霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 七福神(しちふくじん)〔一六八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第5篇 讃歌応山 よみ(新仮名遣い):さんかおうさん
章:第26章 七福神 よみ(新仮名遣い):しちふくじん 通し章番号:1682
口述日:1923(大正12)年07月18日(旧06月5日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光、加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6526
愛善世界社版:298頁 八幡書店版:第11輯 717頁 修補版: 校定版:311頁 普及版:135頁 初版: ページ備考:
001 ()出別(わけの)(みこと)左右(さいう)には道彦(みちひこ)002安彦(やすひこ)両人(りやうにん)(したが)ひ、003初稚姫(はつわかひめ)一行(いつかう)(みちび)いて数百旒(すうひやくりう)五色(ごしき)(はた)(かぜ)(ひるがへ)(なが)ら、004百花(ひやくくわ)爛漫(らんまん)たるゲッセマネの(その)にと(すす)()つた。005玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)竜王(りうわう)三個(さんこ)(たま)捧持(ほうぢ)して(きた)りし(その)功績(こうせき)(しやう)する()め、006(とく)埴安彦(はにやすひこの)(みこと)(めい)により歓迎宴(くわんげいえん)(ひら)かれた。007ゲッセマネの(その)には種々(しゆじゆ)作物(つくりもの)や、008音楽(おんがく)演劇(えんげき)(さか)んに(もよほ)されて()た。009さうしてコウカス(さん)よりは、010言依別(ことよりわけの)(みこと)数多(あまた)神司(かむつかさ)()()れ、011二三(にさん)日前(にちまへ)(はや)くも聖地(せいち)到着(たうちやく)されて()た。
012 玉国別(たまくにわけ)013真純彦(ますみひこ)途中(とちう)(おい)初稚姫(はつわかひめ)に『聖地(せいち)結構(けつこう)(ところ)(おそ)ろしい(ところ)だ』と(いまし)められ、014筋肉(きんにく)(まで)緊張(きんちやう)させ()たにも(かか)はらず、015この大袈裟(おほげさ)歓迎(くわんげい)(きも)をつぶし、016(ゆめ)かと(ばか)(あき)れてゐる。017(ただ)()るもの、018()くもの意外(いぐわい)(こと)(ばか)りで(かた)(こと)()らず、019無言(むごん)(まま)初稚姫(はつわかひめ)(うしろ)について(すす)んで()く。020日出別(ひのでわけ)(かみ)(にはか)(づく)りの建物(たてもの)をさし(しめ)し、
021()出別(でわけ)『サア皆様(みなさま)022貴方(あなた)(がた)()苦労(くらう)(なぐさ)める()め、023(かみ)(さま)思召(おぼしめし)によつて、024種々(いろいろ)余興(よきよう)(もよほ)されて()ます。025これから(この)建造物(けんざうぶつ)(おい)て、026七福神(しちふくじん)(たから)入船(いりふね)()ふお芝居(しばゐ)(はじ)まりますから、027悠悠(ゆつくり)()をゆるして御覧(ごらん)(くだ)さいませ』
028 玉国別(たまくにわけ)(あん)相違(さうゐ)しながら、
029玉国(たまくに)『いや、030どうしてどうして、031そんな気楽(きらく)(こと)出来(でき)ませうか。032真純彦(ますみひこ)()たせた(この)宝玉(ほうぎよく)を、033無事(ぶじ)(かみ)(さま)にお(わた)しする(まで)は、034芝居(しばゐ)(どころ)では(ござ)いませぬ。035(これ)ばかりは(ひら)にお(ゆる)(くだ)さいませ。036うつかりして九分(くぶ)九厘(くりん)顛覆(てんぷく)しては大変(たいへん)ですからなア』
