霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 兎耳(うさぎみみ)〔一四八八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ(新仮名遣い):せんぱばんぱ
章:第13章 兎耳 よみ(新仮名遣い):うさぎみみ 通し章番号:1488
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ヤッコスはダルの耳を引っ張りながら、弁解を歌に乗せて述べ立てる。ダルは耳を放せとヤッコスに怒鳴りたてた。ヤッコスがダルの耳を放さないので、メートが助けに入った。するとハールがヤッコスの助太刀に入る。
伊太彦は見かねて大喝一声、ヤッコスに耳を放すように促し、やっとヤッコスは話した。今度はメートがヤッコスの耳を掴んで引っ張る。伊太彦がまたしてもメートをなだめてようやく離れ、喧嘩が終わった。
ダルとヤッコスは不機嫌な顔をして黙り込んでいる。船頭のイールは流ちょうな声で、今の喧嘩のありさまを歌いだした。船は波を分けて進んで行く。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5813
愛善世界社版:157頁 八幡書店版:第10輯 426頁 修補版: 校定版:168頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001 ヤッコスは自分(じぶん)弁解(べんかい)()ね、002()つダルが自分(じぶん)内心(ないしん)素破(すつぱ)()いた(その)(うらみ)(むく)いむと、003下女(げぢよ)(なべ)(みみ)(つか)んだやうな調子(てうし)(かか)(なが)ら、004(うた)(ふし)につれ、005ダルの(くび)しやくりつつ(くさ)(いき)(かほ)遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく()きかけ呶鳴(どな)(はじ)めた。
006ヤッコス『エーエ、007(はばか)(なが)一寸(ちよつと)御免(ごめん)(かうむ)りまして、008三五教(あななひけう)(かみ)(さま)の、009大神徳(だいしんとく)帰順(きじゆん)した、010ヤッコス(つかさ)一場(いちぢやう)の、011(きやう)文句(もんく)(とな)()げますならば、012チヤカポコ チヤカポコ ポコポコポコ』
013ダル『こりやこりや、014さう(みみ)をしやくつては(いた)いぢやないか、015(はな)さぬかい』
016ヤッコス『エー、017なかなかなかなか、018(この)(みみ)(はな)してなりませうか。019(がに)のやうに(あわ)をふくの、020目玉(めだま)一寸(いつすん)()()したのと、021善言(ぜんげん)美辞(びじ)(かみ)(さま)の、022(をしへ)(ののし)()(なが)ら、023悪言(あくげん)暴語(ばうご)のダルの(くち)024(ひと)(こら)してやらなけりや、025(わたし)(をとこ)()ちませぬ、026自分(じぶん)(こころ)()(くら)べ、027正真(しやうしん)正銘(しやうめい)正直(しやうぢき)の、028ヤッコスを(つか)まへて、029大勢(おほぜい)さまの()(まへ)で、030讒言(ざんげん)するとは(なん)(こと)031(けつ)して(ゆる)しはせぬほどに、032こりやこりや がりぼし(やせ)つぽし、033バツチヨ(がさ)のやうな(ざま)をして、034(ほね)(かは)とになり(なが)ら、035(あご)(たた)くも(ほど)がある、036貴様(きさま)(みみ)兎耳(うさぎみみ)037(にぎ)つた(うへ)中々(なかなか)に、038(はな)しはせぬぞこりやどうだ、039(まこと)()まぬ(こと)(ばか)り、040(まを)しましたと(みな)さまの、041(まへ)でお(わび)をすればよし、042性懲(しやうこり)もなく何時(いつ)(まで)も、043頑張(ぐわんば)()らす(その)(とき)は、044(おれ)承知(しようち)をせぬ(ほど)に、045サアサアどうだがりつぽし046貴様(きさま)目玉(めだま)(なん)(こと)047道案内(みちあんない)表札(へうさつ)を、048()てて()かねば(わか)らない、049目玉(めだま)(おく)()()んで、050おまけに白眼(しろめ)七八分(しちはちぶ)051これでも矢張(やはり)人間(にんげん)の、052(つら)ぢやと(おも)ふて()よるのか、053大化物(おほばけもの)馬鹿者(ばかもの)か、054合点(がつてん)のゆかぬ馬鹿者(ばかもの)ぢや、055貴様(きさま)(まゆ)(なん)(こと)056千切(ちぎ)千切(ちぎ)れのベラサク(まゆ)057毛虫(けむし)のとまつたやうぢやぞや、058(はな)(はしら)胡坐(あぐら)かき、059不整頓(ふせいとん)なる小鼻(こばな)()が、060眼鏡(めがね)のやうについて()る、061(くち)鰐口(わにぐち)()出歯(でば)で、062加之(おまけ)前歯(まへば)()げて()る、063(あご)(みじか)いこの(つら)は、064譬方(たとへがた)ない畜生面(ちくしやうづら)065こんな(くち)からベラベラと、066(なん)(まこと)喋舌(しやべら)りよか、067()(ほど)()らぬもあんまりぢや、068こりやこりやも(ひと)(ゆす)らうか、069(いた)いと()つても(おれ)(みみ)070(けつ)して(いた)くはない(ほど)に、071アハハハハツハ、072アハハハハ、073(あき)れて(もの)()はれない、074イヒヒヒヒツヒ、075イヒヒヒヒ。076(ゆが)(づら)陰気(いんき)(かほ)真中(まんなか)に、077(ゆが)んだ(はな)がドツカリと、078胡床(あぐら)をかいて()やがるわ、079ウフフフフツフ兎耳(うさぎみみ)080驢馬(ろば)土産(みやげ)にやつたなら、081(さだ)めし満足(まんぞく)するだらう、082エヘヘヘヘツヘ、083エヘヘヘヘ、084偉相(えらさう)(ぬか)(へら)(ぐち)085四角(しかく)(くち)不行儀(ふぎやうぎ)に、086(あつ)(くちびる)つき()して、087馬来(マレー)人種(じんしゆ)がやつて()て、088運上(うんじやう)とるやうな(めう)(くち)089オホホホホツホ、090オホホホホ、091おづおづ(いた)して(ふる)うてる、092(ほね)(かは)とのがり坊子(ばうし)093どこを()したらあんな(こと)094ようまあ(ぬか)せたものだなア、095貴様(きさま)(ひと)(わざはひ)を、096()せて(よろこ)曲津(まがつ)(かみ)097滅多(めつた)(こと)喋舌(しやべ)りよると、098(この)(まま)承知(しようち)しはせぬぞ、099(おれ)でも矢張(やつぱり)(かみ)()だ。100一時(いつとき)(くも)(つつ)まれて、101悪魔(あくま)(とりこ)となつたとて、102何時(いつ)(まで)それで()るものか、103馬鹿(ばか)にするのも(ほど)がある、104一度(いちど)(あご)(たた)いて()よれ、105(この)(まま)(ゆる)しはせぬ(ほど)に、106チヤカポコ チヤカポコ』
107ダル『こりや、108よい加減(かげん)(はな)さぬかい、109(みみ)千切(ちぎ)れるぢやないか。110肝腎要(かんじんかなめ)(たく)みを()(あて)られて(はら)()つのも(もつと)もだが、111貴様(きさま)(ここ)()改心(かいしん)のし(どき)だ。112これ(いた)いわい、113(なに)しやがるのだ、114(はな)さぬかい』
115ヤッコス『(はな)さぬ(はな)さぬ(はな)さぬぞ、116このヤッコスはどこ(まで)も、117(みみ)千切(ちぎれ)(ところ)(まで)118因縁(いんねん)()いて()かさねば、119どうしても(むね)(おさ)まらぬ、120これや これや どうだダルの(やつ)121(いま)(まで)(まをし)悪垂口(あくたれぐち)122(まこと)()まぬ(うそ)(ばか)り、123(まをし)ましたと()(なほ)し、124玉国別(たまくにわけ)(その)(ほか)の、125(かみ)(つかさ)(うたがひ)を、126()らして()れよ何処(どこ)(まで)も、127(おれ)(この)(みみ)(はな)さない、128(なん)だい(なみだ)()しやがつて、129貴様(きさま)卑怯(ひけふ)(やつ)だなア』
