霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 (なみ)(おと)〔五二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻 篇:第1篇 勝利光栄 よみ:しょうりこうえい
章:第3章 波の音 よみ:なみのおと 通し章番号:529
口述日:1922(大正11)年03月16日(旧02月18日) 口述場所: 筆録者:藤津久子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年10月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
またしても船が暴風に襲われ、岩彦は仲間から、お前が改心しないから神の戒めにあうのだ、と責められる。
しかしいよいよもうだめだというときに、一同は変な刹那心を発揮して逆に勇気を奮い、日の出別宣伝使に対抗しようと、しどろもどろにウラル教の宣伝歌を歌い始めた。
そうするうちに船は暴風に流されて波斯の海岸のタルの港に着いた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm1303
愛善世界社版:46頁 八幡書店版:第3輯 48頁 修補版: 校定版:47頁 普及版:18頁 初版: ページ備考:
001 颶風(ぐふう)(たちま)西北(せいほく)(へん)じ、002鶴山丸(つるやままる)逆流(ぎやくりう)して(ふたた)元来(もとき)海路(かいろ)(ただよ)ひにける。
003 (たけ)(くる)飛沫(ひまつ)に、004寿司詰(すしづめ)になつた船中(せんちう)人々(ひとびと)頭上(づじやう)より塩水(しほみづ)()び、005誕生(たんじやう)釈迦像(しやかざう)(やう)になつて(しま)つた。006ウラル(けう)宣伝使(せんでんし)007音彦(おとひこ)(たけ)(くる)(うみ)(なが)めて、
008『それ()ろ、009岩公(いはこう)(えら)さうに大将(たいしやう)(づら)()(まは)頑張(ぐわんば)るものだから、010(ふたた)天道様(てんだうさま)御機嫌(ごきげん)(そこ)ねて二度(にど)驚愕(びつくり)しやつくり()()ふのだよ。011貴様(きさま)改心(かいしん)()らぬから(みな)(もの)御招伴(ごせうばん)をさされるのだ。012御馳走(ごちそう)御招伴(ごせうばん)なら()いが(いのち)からがら(この)(とほ)り、013何時(なんどき)(ふね)奈落(ならく)(そこ)()()むか(わか)らない危急(ききふ)存亡(そんばう)のこの場合(ばあひ)だ。014はやく改心(かいしん)して()出別命(でわけのみこと)にお(わび)をせい。015時化(しけ)景物(けいぶつ)(あたま)から塩水(しほみづ)()びせられて、016(から)()()つて(くる)しむのは貴様(きさま)(ばか)りぢやない、017一同(いちどう)迷惑(めいわく)だよ』
018岩彦(いはひこ)改心(かいしん)せいと()つた(ところ)でこの(ごろ)手元(てもと)不如意(ふによい)改心(かいしん)原料(げんれう)()いのだ。019()うなるも()うなるも(ふね)のまにまに()(ところ)まで()かな仕方(しかた)がないわ』
020音彦(おとひこ)(おと)名高(なだか)い、021波斯(フサ)荒海(あらうみ)だ。022都合(つがふ)よく(いづ)れの(みなと)かに漂着(へうちやく)すれば()いが、023海底(かいてい)竜宮(りうぐう)へでもやられて()よ、024()うする(こと)出来(でき)やしない』
025岩彦(いはひこ)『ソンナ取越(とりこし)苦労(くらう)はすな。026寸善尺魔(すんぜんしやくま)027この瞬間(しゆんかん)吾々(われわれ)自由(じいう)意志(いし)発揮(はつき)する(とき)だ。028一尺先(いつしやくさき)(こと)(わか)るものか。029それだからウラル(けう)宣伝歌(せんでんか)に「一寸先(いつすんさき)(やみ)よ」と()ふのだ。
030  「(なみ)(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)よ、031(なみ)(なか)から(つき)()る」