037038何処(どこ)(まで)警戒(けいかい)(からだ)(かた)くして()る。
039()出別(でわけ)(けつ)して(けつ)して()心配(しんぱい)なさいますな。040(この)(とほ)貴方(あなた)(がた)()到着(たうちやく)(いは)ふために(たから)入船(いりふね)()神劇(しんげき)(もよほ)されて()るのです。041貴方(あなた)(たから)(いだ)いてヨルダン(がは)(ふね)にて(わた)り、042この聖地(せいち)へお(はい)りになつたのですから、043(たから)入船(いりふね)主人公(しゆじんこう)貴方(あなた)(がた)ですよ』
044玉国(たまくに)『ハイ。045真純彦(ますみひこ)046(まへ)はどう(かんが)へるか。047どうも大教主(だいけうしゆ)のお言葉(ことば)(わし)には(ちつ)(ばか)(かい)()ねるのだがなア』
048真純(ますみ)先生(せんせい)049これや(かみ)(さま)から()()かれて()るのかも()れませぬよ。050()(かく)(ことわ)りを(まをし)て、051(はや)(この)(たま)埴安彦(はにやすひこ)(かみ)(さま)にお(わた)しして()うではありませぬか。052さうでなくてはお芝居(しばゐ)()()がしませぬわ』
053初稚(はつわか)(けつ)して()心配(しんぱい)()りませぬ。054這入(はい)つて御覧(ごらん)なさいませ。055いやいや貴方(あなた)(がた)役者(やくしや)にならねばならぬのですよ。056やがて治道(ちだう)居士(こじ)057伊太彦(いたひこ)058三千彦(みちひこ)059デビス(ひめ)060ブラヷーダさまが()えることですから、061七福神(しちふくじん)になつて(もら)(つも)りです。062治道(ちだう)居士(こじ)さまは布袋(ほてい)063玉国別(たまくにわけ)さまが寿老人(じゆらうじん)064真純彦(ますみひこ)さまが毘沙門天(びしやもんてん)065伊太彦(いたひこ)さまが大黒(だいこく)さま、066三千彦(みちひこ)さまが恵比寿(ゑびす)さま、067それから、068デビス(ひめ)さまが弁財天(べんざいてん)069()ふやうに、070各自(めいめい)にちやんとお(やく)(きま)つて()るのです。071サアどうぞ楽屋(がくや)へお這入(はい)(くだ)さい。072(わたし)(たち)()せて(もら)ふのです。073(じつ)(ところ)貴方(あなた)(がた)役者(やくしや)になつて(もら)ふのですから、074(これ)()神業(しんげふ)だと(おも)つてお(つと)(くだ)さいませ』
075玉国(たまくに)『ハテナ、076(ちつ)とも合点(がつてん)()きませぬわ。077()命令(めいれい)とあれば(にはか)俳優(はいいう)になつてもよろしいが、078てんで台詞(せりふ)(わか)りませぬからねえ』
079()出別(でわけ)台詞(せりふ)なんか()りませぬよ。080(その)(とき)(かみ)(さま)(うつ)つて(くち)()りて仰有(おつしや)いますから、081承諾(しようだく)なさればよいのです』
082真純(ますみ)『モシ先生(せんせい)083イヤ寿老人(じゆらうじん)さま、084(かみ)(さま)命令(めいれい)だ、085(せん)(りやう)役者(やくしや)になりませうか』
086玉国(たまくに)(なん)()つても(かみ)(さま)()命令(めいれい)とあれば(そむ)(わけ)には()きますまい。087(つと)めさして(いただ)きませう。088そして三千彦(みちひこ)089伊太彦(いたひこ)はもはや此方(こちら)()えて()りますか。090どうしても吾々(われわれ)とは二三(にさん)(にち)(おく)れるやうに(おも)ひますがなア』