130 (そば)()()た、131メートは(たま)()ね、132(また)(うしろ)から、133ヤッコスの両方(りやうはう)(みみ)をグツと(にぎ)り、
134メート『こりやこりや悪漢(わるもの)ヤッコスよ、135乱暴(らんばう)(こと)(いた)すなよ、136(わが)()(つめ)つて(ひと)(いた)さを()れと()(こと)は、137(むかし)聖者(せいじや)御教(みをしへ)だ、138(おれ)貴様(きさま)両耳(りやうみみ)を、139(にぎ)つて(おも)()らしてやる、140これやこれや(いた)いか(いた)いだらう、141貴様(きさま)がダルの耳朶(みみたぶ)を、142(あやま)()つて(はな)(まで)143(この)(みみ)はどうしても(はな)さない、144(いた)いか(いた)いかこれやどうだ、145貴様(きさま)(みみ)驢馬(ろば)(みみ)146内耳(うちみみ)外耳(そとみみ)もむしやむしやと、147(けもの)のやうな()()へて、148気分(きぶん)のよくない手触(てざは)りだ、149胡麻煎(ごまいり)(あたま)()(なが)ら、150(くち)(さき)にて胡麻(ごま)()り、151一時逃(いちじのが)れに(うま)(こと)152(ぬか)した(ところ)(かみ)(さま)は、153(こころ)(そこ)(まで)()承知(しようち)だぞ』
154 ヤッコスはメートに(せな)から(みみ)(ちから)一杯(いつぱい)(にぎ)られ(あたま)をしやくられ、155(なみだ)(なが)(なが)(なほ)執念深(しふねんぶか)く、156ダルの両耳(りやうみみ)(にぎ)つて(はな)さない。157()るに見兼(みかね)て、158ハールは(また)両耳(りやうみみ)(つか)もうとする。159伊太彦(いたひこ)大喝(だいかつ)一声(いつせい)
160伊太(いた)『こりやこりや、161ヤッコス、162(なに)乱暴(らんばう)(こと)をするのだ、163さう(みみ)(つか)まなくても(はなし)出来(でき)るぢやないか、164サア(はや)(はな)さないか』
165 ヤッコスは不承(ふしよう)無精(ぶしよう)に『ハイ』と()つたきりダルの(みみ)(はな)した。
166ダル『アハハハハハ、167(ざま)()い、168(いた)からう。169オイ、170メート(しつか)引張(ひつぱ)つてやつて()れ、171大分(だいぶん)此奴(こいつ)(みみ)金挺(かなてこ)だから、172少々(せうせう)(かた)(ぱう)(ぐらゐ)ちぎつたつて、173神経(しんけい)(かよ)つて()ないから、174(いた)がる気遣(きづか)ひは()からうよ』
175メート『よし、176(まへ)命令(めいれい)だ、177どうしても(はな)すものか、178もう()うなれば(かに)()(はさ)まれたも同様(どうやう)だ。179(すつぽん)()まれたも同様(どうやう)だ、180千切(ちぎ)れる(ところ)まで(はな)すものか』
181ヤッコス『アイタタタタ、182これメート、183(おれ)(はな)したのだから、184貴様(きさま)(はな)して()れ』
185メート『(いた)むやうに()つぱつて()るのだ。186()宣伝使(せんでんし)命令(めいれい)(くだ)らないから命令(めいれい)(くだ)るまで、187がりぼし()()()つてやる』
188()(なが)引張(ひつぱ)る。189(その)(たび)(ごと)(ふな)(どろ)()うたやうに、190パクパクと歯並(はなみ)(わる)(くち)開閉(かいへい)して()る。
191伊太(いた)『オイ、192メート、193もうよい加減(かげん)(はな)してやれ、194此奴(こいつ)(わが)()()らずぢやない、195(みみ)()らずだから、196(ひと)(みみ)(すぐ)(ねら)ふのだ。197(みみ)ばかりかと(おも)へば睾丸(きんたま)(ねら)ひだ。198(みな)よく()をつけたらよからうぞ』
199メート『そんなら(はな)してやりませうか。200大分(だいぶ)(みみ)が、201伊太彦(いたひこ)さまだと()えますわい、202アハハハハハ』
