霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 怪散(くわいさん)〔一四七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第1篇 玉石混淆 よみ(新仮名遣い):ぎょくせきこんこう
章:第3章 怪散 よみ(新仮名遣い):かいさん 通し章番号:1478
口述日:1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
小国姫は、三千彦の師匠である玉国別を迎え入れた。小国姫は神館のごたごたに対して弟子の三千彦から多大な助力をいただいたことを感謝した。求道居士は玉国別に挨拶し、治国別の導きで改心した経緯を語った。
ニコラスらバラモン軍の一行も玉国別に挨拶をなした。すると門前がにわかに騒がしくなってきた。三千彦が立って表門に出ると、悪酔怪会長のタンクは揉み手をしながら腰低く現れ、宮町の騒ぎを収めてくれたことを三千彦に感謝した。
三千彦は和睦の辞を述べ、スマートと共に悪酔怪員たちを連れて馬場に引き返した。タンクは縛られているワックスら四人の前で、四人の罪状を暴く歌を歌い、彼らを追放して聖地に平和をもたらすことを三千彦に訴えた。悪酔怪員たちもタンクの申し出に賛同した。
三千彦を歌をもってタンクに答え、悪酔怪の解散を提案した。タンクも悪酔怪の綱領が正しい目的でないことを認め、三千彦に賛同した。こうして町民一同和気あいあいとして悪酔怪の解散をなし、一同そろって神館に詣でて感謝祈願の言葉を奏上した。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5803
愛善世界社版:30頁 八幡書店版:第10輯 383頁 修補版: 校定版:32頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001(きよ)(こころ)玉国別(たまくにわけ)
002(なつ)御空(みそら)真純彦(ますみひこ)
003(あし)(きず)づく伊太彦(いたひこ)
004二人(ふたり)弟子(でし)(ともな)ひて
005天津(あまつ)日影(ひかげ)もテルモンの
006(うづ)(やかた)表門(おもてもん)
007(かみ)使(つかひ)のスマートに
008(まも)られながら(すす)()
009老若(らうにやく)男女(なんによ)(さけ)(ごゑ)
010矢叫(やさけ)びの()(おどろ)いて
011()(あら)はれし三千彦(みちひこ)
012(おもて)(もん)入口(いりぐち)
013(こが)(した)ふた()(きみ)
014二人(ふたり)(とも)(めぐ)()
015(うれ)しさ(あま)(むね)(せま)
016(なん)応答(いらへ)()(ばか)
017(やうや)(こころ)()(なほ)
018(おく)一間(ひとま)静々(しづしづ)
019三人(みたり)(ともな)(すす)()
020小国姫(をくにひめ)(はじ)めとし
021デビスの(ひめ)やケリナ(ひめ)
022バラモン(けう)神司(かむづかさ)
023ニコラスキャプテン(はじ)めとし
024求道(きうだう)居士(こじ)やヘル(つかさ)
025マリス、リーベナ、ルイキン、ポリト
026バットを(はじ)四五(しご)(にん)
027(しもべ)(とも)(ひか)()
028小国姫(をくにひめ)(さん)(にん)
029姿(すがた)()るより(よろこ)びて
030(その)()(くだ)()(つか)
031よくこそお(いで)(くだ)さつた
032貴方(あなた)三千彦(みちひこ)宣伝使(せんでんし)
033(すく)ひの(かみ)師匠(ししやう)(さま)
034まあまあこれへと(しやう)ずれば
035玉国別(たまくにわけ)目礼(もくれい)
036(その)(こと)()(したが)ひて
037(まう)けの(せき)につきにける。