091言依別(ことよりわけ)時間(じかん)空間(くうかん)超越(てうゑつ)したる(かみ)(みち)092そんな()心配(しんぱい)()りませぬ。093(すぐ)(いま)此処(ここ)へお(いで)になりますよ。094(すべ)(かみ)(さま)御国(みくに)想念(さうねん)世界(せかい)ですから、095想念(さうねん)(まま)になるのです。096此処(ここ)(ほか)地点(ちてん)とは(ちが)つて(たふと)所以(ゆゑん)です。097さうでなくてはエルサレムと()つて(かみ)(さま)がお(あつ)まり(あそ)ばす道理(だうり)がありませぬから』
098玉国(たまくに)左様(さやう)ならばお()(いた)します』
099真純(ますみ)(わたし)先生(せんせい)同様(どうやう)(うけ)(いた)します』
100()ふや(いな)や、101二人(ふたり)姿(すがた)(たちま)七福神(しちふくじん)(なか)一人(ひとり)となつて()た。102いつの()にやら、103治道(ちだう)居士(こじ)104三千彦(みちひこ)105伊太彦(いたひこ)106デビス(ひめ)107ブラヷーダ(ひめ)(その)(ほか)人々(ひとびと)(あつ)まり(きた)りて、108(いづ)れも七福神(しちふくじん)姿(すがた)となつて()る。109(いよいよ)(ここ)七福神(しちふくじん)(たから)入船(いりふね)奉祝(ほうしゆく)神劇(しんげき)(えん)ぜられた。110数多(あまた)神司(かむつかさ)信者(しんじや)は、111(この)(ひろ)建物(たてもの)(なか)に、112立錐(りつすい)余地(よち)なき(まで)(あつ)まつて、113愉快(ゆくわい)げに観覧(くわんらん)し、114(その)妙技(めうぎ)(くち)(きは)めて賞揚(しやうやう)した。115神劇(しんげき)次第(しだい)左記(さき)(とほ)りであつた。
116(そもそも)(わが)()(もと)(かみ)御国(みくに)なり
117天地(てんち)ひらけ陰陽(いんやう)(わか)
118青人草(あをひとくさ)(はじ)めとし
119万物(ばんぶつ)(ここ)発生(はつせい)して
120天地人(てんちじん)三体(さんたい)(そな)はりぬ
121天津(あまつ)御国(みくに)太元(たいげん)
122大国常立(おほくにとこたち)大御神(おほみかみ)
123(また)御名(みな)天照皇(あまてらすすめ)大御神(おほみかみ)なり
124地津(くにつ)(かみ)太元(たいげん)豊国主(とよくにぬし)大御神(おほみかみ)
125(また)(おん)()(かむ)素盞嗚(すさのをの)(みこと)
126豊葦原(とよあしはら)瑞穂(みづほ)(くに)産土山(うぶすなやま)
127底津(そこつ)岩根(いはね)宮柱(みやばしら)太敷(ふとしき)()
128三五(あななひ)(かみ)(みやこ)(さだ)(たま)ひしより
129千代(ちよ)万代(よろづよ)(ゆる)ぎなく
130天下(てんか)泰平(たいへい)国土(こくど)安穏(あんのん)
131五穀(ごこく)成就(じやうじゆ)万民(ばんみん)鼓腹(こふく)撃壤(げきじやう)(たのし)みを()
132()有難(ありがた)(かみ)(くに)
133草木(くさき)(なび)(きみ)御代(みよ)
134かくも目出度(めでたき)(くに)(うち)
135四海(しかい)波風(なみかぜ)(ゆたか)にて
136雲井(くもゐ)(そら)寿()()(つる)
137千年(ちとせ)(まつ)(みどり)(いろ)(ふか)
138万歳(ばんざい)(かめ)(たの)しむ天教(てんけう)(やま)
139(たか)()みきる(つき)のあたり
140たなびく(かすみ)(なか)よりも
141真帆(まほ)をば(かぜ)(はら)ませつ
142()かれ()()(たから)御船(みふね)
143七五三(しめ)静波(しづなみ)かきわけて
144()()(たから)数々(かずかず)
145まばゆきばかりあたりを()らす
146うるはしさ
147丁子(ちやうし)分銅(ふんどう)(たま)(ふくろ)
148黄金(こがね)(かぎ)もかくれ(みの)
149七宝(しちぽふ)壮厳(さうごん)(あめ)()れし
150小笠(こがさ)(つゆ)(たま)(ひかり)
151打出(うちで)小槌(こづち)
