霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 波上(はじやう)追懐(つゐくわい)〔一九五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第1篇 波濤の神光 よみ(新仮名遣い):はとうのしんこう
章:第2章 波上の追懐 よみ(新仮名遣い):はじょうのついかい 通し章番号:1958
口述日:1933(昭和8)年12月20日(旧11月4日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
朝香比女の神が乗った磐楠船は、薄霞たなびく初夏の海原を、悠々としてたどって行った。
田族比女の神一行は、名残惜しみつつ、船が見えなくなるまで見送り、歌を歌った。
田族比女は、朝香比女の諭しに万里ケ島の経営に思いを新たにし、また朝香比女の御魂を祭る宮居を立てることを誓った。
従者神たち一同も、それぞれ別れの歌を歌った。
船が見えなくなると、一行は万里の聖所に戻ってきた。そして、さっそく火の若宮の工事に取り掛かったが、十日ほどで荘厳な若宮が完成した。
湯結比女の神はこの火の若宮に仕えて、主の神と朝香比女の神の生魂に、沸かした白湯を笹葉にひたして左右左に打ち振り御魂を清め、湯を奉って、まめやかに仕えた。
これより今の世に至るまで、神社には御巫(みかんのこ、神事に奉仕する未婚の女性)というものがあり、御湯を沸かして神明に奉ることとなった。
一方、朝香比女の神一行は、田族比女の神一行に別れを惜しみ、振り返り振り返り手を上げて歌を歌いつつ、進んでいった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7802
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 35頁 修補版: 校定版:25頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)()らせる磐楠舟(いはくすぶね)は、002薄霞(うすがすみ)棚引(たなび)初夏(しよか)海原(うなばら)悠々(いういう)として辿(たど)()くを、003御影(みかげ)(かく)るるまで、004田族(たから)比女(ひめ)(かみ)一行(いつかう)名残(なごり)()しみつつ見送(みおく)らせ(たま)ひ、005御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
006天晴(あは)天晴(あは)(ひかり)(かみ)()でましぬ
007(なみ)()(くま)なく()らし(たま)ひつ
008(なつ)かしき(ひかり)(かみ)永久(とこしへ)
009訣別(わか)ると(おも)へば(かな)しき(われ)かも
010(うる)はしき(やさ)しき雄々(をを)しき比女神(ひめがみ)
011御舟(みふね)(おく)(かな)しき(われ)なり
012()をあげて訣別(わかれ)()しみ(たま)ひつる
013比女(ひめ)(やさ)しき(こころ)ばせかも
014顕津男(あきつを)(かみ)天降(あも)らせ(たま)ひてし
015(おも)ひするかな比女(ひめ)()でましは
016顕津男(あきつを)(かみ)訣別(わか)るる()のつらさ
017(おも)(うか)べて(かな)しき(われ)なり
018(この)(ひろ)神国(みくに)(おや)(えら)まれて
019(われ)(かな)しき今日(けふ)()ひける
020(いま)よりは(こころ)(こま)立直(たてなほ)
021比女(ひめ)(こころ)(むく)(まつ)らむ
022八潮路(やしほぢ)(しほ)八百路(やほぢ)八潮路(やしほぢ)
023()()()でます(いさを)(たふと)
024永久(とこしへ)(この)島ケ根(しまがね)宮居(みや)()てて
025比女(ひめ)御心(みこころ)(やす)んじ(まつ)らむ
026片時(かたとき)(はや)御舎(みあらか)(つか)(まつ)
027比女(ひめ)御魂(みたま)(いつ)(まつ)らな
028御姿(みすがた)はよし()えずとも神社(かむなび)
029御魂(みたま)(まつ)りて御功(みいさを)(しの)ばむ
030刻々(こくこく)(とほ)ざかり()(おん)(ふね)
031御影(みかげ)(われ)()かしめにけり
032万斛(ばんこく)(なみだ)(たた)へて御来矢(みくりや)
033浜辺(はまべ)御舟(みふね)(おく)(まつ)るも