038小国姫(をくにひめ)此処(ここ)はバラモン(けう)神館(かむやかた)039大黒主(おほくろぬし)(さま)発祥(はつしやう)()040(その)(やかた)(まも)吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)041いろいろと(わざはひ)(かみ)見舞(みま)はれ、042煩悶(はんもん)苦悩(くなう)最中(さいちう)貴方(あなた)のお弟子(でし)三千彦(みちひこ)(さま)がお(いで)(くだ)さいまして、043吾々(われわれ)一同(いちどう)難儀(なんぎ)をお(たす)(くだ)さいました。044(その)胆力(たんりよく)義侠心(ぎけふしん)(たい)し、045感謝(かんしや)(なみだ)(こぼ)して()ります。046何卒(どうぞ)今後(こんご)はお見捨(みす)てなく宜敷(よろし)くお(ねが)(いた)します。047(また)048この求道(きうだう)居士(こじ)(もと)は、049バラモン(けう)のカーネルさま、050治国別(はるくにわけ)(さま)のお言葉(ことば)(かん)比丘(びく)となり三五教(あななひけう)のお(みち)をお(ひら)きなさる(みち)すがら、051(わたし)(むすめ)二人(ふたり)危難(きなん)をお(すく)(くだ)さつた()恩人(おんじん)(ござ)います、052(なん)ともお(れい)(まをし)やうが(ござ)いませぬ』
053玉国(たまくに)『それはそれは、054結構(けつこう)なお神徳(かげ)(いただ)かれました。055目出度(めでた)(ぞん)じます。056そして貴方(あなた)求道(きうだう)居士(こじ)(さま)ですか、057よくまア入信(にふしん)なさいました』
058求道(きうだう)『ハイ、059(わたくし)はバラモン(ぐん)のカーネル、060エミシと(まを)すもの、061鬼春別(おにはるわけ)062久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)(したが)浮木(うきき)(もり)(まで)進軍(しんぐん)(いた)し、063河鹿峠(かじかたうげ)味方(みかた)敗戦(はいせん)によりビクの(くに)(まで)退陣(たいぢん)(いた)し、064此処(ここ)(また)()(いで)て、065猪倉山(ゐのくらやま)岩窟(がんくつ)要塞(えうさい)(かま)へ、066難攻(なんこう)不落(ふらく)(ほこ)つて()(ところ)治国別(はるくにわけ)(さま)がお(こし)になり、067(かみ)(さま)(みち)をお(さと)(くだ)さいましてから、068翻然(ほんぜん)として(さと)り、069(いま)三五教(あななひけう)信者(しんじや)となり、070()神業(しんげふ)奉仕(ほうし)さして(いただ)いて()ます。071(たら)はぬ(それがし)072何卒(なにとぞ)(あつ)()指導(しだう)をお(ねが)(まをし)ます』
073玉国(たまくに)『お(たがひ)()()()うて、074御用(ごよう)()てさせて(いただ)きませう』
075求道(きうだう)此処(ここ)()えて()(しち)(にん)(かた)は、076バラモン(ぐん)の、077ニコラスと()ふ、078キャプテンで(ござ)います、079(その)()(ろく)(にん)(いづ)れも下士官(かしくわん)(ござ)いますが、080鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)変心(へんしん)(およ)(その)()模様(もやう)調査(てうさ)すべく、081先刻(せんこく)この(やかた)()出張(しゆつちやう)になり、082吾々(われわれ)(はなし)()いて、083(やうや)賛成(さんせい)(くだ)さつた(ところ)です。084何卒(なにとぞ)宜敷(よろし)()指導(しだう)(ねが)()げます』
085玉国(たまくに)何分(なにぶん)(たがひ)宜敷(よろし)(ねが)ひませう。086ああ、087貴方(あなた)がニコラス(さま)(ござ)いますか。088や、089()一同(いちどう)(さま)(はじ)めてお()にかかります。090()(なか)には(てき)もなければ味方(みかた)(ござ)いませぬ、091(おな)(かみ)(さま)(はぐく)まれて()吾々(われわれ)人間(にんげん)(たがひ)(なか)よくせねばなりませぬからなア』
092 ニコラス以下(いか)(ろく)(にん)はハツと(かしら)()げ、
093何分(なにぶん)宜敷(よろし)くお(ねが)(まをし)ます』
