霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

美人と化粧

インフォメーション
題名:美人と化粧 著者:月の家
ページ:601 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121805c273
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記 四の巻』昭和3年9月10日
 古代のギリシャで、理想的夫人としてみとめられた型を、現代の科学の上から精細に解剖研究した結果によると、完全なる美人には左記の体格を備えていたとのことである。身長五尺五寸(約1.65メートル)、腰のまわり三尺四寸(約1.02メートル)、胸のまわり三尺四寸(約1.02メートル)、腕の太さ一尺三寸(約38センチ)、股の太さ二尺四寸半(約72センチ)にして、体重十六貫七百匁(約60キログラム)であるという。
 現代までのこつているギリシヤ彫刻の逸品は、ほとんどすべてがこの型形に違わぬそうであるが、さて日本における美人型はどうかというに、一に瓜実、二に丸顔、三に平顔、四に面長、五に痘痕、六に釣り目、七に頬焼け、八に眇目、九に禿、十に欠唇とされ、あるいはまた一に瓜実顔、二に丸顔、三に平顔、四に長顔、五まで下がつて馬の面と規定され、またある地方では、一に瓜実、二に丸顔、三に角顔、四に面長、五に盤台、六がんち、七菊石顔、八でぼちん、九に顋無し、十しがみ面と定められている。また男子にたいしては、一に押し、二に金、三に姿、四に程、五に芸ともいい、あるいはまた一に押し、二に金、三に男ともいい、または一に閑、二に金、三に男ともいつている。
 かく標準の上から観察してゆくと、われらの一行は、男子も女子も保証つきの一流の美男と美女であるが、長い夏日の旅に焦げたる、怪しげな黄胆病のような顔を無造作にさらけだし、口を開け、歯の一部をむきだして寝乱れている姿を見ると、ああ天下に美人なし、所詮、一位の男女の美形にしてなおかくのごとし、いわんやその他においておや。世間はすべて醜神の世なるかと嘆ぜしめたり。古い道学先生はいずれも言い合わしたように、姿は醜うても、魂が美男であり美女であれば、これに越したる美はなし。容姿なんかは末の末の問題なりと。これは単に一片の詭弁にすぎずして、実は醜婦にたいしての慰安的言辞にすぎず。男にたいしては苦しき負け惜しみの言葉とよりうけとれない。『霊界物語』にも人の面貌は心の索引なりと論じおきたるごとく、良き心の人の面貌はゆかしく、優美、高尚、清雅にして光沢あり、気品稜々として犯すべからざるものがあり、人の軽侮の眼よりまぬかれ、いな、かえつて憧憬され敬慕さるるものである。
 さて人にたいして右の感情を永遠に保たしめんとするには、男子は男子らしき服装に注意し、女子ほことに衣服の柄や、白粉、紅黛の用法、髪の結び方、手足の動静等にいたるまで、最深の注意をはらつて、ますますその実を発揮すべきものである。適当に化粧をほどこした女性の豊艶、艶麗、端麗、優麗、華麗、高麗、嬌麗、清麗なる面貌と容姿は、その品格を向上し、畏敬の的となり、愛の女神となり、天女となり、身だしなみとなり、衛生となる。
 よろしく女は能うかぎりの化粧に注意して、その美を永遠に保つてもらいたいものである。恋でもなく、色でもなく、女の化粧なるものはすべての人に好感を与え、優雅愛慕の心を起こさしめ、世路に悩める人々の心を慰めかつ活躍せしめ、清新の空気を吸わしめ、もつて地上を天国化するものである。ここにおいてか平和の女神とも、愛の女神とも、救世の菩薩ともたたえらるるのである。なにほど小むつかしい頑固老爺といえども、美人の微笑にたいしてはかならずその心を柔らげ、漸次に円滑なる心に進ましめらるるは、天地惟神の真理ともいうべきものである。ああ社交界の花よ、愛の女神よ、人命救助者よ、男殺しよ、くれぐれも朝夕の化粧を夢な忘れそ。
(無題、『東北日記』 四の巻 昭和3年9月10日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→