032()ふのだ。033たとへ(ふね)沈没(ちんぼつ)して竜宮(りうぐう)()つた(ところ)淤縢山津見(おどやまづみ)(やう)(しば)らく雌伏(しふく)して()ると、034()てば海路(かいろ)(かぜ)()く、035そこへ()出神(でのかみ)(あら)はれて、036吾々(われわれ)(たす)けて()れると()段取(だんどり)だ。037莫迦(ばか)らしい、038()出別(でわけ)なんてソンナ偽者(にせがみ)にこの(たふと)(あたま)安売(やすうり)して(たま)るかい』
039梅彦(うめひこ)『オイオイ岩彦(いはひこ)040(まへ)がさう頑張(ぐわんば)(ため)一同(いちどう)迷惑(めいわく)だ。041現当利益(げんたうりやく)(あら)はした()出別(でわけ)宣伝使(せんでんし)(かぶと)()いで、042(いま)一度(いちど)(たす)けて(もら)つたら()うだ』
043岩彦(いはひこ)三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)ぢやないが、
044  「たとへ大地(だいち)(しづ)むとも (まこと)(ちから)()(すく)ふ」
045吾々(われわれ)はウラル(けう)宣伝使(せんでんし)となつて(まこと)(ひと)つを()(とほ)して()たものだ。046たとヘウラル(けう)(ぜん)にせよ(あく)にせよ、047白鷺(しらさぎ)()(しろ)い、048(からす)()(くろ)いと()まつて()る。049ウラル(けう)(からす)なら(からす)()い。050身魂(みたま)因縁(いんねん)()つて、051(からす)(うま)れた(もの)だから(にはか)白鷺(しらさぎ)にならうたつて、052なれさうな(こと)はない。053(くだ)らぬ心配(しんぱい)するよりも、054宣伝歌(せんでんか)でも(うた)つた(はう)がよからう』
055音彦(おとひこ)『いくら()つてもこの大将(たいしやう)駄目(だめ)だ。056エヽ仕方(しかた)がない。057一寸先(いつすんさき)(やみ)だから心残(こころのこ)りのない(やう)持合(もちあは)せの(さけ)でも()んだらどうだい』
058亀彦(かめひこ)下地(したぢ)()きなり、059御意(ぎよい)()し。060(なに)()(わす)れる()めに(さけ)でも沢山(どつさり)()んで新規(しんき)蒔直(まきなほ)しの(くだ)でも()かうかい』
061音彦(おとひこ)『アヽアヽ五月蝿(うるさい)(やつ)だナア。062(これ)()けものの(わか)らぬ宣伝使(せんでんし)では竜宮(りうぐう)(ひと)(じま)でも言向(ことむ)(やは)せないのは道理(だうり)だ』
063岩彦(いはひこ)貴様(きさま)落着(おちつ)きのない(やつ)だ。064これ(くらゐ)時化(しけ)(こは)くてどうして天下(てんか)宣伝使(せんでんし)(つと)まらうかい』
065梅彦(うめひこ)貴様(きさま)でも(つと)まつたと(おも)ふか。066(しき)りに作戦(さくせん)領分(りやうぶん)拡張(くわくちやう)する(ばか)りで、067(あご)(さき)(ばか)りで吾々(われわれ)指揮(しき)したつて(ばち)()(まへ)068(かしら)(まは)らな()(まは)らぬと()(こと)がある。069よく(かんが)へて()よ。070(かへ)つて盤古神王(ばんこしんわう)にお目玉(めだま)頂戴(ちやうだい)するより此処(ここ)(すぐ)に、071()出別命(でわけのみこと)謝罪(あやま)つて(たす)かる(はう)利巧(りかう)なやり(かた)だぞ』
072とウラル(けう)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)は、073(だい)恐怖(きようふ)落胆(らくたん)御面相(ごめんさう)074ザツト半打(はんダース)(ばか)りも陳列(ちんれつ)して()る。075(かぜ)益々(ますます)(はげ)しくなつて()た。076船頭(せんどう)(こゑ)()()げて、
077船頭(せんどう)『オイオイ(みな)のお(きやく)たち、078()駄目(だめ)だぞ。079用意(ようい)をなされ』