152七福神(しちふくじん)銘々(めいめい)
153乗合舟(のりあひぶね)(はなし)こそ面白(おもしろ)き。
154 (なか)にも(くち)まめな福禄寿(ふくろくじゆ)(なが)天窓(あたま)()()てて、
155福禄(ふくろく)天下(てんか)無双(むそう)のナイスお(べん)さま、156イナ弁財(べんざい)天女(てんによ)どの、157貴女(こなた)(あたら)しい(をんな)()えて、158こんな変痴(へんち)奇珍(きちん)男子(だんし)(ばか)りの(ふね)(なか)へ、159案内(あんない)もせないのに、160(なん)(おも)つて同席(どうせき)(えい)(たま)はつたのかな』
161 弁天女(べんてんによ)(おも)()ゆげに莞爾(くわんじ)()(なが)ら、
162弁天(べんてん)『ホヽヽヽ、163アノまあ福禄寿(ふくろくじゆ)さまの()言葉(ことば)とも(おぼ)えませぬ。164()(かんが)へて御覧(ごらん)165何程(なにほど)(あたら)しい(をんな)だとて、166ナイスだとて、167五百(ごひやく)羅漢堂(らかんだう)(のぞ)いたやうなスタイルして()らつしやる醜男子(ぶをとこ)(そば)()られないと()法律(はふりつ)発布(はつぷ)されては()りますまい。168五六七(みろく)御代(みよ)(ひら)ける(さきがけ)として、169今度(こんど)エルサレムの(みや)(おい)て、170玉照彦(たまてるひこの)(みこと)171玉照姫(たまてるひめの)(みこと)二柱(ふたはしら)(かみ)(さま)のお目出度(めでた)()婚礼(こんれい)があるので、172()(いはひ)のため貴神(きしん)()は、173この宝舟(たからぶね)()つて聖地(せいち)エルサレムの竜宮城(りうぐうじやう)(のぼ)られるのでせう。174何程(なにほど)(ふく)(かみ)だと()つて、175男子(をとこ)(ばか)りでは(はな)()もありますまい。176(むかし)から七福神(しちふくじん)()いて()るが、177六福神(ろくふくじん)()いた(こと)()い。178()れで(わたし)天津(あまつ)(かみ)(さま)()命令(めいれい)で、179(にはか)貴神(あなた)(たち)仲間(なかま)(くは)はつたのですよ』
180福禄(ふくろく)『コレお(べん)さま、181()心配(しんぱい)(くだ)さるな。182この福禄寿(ふくろくじゆ)一神(いつしん)あつても(した)から()()げて()ると十六福(じふろくふく)(かみ)だよ。183ヘン()みませぬナア。184そこへ寿老人(じゆらうじん)十六神(じふろくじん))を(くは)へて三十二(さんじふに)(しん)ですよ185アハヽヽヽヽ。186それよりも()(うへ)(ばなし)でも()かして(もら)つた(うへ)187都合(つがふ)によつて(くは)へて()げようかい』
188弁天(べんてん)三十二(さんじふに)(しん)(ところ)(わたし)一神(いつしん)(くは)はれば、189三十三(さんじふさん)(さう)(みづ)御魂(みたま)ですよ。190一神(いつしん)()けても三十三魂(みづみたま)にはなりますまい。191(をんな)社交(しやかう)(じやう)(はな)ですからねー。192(わたし)素性(すじやう)一通(ひととほ)()かして()げますから、193十六神(じふろくじん)さま謹聴(きんちやう)なさいませ194ホヽヽヽヽ』
195六福(ろくふく)謹聴(きんちやう)々々(きんちやう)ヒヤヒヤ』
