霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一 料亭づとめ

インフォメーション
題名:1 料亭づとめ 著者:出口澄子
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 私市(きさいち)から帰って間もない頃、002月見町(つきみちょう)の「花月(かげつ)」という料亭に手伝いに行ったこともあります。
003 花月(かげつ)という料亭は今でも月見町(つきみちょう)にありますが、004それが初め本町に小さな料理屋を開いていた頃のことであります。
005 ここの主人の大槻の熊さんと言う人のこと、006内儀(かみ)さんのお松さんについては、007先にちょっと書きましたが、008お松さんは、009私の子供のころ、010隣にあった研屋(とぎや)の娘さんで、011大柄で色白の大変利口な人でした。012昔のよしみから、013ちょうど私が私市(きさいち)から帰っているというので「おすみさんの手が()いているなら、014チョット貸してくれ」と手伝いを頼みに来たのであります。
015 そのおり、016教祖さまが神様にお(うかが)いされますと、017「あまり小さい時分から苦労さしたから、018しばらく楽な奉公をさしてやれ」ということでありました。
019 七つの頃から福知山、020八木(やぎ)021王子、022私市(きさいち)と遊びざかりの十年間をつらい奉公をつづけて来ましたので、023神様も可哀そうと思われたのでしょう。024すこし楽なことをさせてやれという思召(おぼしめ)しだったのでしょう。025教祖さまは、026
027「おすみや、028しばらくの間、029花月(かげつ)のお松さんの所で奉公するんやでよ」
030と言って、031私を連れて行って下さいました。
032 この花月(かげつ)における一年半程の奉公が、033私の少女時代の中で一番面白い、034また(たの)しい期間でありました。035今でもよう忘れませんが、036此処(ここ)で最初にご(ぜん)をいただいた時、037茶碗(ちゃわん)には湯気(ゆげ)のあがるまぶしいような白いご飯が盛ってあるし、038(はち)にはトウロク豆の煮たのが入っています。039その上、040砂糖で甘く煮つめたキンカンのおいしかったこと、041私には全く食べたことも見たこともないものばかりです。042王子や八木(やぎ)にいた時分はもち(ろん)043私市(きさいち)の百姓奉公の期間中も、044ふだんはもち論、045盆、046正月すらも白いご飯など食べさせて貰えることはなかったのでした。
047「町という所は、048なんと美味(おい)しいものばかり食べているのやなア」と私はまったく夢見るように思えたのでした。049それからの毎日は、050三度々々の食事も周囲の雰囲気も、051まったく別天地に移り住んだような気持ちで働いておりました。
052 私が行ってからの店はますます繁昌するようになってきましたので、053お松さんは月見町(つきみちょう)にあった宿屋を買い受け、054そこへ引越すことになりました。055今度は前に比べて家もずっと大きく、056旅館兼料理屋として店も立派になり、057二、058三人の芸者すら置くようになりました。059その中の一人である吉弥(きちや)という綺麗な()の名前を今でも覚えております。060それから私のほかにお竹というオチャボの女の子がおり、061私が此処(ここ)ではお梅という名前で呼ばれておりましたので、062内儀(かみ)さんのお松さんを加え、063松竹梅(しょうちくばい)になりまして、064店はどんどん忙しくなる一方でした。065多忙になるに従い、066(ぜん)の持ち運びや使い走りで、067夜のあとじまいを終わる頃になると身体(からだ)はグッタリ疲れますが、068気分は張り合いがあって面白く、069一層まめに立働いておりました。
070 そこへ刑期を終えた熊さんが、071監獄から帰って来ました。072熊さんは先にも言いましたように道楽者でしたので、073帰って来ると間もなく、074女中のお竹さんに手を出しました。075するとこのお竹さんというのがなかなかのしたたか者で、076(ひと)かたならずお松さんの世話になっていながら、077待っていたように熊さんの意を迎えたばかりでなく、078あべこべに主人であるお松さんにきつく当たったりして、079どちらが主人か分からないように思えるくらいでした。080私は時々、081お竹さんの(きつ)い浴びせるような罵言(ばげん)に、082お松さんがヒステリーのようにわめき返している声を、083この世の声でない怖ろしいもののように思って聞いておりました。
084 ある日教祖さまがお見えになって、085
086「おすみや、087神様がそなたの奉公をやめさせて、088早く神の御用の見習いをさせるようにとおっしゃるから迎いに来た」
089とお話になりました。
090 しかし私は、091花月(かげつ)の奉公がこれまで一番のん()で面白い最中でしたし、092それにまた、093神様の有難いことも充分わからなかった頃でしたので、094神様の御用なんてしん()くさいような気がして、095内心気が進まぬまま、096
097「神様の御用を見習うて、098どんなことするのです」と尋ねますと、099
100「ただ御神前に朝夕のお仕えすればよい」とのことでした。
101 私が花月(かげつ)をやめてから、102お松さんはよく私の家に来て、103
104「熊さんとお竹がグルになって自分を追い出さんばかりの仕打ちをする」と熊さんの無情や、105お竹の人非人(ひとでなし)なやり方を、106訴えたり嘆いたりしておりましたが、107とうとう間もなく気違いになって死んでしまいました。108お竹さんは今でも生きておりますが、109老後は惨めな状態でくらしているようです。
110 家に帰って来ましても、111私にはこれという仕事はなく、112御飯を炊いたり、113時に教祖さまのお使いをしたりして退屈な日々を過ごしていますと、114また何処(どこ)か奉公へ出かけたいと思うようなことも時々ありました。115そんな時よく新町(しんまち)すもさんという友達と、116「京か大阪へ奉公にでも出かけようか」など(ひそ)かに話し合ったものでした。117しかし思い切って飛び出す勇気もなく、118綾部近在のあちこちへ家事の手伝いや、119お茶よりの手伝いをしているうちに、120先生が四方(しかた)平蔵(へいぞう)さんに迎えられて園部(そのべ)からやってこられました。121この時が、122先生の二度目の綾部入りであります。
123 先生を迎えに行く使者となった四方(しかた)平蔵(へいぞう)さんと教祖さまとの間に、124一つの神秘な挿話(そうわ)があります。