きたくも、241(ころ)したくもなけれども、242わが(をつと)杢助殿(もくすけどの)のお言葉(ことば)には(そむ)かれぬから、243これまでの(いのち)(あきら)めて観念(くわんねん)(いた)したがよからうぞ。244ても()ても()んで()()(なつ)(むし)245いらざる殺生(せつしやう)をしなくてはならないやうになつたわいなア』
246『こりや高姫(たかひめ)247(おれ)(あし)傷付(きずつ)いたのを()()んで(ころ)さうと(いた)すのか。248ようし、249面白(おもしろ)い。250(ころ)されてやらう。251オイ、252サール、253貴様(きさま)(ひと)(ころ)して(もら)へ、254吾々(われわれ)(たふと)大神様(おほかみさま)御守護(ごしゆご)があるから、255滅多(めつた)悪魔(あくま)のために(いのち)()てるやうな馬鹿(ばか)ではないぞよ。256さア高姫(たかひめ)257イヤ妖幻坊(えうげんばう)258どうなつと(いた)せ』
259『それ(ほど)(ころ)して()しければ(ころ)してやらう。260(しか)し、261イク、262サールの両人(りやうにん)263(ひと)改心(かいしん)(いた)して(この)(はう)御供(おとも)(いた)()はないか。264魚心(うをごころ)あれば水心(みづごころ)ありだ。265(べつ)義理天上(ぎりてんじやう)日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)は、266貴様(きさま)たちの(やう)蠅虫(はひむし)二人(ふたり)(ぐらゐ)(ころ)したつて仕方(しかた)がないのだから、267()うだ、268改心(かいしん)してお(とも)(いた)()はないか。269(この)(かみ)(てき)でも(たす)ける(かみ)だぞや』
270『ゴテゴテ()はずに(はや)(ころ)さぬかい。271オイ、272サール、273貴様(きさま)卑怯者(ひけふもの)だから、274妖幻坊(えうげんばう)金毛九尾(きんまうきうび)降参(かうさん)して(いのち)だけ(たす)けて(もら)へ、275(こま)つた(やつ)だなア』
276『イヤ(おれ)(をとこ)だ。277こりや高姫(たかひめ)278妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)279どうなりと(いた)せ。280貴様(きさま)喉首(のどくび)にでも(かじ)りついて反対(あべこべ)(いのち)()つてやらう。281覚悟(かくご)(いた)せ』
282『どうも、283阿呆(あはう)になつたら仕方(しかた)がないものぢや。284さう(ころ)して()しけりや、285無益(むえき)殺生(せつしやう)だが仕方(しかた)がない。286どうだ、287覚悟(かくご)はよいかな』
288(かし)(ぼう)()()げる。
289イク『そりや(なに)さらしてけつかるのぢや。290蟷螂(かまきり)(わら)すべを(かつ)いだやうなスタイルをしよつて、291さア(はや)くすつぽりとやつて()い』
292 ()かる(ところ)へガサガサガサと(おほ)きな(おと)をさせながら、293妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)巨岩(きよがん)両手(りやうて)頭上(づじやう)(たか)()()げ、294(いま)二人(ふたり)(むか)つて()げつけむとする(いきほひ)である。295如何(いか)勇猛(ゆうまう)二人(ふたり)も、296この岩石(がんせき)をくらつては、297(たちま)身体(しんたい)木端微塵(こつぱみぢん)になるより仕方(しかた)がなかつた。298二人(ふたり)進退(しんたい)これ(きは)まり、299観念(くわんねん)(まなこ)をつぶつて、300一生懸命(いつしやうけんめい)大神(おほかみ)(ねん)じて()た。301(たちま)足許(あしもと)から『ウウーウウー、302ウーウー、303ワウワウワウ』とスマートの(こゑ)304妖幻坊(えうげんばう)(ならび)高姫(たかひめ)(いし)()()げたまま、305(ぼう)()(かざ)したまま、306強直(きやうちよく)して一生懸命(いつしやうけんめい)()(いだ)し、307岩石(がんせき)(つまづ)いて妖幻坊(えうげんばう)はバタリと()けた。308高姫(たかひめ)(また)もや(つまづ)いて棍棒(こんぼう)()()げた(まま)309ウンと(ころ)げた拍子(ひやうし)に、310棍棒(こんぼう)妖幻坊(えうげんばう)後頭部(こうとうぶ)をパチンと()つた。311妖幻坊(えうげんばう)は『キヤンキヤン』と(あや)しき(こゑ)()てて二声(ふたこゑ)ないた。312()うしても人間(にんげん)(こゑ)とは(きこ)えなかつた。313四辺(あたり)(やみ)(とばり)はおりて咫尺暗澹(しせきあんたん)314(ただ)谷川(たにがは)(みづ)(おと)のみ淙々(そうそう)(きこ)えて()る。
315 (ちなみ)にイクの瘡傷(さうしやう)はスマートの(こゑ)(とも)一時(いちじ)全快(ぜんくわい)した。
316大正一二・一・二三 旧一一・一二・七 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。