094(こころ)(そこ)より挨拶(あいさつ)をする。095(かか)(ところ)門前(もんぜん)(にはか)(さわ)がしく擦鉦(すりがね)(おと)096大声(おほごゑ)(うた)(こゑ)(きこ)()る。097三千彦(みちひこ)はツと()つて何事(なにごと)ならむと表門(おもてもん)()た。098スマートは厳然(げんぜん)として(もん)(まも)つて()る。099悪酔怪(あくすゐくわい)(ちやう)タンクは(さき)()ちて(すす)(きた)り、100三千彦(みちひこ)(むか)揉手(もみで)をしながら、101米搗(こめつき)バツタのやうにピヨコ ピヨコと(こし)()(かしら)()げ、102(こび)(てい)(なが)ら、
103タンク『エエ、104これはこれは、105三五教(あななひけう)(だい)宣伝使(せんでんし)106神力(しんりき)無双(むさう)三千彦(みちひこ)(さま)(ござ)いますか。107まアよく遥々(はるばる)神館(かむやかた)にお(いで)(くだ)さいまして、108(やかた)危難(きなん)をお(すく)(くだ)さり、109これの(やかた)黒雲(くろくも)(のぞ)き、110天下(てんか)泰平(たいへい)にお(をさ)(くだ)さいました(だん)111宮町(みやまち)一同(いちどう)(まを)すに(およ)ばず、112国民(こくみん)一同(いちどう)感謝(かんしや)()かざる(ところ)です。113(わたし)天下(てんか)無頼漢(ぶらいかん)114イヤ、115オツトドツコイ無頼漢(ぶらいかん)(こら)す、116悪酔怪(あくすゐくわい)怪長(くわいちやう)タンクと()ケチナ野郎(やらう)(ござ)います。117怪員(くわいゐん)一同(いちどう)(かは)り、118貴方(あなた)()高徳(かうとく)感謝(かんしや)する(ため)(まか)りつん()ました。119スマート(さま)にもそれはそれは(なん)とも()へぬ()尽力(じんりよく)(あづか)りまして有難(ありがた)(ぞん)じます。120ワックス、121ヘルマン、122エキス、123エルの悪人輩(あくにんばら)(あつ)まりまして、124如意(によい)宝珠(ほつしゆ)(たま)(ぬす)むやら、125家々(いへいへ)(たから)(ぬす)むやら騒動(さうだう)をおつ(ぱじ)め、126どうとも()うともならない難儀(なんぎ)(ござ)いましたが、127貴方(あなた)(さま)のお(いで)以来(いらい)128風塵(ふうじん)(をさ)まり、129天下(てんか)泰平(たいへい)端緒(たんちよ)()ましたのは、130(わたし)()抃舞(べんぶ)()(あた)はざる(ところ)です。131何卒(なにとぞ)吾々(われわれ)至誠(しせい)をお(みと)(くだ)さいまして、132今後(こんご)()贔屓(ひいき)(くだ)さるやうお(ねが)(いた)します。133()(とほ)数多(あまた)町民(ちやうみん)(まゐ)りましたのも(みな)134貴方(あなた)()高徳(かうとく)感謝(かんしや)せむ(ため)参上(さんじやう)(いた)しましたので(ござ)いますから、135何卒(どうぞ)宜敷(よろし)可愛(かあい)がつて(いただ)()(ござ)います』
136三千(みち)『ヤア(それ)結構(けつこう)だ。137吾々(われわれ)(たい)する誤解(ごかい)()けましたかな。138今後(こんご)(たがひ)()()きやうて、139(やかた)のため、140(くに)のため協力(けふりよく)一致(いつち)141(まこと)(ささ)げられむ(こと)(いの)ります。142(しか)(なが)ら、143かう大勢(おほぜい)(やかた)(はい)()まれましては小国別(をくにわけ)(さま)()病中(びやうちう)なり、144()迷惑(めいわく)をせられませうから、145門前(もんぜん)馬場(ばんば)にてお()にかかりませう』
146とスマートを()()(もん)()で、147階段(かいだん)(くだ)(くさ)(あを)馬場(ばんば)(いで)()()れば、148五十(ごじふ)兵士(へいし)(れつ)(ただ)し、149ワックス(ほか)()(にん)(ばく)したまま警護(けいご)して()る。150軍人側(ぐんじんがは)と、151悪酔怪(あくすゐくわい)(がは)とはいつしか和睦(わぼく)出来(でき)たと()えて(たがひ)にニコニコ(わら)つて()る。152タンクは(ふたた)驢馬(ろば)(またが)り、153ワックス(ほか)(さん)(にん)(まへ)(うま)(とど)大音声(だいおんじやう)にて演説(えんぜつ)(はじ)めかけた。154三千彦(みちひこ)(うるは)しき(あか)155(しろ)156()157(むらさき)のデリケートの(はな)()()ちた青芝(あをしば)(うへ)(こし)()ろし、158スマートの(かしら)()(なが)ら、159ニコニコとして(ひか)へて()る。