080岩彦(いはひこ)『オイ船頭(せんどう)081用意(ようい)をなされと()つたつて(なに)用意(ようい)するのだい』
082船頭(せんどう)(かな)はぬ(とき)神頼(かみだの)みだ。083この(かぜ)(むか)つて()けず(おと)らず言霊(ことたま)発射(はつしや)するのだよ。084サアサア(おれ)(あと)()いて(ちから)一杯(いつぱい)呶鳴(どな)るのだ』
085()ひながら、086船頭(せんどう)(かい)()()()めて、087臍下丹田(せいかたんでん)(いき)()め、
088『アー、089オー、090ウー、091エー、092イー、093
094呶鳴(どな)()したれば、095船客(せんきやく)一同(いちどう)(こは)さに(ふる)ひながら(こゑ)(そろ)へてアヽオヽウヽエヽイヽと複数的(ふくすうてき)言霊(ことたま)発射(はつしや)するのであつた。096岩彦(いはひこ)盥伏(たらひぶ)せに()つた泥棒猫(どろぼうねこ)(やう)狡猾(かうくわつ)(つら)薄暗(うすぐら)(やみ)(さら)して目玉(めだま)をギヨロギヨロさせ(なん)となく不安(ふあん)面色(おももち)にて手足(てあし)をヂタバタさせて()る。
097音彦(おとひこ)『オイ大将(たいしやう)098その狼狽(うろた)加減(かげん)(なん)だ。099(つよ)さうな(こと)()つても、100矢張(やつぱり)まさか(とき)になれば(よわ)(もの)だなア』
101岩彦(いはひこ)()うなつては吾々(われわれ)刹那(せつな)権利(けんり)()ふものは(ただ)煩悶(はんもん)苦悩(くなう)自由(じいう)(いう)するのみだ。102自分(じぶん)権利(けんり)充分(じうぶん)自由(じいう)発揮(はつき)して()るのに、103貴様(きさま)干渉(かんせふ)する権利(けんり)があるか。104オイ貴様等(きさまら)モウ駄目(だめ)だ、105(おれ)覚悟(かくご)がある。106たとへ(うみ)藻屑(もくづ)になるとも三五教(あななひけう)には降伏(かうふく)せない。107よく(かんが)へて()よ、108鶴山丸(つるやままる)沈没(ちんぼつ)すれば、109三五教(あななひけう)()出別(でわけ)矢張(やつぱり)(とも)溺死(できし)する()けの可能性(かのうせい)充分(じうぶん)具備(ぐび)して()るのだよ。110()つとけ()つとけ。111自分(じぶん)(こは)かつたら神様(かみさま)(ねが)つて波風(なみかぜ)()めるだらう。112吾々(われわれ)はその景物(けいぶつ)をソツト占領(せんりやう)すればよいのだ』
113梅彦(うめひこ)『さうだな。114(ふね)沈没(ちんぼつ)すれば三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)沈没(ちんぼつ)せずには()るまい。115貴様(きさま)(いま)()つた言葉(ことば)(しん)天来(てんらい)妙音(めうおん)だ』
116岩彦(いはひこ)(なに)()つた(ところ)仕方(しかた)()い。117(そら)(あふ)いで()よ、118真黒(まつくろ)けな(かほ)をして(いま)にも()()しさうな暗澹(あんたん)至極(しごく)御面相(ごめんさう)だ。119()(をは)りと()ふものは、120(てん)(ちから)如何共(いかんとも)する(こと)出来(でき)ないと()える。121船頭(せんどう)(やつ)122吾々(われわれ)にまで言霊(ことたま)発射(はつしや)強圧的(きやうあつてき)(すす)めよつて、123発言(はつげん)機関(きくわん)虐使(ぎやくし)するものだから言霊(ことたま)停電(ていでん)(きた)して(こゑ)(なに)かすれ(しま)つた。124折角(せつかく)()()格納(かくなふ)して()いた(さけ)(まで)逆流(ぎやくりう)して、125八百屋店(やほやみせ)開店(かいてん)する。126本当(ほんたう)にこれくらゐ雑閙(ざつたう)(きは)めた(こと)はありやしない。127貴様等(きさまら)ソレ(ふね)(しづ)むとか、128()ぬとか、129弱音(よわね)()きよつたが()うだい、130時節(じせつ)()ふものは(えら)いものだらう。