196弁天(べんてん)(わたし)神代(かみよ)(むかし)()(とし)197(ころ)弥生(やよひ)(つちのと)巳日(みのひ)198二本竹(にほんだけ)根節(ねぶし)(そろ)へて、199(ゆる)()でたる(しま)だと()ふので、200竹生島(たけのしま)(とな)へられる、201(うら)(くに)琵琶(びは)(みづうみ)(うか)べる(ひと)つの(しま)に、202天降(あまくだ)りました天女(てんによ)(なか)でも、203(もつと)(すぐ)れたナイスの乙女(をとめ)ですよ。204自分(じぶん)から(まを)しますと()んだか自慢(じまん)するやうですが、205神徳(しんとく)があまりあらたかなと()ふので、206世人(せじん)より妙音(めうおん)弁財(べんざい)天女(てんによ)(あが)められ、207(わらは)身体(からだ)(ひつ)()(だこ)(やう)()(もと)(くに)四方(しはう)分霊(ぶんれい)(まつ)られて()ります。208()(ひがし)(くに)では()(しま)209西(にし)(くに)では宮嶋(みやじま)に、210(いま)一体(いつたい)勿体(もつたい)なくも(いにしへ)211伊邪那岐(いざなぎの)(みこと)212伊邪那美(いざなみの)(みこと)二柱(ふたはしら)(かみ)(さま)(あめ)浮橋(うきはし)(わた)らせたまひ、213大海原(おほうなばら)天降(あまくだ)り、214(はじ)めて(ひら)かれたる淤能碁呂(おのごろ)(じま)215その(とき)216鶺鴒(せきれい)()小鳥(ことり)夫婦(ふうふ)(みち)(をし)へられ、217天照(あまてらす)大神(おほかみ)()(たま)ふてより、218(また)一名(いちめい)()出嶋(でじま)名付(なづ)けられ、219この国人(くにびと)帰依(きえ)せられ、220福徳(ふくとく)(さづ)けしによつて、221美人(びじん)賢婦(けんぷ)標本(へうほん)として七福神(しちふくじん)(れつ)(くは)はつた(こと)は、222十六(じふろく)福神(ふくじん)さまも(とほ)うの(むかし)()存知(ぞんぢ)(はず)223アナタも何時(いつ)()にやら福禄寿(ふくろくじゆ)でなくて、224モウロク(()(ろく)十三(じふさん)になりましたねー、225ホヽヽヽヽ』
226福禄(ふくろく)『ヒドイなア』
227六福(ろくふく)『アハヽヽ。228オホヽヽヽヽヽ』
229 顔色(かほいろ)(くろ)いのを自慢(じまん)大黒天(だいこくてん)は、230(つち)()つた(まま)()(なほ)り、
231大黒(だいこく)弁天(べんてん)ナイスの(いま)(はなし)()いた以上(いじやう)拙者(せつしや)(をとこ)だ。232(ひと)()(うへ)(ばなし)(はじ)めて()よう。233一同(いちどう)()迷惑(めいわく)ながら()聴聞(きき)なさいませ。
234(そもそ)拙者(せつしや)は、235(かむ)素盞嗚(すさのをの)大神(おほかみ)御子(みこ)にて、236八百米(やほよね)杵築(きづき)(みや)(しづ)まりし、237大国主(おほくにぬしの)(みこと)でござる。238(うま)れつきの慈悲心(じひしん)(つつ)むに(よし)なく、239(まづ)しき(もの)()るに()け、240不便(ふびん)(しの)(がた)く、241一切(いつさい)衆生(しゆじやう)福徳(ふくとく)(あた)へむとして(こころ)(くだ)き、242チンチンチン(いち)米俵(たはら)(ふん)まへて、243()(にぎ)はしう(をさ)めて、244(さん)(さか)えの(もと)となり、245(よつ)()(なか)(よろこ)んで、246(いつ)ツいつも機嫌(きげん)よく、247(むつ)無病(むびやう)息災(そくさい)で、248(なな)難事(なんこと)もないやうに、249(やつ)屋敷(やしき)(ひら)ひて、250(ここの)(はな)(くら)()て、251十分(じふぶん)(みつ)ればこぼるるぞ。252コレ(この)(つち)(ふく)(うち)()(つち)ぢやない、253(つち)大切(たいせつ)にして生命(いのち)(たね)のお(よね)(つく)れと()らすためぢや。254(ひと)つには(おご)れる(やつ)()天窓(あたま)をば(うち)(くだ)(つち)ぢやわい。255アハヽヽヽヽ』
256福禄(ふくろく)『アハヽヽヽヽ、257コリヤ御尤(ごもつと)もだ。258オイ(えびす)259コレサ(つんぼ)どの、260エベスどの エベスどの エベスどの 261貴神(こなた)は、262マア(へさき)()(つり)(ばか)りして(ござ)るは一体(いつたい)263こなたは()()(ふく)(かみ)ぢやい。264(ふく)(かみ)にも色々(いろいろ)あつて、265雑巾(ざふきん)()つて縁板(えんいた)などをフクの(かみ)もあれば、266(しり)をフクの(かみ)もある。267きつぱりと素性(すじやう)()かして()れないか』