034()(かみ)(さだ)めと(おも)へど今一度(いまいちど)
035()はまくほしき(きみ)なりにけり
036八潮路(やしほぢ)(なみ)()(たび)(やす)かれと
037神言(かみごと)()りて御神(みかみ)(いの)らむ』
038 輪守(わもり)比古(ひこ)(かみ)海原(うなばら)打見(うちみ)やりつつ御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
039天晴(あは)天晴(あは)御舟(みふね)(とほ)くなりにけり
040(われ)(かな)しさ(いや)まさりつつ
041幾千代(いくちよ)(きみ)御姿(みすがた)わが(むね)
042(かがや)きまして(わす)れざるべし
043今日(けふ)()(なみ)(たひら)かに天津(あまつ)()
044うららに()れり御舟(みふね)(さち)あれ
045振返(ふりかへ)振返(ふりかへ)りつつ()でませる
046(かみ)姿(すがた)(やさ)しくもあるか
047高地秀(たかちほ)(みね)より天降(あも)りし(かみ)なれば
048一入(ひとしほ)(たふと)()(はし)ましける
049御姿(みすがた)(ふたた)(まみ)えむ(すべ)なしと
050(おも)へば今日(けふ)訣別(わかれ)()しまる
051(はて)しなき大海原(おほうなばら)(なみ)()けて
052(すす)ます(きみ)(さち)かれと(おも)ふ』
053 霊山(たまやま)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
054(おん)訣別(わかれ)(あま)()しさに(かな)しさに
055われ言霊(ことたま)(まゐ)らせざりける
056万里(まで)(しま)(ひかり)(たま)ひし比女神(ひめがみ)
057()でまし(おく)りて(なに)(さび)しき
058朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)(めづら)しき()でましに
059稚国原(わかくにはら)はよみがへりたり
060浪路(なみぢ)(はろ)かに御舟(みふね)(ちひ)さくなりにつつ
061(わが)眼界(まなかひ)(はな)れむとすも』
062 保宗(もちむね)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
063白馬(はくば)(だけ)(きよ)姿(すがた)弥永(いやなが)
064(きみ)御行(みゆき)(おく)りまつらむ
065(わが)(まなこ)(ちひ)さくあれば(きみ)()
066御舟(みふね)(はや)くも()えずなりけり
067白馬(はくば)(だけ)(みね)(うらや)ましも比女神(ひめがみ)
068御行(みゆき)永久(とは)(おく)りまつれば
069御来矢(みくりや)浜辺(はまべ)()ちて(おく)(まつ)
070御舟(みふね)(はや)くも目路(めぢ)(さか)りぬ
071永久(とこしへ)(とど)まりたまへと(いの)りてし
072(ひかり)(きみ)(かへ)りましける
073(この)(うへ)御樋代(みひしろ)(がみ)真心(まごころ)
074(つく)して国土(くに)(つか)へまつらむ
075(この)国土(くに)(たから)比女(ひめ)(たま)ひたる
076燧石(ひうち)(ひかり)()をまもらばや』
077 直道(なほみち)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
078(この)国土(くに)(ひかり)となりて天降(あも)りましし
079(かみ)(つれ)なく(かへ)りましける
080()(こと)(うれ)しきものを今日(けふ)はしも
081(かな)しき訣別(わかれ)御舟(みふね)(おく)るも
082永久(とこしへ)(わす)れぬ(きみ)となりにけり
083(この)稚国土(わかぐに)(ひかり)(たま)へば
084朝夕(あさゆふ)()若宮(わかみや)(つか)へつつ
085(きみ)(いさを)(たた)(まつ)らむ
086(こころ)(きよ)(やさ)しくまして雄々(をを)しかる
087比女(ひめ)真言(まこと)(かみ)なりにけり』
088 正道(まさみち)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
089(ふなばた)打寄(うちよ)(なみ)(ひびき)さへ
090いや次々(つぎつぎ)(とほ)ざかりける
091(かがや)ける(しろ)(やさ)しき御面(みおもて)
