霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

日本の危機と皇道経済

インフォメーション
題名:日本の危機と皇道経済 著者:出口王仁三郎
ページ:494 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121805c230
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『神の国』昭和9年6月号
日本の危機と皇道経済

      出口王仁三郎

 此頃になりまして非常に皇道々々といふ説が、到る所に起つて来ましたが、私がこの綾部に来まして三十七年、その時から皇道を唱へましたが非常に内外から反対を受けて、異端邪説を唱道する様に云はれたものであります。それから引続き皇道大本は今日迄一生懸命に君国の為に唱へて参りました。世間では漸くにして二三年前から皇道を認める事が出来かけて来た様で、この大本の存在及び活動が非常に世間から認められる事になつた次第であります。
 抑々日本の国は天照大神がお建てになつたのであります。所謂(きみ)は神様であり、国は神国である。日東天子国(につとうてんしこく)であり、天立君主立憲国、天立君主であります。天からたてられた君主であります。君主が憲法を御制定になつて、そして吾々万民をお守りになられる国であります。こんな結構な国はないのであります。
 他にも亦立憲君主国と云ふのがありまして憲法によつて居ります。英国だとか、伊太利(いたりー)だとか、独逸だとかはさうでありまして、それらの君主は所謂皇帝でありますが、日本の大君(おおぎみ)は天皇と申上げて世界に類例のない天皇様である。所謂皇帝ではない。皇帝よりはもう一つ上である。憲法にある通り『天皇は神聖にして犯すべからず』で規則や民意によつてどうする事も出来ない、厳として動かぬところの天から定められた有難い大君であります。
 天皇には絶対に対立すべきものはない。本当に至尊至貴にわたらせられる神聖不可犯の大君であります。その大君を戴いて居る吾々国民はこれ程幸福な有難い事はない。海外諸国の状況を調べましても到底日本位有難い国はないのであります。然るに今日の日本国民は浅薄な外来思想の浸潤と共に上下を挙げてこれにかぶれて、今迄皇道を唱へても馬鹿にして耳を傾ける者がなかつた。経済学と云ひ、法律と云ひ、その他一切の範を海外からとつて今日の日本を形造つて来たのでありますが、それは帝国憲法の精神から見ても、日本国体から見ても全然違反して居るのであります。我国は天皇陛下の国土であり、天皇陛下の民であり、天皇陸下の家族であります。所謂大家族制度を神代の昔からさせられてあるのであります。
 それでありますから外来思想が浸潤しても人情は──忠孝の道は弁へて居る。尤も中には忠孝も仁義も道徳も無視して居る者もあるけれども、これは外来思想にかぶれて居るから、さういふ事になつて居るのである。この日本の国体が判然(すつくり)判つたならば今日の様に上下(しやうか)共に経済に苦しんだり、或は赤魔(せきま)に苦しんだりする様な悩みは少しもない。皇道が徹底しないが為に今日の如く上下共に行詰りを来たして居るのであります。
 海外の諸国を見ますと独逸の様な強い国があの世界戦争以来非常に衰微し、そして沢山の戦債を負はされて居り、国民は非常に苦しんで居る。中々日本の比ではないのであります。それが為に米国或は英国あたりが総ての物を独逸に送つて居るけれども、独逸は戦債に苦しんで購買力がない。そこで米国の大統領は、その独逸の戦債は仏蘭西なり、伊太利から負うて苦しんで居るのであるから、仏蘭西も英国も戦債の借金丈は許してやれと云うて居る。さうすると英国も仏蘭西も米国からそれ以上の戦債を負ふて居るので、『それはさうせぬ事はないが先づ米国の戦債を帳消にして呉れ。さうしたら独逸のを帳消にしてやる』今日はかういふ様な揚合になつて居る。そして製産品はどうしても売捌く事が出来ないのである。英国も苦しんで居り、フランスも独逸も、米国も苦しんで居るのであります。
 日本の国は紡績だとか、日用品の会社が多くて軍需品は余り造らないのであります。日本の品物は世界的に行く様になつて居ります。独逸であるとか、或は米国あたりとかは皆飛行機だとか自動車だとか軍艦だとか、さういふ物ばかりを造つて日用品の会社と云ふものは比較的少ない。それが為に米国も戦争がないと云ふと、首が回らない。米国の考へではどうか世界に戦争を起して自分の物を売らうといふのが目的であり、支那の尻を押して武器を供給したり、露国の尻を押して武器を買はしたり、或はもう一つ東洋に大きな戦争を起して金儲けをしようとしてゐる。然し到底日本と正面衝突したならば勝目がない事は知つて居る。軍艦はなんぼあつても、どんな機械があつても、今日の所は魂といふものがないから日本に負ける事は知つて居る。それで日本と戦争をするとか何とかいふては政府に迫つて軍艦を拵へたりして自分の会社を肥やさうとする。それでどうかして東洋に戦争を起させる様に仕向けて居り、さうさせたいと思つて居る。これが大体米国の腹である。然し何処の国も皆経済が行詰つて居る。随つて日本の国も経済が行詰つて居る。
 総て宗教を信ずるのも、仁義を守るのも、道徳を守るのも根本は経済である。経済が豊かでないと云ふと義理をかいだり、或は人に怨まれる事も止むを得ず出来てくる。然しこの日本の国は行詰つて居るけれども、本然の日本の皇道と云ふ事を悟つたならば五十億円や百億円位の借金なんか直ぐすんで了ふ。これは今日の為政者、経済学者には夢にも判らない事でありますが、私は約四十年間程皇道を調ベて、その中から皇道経済を発見したのであります。これも私が発見したのではない。お筆先によつて、それを(もと)として悟つたのであります。その経済ですれば日本は世界一の富強国となり、国民はさう苦しまなくても、安楽に行ける所の結構な国なのであります。今日の経済学者や為政者は総て外国の精神が頭に入つて了つて居るので、今の方法より外にやり方がないと思うて居るが、西洋もその経済法を試みて行詰つた、その行詰つたやつを又日本がやつて居る。これはどうしても行詰るに極つて居る。
 非常時、非常時と云ふて居りますが、戦争計りが非常時ではない、一斉に今年は非常時になつて居る。何時如何なる事が如何なる方面から出来るか判らないと思はねばならぬ。お筆先にも『何時、どんな事があるか判らん』と書いてある。それで吾々はこの皇道をあく迄も天下に唱道し、一人でも皇道を叫ばせ、そして有事の日には愛善の精神をもつて総ての同胞を助ける。その為には今の(うち)に充分身魂をねつて居つて貰ふ必要があると思ふのであります。

   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→