268(えびす)(おれ)かい。269おれはナ、270何事(なにごと)()かざる、271()ざる、272()はざると()つて、273庚申(かうしん)眷属(けんぞく)気取(きど)り、274三猿(さんゑん)主義(しゆぎ)固守(こしゆ)し、275(ただ)堪忍(かんにん)をのみ(まも)つて()るのだ。276(とく)堪忍(かんにん)五万歳(ごまんざい)だ。277(そもそ)拙者(せつしや)は、278蛭子(ひるこ)(みこと)()つて、279(しやう)(ぐわつ)三日(みつか)(とら)一天(いつてん)誕生(たんじやう)した若蛭子(わかえびす)だ。280商売(しやうばい)繁昌(はんぜう)(いの)るが(ゆゑ)281(よく)(ふか)連中(れんぢう)から商売(あきなひ)(かみ)(あが)められて()るのだ。282(まこと)目出度(めでた)(さふら)ひけるだ、283アハヽヽヽヽ。284十日(とをか)(えびす)売物(うりもの)は、285はぜ(ふくろ)に、286取鉢(とりばち)287(ぜに)がます、288小判(こばん)金箱(かねばこ)289(たて)烏帽子(ゑぼし)290(ます)財槌(さいづち)291束熨斗(たばねのし)292(ささ)をかたげて千鳥足(ちどりあし)
293大黒(だいこく)『アヽコレコレ294さう(をど)(まは)すと(ふね)(うへ)危険(けんのん)だ。295モウ()いモウ()296()中止(ちゆうし)(ねが)ひます』
297大黒(だいこく)『エヽ(とき)寿老人(じゆらうじん)殿(どの)298貴神(こなた)何時(いつ)何時(いつ)(しぶ)(かほ)をして落付(おちつき)(はら)つて(ござ)るが、299こんな芽出度(めでた)(とき)には、300チツと(わら)つて()せても()いぢやないか』
301寿老(じゆらう)『イヤ(これ)(また)迷惑(めいわく)千万(せんばん)302物価(ぶつか)謄貴(とうき)生活難(せいくわつなん)(こゑ)(やかま)しき、303この(から)時節(じせつ)に、304あまい(かほ)をせよとは、305(すゐ)にして()賢明(けんめい)なる方々(かたがた)にも似合(にあは)ぬお言葉(ことば)では(ござ)らぬか。306拙者(せつしや)何時(いつ)(にが)(かほ)をして倹約(けんやく)第一(だいいち)(まも)り、307郵便(ゆうびん)貯金(ちよきん)沢山(たくさん)にして、308他人(たにん)(そん)をかけず、309自分(じぶん)(そん)(いた)さねば、310心労(しんらう)なき(ゆゑ)311長命(ちやうめい)(つかまつ)るのぢや。312長命(ちやうめい)()ぎたる(たから)(ござ)らぬ。313兎角(とかく)314拙者(せつしや)()(かた)見習(みなら)へば、315たとへ(ふく)(さづ)からなくとも、316自然(しぜん)福徳(ふくとく)(たも)てますぞや』
317福禄(ふくろく)『ヘン、318何程(なにほど)長命(ちやうめい)したとて、319ソンナ(にが)(かほ)をして一生(いつしやう)(おく)るのなら、320(あま)福徳(ふくとく)でも()るまい。321(わら)つて(くら)すのが、322(なに)より人生(じんせい)幸福(かうふく)だ。323高利貸(かうりがし)親父(おやぢ)でも、324たまには(わら)ふぢやないか。325ナア、326(みな)福神(ふくじん)連中(れんちう)さま』
327寿老(じゆらう)『イヤ(おそ)()る。328(しか)自分(じぶん)(これ)でも(ひと)()らぬ(こころ)のよろこびに()ちて、329(たの)しく()(おく)つて()るのだ。330サテ、331愚老(ぐらう)(ばか)りお喋舌(しやべり)いたして皆様(みなさま)交際(つきあひ)(わす)れて()た。332(あま)りの(たの)しさと、333面白(おもしろ)さと、334今度(こんど)()婚礼(こんれい)目出度(めでた)さとに()()られて、335アハヽヽヽヽ。336サア(これ)からお交際(つきあひ)(まを)さう』
