霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 (みぎは)(なげ)き〔二〇〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第79巻 天祥地瑞 午の巻 篇:第3篇 伊吹の山颪 よみ:いぶきのやまおろし
章:第21章 汀の歎き よみ:みぎわのなげき 通し章番号:2002
口述日:1934(昭和9)年07月20日(旧06月9日) 口述場所:関東別院南風閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年10月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
燕子花は最愛の夫に醜い竜の体を見られたことを恥じらい、大井ケ淵に見を投じて、これから先は淵の底から艶男の声を聞いて楽しみとするのみの生活を覚悟した。燕子花は竜体に還元してしまったので、人語を発することができなくなってしまった。そして、心の内で歎きの述懐歌を歌った。
山神彦、川神姫の二人は、夜中の出来事を聞き、驚きと歎きのあまり、表戸を固く閉じて七日七夜、閉じこもってしまった。艶男は突然の出来事に、驚き歎きつつ、朝夕に大井川のみぎわ辺に立って、追懐の歌を歌っていた。
水上山の政をつかさどる四天王は、あまりの異変に驚き、今後の処置を艶男に計ろうと居間を訪ねたが、もぬけの殻であった。驚いて、もしや艶男は燕子花の後を追って淵に身を投げようとしているのではないかと、急いで大井川の淵瀬に来て見れば、はたして艶男は両岸をはらし、涙の袖を絞って歎いていた。
四天王のひとり、岩ケ根は背後から艶男を抱え、残された御子や父母のことを思い、おかしな心を起こさないように諭した。艶男は、もはや自分には死しかないと思い定めたのだ、と答えた。
続いて、四天王のひとり真砂もまた、艶男をいさめたが、艶男は、もはや死に思いを定めたので、あとは自分に代わって竜彦を育ててくれ、と答えた。
さらに、真砂、水音は艶男を諭す歌を歌い、ようやく艶男は、自分も人の情けを知る身であると答え、一行は館に帰り行くこととなった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7921
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 269頁 修補版: 校定版:393頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 燕子花(かきつばた)初産(うひざん)(くる)しさに(つか)()て、002御子(みこ)(いだ)きしまま、003ぐつたりと前後(ぜんご)(わす)れて(ねむ)()たりしが、004最愛(さいあい)(つま)艶男(あでやか)(わが)(みにく)(もと)姿(すがた)()つけられしをいたく(はぢ)らひ、005()くなる(うへ)何時(いつ)までも(つま)(あい)(たも)(よし)なく、006(また)(わが)()のうら(はづ)かしさを(あん)(わづら)ひの(あま)り、007大井ケ淵(おほゐがふち)()(とう)じて、008(まつた)(もと)竜体(りうたい)(へん)じ、009とこしへに(この)(ふち)(しづ)みて、010艶男(あでやか)(こゑ)(しの)(しの)びに()きつつ(たの)しまむものと覚悟(かくご)(きは)めたりけるが、011燕子花(かきつばた)最早(もはや)竜体(りうたい)還元(くわんげん)したる以上(いじやう)012人語(じんご)(はつ)する(よし)なく、013(こころ)(うち)にて(おも)ひのたけを(うた)ふ。
014()(きみ)(なさけ)(つゆ)のかがやきて
015いとしき御子(みこ)(いま)(うま)れたり
016さりながら()みのなやみの(くる)しさに
017後前(あとさき)(わす)れて(われ)(ねむ)りし
