霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

随筆(一)ノアの洪水と方舟

インフォメーション
題名:随筆(一)ノアの洪水と方舟 著者:出口王仁三郎
ページ:271 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2021/4/11底本(全集5)と照合して校正 データ最終更新日:2021-04-20 03:43:02 OBC :B121805c201
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年7月15日号(第90号) > 随筆
ノアの洪水と方舟
ノアとナオのとの方舟即ち大神の教
[#図 ノアとナオのとの方舟即ち大神の教]
 ノアの言霊(ことたま)はナと(かへ)(なり)(また)ナオの言霊ノと(かへ)るのである。ノの(みたま)洪水(こうずゐ)でアの(みたま)(そら)である。神は(よご)れたる世を洗ふ(ため)に、カサタナハマヤラ、キシチニヒミイリ、クスツヌフムユル、ケセテネヘメエレ、コソトノホモヨロの(みたま)活動力(くわつどうりよく)で、四十日(よそか)四十夜(よそよ)雨を()らし、世を立替(たてか)へて、ノアの霊反(たまかへ)しのナの(みたま)即ち火水(かみ)(神)の世を立てたのであるが、ノアの(みたま)だけでは方舟(はこぶね)にならぬ。ナとオの(みたま)を加へて、ノの(みたま)(かへ)し、正中(せいちう)皇国(すめらみくに)のスの(みたま)常久(とこしへ)鎮座(しづめ)て、(ここ)に初めて完全無欠の方舟が今度(こんど)造り(あが)るのである。ナオの霊反(たまがへ)しのノの(みたま)は続く言霊ともなり(みづ)御魂(みたま)ともなるのである。即ち万世一系天壌(てんじやう)無窮(むきう)なる瑞穂の神皇国(しんくわうこく)(たち)(さか)えるのである。ノアの洪水は決して太古の事柄(ばか)りではない、今()の前にノアの立替(たてかへ)が出て来て()るのである。次にナオの立直(たてなほし)が始まる。それ(まで)には神息総艮(きりすと)霊界物語第1巻第24章の章題では「神息統合」を「キリスト」と読ませているが、ここでは「神息総艮」である。神霊界でも同じ。他にもう少し後ろの方にもある。の旧約にあるやうな事変が突発するのである。㋐㋑㋒㋓㋔の五大父音(ふおん)は、天津(あまつ)祝詞(のりと)()立花(たちばな)小戸(おど)であつて、天帝の大活動力であり、ワヰウヱヲの五音は地主(なを)の活動力で、所謂(いはゆる)国常立(くにとこたち)神霊(みこと)である。天地(てんち)十柱(とはしら)の言霊が(あら)はれて世の太初(はじめ)から世界創造の大業(たいげふ)を継続されてあるが、今度は天地の大言霊(だいげんれい)たる㋐㋑㋒㋓㋔(立花(たちばな)(おど))とワヰウヱヲ(下津(したつ)磐根(いはね))の大々的活動が始まつて、弥々(いよいよ)神政の成就を(まつた)うさるるのである。日本(につぽん)神国(しんこく)の言霊の(さちは)ふてふ神民(しんみん)(まを)すに及ばず、大神(おほかみ)御綱(みつな)(かか)つた大本の役員信徒は、(この)(さい)大覚醒して、皇道維新の鴻業(こうげふ)翼賛(よくさん)(たてまつ)り、一天(いつてん)一地(いつち)一君(いつくん)の神政建設の神業(しんげふ)に努力せねばならぬ一大責任が(そん)することを忘れてはならぬのである。ノアの神勅(しんちよく)を受けて(おほい)なる方舟を造り、世界の大洪水(きた)ることを予言し、万民(ばんみん)を救はむとした。