337(かたはら)にあり()妻琴(つまごと)(ひき)()()きならし、
338(うた))『(しの)()や ()()なもゆる (さは)の 螢火(ほたるび)に 夜更(よふけ)(わた)りぬる』
339寿老(じゆらう)(あま)(なが)いのは皆様(みなさま)のさはりになる。340(なが)(もの)(ぞく)長者(ちやうじや)()ふさうぢや。341ヤ、342(これ)はしたり、343(なが)(もの)とは福禄寿(げほう)(さま)(さし)(あひ)ました。344失礼(しつれい)々々(しつれい)
345 布袋(ほてい)和尚(をしやう)(ふき)()して、
346布袋(ほてい)『アハヽヽヽアハヽヽヽ、347オホヽヽヽ、348ハテ、349コリヤ面白(おもしろ)い 面白(おもしろ)い 面白(おもしろ)い ハヽヽヽヽヽ奇妙(きめう)々々(きめう)
350 毘沙門天(びしやもんてん)は、351むつとした(かほ)しながら、
352毘沙(びしや)『ヤイ、353そこな土仏(どぶつ)坊主(ばうず)()354(なに)がそれ(ほど)可笑(をか)しいのだい。355(ふくろ)(はら)とで乗合船(のりあひぶね)居所(ゐどころ)(せば)めて()(くせ)に、356チツと(くらゐ)遠慮(ゑんりよ)()さつても()いだらう』
357布袋(ほてい)『アヽ、358コレコレ毘沙(びしや)殿(どの)359さう腹立(はらたて)まいぞや、360腹立(はらたて)まいぞや、361立腹(たてはら)まいぞや。362少々(せうせう)乗合(のりあひ)邪魔(じやま)にも()るだらうが、363ソコは仲間(なかま)(こと)だから、364神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)してマアマア(いは)因縁(いんねん)()(たま)へ。365()一家(いつか)一門(いちもん)附合(つきあひ)366朋友(ほういう)367得意先(とくいさき)368(まる)()くては(をさ)まらないと()道理(だうり)は、369拙者(せつしや)のこの天窓(あたま)(わか)るだらう。370()まで(まる)布袋(ほてい)和尚(をしやう)だ、371ハヽヽヽヽ。372まつた(はら)(おほ)きくなければ、373(こころ)がさもしいものだ。374そこで愚僧(ぐそう)(この)(おほ)きい(はら)()()し、375腹鼓(はらつづみ)()つて一通(ひととほ)りお(はなし)(いた)すで(ござ)らう。
376「ソレ、377この(ふくろ)といつぱ」()たる(こと)()きたる(こと)378よしあし(とも)(わす)れぬ(やう)379(なか)(をさ)めて()(とほ)り、380もたれて()(まう)すなり。381(また)()子宝(こだから)()へるが、382(おさな)(もの)ほど可愛者(かあいもの)はあり(まを)さぬ。383その(おさな)(もの)団扇(うちは)()つて行司(ぎやうじ)(つかまつ)()(さふらふ)(なり)384アヽ()(たのし)みかな()(たのし)みかな』
385福禄(ふくろく)『イヤ布袋(ほてい)どの、386(もつと)(もつと)も、387(もつと)次手(ついで)(わら)はしやるのも(もつと)(もつと)も。388(わら)(かど)へは福禄寿(ふくろくじゆ)」サレバお(はな)(まを)しませう。389()天窓(あたま)(なが)ければ()はズント(ひく)(ござ)る。390(ひく)うなければ愛嬌(あいけう)(うしな)ひます。391()入口(いりぐち)這入(はい)るにも(なが)いによつて(あま)ります。392天窓(あたま)()げて這入(はい)ります。393それで愛嬌(あいけう)(ござ)るだらうがの、394愛嬌(あいけう)ついでに(みな)さま、395おはやし(たの)みます。
