霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:前付 よみ(新仮名遣い):
章:総説 よみ(新仮名遣い):そうせつ 通し章番号:
口述日:1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大本神諭には『生まれ赤児の混じりのない心にならねば神の誠の大精神は判らぬぞよ』と示されてある。また仏教には、『菩薩は常に安穏ならしめむことを楽ひて法を説け』とある。安穏にして法を説くというのは、老幼婦女子にも解し易いように卑近の例を引いて平易簡単にして、ただちにその精神に了解できるように説け、という意である。
この物語もまた神示に従いなるべく平易なる文句で説き、卑近な言語を使用して神明の深き大御心を悟らしめんと務めている。もって、学者紳士の読み物として適当としないものたるは、もとより覚悟の上である。
一人なりとも多数の人々に解し易く徹底し易からしめんと欲する至情より口述したものである。また本物語の読者を決して、今日のいわゆる知識階級に求めようとするのではありません。愚者無学者弱者のために編著したものであります。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm580002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第10輯 372頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 聖言(せいげん)()ふ『(かみ)(もつと)(よわ)(もの)002(ちひ)さき(もの)003(およ)(おろか)なるものに真理(まこと)(さと)(たま)ふ』とあり。004大本(おほもと)神諭(しんゆ)(いは)く『(うま)赤児(あかご)(まじ)りの()(こころ)にならねば(かみ)(まこと)大精神(だいせいしん)(わか)らぬぞよ』と(しめ)されあり、005仏教(ぶつけう)には『難問(なんもん)する(ところ)あれば小乗(せうじやう)(はふ)(もつ)(こた)えざれ、006(ただし)大乗(だいじやう)(もつ)(ため)解脱(げだつ)して一切(いつさい)種智(しゆち)()せしめよ、007云々(うんぬん)008菩薩(ぼさつ)(つね)安穏(あんのん)ならしめむことを(ねが)ひて(はふ)()け、009云々(うんぬん)』とあり。010大乗(だいじやう)()らざれば(さと)()ざる(ごと)学盲者(がくまうじや)(ただ)その種智(しゆち)()るに()ぎない。011(けつ)して天国(てんごく)(あい)(ぜん)012(しん)(しん)との光明(くわうみやう)霊徳(れいとく)(よく)する(こと)出来(でき)ないものである。013安穏(あんのん)にして(はふ)()けとは老幼(らうえう)婦女子(ふぢよし)にも(かい)(やす)きやう(きは)めて卑近(ひきん)(れい)()き、014平易(へいい)簡単(かんたん)にして(ただ)ちにその精神(せいしん)諒解(りやうかい)()らるるやうに()けとの()である。015この物語(ものがたり)(また)神示(しんじ)(したが)可成的(なるべく)平易(へいい)なる文句(もんく)にて()き、016卑近(ひきん)なる言語(げんご)使用(しよう)して神明(しんめい)(ふか)大御心(おほみこころ)(さと)らしめむと(つと)めたるを(もつ)て、017学者(がくしや)紳士(しんし)読物(よみもの)としては適当(てきたう)しないものたるは(もと)より覚悟(かくご)(まへ)である。018一人(ひとり)なり(とも)多数(たすう)人々(ひとびと)(かい)(やす)徹底(てつてい)(やす)からしめむと(ほつ)する至情(しじやう)より口述(こうじゆつ)せしものであります。019(また)(ほん)物語(ものがたり)読者(どくしや)(けつ)して今日(こんにち)所謂(いはゆる)知識(ちしき)階級(かいきふ)(もと)めやうとするのでは()りませぬ。020愚者(ぐしや)無学者(むがくしや)弱者(じやくしや)のため編著(へんちよ)したものであります。
021   大正十二年三月卅日
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/30飯塚弘明.com7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」が琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。かねてより予告していた言霊学の資料集もこの日に発表されます。王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。全部で600頁を超える本格的なものです。
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→