霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 船待(ふなまち)〔一四九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻 篇:第3篇 千波万波 よみ(新仮名遣い):せんぱばんぱ
章:第18章 船待 よみ(新仮名遣い):ふなまち 通し章番号:1493
口述日:1923(大正12)年03月29日(旧02月13日) 口述場所:皆生温泉 浜屋 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
スマの浜辺では、バーチル家の僕アキスとカールが水平線を眺めていた。バーチル家では、主人のバーチルと僕のアンチーが漁に出たまま三年も帰らないため、二人を死んだものとして葬儀を出していた。
しかし女主人のサーベルが三日前から突然、旦那のバーチルが帰ってくるから浜に迎えに行けと僕たちに命令し始めた。二人は命令にしたがって浜に来ているが、合点がゆかず、サーベルの命令への文句やバーチル家の行く末についてあれこれ話している。
そこへ酒に酔ったテクという男がやってきてアキスとカールに絡み始めた。テクはバラモン軍から金をもらって目付をやっている男であった。テクは二人をひとしきり言い争いをした後、ひょろひょろと千鳥足で港方面を指して去って行った。
アキスとカールはその様子を見て笑い歌っている。するとはるか向こうの水面に船の白帆が見えだした。二人は半信半疑で近づく船を眺めて待ちあぐんでいる。
白帆の形は次第に大きくなり、へさきに立っている人の影も見えるくらいに近づいてきた。二人は何とはなしに心勇み磯端に飛び回っている。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm5818
愛善世界社版:218頁 八幡書店版:第10輯 448頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
001 スマの浜辺(はまべ)青芝草(あをしばぐさ)(うへ)胡床(あぐら)をかき、002湖水(こすい)(なみ)(なが)めて欠伸(あくび)をきざみ(なが)雑談(ざつだん)(ふけ)つて()二人(ふたり)(をとこ)があつた。003(この)二人(ふたり)はバーチルが(いへ)(しもべ)アキス、004カールであつた。
005アキス『おい、006カール、007昨日(きのふ)から今日(けふ)三日(みつか)(あひだ)008毎日(まいにち)日日(ひにち)案山子(かがし)(なに)かの(やう)(みづうみ)(つら)ばつかり(なが)めて頬辺(ほほべた)蟆子(ぶと)()まれ、009()つてるのも()加減(かげん)のものぢやないか。010まるで(ゆめ)でも()()(やう)だな、011(おれ)ヤもう()んな(こた)(いや)になつた。012さつぱりアキスだよ』
013カール『(なん)()つても()主人(しゆじん)(さん)(ねん)行衛(ゆくゑ)(わか)らず、014何時(いつ)カールか、015(かへ)らぬか(わか)らないのだからな。016(おく)さまがあつても主人(あるじ)()らなけりや矢張(やつぱり)アキス()たやうなものだ。017(しか)しまあアキス(ねら)ひが()()ぬので、018まア結構(けつこう)だ。019(この)(ごろ)(おく)さまは神経(しんけい)興奮(こうふん)して主人(あるじ)(かへ)つて()るから、020(むか)へに()(むか)へに()けと(しり)()がついた(やう)仰有(おつしや)るものだから、021かう()たものの、022(おく)さまは(ゆめ)でも()たのだらうかのう。023本当(ほんたう)()夫婦(ふうふ)(なか)()いものだつたが、024ああ鰥鳥(やもめどり)となると(なん)とはなしに(さび)しうなつて()てチツとは()(へん)になつて()やうかい。025(おく)さまは旦那(だんな)(さま)(れふ)()つたきり、026番頭(ばんとう)のアンチーを()れて、027十日(とをか)()つても二十日(はつか)()つても姿(すがた)をお()(あそ)ばさないので、028到頭(たうとう)()られた()命日(めいにち)として鄭重(ていちよう)葬式(さうしき)(あそ)ばし、029石塔(せきたふ)までお(こしら)へになつた(くらゐ)だから、030もう旦那(だんな)(さま)(かへ)らぬと(あきら)めて()られると(おも)つて()つたのに、031(この)(ごろ)(なに)かイソイソとして旦那(だんな)(さま)(かへ)つて()(かへ)つて()ると仰有(おつしや)るが本当(ほんたう)(こま)つて(しま)ふわ』