(しか)れども(その)時代の人は一人も信じなかつたのみならず、愚弄(ぐろう)軽侮(けいぶ)し、(その)方舟を見て散々(さんざん)嘲笑(てうせう)したのである。(方舟とは神の誠の救ひの(をしへ)()也)段々(だんだん)大洪水の日は近づけども、多くの人民は益々(ますます)放逸(ほういつ)、強情、無頓着、破廉恥漢(はれんちかん)ばかりで、日増しに罪を重ねるばかりであつた。今日(こんにち)の社会は(あだか)もノアの方舟建造当時と少しも(かは)らぬのである。不信悪行(あくかう)、利己の濁流(だくりう)は、天地に(みなぎ)つて()るのである。今日(こんにち)最早(もはや)山麓まで浸水して()るなれど、ノアとナオとの方舟(一名(いちめい)目無堅間船(めなしかたまのふね))に乗る事を知らぬ盲目(めくら)聾者(つんぼ)ばかりである。
 天地の元の御先祖なる生神(いきがみ)は、至仁(しじん)至愛(しあい)(まし)ますが(ゆゑ)に、世界の人民を一人でも多く救ひたいと(おぼし)()し、(さき)にはノアの方舟を造りて世人(よびと)に警告せられ、今(また)(ここ)に大神は下津(したつ)磐根(いはね)()高天原(たかあまはら)に出現して、明治二十五年の正月から、変性(へんじやう)男子(なんし)御魂(みたま)の宿り給ふ神政(しんせい)開祖(かいそ)出口(でぐち)直日主(なほひぬしの)(みこと)の手と口を(もつ)て前後二十七年間、懇切(こんせつ)世人(せじん)(むか)つて日夜警告を与へ給うたのである。()れど今も(いにしへ)も人の心は同じく、邪悪に充ち頑迷にして天来の福音(ふくいん)を聞かず、神の救助船(きうじよせん)を見て散々(さんざん)に嘲笑する者ばかりで、神様も今の世界の人民には改心の()(やう)がないので、誠に困つて()られるのである。どうしても改心が出来ねば、()むを得ず(だい)修祓(しうばつ)が執行されるより(ほか)(みち)は無いのである。(じつ)に今の人民くらゐ暗愚(あんぐ)にして頑固な不正直な、身勝手な者は無いのであるから、吾人(ごじん)は世界の前途を案じて心配するのである。神界から堪忍袋(かんにんぶくろ)底本では「堪」ではなく「勘」だが誤字であろう。()を切らして、弥々(いよいよ)最後の日が()るにしても、神様は(さら)に公然と世間の人民に予告は()さらぬ。何故ならば至仁至愛の神は二十七年に(わた)つて、(すで)(すで)に守護神と人民に昼夜(ちうや)(わか)たず御示諭(ごじゆ)手続(てつづき)(れう)せられ、変性(へんじやう)男子(なんし)の肉体は最早(もはや)上天(しやうてん)遊ばして、天から御用を()されて()られるからである。変性(へんじやう)女子(によし)身魂(みたま)宿(やど)は今(この)地の(うへ)に現存して()れども、女子(によし)立直(たてなほし)御用(ごよう)であるから、立替(たてかへ)の警告は出来ぬのである。月日(つきひ)刻限(こくげん)(きま)つて()れども、発表する事の出来ぬ天地からの役目である。
 今や世界の各所(かくしよ)(おい)て、神息総艮(きりすと)霊界物語第1巻第24章の章題では「神息統合」を「キリスト」と読ませているが、ここでは「神息総艮」である。神霊界でも同じ。他にもう少し前の方にもある。の再臨を絶叫(ぜつけう)して()るが、キリストは(すで)に地の一方に肉体を()つて(あら)はれて()り、(げん)に十字架に(かか)つて、天下万民の為に無限の辛苦(しんく)()めつつあれども、(そば)()る人民にも解りては()らぬのである。いよいよ審判の日が来ても、(その)瞬間までに(あらた)に神からの通知は無いのである。