018(ねむ)()(もと)姿(すがた)()(きみ)
019()られし(のち)はせむすべもなし
020(なげ)くとも(およ)ばざるらむ(わが)姿(すがた)
021(きみ)(まなこ)にふれたる(うへ)
022よしやよし(もと)身体(からだ)(かへ)るとも
023(きみ)(なさけ)永久(とは)(わす)れじ
024()()なの(した)しき(まくら)(ゆめ)なりし
025(いま)現幽(げんいう)(ところ)をへだてて
026大井川(おほゐがは)(みづ)(きよ)ければとこしへに
027(わが)()棲処(すみか)にふさはしく(おも)
028()(きみ)()ふも(さら)なり()れし()
029肥立(ひだ)つにつけて(われ)(うら)まむ
030国津神(くにつかみ)(つま)とはなれど(もと)()
031いやしき(けもの)(わが)()なりけり
032()(きみ)(さち)(おも)ひて(われ)(いま)
033()しき生命(いのち)()てむとぞする
034(わが)(たま)のいのちは永久(とは)にこの(ふち)
035(ふか)(しづ)みて(きみ)(まも)らむ
036よしやよし浮名(うきな)はいかに(たつ)()
037(はぢ)(しの)びて(ふち)(しづ)まむ
038御父(おんちち)もおどろき(たま)はむ御母(おんはは)
039(なげ)かせ(たま)はむ今日(けふ)(わが)()
040(おそ)ろしき(つま)()ちしと()(きみ)
041()()(うれ)ひに(しづ)(たま)はむ
042()(きみ)(こころ)(おも)へばかなしけれ
043(けもの)()きしと(そし)られ(たま)へば』
044 ()くの(ごと)くに(しの)(しの)びに述懐(じゆつくわい)()へて、045大井(おほゐ)川底(かはそこ)(ふか)くその霊身(れいしん)以前(いぜん)竜体(りうたい)(たも)ちける。
046 ここに山神彦(やまがみひこ)047川神姫(かはかみひめ)(かみ)は、048夜半(よは)出来事(できごと)()き、049(おどろ)きと(なげ)きに(つつ)まれ、050(ひと)(かほ)()らるるも(はづ)かしと、051表戸(おもてど)(かた)(とざ)して七日七夜(なぬかななよ)をさし(こも)りけり。
052 艶男(あでやか)突然(とつぜん)出来事(できごと)に、053(かつ)(おどろ)(かつ)あきれ(かつ)(なげ)かひつつも、054さすがは(をつと)055(つま)のかなしき(こころ)(あは)れみ、056(あさ)(ゆふ)大井(おほゐ)(かは)汀辺(みぎはべ)()ちて、057追懐(ついくわい)(うた)をうたふ。
058『あはれあはれ(わが)()ふる(つま)(いま)いづこ
059(あさ)(ゆふ)なを汀辺(みぎはべ)
060()ちてし()れど(かげ)もなく
061(なみだ)(あめ)()りしきり
062()()(かぜ)もさみしげに
063(なみだ)(ほほ)をなでてゆく
064いかなる宿世(すぐせ)因縁(いんねん)
065(けもの)()()燕子花(かきつばた)
066やさしき姿(すがた)にほだされて
067妹背(いもせ)(ちぎ)八千代(やちよ)までと
068(ちか)ひしことの(いま)(はや)
069(ふち)水泡(みなわ)()えにけり
070ああ(こひ)しもよかなしもよ
071()(みたま)この()()きて
072只一言(ただひとこと)のいらへごと
073つばらに()べよ燕子花(かきつばた)
074よしやよし(たつ)姿(すがた)になれるとも
075(われ)はいとはじ
076(なれ)(われ)
077(つゆ)(なさけ)(かた)まりし
078(うづ)御子(みこ)なる竜彦(たつひこ)
079日々(ひび)()ひたち(たま)(はだ)
080(なれ)()せたく(おも)へども
081(いま)はせむなし幽界(かくりよ)
082(かみ)となりつる(なれ)なれば
083さはさりながら(わが)(こころ)
084(なれ)(なさけ)(わす)れかね
085朝夕(あさゆふ)川辺(かはべ)(まよ)()
086くだらぬくり(ごと)くり(かへ)
087せめては(こころ)のなぐさめと