032アキス『それでも今年(ことし)(さん)(ねん)にもなるのに後添(のちぞ)ひも()れず神妙(しんめう)貞淑(ていしゆく)(まも)つて()なさる(ところ)本当(ほんたう)見上(みあ)げたものだよ。033(なん)()つてもスマきつての財産家(ざいさんか)だから種々(いろいろ)(をとこ)(いろ)(よく)とで()()り、034(はじ)めの(うち)(さび)しからうとか、035留守(るす)見舞(みまひ)だとか()つて出入(でい)りする(つみ)(ふか)(やつ)沢山(たくさん)あつたが、036(たれ)(かれ)(みな)エッパッパを()はされて、037(この)(ごろ)到底(たうてい)駄目(だめ)だと(あきら)めて性悪(しやうわる)(をとこ)(かげ)()ない(やう)になつたのは、038まだしもの(さいはひ)だ。039(しか)(なが)大変(たいへん)神経質(しんけいしつ)ぢやないか。040あの一年祭(いちねんさい)法事(はふじ)(つと)められた(とき)041(おれ)()一緒(いつしよ)旦那(だんな)(さま)石碑(せきひ)(まへ)祭典(さいてん)(おこな)ひ、042奥様(おくさま)一生(いつしやう)懸命(けんめい)泣声(なきごゑ)()して口説(くど)いて(ござ)つた(とき)本当(ほんたう)(そば)()(おれ)(たち)(なみだ)(こぼ)れたよ。043夫婦(ふうふ)(じやう)()ふものは()んなものかと感心(かんしん)したよ。044本当(ほんたう)貞淑(ていしゆく)(をんな)だなア』
045カール『うん、046さうさう、047(おれ)もその(とき)には本当(ほんたう)(なみだ)(こぼ)れたよ。048やがて三年祭(さんねんさい)()()るのだが、049あの(とき)(やう)滑稽(こつけい)今度(こんど)はあるまいね。050奥様(おくさま)一生(いつしやう)懸命(けんめい)石塔(せきたふ)(むか)つて仰有(おつしや)るのには、051「もし、052旦那(だんな)(さま)053貴方(あなた)可愛(かあい)妻子(つまこ)()()てて(わたし)がお(いさ)(まを)すのもお()(あそ)ばさず、054番頭(ばんとう)一緒(いつしよ)性凝(しやうこ)りもなく殺生(せつしやう)をしておいで(あそ)ばした。055その天罰(てんばつ)(まを)しますか、056(なん)(まを)すか()りませぬが到頭(たうとう)貴方(あなた)(さかな)(ため)(たふと)(いのち)()られたぢやありませぬか。057もし貴方(あなた)(れい)があるのなれば(なん)とか(しるし)()せて(くだ)さい」とそれはそれは人目(ひとめ)(はばか)らずお()(あそ)ばした(とき)本当(ほんたう)(そば)()るのも(くる)しい(やう)だつた。058そした(ところ)059旦那(だんな)(さま)石塔(せきたふ)がガタガタと(うご)()した。060(おれ)吃驚(びつくり)して(たましひ)(ちう)()(やう)になつて()た。061それでも奥様(おくさま)泰然(たいぜん)自若(じじやく)たるもので、062旦那(だんな)(さま)063貴方(あなた)石塔(せきたふ)になつてからも(わたし)(こと)(おも)ふて(くだ)さいますと()えまして、064只今(ただいま)石塔(せきたふ)がお(うご)(あそ)ばしたのは、065(まつた)性念(しやうねん)がお()りになるので(ござ)いませう。066何卒(どうぞ)一言(ひとこと)女房(にようばう)()つて(くだ)さい。067(ねが)ひで(ござ)います」と()いて口説(くど)かれた(とき)本当(ほんたう)()(どく)(たま)らなかつたぢやないか。