092(なみ)()(たか)(かく)れましけり
093天津(あまつ)()(なみ)(しづ)ます(おも)ひかな
094(ひかり)(かみ)目路(めぢ)(さか)れり
095永遠(とこしへ)(つか)(まつ)ると(おも)ひてし
096朝香(あさか)比女(ひめ)(この)国土(くに)になし
097田族(たから)比女(ひめ)(かみ)神言(みこと)(かしこ)みて
098(われ)朝夕(あさゆふ)(つか)へまつらむ
099白馬(はくば)(だけ)(しこ)曲津(まがつ)比女神(ひめがみ)
100(いさを)(おどろ)()()せにけむ
101牛頭ケ峰(ごづがみね)白馬(はくば)(だけ)(いただき)
102振返(ふりかへ)りつつ御覧(みそなは)すらむ
103白馬(はくば)(だけ)(ふもと)()さき(われ)ありと
104(しの)ばせ(たま)朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)
105 雲川(くもかは)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
106(いま)となりて()しみ(まつ)るも(せん)なけれ
107(ただ)真心(まごころ)(ささ)御魂(みたま)(つか)へむ
108(おん)(ふね)(かげ)さへ()えず(なげ)かひの
109(なみだ)しげしげまさり()くかも
110(この)(しま)森羅万象(すべてのものら)おしなべて
111(きみ)名残(なごり)()しみつつ()かむ
112百草(ももくさ)(はな)(しを)れて今日(けふ)()
113浜辺(はまべ)訣別(わかれ)()しむがに()
114御空(みそら)()陽光(ひかげ)(うす)(くも)らひつ
115今日(けふ)訣別(わかれ)()しませ(たま)へる』
116 山跡(やまと)比女(ひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
117(あめ)(つち)()らして(くま)なき比女神(ひめがみ)
118御姿(みすがた)(いま)()えずなりける
119せめてもの記念(かたみ)(たま)ひし燧石(ひうちいし)
120万里(まで)神国(みくに)(ひかり)なるかも
121宝石(たからいし)(ひかり)如何(いか)(たか)くとも
122国土(くに)(すく)はむ(しろ)にはならず
123(たてまつ)るものもなければ()むを()
124(いや)しき(たから)(たてまつ)りける
125(こころ)よく()けさせ(たま)ひし比女神(ひめがみ)
126(やさ)しき(こころ)(かたじけ)なみ(おも)
127如何(いか)にせむ(ひかり)(かみ)(かへ)りましぬ
128万里(まで)海原(うなばら)(なみ)()()けて
129永久(とこしへ)(きみ)(いさを)(かしこ)みて
130()若宮(わかみや)(つか)へまつらむ』
131 千貝(ちかひ)比女(ひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
132国土(くに)(わか)万里(まで)島根(しまね)(われ)ありて
133今日(けふ)(かな)しき訣別(わかれ)()ふも
134(なつ)かしく(やさ)しく雄々(をを)しき比女神(ひめがみ)
135(わが)魂線(たましひ)はいつかひにけり
136(わが)(たま)(きみ)(おん)()にいつかひて
137海原(うなばら)(とほ)(まも)()くらむ
138御功(みいさを)(たふと)くませば比女神(ひめがみ)
139霊衣(れいい)(ひろ)四方(よも)()らせり
140真心(まごころ)(たふと)(はじ)めて(さと)りけり
141御身(みま)(あふ)るる(うづ)(ひかり)
142(あめ)(つち)(きみ)()らする言霊(ことたま)
143(したが)ひまつると()へば(かしこ)し』
144 湯結(ゆむすび)比女(ひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
145今日(けふ)よりは比女(ひめ)(たま)ひし燧石(ひうちいし)
146(いさを)(きよ)()をむすぶべし
147朝夕(あさゆふ)()若宮(わかみや)(つか)ふべく
148御湯(みゆ)をむすびて(みそぎ)せむかな
149みはるかす大海原(おほうなばら)(ひろ)らかに
150御舟(みふね)(かげ)()えずなりける
151いざさらば田族(たから)比女(ひめ)(かみ)(わが)(きみ)
152万里(まで)聖所(すがど)(かへ)りまさずや