088()年月(としつき)(おく)るなり
089ああ燕子花(かきつばた)燕子花(かきつばた)
090(みぎは)(きよ)(むらさき)
091(にほ)へる(はな)のそれならで
092(おな)()()(なれ)()
093(いま)(あへ)なくなりしかと
094(おも)へばかなしさ()へがたく
095(われ)(なんぢ)(あと)()ひて
096これの淵瀬(ふちせ)()らむかと
097(ゆふ)(ゆふ)べをとつおひつ
098思案(しあん)にくるる(なや)ましさ
099(なれ)()らずや()かざるや
100ああ(なや)ましもかなしもよ
101生命(いのち)()せむと(おも)へども
102()いたる父母(ふぼ)のおはすあり
103(あゆ)みもならぬ吾子(わがこ)あり
104せめて吾子(わがこ)()()ちを
105見とどけし(うへ)()(あと)
106(した)ひて(ふち)(しづ)むべし
107()たせ(たま)へよ(わが)(つま)よ』
108 あたりに(ひと)なければ、109千万無量(せんまんむりやう)(おも)ひを(なら)べて(なげ)()る。
110 四天王(してんわう)司等(つかさら)は、111(あま)りの異変(いへん)(おどろ)きの(あま)(もの)()はず、112仮殿(かりでん)(あつま)青息吐息(あをいきといき)(てい)にて、113この(のち)如何(いかが)なり()くならむと(なげ)()にけり。114()くて()るべきにあらねば、115艶男(あでやか)(きみ)今後(こんご)処置(しよち)(はか)らむと居間(ゐま)(たづ)ぬれば、116(もぬけ)(から)117(おどろ)きて、118もしやもし若君(わかぎみ)(ひめ)(あと)()ひしにはあらずやと、119岩ケ根(いはがね)真砂(まさご)120白砂(しらさご)121水音(みなおと)122瀬音(せおと)四天王(してんわう)(ともな)ひ、123大井川(おほゐがは)淵瀬(ふちせ)(いそ)()()れば、124艶男(あでやか)両眼(りやうがん)をはらし、125(なみだ)(そで)(しぼ)りて何事(なにごと)かかこち()る。
126 岩ケ根(いはがね)差足抜足(さしあしぬきあし)しながら艶男(あでやか)(そば)(ちか)づき、127背後(はいご)よりむんずと()(かか)へ、
128若君(わかぎみ)はここにいますか(かなら)ずや
129(よわ)(こころ)()たせ(たま)ふな
130姫君(ひめぎみ)(みづ)藻屑(もくず)となり(たま)
131(きみ)(こころ)(くる)しさを()
132さりながら父母(ちちはは)います御身(おんみ)なり
133夢魂(ゆめたましひ)(くも)らせ(たま)ひそ
134(あい)らしき稚子(ちご)()()()(まで)
135(とど)まり(たま)弥猛心(やたけごころ)
136いとこやの(つま)(わか)れし(きみ)なれば
137(こころ)(みだ)(たま)ふも(うべ)
138(まか)りたる(ひと)()べども(かへ)らまじ
139御国(みくに)(ため)(おも)(なほ)せよ』
140 艶男(あでやか)(これ)(こた)へて、
141岩ケ根(いはがね)(あつ)(こころ)(さと)れども
142(いま)(わが)()()より(ほか)なし
143(ひめ)(あと)()ひて一道(ひとみち)(むか)はむと
144(われ)(こころ)(さだ)めたりける
145さりながらよくよく(おも)へば父母(ちちはは)
146(なげ)きは(われ)より(ふか)かるものを』
147 真砂(まさご)は、
148竜神(たつがみ)(しま)より()たす(ひめ)なれば
149()くなるべしとかねて(おも)ひぬ
150さりながら世継(よつぎ)御子(みこ)()れませば
151水上(みなかみ)(たち)永遠(とは)(さか)えむ
152この(くに)(さか)(おも)ひて若君(わかぎみ)
153(しば)生命(いのち)をながらへ(たま)はれ
154若君(わかぎみ)(あやま)ちあれば(われ)とても
155(たち)(つか)ふる(かむばせ)はなし