396越後(えちご)(くに)角兵衛(かくべゑ)獅子(じし)397(くに)()(とき)や、398親子(おやこ)()れ、399獅子(しし)をかぶりて、400くるりと(まは)つて、401(くび)をふりまする、402親父(おやぢ)や、403まじめで(ふえ)()く」
404ヨー、405ハヽヽヽヽ福禄寿(げほう)さま、406大当(おほあた)りだ大当(おほあた)りだ。407アハヽヽヽヽ』
408六福(ろくふく)(しか)獅子(しし)(あたま)少々(せうせう)高過(たかす)ぎるぢやないか。409ハヽヽヽヽ』
410福禄(ふくろく)『ハテ、411(あたま)(たか)うもなければ(をさ)まらぬ(こと)もある(もの)だ。412(これ)もやつぱり世界(せかい)道具(だうぐ)だからのう。413ハヽヽヽヽ』
414 毘沙門天(びしやもんてん)()(なほ)りて、
415毘沙(びしや)『ムヽヽヽヽ、416ハヽヽヽヽ面白(おもしろ)面白(おもしろ)し、417(われ)異形(いぎやう)姿(すがた)にて(ほこ)(たづさ)へし()(なが)らも、418七福神(しちふくじん)(れつ)(くは)はる(その)由来(ゆらい)物語(ものがた)らむ。419そも不身持(ふみもち)(やま)(みな)()(みなみ))に(あた)りて難渋(なんじう)(だけ)(みね)()む、420貧乏(びんばふ)困神(こんじん)とて悪神(あくがみ)あり、421(かれ)徒党(とたう)奴原(やつばら)(ことごと)誠罰(せいばつ)諸人(しよにん)(わづらひ)(すく)はむと、422この()(くに)天降(あまくだ)り、423日出(ひいづ)(くに)信貴山(のぶたかやま)根城(ねじろ)(かま)へ、424追付(おつつく)悪神(あくがみ)(うち)(ほろ)ぼし、425困窮(こんきう)()をたやさむこと、426(この)多聞天(たもんてん)方寸(はうすん)(うち)にあり、427ハヽヽハヽヽハヽヽヽヽ、428(よろこ)ばしや(うれ)しや』
429(いさ)める顔色(がんしよく)430()あつて(たふと)く、431(じつ)有難(ありがた)霊験(れいけん)なり。
432 (みな)一同(いちどう)にあふぎ()て、433(なか)取分(とりわ)弁財天(べんざいてん)
434弁天(べんてん)(いづ)れに、435おろかは()けれども、436多聞天(たもんてん)のおん物語(ものがたり)437(いさ)ましや。438イザヤ発船(ほつせん)439(また)()げん』
440とのたまふにぞ、441さらばさらばと()ぎよせて、442竜宮館(りうぐうやかた)(みづ)()に、443(きよ)(たから)入船(いりふね)や、444七福神(しちふくじん)霊験(れいけん)も、445仁義(じんぎ)釈教(しやくけう)446恋無常(こひむじやう)447勧善(くわんぜん)懲悪(ちようあく)聞明(ぶんめい)し、448改過(かいくわ)(つく)るその(ぬし)は、449近松(ちかまつ)ならで(まつ)(もと)450()とふし(こめ)し、451竹本(たけもと)ならぬ国武彦(くにたけひこ)(おん)(たす)け、452(うめ)()(ゆか)しき一輪(いちりん)の、453(はな)(なが)れや()()(あや)の、454聖地(せいち)(たま)()に、455(うつ)言霊(ことたま)(かげ)きよく、456()(かがや)きし玉照姫(たまてるひめ)や、457(やみ)をも()らす玉照彦(たまてるひこ)二柱(ふたはしら)458()(ぐわつ)八日(やうか)(よろこ)びを、459(ふで)にうつして(すゑ)(ひろ)く、460(つた)(さか)ゆる神祝(かむほ)ぎの、461()きせぬ神代(みよ)こそ芽出度(めでた)けれ。
462大正一二・七・一八 旧六・五 北村隆光・加藤明子共録)
463(昭和一〇・六・一六 王仁校正)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/15【霊界物語ネット】加藤明子「をりをり物語」を掲載しました。
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→