068(あと)から(かんが)へて()れば石塔(せきたふ)(うご)いたのは丁度(ちやうど)その(とき)069地震(ぢしん)があつたのだ。070あの(とき)071ケルの(いへ)もタク(こう)(いへ)もメチヤメチヤに(こは)されて(しま)つたぢやないか。072その(とき)本当(ほんたう)旦那(だんな)(さま)石塔(せきたふ)(うご)いたのかと(おも)つて、073どれ()(おれ)(きも)(つぶ)したか(わか)らなかつたよ。074(あと)(おも)つて()れば(じつ)滑稽(こつけい)だつたな』
075アキス『うん、076そんな(こと)があつたね。077(しか)(あんま)()(どく)で、078地震(ぢしん)(うご)いたのだと()(こと)出来(でき)ず、079奥様(おくさま)一生(いつしやう)懸命(けんめい)矢張(やつぱ)石塔(せきたふ)奥様(おくさま)(まこと)(かん)じて(うご)いたのだと(しん)じて(ござ)るのだから、080本当(ほんたう)にお(いとし)いものだ。081(しか)しどうだらうな、082本当(ほんたう)旦那(だんな)(さま)がお(かへ)りになるのだらうか。083昨日(きのふ)()()(ごろ)海賊船(かいぞくせん)七八艘(しちはつそう)084(むか)ふの(はう)(とほ)りキヨの(みなと)()つたきり、085漁船(ぎよせん)(とほ)らねば(ふね)らしいものは、086此方(こちら)()ないぢやないか。087奥様(おくさま)(はなし)によれば立派(りつぱ)(ふね)()つて沢山(たくさん)(ひと)(おく)られて(かへ)つて(ござ)ると仰有(おつしや)るが、088まるで(くも)(つか)(やう)(はなし)ぢやないか。089この炎天(えんてん)(あたま)(さら)されてはやりきれないわ。090()(かげ)でもあれば辛抱(しんばう)出来(でき)るのだが、091見渡(みわた)(かぎ)()一本(いつぽん)もない(この)浜辺(はまべ)()るのは、092もうアキスだ。093何処(どこ)友達(ともだち)(ところ)にでも()つて(ゆつ)くり休息(きうそく)して(かへ)らうぢやないか』
094カール『それだと()つて、095もしや、096ひよつと旦那(だんな)(さま)(かへ)られたなら、097それこそ大変(たいへん)なお目玉(めだま)(くら)はねばならぬよ。098あれ()奥様(おくさま)(やかま)しく狂人(きちがひ)(やう)仰有(おつしや)るのだから間違(まちがひ)なからうと(おも)ふよ』
099(おれ)(なん)だか(かへ)つて(ござ)(やう)気持(きもち)もするなり、100(かへ)られぬ(やう)()もするなり、101(へん)()になつて()た。102もしや()(ちが)ふのぢやあるまいかな。103(あんま)炎天(えんてん)()らされたので(あたま)がカンカンする(やう)になつたのだから可怪(をか)しいものだぞ』
104 (かか)(ところ)一人(ひとり)(をとこ)105ヒヨロリ ヒヨロリと千鳥足(ちどりあし)真赤(まつか)(かほ)(なが)(あゆ)(きた)り、
106(をとこ)『エ、107ベランメー、108貴様(きさま)毎日(まいにち)日日(ひにち)(この)(あつ)いのに、109()んな(ところ)屁太(へた)りやがつて、110(なに)をしてけつかるのだ。111何程(なにほど)湖水(こすい)(なが)めて()つても、112滅多(めつた)(さかな)はお(まへ)(まへ)()んで()気遣(きづか)ひは()いぞ。113(そら)()(とり)がお(まへ)(まへ)へパタリと()ちて()(はず)もなからう。114(なん)だ、115(よう)もないのに荒男(あらをとこ)毎日(まいにち)日日(ひにち)欠伸(あくび)ばつかりしやがつて()()かない野郎(やらう)だな。116(この)(ごろ)はチツと逆上(のぼ)せて()やがるのだな。117(まへ)(うち)女主人(をんなしゆじん)(へん)(こと)口走(くちばし)るものだから、118狂人(きちがひ)伝染(でんせん)しよつて、119毎日(まいにち)日日(ひにち)()んな(ところ)(からす)(おど)しの(やう)()やがつて、120(なん)だ。