153いつまでも(なみ)()()つつ(しの)ぶとも
154(せん)なきものを()(かへ)りませ』
155 (ここ)田族(たから)比女(ひめ)(かみ)一行(いつかう)は、156目路(めぢ)(さか)りし御舟(みふね)(あきら)めの(こころ)(さだ)め、157雄々(をを)しくも駿馬(はやこま)()(またが)(ひづめ)(おと)(いさ)ましく、158(その)()黄昏(たそが)るる(ころ)159無事(ぶじ)万里(まで)(をか)聖所(すがど)(かへ)()(たま)ひ、160(とき)(うつ)さず()()()いで()若宮(わかみや)工事(こうじ)にかからせ(たま)ひけるが、161旬日(じゆんじつ)ならずして(かみ)(さちは)弥厚(いやあつ)く、162荘厳(さうごん)なる若宮(わかみや)(きづ)かれにける。
163 (ここ)湯結(ゆむすび)比女(ひめ)(かみ)朝夕(あさゆふ)()若宮(わかみや)(つか)へまし、164()(かみ)(はじ)()(かみ)(たた)へまつりし朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)生魂(いくたま)白湯(さゆ)()かして笹葉(ささば)(ひた)し、165左右左(さいうさ)打振(うちふ)朝々(きぬぎぬ)身魂(みたま)(きよ)御湯(みゆ)御前(みまへ)(たてまつ)りて忠実(まめやか)(つか)(たま)ひける。166(これ)より(いま)()(いた)るまで(いづ)れの神社(じんじや)にも御巫(みかんのこ)なるものありて、167御湯(みゆ)()かせ、168神明(しんめい)(たてまつ)(こと)とはなりたるなり。
169 朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)御来矢(みくりや)(はま)立出(たちい)(たま)ひ、170御舟(みふね)(なか)より田族(たから)比女(ひめ)(かみ)一行(いつかう)訣別(わかれ)()しみつつ、171振返(ふりかへ)振返(ふりかへ)御手(みて)()げさせ(たま)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
172天晴(あは)天晴(あは)御樋代(みひしろ)(がみ)()れませる
173万里(まで)島根(しまね)訣別(わか)れむとすも
174神々(かみがみ)(やさ)しき(こころ)(ほだ)されて
175(おも)はず月日(つきひ)(かさ)ねけるかも
176永久(とこしへ)()みたく(おも)へど()(かみ)
177()さしに(そむ)(すべ)なき(われ)なり
178雄心(をごころ)大和心(やまとごころ)()(おこ)
179()しき訣別(わかれ)()げにけるかな
180いつまでも訣別(わか)るる機会(しほ)のなかるらむ
181雄々(をを)しき(たけ)(こころ)()たずば
182神々(かみがみ)(こころ)()らぬにあらねども
183神業(みわざ)(おも)ひて(われ)訣別(わか)れし
184神々(かみがみ)浜辺(はまべ)()ちて(わが)(ふね)
185(こころ)(やさ)しく見送(みおく)(たま)へる
186万世(よろづよ)(すゑ)(すゑ)まで(わす)れまじ
187真言(まこと)(かがや)神々(かみがみ)(こころ)
188(ひやく)(ねん)(した)しき(とも)()へる(ごと)
189(へだ)てなかりし神々(かみがみ)(おも)
190(わが)(ふね)浪路(なみぢ)(はろ)けくなりにける
191(しま)神々(かみがみ)(やす)くましませ
192真鶴(まなづる)(こゑ)(かな)しく(きこ)えけり
193万里(まで)新国土(にひくに)()らむと(おも)へば』
194 初頭(うぶがみ)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
195二柱(ふたはしら)比女神(ひめがみ)(たち)神宣(みことのり)
196()くにつけても(なみだ)ぐまるる
197(かく)(ごと)(やさ)しき(きよ)神々(かみがみ)
198生言霊(いくことたま)()かざりにけり
199比女神(ひめがみ)()くあるべきを大方(おほかた)
200(こころ)(ねた)(そね)みに()つるも
201御樋代(みひしろ)(かみ)(かみ)との言問(ことと)ひの
202(その)(やさ)しさに(なみだ)ぐまれつ
203御来矢(みくりや)浜辺(はまべ)にはろばろ見送(みおく)りし
204(かみ)(やさ)しき(こころ)ばせを(おも)