160タンク『そもそも此処(ここ)(つな)がれし
161テルモン(ざん)神館(かむやかた)
162(あら)(まは)りしワックスや
163(その)(ほか)三人(みたり)悪漢(わるもの)
164大黒主(おほくろぬし)(おん)(たから)
165如意(によい)宝珠(ほつしゆ)横奪(わうだつ)
166(やかた)(あるじ)(くる)しめて
167ギウギウ()はせ(わが)(こひ)
168野望(やばう)(うま)(たつ)せむと
169所在(あらゆる)手段(しゆだん)(めぐ)らして
170(あく)(かぎ)りを(つく)したる
171極悪(ごくあく)無道(ぶだう)痴漢(しれもの)
172三五教(あななひけう)神使(かむづかひ)
173三千彦(みちひこ)さまの()()たれ
174如何(いかん)ともする(すべ)もなく
175(くび)(まは)らぬ(くる)しさに
176魔法使(まはふづかひ)布令(ふれ)(まは)
177吾々(われわれ)一同(いちどう)町民(ちやうみん)
178(うま)(いつは)暴動(ばうどう)
179(おこ)させたるぞ(にく)らしき
180(この)宮町(みやまち)町民(ちやうみん)
181テルモン(ざん)霊地(れいち)をば
182堅磐(かきは)常磐(ときは)によく(まも)
183天地(てんち)(かみ)御恵(みめぐみ)
184(むく)ひむ(ため)赤誠(まごころ)
185(ちから)(かぎ)りに(つく)すのみ
186()らぬが(ほとけ)町民(ちやうみん)
187家令(かれい)(せがれ)ワックスが
188(たく)みの(わな)におとされて
189神力(しんりき)無双(むさう)神人(しんじん)
190刄向(はむ)かひ(まつ)りし(おろか)さよ
191(あく)()けたるワックスは
192(わが)()(つみ)(おほ)はむと
193(ここ)一計(いつけい)案出(あんしゆつ)
194悪酔怪(あくすゐくわい)組織(そしき)して
195(よわ)きを(くじ)(つよ)きをば
196(たす)けむものと主張(しゆちやう)しつ
197数百(すうひやく)余人(よにん)団体(だんたい)
198(つく)りて(まこと)神人(しんじん)
199(なや)まし(まつ)神館(かむやかた)
200占領(せんりやう)せむと(たく)みたる
201(その)悪計(あくけい)(おそ)ろしき
202天罰(てんばつ)(たちま)(むく)()
203(おの)(ひき)ゆる怪員(くわいゐん)
204()もなく(からだ)(しば)られて
205これの馬場(ばんば)万世(よろづよ)
206(はぢ)(さら)すぞ可笑(をか)しけれ
207ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
208(まこと)(かみ)はいつ(まで)
209(あく)(たく)みを(ゆる)さむや
210(われ)()はタンクと()(をとこ)
211六百(ろくぴやく)(にん)町民(ちやうみん)
212やつと(えら)まれ(をさ)となり
213(いま)(また)(ここ)悪酔怪(かたまり)
214(かしら)とおされ町民(ちやうみん)
215代表(だいへう)なして三五(あななひ)
216(かみ)(つかさ)(おん)(まへ)
217(まこと)(こころ)顕彰(けんしやう)
218御国(みくに)(ため)(つく)さむと
219(しう)()きつれ(きた)りたり
220(ゆる)させたまへ惟神(かむながら)
221(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)
222(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
223(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
224(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
225直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