121()()け、122それよりも(おれ)(ところ)()(さけ)一杯(いつぱい)()んだ(ほう)面白(おもしろ)いぞ。123(この)テクさまは(あさ)から(ばん)まで、124バラモンさまから結構(けつこう)()手当(てあて)頂戴(ちやうだい)して三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)信者(しんじや)(さが)(まは)つて()るのだ。125(なん)でも今日(けふ)明日(あす)(うち)にキヨの(みなと)()くと()(こと)だが、126其奴(そいつ)でも()(つか)まへて()よ。127結構(けつこう)()褒美(ほうび)(いただ)いて、128(うめ)(さけ)鱈腹(たらふく)()めるのだ。129チツと(おれ)(うち)()()()ツぱい(さけ)一杯(いつぱい)もやつて一働(ひとはたら)きする()はないか。130こんな(ところ)屁太張(へたば)つて()ても()()かねーや』
131アキス『おい、132テク、133貴様(きさま)毎日(まいにち)日日(ひにち)(さけ)()(ぱら)つて、134どうして(その)(かね)出来(でき)るかと(おも)つたらバラモンのスパイをやつてるのだな。135それではスパイ(ざけ)でも()める(はず)だ。136(しか)人間(にんげん)(うま)れて(いぬ)(やう)(こと)はせぬものだな』
137テク『(なに)138(いぬ)とは(なん)だ。139馬鹿(ばか)にするない。140そんな(こと)(まを)すと、141貴様(きさま)三五教(あななひけう)信者(しんじや)(まを)()て、142関所(せきしよ)へ「(おそ)れながら……」と密告(みつこく)するが如何(どう)だ』
143アキス『ヘン、144そんな(おど)文句(もんく)()(やう)(おれ)かい。145(おれ)主人(しゆじん)はバラモン(けう)立派(りつぱ)信者(しんじや)だ。146そこの(うち)奉公(ほうこう)してる(おれ)だぞ。147いつもバラモン(けう)宣伝使(せんでんし)(なん)だか(むつ)かしいお(きやう)旦那(だんな)(さま)霊前(れいぜん)(とな)へに()(くだ)さる(くらゐ)だから、148そんな(こと)()つたつて、149()()げになるものかい』
150テク『やア、151そいつア失敗(しま)つた。152それぢや(もの)にならぬわ。153(しか)(なが)貴様(きさま)()つて()くが、154ひよつとしたら(かぜ)()(まは)しで(この)磯端(いそばた)三五教(あななひけう)(やつ)漂着(へうちやく)するかも()れぬから、155その(とき)(おれ)(ところ)へソツと()らせに()()れ。156さうすりや沢山(たくさん)()褒美(ほうび)(いただ)いて、157うまい(さけ)鱈腹(たらふく)()まうと(まま)だからなア』
158アキス『(おれ)(さけ)(きら)ひだ。159もとより下戸(げこ)だからのう。160そんな(ひと)(いや)がる(こと)をして(かね)(もら)ひ、161(さけ)()んだ(ところ)(はらわた)(くさ)らす(ばか)りで、162(なん)()(ところ)もないから、163まア御免(ごめん)(かうむ)つとこかい』
164テク『ヘン()きやがれ。165唐変木(たうへんぼく)()166(さけ)趣味(しゆみ)(わか)らぬ(かず)()(した)では(はなし)がないわい。167馬鹿(ばか)らしい、168これから(ひと)浜辺(はまべ)迂路(うろ)ついてよい(とり)()つけ()して酒銭(さかて)(こしら)へよう。169まア貴様(きさま)(たち)其処(そこ)(ゆつ)くり酒甕(さけがめ)(せな)()して()るが()からうぞ』
170カール『(かま)ふて()れない。171(かね)()しけりや(おく)さまに何程(なんぼ)でも(おれ)頂戴(ちやうだい)するのだ。172チツと貴様(きさま)とは境遇(きやうぐう)(ちが)ふのだからな』
