霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 神歌(しんか)〔九二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第2篇 鶴亀躍動 よみ(新仮名遣い):かくきやくどう
章:第10章 神歌 よみ(新仮名遣い):しんか 通し章番号:925
口述日:1922(大正11)年08月27日(旧07月5日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台:ウヅの館 あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神素盞嗚大神は、日の大神・神伊邪諾尊と、月の大神・神伊邪冊尊が自転倒島で婚嫁の道を開き給うた古事から歌い始めた。そして国依別と末子姫の夫婦を祝し、瑞の御霊の神柱である自身の名をもって、皇大神に夫婦の幸せを願った。
また言依別命や松若彦をはじめ、三五教の神司たち、信徒たちの真心を愛で、神の代の柱となり礎となるように諭した。永遠に神の大御前に仕えて清き心を濁さないようにと、夫婦の幸を寿ぎつつ、一同に神の心を誓いおいた。
神素盞嗚大神は歌い終わると、欣然としてそのまま奥殿に姿を隠し給うた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3310
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第6輯 291頁 修補版: 校定版:109頁 普及版:40頁 初版: ページ備考:
001 (かむ)素盞嗚(すさのをの)大神(おほかみ)末子姫(すゑこひめ)婚姻(こんいん)(しゆく)(たま)(おん)(うた)
002八雲(やくも)()出雲(いづも)八重垣(やへがき)(つま)ごみに
003八重垣(やへがき)(つく)(その)八重垣(やへがき)
004神代(かみよ)(むかし)高天原(たかあまはら)にて
005()大御神(おほみかみ)(かむ)伊邪諾(いざなぎの)(みこと)
006(つき)大御神(おほみかみ)(かむ)伊邪冊(いざなみの)(みこと)
007自転倒(おのころ)(じま)におり()ちて
008天教山(てんけうざん)中腹(ちうふく)
009(つき)御柱(みはしら)つき(かた)
010(ひだり)(みぎ)りと(めぐ)()
011あなにやし好男(えーをとこ)
012あなにやし好乙女(えーおとめ)よと
013()らせ(たま)ひて(いも)()
014婚嫁(とつぎ)(みち)(ひら)(たま)ひし
015(その)古事(ふるごと)神傚(かむなら)
016三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
017(こころ)(きよ)国依別(くによりわけの)(みこと)
018(みづ)御霊(みたま)(すゑ)()
019(かみ)()さしの末子姫(すゑこひめ)
020今日(けふ)()()()(とき)
021妹背(いもせ)(ちぎり)永久(とこしへ)
022(むす)()へたる芽出(めで)たさよ
023朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
024(つき)()つとも()くるとも
025仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
026国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)
027夫婦(めをと)(ちぎり)永久(とこしへ)
028(かは)らざらまし高砂(たかさご)
029(まつ)(みどり)(いろ)(ふか)
030(つる)(よはひ)千代(ちよ)八千代(やちよ)
031(かめ)(よはひ)万世(よろづよ)
032(かは)らであれや惟神(かむながら)
033(すめ)大神(おほかみ)(おん)(まへ)
034(みづ)御霊(みたま)神柱(かむばしら)
035(かむ)素盞嗚(すさのをの)(みこと)
036(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
037あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
038御霊(みたま)(さち)はひましまして
039三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
040言依別(ことよりわけの)(みこと)(はじ)めとし
041松若彦(まつわかひこ)高姫(たかひめ)
042鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)
043(その)(ほか)(もも)神司(かむつかさ)
044信徒(まめひと)(たち)(いた)るまで
045今日(けふ)()()()(とき)
046(よろこ)びまつり(つど)()
047(その)真心(まごころ)(うるは)しさ
048(こころ)(いろ)はまちまちに
049高姫(たかひめ)のごと(かは)れども
050(かみ)大道(おほぢ)()(ため)
051(つく)(こころ)(みな)(ひと)
052(ひと)(ごころ)(むつ)びあひ
053(かみ)(こころ)()(はか)
054堅磐(かきは)常磐(ときは)(かみ)()
055(はしら)となれよ(いしづゑ)
056なりて(つく)せよ惟神(かむながら)
057(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
058(きよ)(かしこ)真心(まごころ)
059(しづ)まりゐます(つき)()
060(かみ)(めぐみ)()のあたり
061()ちさやぎたる荒波(あらなみ)
062(はや)なぎ(わた)和田(わだ)(はら)
063(ふか)(めぐみ)底知(そこし)れず
064(たか)(めぐみ)(あま)(はら)
065(かぎ)()られぬ青雲(あをくも)
066(ひろ)(たか)きは皇神(すめかみ)
067大御心(おほみこころ)永遠(とことは)
068(かは)らず(うご)かず真心(まごころ)
069(ささ)げて(いの)れよく(いの)
070大国治立(おほくにはるたちの)大御神(おほみかみ)
071高皇(たかみ)産霊(むすびの)大御神(おほみかみ)
072神皇(かむみ)産霊(むすびの)大御神(おほみかみ)
073天照(あまてら)します大御神(おほみかみ)
074国治立(くにはるたちの)大御神(おほみかみ)
075豊国主(とよくにぬしの)大御神(おほみかみ)
076(その)(ほか)(もも)(かみ)たちの
077(ふか)(めぐみ)(かしこ)みて
078千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
079大御前(おほみまへ)()(つか)
080五六七(みろく)御世(みよ)(すゑ)(まで)
081(きよ)(こころ)(にご)らすな
082あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
083(かみ)(ちか)ひて今日(けふ)()
084(よろこ)(ゐやま)行先(ゆくさき)
085夫婦(めをと)(さち)寿(ことほ)ぎつ
086(かみ)(つかさ)信徒(まめひと)
087国人(くにびと)(たち)惟神(かむながら)
088(かみ)(こころ)(ちか)ひおく
089あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
090御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
091(うた)(をは)り、092欣然(きんぜん)として(その)(まま)奥殿(おくでん)神姿(みすがた)(かく)(たま)ひけり。
093大正一一・八・二七 旧七・五 松村真澄録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→