226()(あやまち)()(なほ)
227三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
228三千彦(みちひこ)(つかさ)(まへ)なれど
229これに(つな)ぎし四人(よにん)()
230これの聖地(せいち)朝夕(あさゆふ)
231()(みだ)()曲者(くせもの)
232(かなら)(ゆる)(たま)()
233(きび)しき(むち)(くは)へつつ
234これの聖地(せいち)()(いだ)
235(こら)しめたまへ惟神(かむながら)
236六百(ろくぴやく)(にん)になり(かは)
237(あらた)(ねが)(たてまつ)
238ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
239御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ
240かかる悪魔(あくま)聖場(せいぢやう)
241姿(すがた)()する(その)(うち)
242如何(いか)なる(かみ)御恵(みめぐみ)
243如何(いか)なる(まこと)御教(みをしへ)
244如何(いか)(ひら)けむ常闇(とこやみ)
245()()()ひと(くも)るのみ
246ああ(ねが)はくば三千彦(みちひこ)
247(まこと)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
248(われ)()(ねが)ひを逸早(いちはや)
249()()りたまひ片時(かたとき)
250(はや)聖地(せいち)()(いだ)
251これの霊地(れいち)(わざはひ)
252(のぞ)かせ(たま)へと()ぎまつる
253ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
254御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
255(うた)をもつて演説(えんぜつ)()へ、256()三千彦(みちひこ)(むか)ひ、257(これ)()()(にん)悪党(あくたう)(いち)()(はや)(この)聖場(せいぢやう)より追放(つゐはう)されむ(こと)(いの)つた。258悪酔怪(あくすゐくわい)(ゐん)一同(いちどう)は、259一斉(いつせい)()()つてタンクの(せつ)賛成(さんせい)()(へう)した。260三千彦(みちひこ)(うた)をもつて(これ)(こた)ふ。
261三千彦(みちひこ)()常闇(とこやみ)となり()てて
262悪魔(あくま)天下(てんか)横行(わうかう)
263()()(かぜ)(なまぐさ)
264()ゆる()のなき人馬(じんば)()
265(はら)はむよしもなきままに
266(なや)(くる)しむ宮町(みやまち)
267老若(らうにやく)男女(なんによ)心根(こころね)
268(いま)(さら)(おも)()られけり
269テルモン(ざん)(みね)(きよ)
270蓮華(はちす)(はな)四方(よも)八方(やも)
271芳香(はうかう)(くん)夏風(なつかぜ)
272()られて御代(みよ)泰平(たいへい)
273(うた)へど(かみ)(おん)(やかた)
274日毎(ひごと)夜毎(よごと)憂愁(いうしう)
275(つつ)まれたまひ神柱(かむばしら)
276小国別(をくにのわけ)(ひめ)(みこと)
277(その)(ほか)二人(ふたり)乙女(をとめ)(たち)
278(その)()不覚(ふかく)(なげ)きつつ
279家令(かれい)(せがれ)ワックスが
280(しこ)(たけ)びに(てき)()
281()(あぐ)みます(とき)もあれ
282(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
283(すく)ひの(かみ)(あら)はれし
284三千彦(みちひこ)(つかさ)()(くだ)
285(こころ)(いた)種々(くさぐさ)
286(なや)みに()いて(やうや)うに
287(かみ)(やかた)(つつ)みたる
288(しこ)雲霧(くもきり)()(はら)
289(あさひ)豊阪(とよさか)(のぼ)るごと
290(やうや)(うま)(かは)りけり
291ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