173テク『ナナナナ(なん)だ。174(とら)()()古狐(ふるぎつね)()175主人(しゆじん)何程(なんぼ)金持(かねもち)だつて、176それが(なん)になる。177貴様(きさま)はド甲斐性(がひしやう)()い、178「ヘーヘー、179ハイハイ」と首陀(しゆだ)(いへ)に、180こき使(つか)はれ五斗米(ごとべい)(こし)(くつ)する卑劣(ひれつ)(やつ)だ。181(この)(はう)独立(どくりつ)独歩(どくぽ)()主人(しゆじん)(さま)十日(とをか)十人口(じふにんぐち)だ。182こんな大家族(だいかぞく)(ささ)へて()()けの腕前(うでまへ)があるのだからな。183ヘン、184チツと身魂(みたま)製造(せいざう)(ちが)ふのだから、185(あんま)馬鹿(ばか)にして(もら)ふまいかい』
186アキス『アハハハハ、187独身(どくしん)生活(せいくわつ)をし(なが)十人口(じふにんぐち)大家族(だいかぞく)だなんて、188(なに)189馬鹿(ばか)()きやがるのだ。190(おれ)だつて(ひやく)(にち)百人口(ひやくにんぐち)だ。191十人口(じふにんぐち)家族(かぞく)よりも百人口(ひやくにんぐち)家族(かぞく)(はう)余程(よつぽど)世帯(しよたい)(おほ)きいぞ。192よい加減(かげん)酒喰(さけくら)ひは、193ここを立去(たちさ)つて()れ。194熟柿(じゆくし)(くさ)くて(はな)(まが)りさうだ、195八百屋(やほや)(みせ)でも(ひろ)げられ(やう)ものなら(こば)りきれないからのう』
196テク『エー、197こんな没分暁漢(わからずや)(かか)()つて()つても(びた)一文(いちもん)にもならないわ。198(この)テクさまも(ひと)つテクテクと其処辺(そこら)(ぢう)をテクツて()て、199(いぬ)ぢやないが(ぼう)(あた)つて()ようかい。200(さけ)(さけ)(わか)らぬ(やつ)だなア』
201悪垂(あくた)(ぐち)()(なが)らヒヨロリ ヒヨロリ浜辺(はまべ)(づた)ひにキヨの(みなと)方面(はうめん)さして足許(あしもと)(あやふ)(あゆ)()く。
202 アキス、203カールの両人(りやうにん)はテクの後姿(うしろすがた)見送(みおく)つて、204(とき)にとつての(なぐさ)みと()()つて(わら)つて()る。
205アキス『テクテクとテクの(ぼう)()がやつて()
206グデングデンと(した)()きつつ。
207千鳥足(ちどりあし)ヒヨロリヒヨロリと浜伝(はまづた)
208(さけ)(さかな)(あさ)りつつ()く』
209カール『いつとてもテクの(ぼう)()がスパイをば
210(つと)めてスツパイ(さけ)()むなり。
211バラモンの(おれ)はスパイと(えら)さうに
212法螺(ほら)()()らしスパイ()()る』
213アキス『()()びし主人(あるじ)(きみ)(かへ)りまさず
214(いへ)(かへ)りて如何(いか)(こた)へむ。
215あてもなき主人(あるじ)(きみ)()(わび)
216(あつ)さに(なや)(われ)果敢(はか)なき』
217カール『どうしても主人(あるじ)(きみ)(かへ)りますと
218()ひきり(たま)奥様(おくさま)(くち)
219(くち)ばかり(かへ)(かへ)ると()つたとて
220(むか)ふみずなる(うみ)(かげ)なし』
221アキス『今日(けふ)(また)(むな)しく()ちし信天翁(あはうどり)
222()ばたきするも(こころ)()かるる。
223()(やう)(くび)(かた)げて()二人(ふたり)
224(ただ)海風(うなかぜ)(おと)のみぞ()く』
225 ()(うた)(をり)しも(はる)(むか)ふの水面(すいめん)(かすみ)(あひだ)から(ちひ)さき白帆(しらほ)(うか)んで()るのが()についた。226アキスは()()つて打喜(うちよろこ)び、
227アキス『有難(ありがた)(むか)ふに()ゆる白帆(しらほ)こそ
228主人(あるじ)(きみ)御船(みふね)なるらむ』
229カール『(ふね)()れば主人(あるじ)(きみ)(おも)()
230その(よろこ)びは(みづ)(あわ)ぞや』
231アキス『今日(けふ)三日(みつか)(ふね)姿(すがた)()ざりけり
232(なに)()もあれ(ゆか)しくぞ(おも)ふ』