131(かぜ)(かみ)132余程(よほど)(よわ)つたと()えて沈黙(ちんもく)しかけたぢやないか。133モウ心配(しんぱい)するな。134さしもに(たけ)(あれ)(かみ)も「ヤア長々(ながなが)()()ませました、135ウラル(けう)宣伝使(せんでんし)(さま)136また御縁(ごえん)があつたら陸上(りくじやう)でお()(かか)りませう、137アリヨース」と()つて、138(しり)()かけて、139スタコラヨイヤサと、140アーメニヤの(みやこ)をさして予定(よてい)御退却(ごたいきやく)だ。141()うだ(おれ)刹那心(せつなしん)には閉口(へいこう)しただらう』
142亀彦(かめひこ)『さうだ、143(あんま)りの(えら)時化(しけ)咫尺暗澹(しせきあんたん)144吾身(わがみ)進路(しんろ)(あやま)つて()たが、145()()うなる(うへ)(なに)(くる)しむで三五教(あななひけう)降伏(かうふく)する必要(ひつえう)があるか。146すんで(こと)鶴山丸(つるやままる)(おほ)タンクになる(ところ)だつた。147サア(みな)(やつ)勇気(ゆうき)()して、148こちらは六人(ろくにん)(むか)ふは一人(ひとり)だ。149宣伝歌(せんでんか)(うた)つてやらうかい。150(いま)(かぜ)ぢやないが、151()いて()いて()(まは)し、152三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)胆玉(きもたま)転宅(てんたく)させるのだよ。153風力(ふうりよく)七十五(しちじふご)メートルの(いきほ)いでナ』
154一同(いちどう)は、
155面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
156喉元(のどもと)()ぐれば(あつ)(わす)れるとかや、157(めう)(ところ)刹那心(せつなしん)発揮(はつき)して声調(せいてう)(ととの)はぬ複数的(ふくすうてき)のシドロモドロの宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めたり。
158(なみ)(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
159(やみ)(あと)には(つき)()
160(つき)(つき)ぢやが(さかづき)ぢや
161()んで()()()うたら(をど)
162()へと()つても(ふね)には()ふな
163(をど)れと()つても(なみ)(やつ)
164(ふね)のかへる(やう)(をど)りをするな
165アンナ悪戯(いたづら)ちよこちよこやると
166俺等(おいら)(むね)(まで)(をど)()
167()めよ()()心地(ここち)よく()めよ
168()めと()つても(ふね)ではないぞ
169()()(わけ)宣伝使(せんでんし)
170(なみ)(たてがみ)ふり()てて
171グツト一口(ひとくち)()んで(しま)
172(おれ)はウラル(けう)宣伝使(せんでんし)
173仮令(たとへ)大地(だいち)(くら)くとも
174(いのち)(おや)(さけ)()めば
175(かほ)(いろ)まで(あか)くなる
176(くも)つた(かほ)して天道様(てんたうさん)
177(むづ)かし(かほ)して(にら)むより
178()めば(さか)えるこの(さけ)
179一寸(ちよつと)一杯(いつぱい)食召(きこしめ)
180(さけ)(をんな)()(たから)
181(さけ)でなければ()()けぬ
182(さけ)でなければ()()けぬ
183(さけ)から()()(つき)()
184(さけ)から()()(つき)()る』
185とシドロモドロの(うた)(うた)宣伝歌(せんでんか)(つぶ)して(しま)つた。
186 ()くする(うち)187(ふね)(やうや)波斯(フサ)海岸(かいがん)タルの(みなと)安着(あんちやく)したりける。
188大正一一・三・一六 旧二・一八 藤津久子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。