203伊太(いた)(はた)()()もいたいたしい、204まア見直(みなほ)()(なほ)して(ゆる)してやるがよからう』
205メート『ヤッコスが(みみ)引張(ひつぱ)られ(かほ)しかめ
206ああ伊太彦(いたひこ)(すく)はれにける。
207伊太(いた)々々(いた)伊太彦(いたひこ)さまのお(なさけ)
208(まも)りて(みみ)(はな)(をし)さよ』
209(うた)(をは)つて(みみ)をパツと(はな)した。
210 ヤッコスの(みみ)はメートの(かた)(つめ)(ふか)這入(はい)()んだと()えて、211()をぼとりぼとりと()らしながら、212残念(ざんねん)さうにメートの横顔(よこがほ)()めつけて()る。
213伊太彦(いたひこ)『ヤッコスに(みみ)つかまれたダルさまは
214()(くち)(はな)(まで)ゆがめつるかも。
215渋面(じうめん)(つく)つて(なみだ)ぽろぽろと
216腮辺(しへん)にダルの(かほ)(あはれ)さ。
217(うしろ)から(ふた)つの(みみ)()()られ
218メート(はな)とをむけむけとする』
219メート『(この)(をとこ)メートの(たび)(おく)らむと
220(おも)矢先(やさき)伊太彦(いたひこ)(こゑ)
221伊太彦(いたひこ)(つる)一声(ひとこゑ)(こば)まれず
222無念(むねん)ながらも(みみ)(はな)しけり』
223ヤッコス『(ひと)(みみ)(つか)んで()ても(いた)くなし
224されどヤッコス(みみ)(いた)かり。
225神経(しんけい)(かよ)はぬ(みみ)(ちから)(かぎ)
226ダルを()けども(いた)くなかりし。
227(わが)(みみ)(ぬく)血潮(ちしほ)(かよ)つて()
228()かれた(とき)(みみ)(いた)さよ』
229 (みみ)喧嘩(けんくわ)(やうや)()んだ。230ダル、231ヤッコス両人(りやうにん)は、232不機嫌(ふきげん)(かほ)して(だま)()んで仕舞(しま)つた。233船頭(せんどう)のイールは、234(ひろ)湖原(うなばら)(かぜ)(さら)された流暢(りうちやう)(こゑ)(うた)()した。
235イール『ダルとヤッコス二人(ふたり)喧嘩(けんくわ)
236耳兎(みみづく)(うさぎ)のゆがみ()
237(なみ)はどんどん()()(きた)
238(みみ)鼓膜(こまく)をひびかせて
239()くも(おそ)ろしヤッコスの(たく)
240ばらすダルさまは面白(おもしろ)
241(いた)(いた)いと(たがひ)(みみ)
242()いて(くる)しむ(なみ)(うへ)
243(みみ)(いた)いよな小言(こごと)()いて
244(また)もや(いた)(ほど)(みみ)ひかれ
245()(はな)(くち)(みみ)眉毛(まゆげ)のおきば
246(なら)()てたる面黒(おもくろ)
247(かほ)はお(さる)(こころ)(おに)
248やがて(からす)婿(むこ)にとる
249(なが)船路(ふなぢ)(すべ)りて()けば
250(ふね)(うち)にもおとし(あな)
251(ひと)(おとし)自分(じぶん)(のぞ)
252(たて)(よこ)との悪企(わるだく)
253(ひやく)()二百(にひやく)()(とほ)くはないが
254(かみ)御国(みくに)(ちか)くない
255西(にし)照国(てるくに)(ひがし)木国(きくに)
256(きた)はテルモン(みなみ)はイヅミ
257(なか)(ただよ)ふキヨの(うみ)
258(うた)(なが)ら、259()(かへ)るやうな、260(あつ)(なみ)()けて()く。
261大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/30飯塚弘明.com7月22日(木・祝)に「世界KOTOTAMAフェス」が琵琶湖畔の「水茎の岡」で開催されます。かねてより予告していた言霊学の資料集もこの日に発表されます。王仁三郎の言霊学に関する教示を一つにまとめた史上初の言霊学資料集です。全部で600頁を超える本格的なものです。
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→