233カール『(たの)みなき(ふね)(なが)めて(わが)主人(あるじ)
234(かへ)りますぞと(おも)果敢(はか)なさ』
235アキス『(なん)となく(こころ)(いさ)()るを()れば
236主人(あるじ)(きみ)(しん)ぜられける』
237カール『あの(ふね)にもしも主人(あるじ)()しまさば
238(わが)()(つか)(とみ)()ゆべし。
239さり(なが)竿(さを)にて(ほし)をがらつ(やう)
240果敢(はか)なき(ゆめ)()(ひと)(あは)れ』
241アキス『何故(なにゆゑ)白帆(しらほ)(かげ)(なつか)しく
242(おも)はれにけり(こころ)(いさ)みて』
243カール『真帆(まほ)片帆(かたほ)()げて(かよ)(この)(うみ)
244(はか)()られぬ()(うみ)()く。
245吾々(われわれ)(まよ)(こころ)()(はか)
246(しこ)魔神(まがみ)(はか)るなるらむ』
247アキス『()()びし(ふね)姿(すがた)(なが)むれば
248(なかば)(こころ)(やす)まりにける。
249(わが)主人(あるじ)もしも()まさぬその(とき)
250(ひと)つの(くび)(なれ)(あた)ふる』
251カール『面白(おもしろ)自信(じしん)(つよ)(その)言葉(ことば)
252アタ邪魔臭(じやまくさ)(くび)(もら)ふか』
253アキス『(この)(くび)一生(いつしやう)使(つか)(わが)(たから)
254うかうか(わた)馬鹿(ばか)があらうか。
255(わが)主人(あるじ)()ります(ふね)()りしより
256かたき(ちか)ひを()てしものぞや』
257カール『(まこと)ならば(われ)(よろこ)()()つて
258雀踊(すずめをど)りを()ふて()せなむ』
259アキス『おひおひに(ちか)づく(ふね)(かげ)()れば
260(こころ)(たの)しくなり()さり()く。
261かたい(こと)()ふぢやなけれど()(ふね)
262主人(あるじ)(きみ)屹度(きつと)()します。
263もし(これ)(ちが)ふた(とき)約束(やくそく)
264(くび)をお(まへ)(わた)覚悟(かくご)だ』
265カール『ほんにまアお(まへ)(つよ)自我心(じがしん)
266(おれ)(あき)れて(もの)()はれぬ。
267あの(ふね)にもしも主人(あるじ)()しまさば
268(もち)()いて大祝(おほいは)ひせむ』
269アキス『村中(むらぢう)(さけ)(さかな)(もち)(くば)
270十日(とをか)二十日(はつか)(いは)ひつづけむ。
271奥様(おくさま)(おれ)(しつか)()はしやつた
272主人(あるじ)(かほ)望月(もちつき)(かみ)
273 ()二人(ふたり)半信(はんしん)半疑(はんぎ)(ねん)()られ、274(ちか)づき(きた)(ふね)(なが)めて(くび)(つる)(ごと)()ばして、275もどかしげに()(あぐ)んで()る。276白帆(しらほ)(かたち)次第(しだい)々々(しだい)(おほ)きくなつて(へさき)()つて()(ひと)(かげ)さへ肉眼(にくがん)にて(みと)()(まで)(ちか)づいて()た。277二人(ふたり)()をつなぎ磯端(いそばた)にキリキリ(まひ)をして、278(なん)とはなしに(こころ)(いさ)()(まは)つて()る。279(そら)には巨鳥(きよてう)一文字(いちもんじ)(はね)(ひろ)微風(びふう)をきつて、280いと鷹揚(おうやう)げに前後(ぜんご)左右(さいう)自動(じどう)飛行機(ひかうき)演習(えんしふ)をやつて()る。
281大正一二・三・二九 旧二・一三 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
12/30霊界物語音読霊界物語朗読日記を追加しました。『第29巻 高砂島・鏡の池のインチキ宗教「懸橋御殿」
12/25王仁DB王仁DBの文献検索の結果画面にオニペディアへのリンクが出るようにしました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→