今の世界は口先ばかりの誠で、肝心の精神は鬼と大蛇(をろち)四足(よつあし)()りきつて()るから、(まん)五ケ年間の(おほ)喧嘩(げんくわ)を始めて、畜生の性質を遺憾なく暴露したにも(かかは)らず、神国(しんこく)の守護神までが畜生の助太刀(すけだち)に出て参り、今度は又その畜生にモ一ツ大きい喧嘩を吹き掛けられて、()むを得ず致さなならぬ事に成るのである。その喧嘩の(をは)りが注意すべき時である。神の選良(せんりやう)となつた人民には、最終の日の来ることは数日(ぜん)に知らされるなれど、普通(ふつう)(じん)の眼から見れば、()平日(へいじつ)の如き輝き、月は万里の波を(てら)し、天気清朗にして、蒼空(さうくう)一点の雲影を(とど)めず、士農工商は平素の如くに働き、(あるひ)永久(とこしへ)に天下泰平、国土安全、子孫繁栄の夢に()ひ、十年計画、百年の大計(たいけい)など企画する際、一天(いつてん)(たちま)妖雲(えううん)(おこ)し、雷電(らいでん)地震、海嘯(つなみ)到る(ところ)湧起(ゆうき)し、親子兄弟の間も救助する事(あた)はずして、悲惨の終末を遂げ、山川(さんせん)草木(さうもく)(みな)(どよ)み、常夜(とこよ)(やみ)となりし時、木花(このはな)咲耶姫(さくやひめ)の神霊(あらは)れまして、六合(りくがふ)初めて晴明(せいめい)となり、目出度(めでた)(あま)岩戸(いはと)を開かれ、至仁(しじん)至愛(しあい)五六七(みろく)の神政が樹立さるるのである。
 一旦(いつたん)心に決した善なる事も、(たちま)ち利害の念に左右されて、折角の良心の輝きを曇らす人がある。(これ)は第一に神を(あざむ)き、(わが)心を(あざむ)くものである。時と場合に()つては、少々無害なる嘘は言つても(ゆる)すべきだが、()が良心を(あざむ)(くらゐ)不快にして()つ罪の深い事は無いと思ふ。今の世の中は十(ちう)の八九まで自分の心を(あざむ)く人が多い。
 土耳古(とるこ)君府(くんぷ)君府とはトルコの都市コンスタンティノープル(現イスタンブール)のこと。は欧洲に()ける最大重要なる地点であつて、(この)地を支配すれば欧洲を自由に支配する事が出来る。それで今回の満五ケ年の戦争も、原因は君府(くんぷ)の奪取にあるのだ。(しか)一旦(いつたん)戦争も終熄(しうそく)して平和の曙光(しよくわう)を認めたやうだが、何時(いつ)また爆発するとも限らない。それよりも(わが)国民は東洋の君府(くんぷ)に注意を(をこた)つてはならぬ。
 大本は敬神尊皇(そんわう)報国(はうこく)主義を(もつ)て天下に(あら)はれたのである。(しか)るに中には敬神の第一義を忘却して、今日(こんにち)は神様ばかり祭つて、宗教じみた事を()()る場合でないと(とな)へる人もあるさうだ。日本は神国、神の建てたる国である。神の(ひら)きし国である。神の(まも)る国である。表現神(へうげんしん)としては天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)天皇(てんわう)が君臨遊ばし、皇祖(くわうそ)天神(てんしん)及び地祇(ちぎ)を崇敬して、祭政一致の政治を遊ばす尊き神国である以上は、皇道大本の信者たる者は(その)(ぶん)に応じて、()づ第一に神様を丁寧にお祭り(まをし)()げて、誠敬(せいけい)の心を(つく)すべきが当然であるにも(かかは)らず、肝心の上に立つ人から(これ)を阻止するやうな態度に出られては、開祖様の二十七年間の御主張は(ことごと)(たち)()えになるのである。
(大正八・七・一五号 神霊界誌)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→