292(かみ)御稜威(みいづ)(いちじる)
293(めぐみ)(つゆ)(ふか)きをば
294(よろこ)(いは)(たてまつ)
295(たま)所在(ありか)(やうや)くに
296(あら)はれまして神館(かむやかた)
297(うへ)(した)へと(えら)ぎつつ
298(もと)姿(すがた)となりにけり
299さはさりながら団体(だんたい)
300(をさ)とあれますタンクさま
301悪酔怪(あくすゐくわい)綱領(かうりやう)
302(よわ)きを(くじ)(つよ)きをば
303(たす)くるよしに()(およ)
304悪魔(あくま)(ひと)しき団体(だんたい)
305天地(てんち)(かみ)御心(みこころ)
306背反(はいはん)したる暴挙(ばうきよ)ぞや
307いと(すみやか)(あらた)めて
308(この)団体(だんたい)解散(かいさん)
309(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
310(をしへ)(みち)帰順(きじゆん)せば
311(われ)()(とも)()()いて
312これの聖地(せいち)(まも)るべし
313(かへり)りみたまへ惟神(かむながら)
314(かみ)御前(みまへ)赤心(まごころ)
315(ささ)げて(ここ)()ぎまつる
316(あさひ)()るとも(くも)るとも
317(つき)()つとも()くるとも
318仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
319(まこと)(ちから)()(すく)
320(まこと)(みち)(みな)(きた)
321悪酔怪(あくすゐくわい)目的(もくてき)
322(けつ)して()()(ひと)()
323利益(りえき)となるべきものでなし
324否々(いないな)(かへつ)()(けが)
325大混乱(だいこんらん)(たね)ぞかし
326(かへり)(たま)へタンクさま
327(その)(ほか)会員(くわいゐん)()一同(いちどう)
328三五教(あななひけう)三千彦(みちひこ)
329(こころ)()めて()りまつる
330ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
331御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
332タンク『いざさらば(きみ)(をしへ)(したが)ひて
333これの集団(つどひ)()(はな)ちなむ。
334この集団(つどひ)(われ)()一同(いちどう)(こころ)より
335()でしに(あら)ずワックスの(むね)
336ワックスの(もも)(たく)みの(あら)はれし
337(うへ)尚更(なほさら)(なん)(えう)なき。
338(よわ)きをば(くじ)(つよ)きを(たす)くるは
339曲津(まがつ)(かみ)仕業(しわざ)なるらむ』
340三千彦(みちひこ)健気(けなげ)なるタンクの(きみ)(こと)()
341(まこと)(かみ)御声(みこゑ)とぞ(おも)ふ。
342いざ(はや)(まが)集団(つどひ)()きほどき
343(かみ)御前(みまへ)赤心(まごころ)ささげよ』
344 かく(うた)()(かは)し、345和気(わき)靄々(あいあい)として(ここ)悪酔怪(あくすゐくわい)解散(かいさん)をなし、346町民(ちやうみん)一同(いちどう)()(そろ)ひ、347神館(かむやかた)(うやうや)しく(まう)でて感謝(かんしや)祈願(きぐわん)言葉(ことば)奏上(そうじやう)した。348中空(ちうくう)には微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、349天津(あまつ)乙女(をとめ)姿(すがた)(ふた)()(うれ)しげに()(くる)ひ、350優曇華(うどんげ)花弁(はなびら)(かぜ)(ひるがへ)り、351各人(かくじん)(あたま)にパラリパラリと()(きた)る。352ああ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
353大正一二・三・二八 旧二・一二 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→