156大井川(おほゐがは)(そこ)(こころ)()らねども
157(ふか)きは吾等(われら)(なげ)きなりけり
158若君(わかぎみ)(なげ)(うべ)よと(おも)へども
159(かみ)御為(おんため)(しの)ばせ(たま)へ』
160 艶男(あでやか)(これ)(こた)へて、
161()言葉(ことば)(うべ)よと()けど(わが)(たま)
162(ふる)ひをののき()なまく(おも)
163汝等(なれたち)(こころ)なやませ(わが)(たま)
164悪魔(あくま)(むれ)()()りにけむ
165竜彦(たつひこ)二人(ふたり)(なか)遺児(かたみ)ぞと
166(おも)へば(やす)生命(いのち)()すとも
167汝等(なんぢら)(われ)(かは)りて竜彦(たつひこ)
168(はぐく)みくれよ御代(みよ)()ぐまで』
169 真砂(まさご)(こた)へて、
170川底(かはそこ)白砂(しらさご)までも()きとほる
171大井ケ淵(おほゐがふち)今日(けふ)(にご)れる
172天津空(あまつそら)(くも)かさなりて小雨(こさめ)ふる
173(ふち)(おもて)波紋(はもん)(ゑが)けり
174天地(あめつち)(かみ)(なげ)かせ(たま)ふらむ
175天津陽光(あまつひかげ)()えまさずして
176(なげ)かひの(くも)(つつ)まれ水上山(みなかみやま)
177(うづ)(やかた)小雨(こさめ)()るなり
178春雨(はるさめ)のしとしと()れる今日(けふ)()
179(きみ)(なみだ)(わが)()(なみだ)
180()(かぜ)(つめ)たくさみしこの(あさ)
181(われ)川辺(かはべ)(そで)しぼるなる』
182 水音(みなおと)(うた)ふ。
183大井川(おほゐがは)上津瀬(かみつせ)()岩ケ根(いはがね)
184うつ水音(みなおと)(ほそ)(きこ)()
185大井川(おほゐがは)水音(みなおと)(しづ)めて今日(けふ)()
186(なげ)くか御空(みそら)細雨(ほそあめ)()
187かかる()にかかる(なげ)きを()ることは
188水音(みなおと)(われ)(おも)はざりしを
189()(かく)若君(わかぎみ)(こころ)(なご)めむと
190(たづ)ねてここに吾等(われら)()にけり
191神々(かみがみ)のかなしき(こころ)(あは)れみて
192一先(ひとま)(たち)(かへ)らせ(たま)
193(うづ)()御顔(みかほ)つらつら御覧(みそなは)
194今日(けふ)(なげ)きをなぐさめ(たま)へ』
195 艶男(あでやか)(これ)(こた)へて、
196川水(かはみづ)(なが)るる()れば(わが)(こころ)
197()にたくなりぬかなしさ(あま)りて
198さりながら(われ)(ひと)()(なさけ)をば
199()らぬ岩木(いはき)にあらずと()れよ』
200 瀬音(せおと)はかなしき(ごゑ)()()げて、
201滝津瀬(たきつせ)(おと)(さび)しく(きこ)ゆなり
202燕子花姫(かきつばたひめ)身罷(みまか)りし()
203汀辺(みぎはべ)()ける菖蒲(あやめ)(むらさき)
204今日(けふ)(なげ)きにしをれ(がほ)なる
205()にもあれ(かく)にもあれや()(やす)
206(おも)生命(いのち)()てさせ(たま)ふな
207天地(あめつち)(いま)(ひら)けし心地(ここち)かな
208(きみ)(こころ)岩戸(いはと)()くれば
209吾等(われら)(また)(こころ)(やす)んじ(くに)(ため)
210(やかた)(なが)(つか)(まつ)らむ
211(なげ)かひの(くも)(はら)ひて永久(とこしへ)
212これの(やかた)(てら)させ(たま)へ』
213 ここに岩ケ根(いはがね)(ほか)四人(よにん)は、214艶男(あでやか)前後(ぜんご)()()ひ、215いそいそとして(うづ)(やかた)(かへ)()く。
216昭和九・七・二〇 旧六・九 於関東別院南風閣 谷前清子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。