205(つち)(わか)国土(くに)(ひら)かす(くる)しさを
206(おも)へば(われ)(こころ)(かしこ)
207真心(まごころ)(かぎ)りを(つく)愛善(あいぜん)
208(みち)(すす)ます百神(ももがみ)天晴(あは)
209(わが)(ふね)(なみ)()(とほ)(さか)りつつ
210浜辺(はまべ)()たす(かみ)()えまさず
211次々(つぎつぎ)(ふね)(とほ)ざかり()海原(うなばら)
212益々(ますます)(ちか)(した)しき神々(かみがみ)
213神々(かみがみ)御姿(みすがた)()えなくなりにけり
214白馬(はくば)(だけ)(みね)(ひか)りつ
215白馬(はくば)(だけ)聳立(そばた)国土(くに)におはします
216神々(かみがみ)(たち)御姿(みすがた)なつかし』
217 起立(おきたつ)比古(ひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
218(ひろ)(わか)国土(くに)(わが)目路(めぢ)(さか)りつつ
219白馬(はくば)(だけ)(みね)のみ(ひか)れる
220万里(まで)(うみ)(うか)べる万里(まで)生島(いくしま)
221永遠(とは)(さか)えよ天地(あめつち)(とも)
222刻々(こくこく)(とほ)ざかり()島ケ根(しまがね)
223(なつ)かしみつつ(われ)()くなり
224(はて)しなき(この)海原(うなばら)(なか)にして
225万里(まで)島根(しまね)(こひ)しき国土(くに)なり』
226 立世(たつよ)比女(ひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
227御樋代(みひしろ)(かみ)(つか)へて万里(まで)(しま)
228聖所(すがど)(きよ)(われ)(あそ)びぬ
229(くさ)()百鳥(ももどり)千鳥(ちどり)稚国土(わかくに)
230(はる)をうたひて長閑(のどか)なりけり
231雲霧(くもきり)(くま)なく()れて天津(あまつ)()
232御影(みかげ)(すが)しき万里(まで)国土(くに)はや
233御樋代(みひしろ)(かみ)御自(みみづか)御来矢(みくりや)
234浜辺(はまべ)(きみ)見送(みおく)りたまひし
235(わが)(ふね)(なみ)(つづみ)()ちながら
236比女(ひめ)訣別(わかれ)()げにけらしな
237比女神(ひめがみ)(やさ)しき姿(すがた)()()きて
238(わす)れぬ(きみ)となりにけらしな
239顕津男(あきつを)(かみ)見合(みあ)ひす(その)()まで
240(わか)(やさ)しくいませと(いの)るも』
241 天晴(あめはれ)比女(ひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
242(あめ)(つち)()(わた)りたる海原(うなばら)
243(きみ)訣別(わか)れて()くは(さび)しも
244比女神(ひめがみ)(はじ)十柱神(とはしらかみ)(たち)
245(やさ)しき(こころ)(あふ)がるるかな
246(やさ)しくて雄々(をを)しくいます神々(かみがみ)
247(しこ)曲神(まがみ)退(やら)(たま)ひし
248(やうや)くに御来矢(みくりや)(はま)(とほ)くなりて
249白馬(はくば)(だけ)はひとりかがよふ
250(わが)(ふね)太平(たいへい)(なみ)辿(たど)りつつ
251(きみ)(まも)りていや(すす)むなり
252海原(うなばら)(つつ)みし(きり)()(わた)
253(たの)しき今日(けふ)(ふね)(たび)かも』
254昭和八・一二・二〇 旧一一・四 於大阪分院蒼雲閣 森良仁謹録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/30飯塚弘明.com7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」が琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。かねてより予告していた言霊学の資料集もこの日に発表されます。王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。全部で600頁を超える本格的なものです。
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→