霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(四)新定の紋章

インフォメーション
題名:(四)新定の紋章 著者:井上留五郎
ページ:140 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
 ご承知の如く大本には宇宙紋と称する図の如き紋章が出来たのでありますが、その由来を申し上げておきます。
宇宙紋章
[#図 宇宙紋章]
 この紋章は大正十年二月十二日、陰暦正月五日、聖師様が京都未決監にお出でになった日に天示されたのでありまして、この朝聖師様は日と上弦の月と並び、また月に近接せる太白星、しかもこの月と星が夜と同様の光輝を放ちつつある奇現象を認められたのであります。大阪及び各地信者諸氏の中にもこれを見た方があったのであります。(大正十三年二月十二日にも白昼に同様の現象あり、この前後二回の奇観については王仁蒙古入記出征の辞に詳記)大正八年旧六月三日の御神諭(索引参照)に
「……この世の裁判(さばき)をいたすまでに、早く改心致して身魂を水晶に研いておらぬと、いつ始まるやら、人民には判らんぞよ。神は日々(にちにち)に天からも地からも、言霊で知らしておれども、今の人民さっぱり悪魔の器になりきりて、言霊の耳がないから、脚下に火が燃えて来ているのに、気が付かぬから、また神は、日月(ひつき)なり星にまで、変わりた事をして見せて気をつけているが、それでも未だ判らぬとは、よくも悪神(わるがみ)に、身魂を曇らされたものじゃぞよ。天の大神様が、経綸(しぐみ)の蓋をお開け遊ばす時節が来たから、もう改信の間がないから、この世において欲しくば一日(いちじつ)も片時も迅く日本魂(やまとだましい)に立帰りて、神の分霊(わけみたま)と申すだけの行いを致して、天地の大神様へお詫びを致すが、何より結構であるぞよ」
と警告されてあります。
 この紋章を発表使用されたのは、大正十二年十二月であります。これを宇宙的に観れば日月地星の四魂完備の表徴であり、地球的に云えば日本が世界を道義的に統一したる(かたち)であります。即ち外輪は日にちなめる日本であり、月輪は印度支那即ち亜細亜でありその内部の円は欧洲であり、星は亜米利加であります。
 大正十三年は甲子(きのえね)の歳でありますが、暦学上よりしても三千六百年目に来る意義深き甲子でありまして、神様の方より云えば十二万年目の甲子であって、その当時初めて神様により天地運行の(りつ)即ち(れき)に対して、十干十二支の言霊を付与せられたのでありまして、これに動物を配したのは後のことであります。支那道院の侯延爽(こうえんそう)氏も、艮坤(こんごん)両方位が最も正しき位置に復帰する歳であると(はな)しておられました。聖師様はこの因縁深き甲子に因みて更始会を創立されたのであります。この会はミロクの御神業に奉仕する精神的の会であって、この会の徽章(きしょう)にこの紋章が用いられているのであります。
 この宇宙紋章が出来ることは、明治三十二年十曜の神紋が出来た当時、開祖様より大本役員に向かって、つとに予告せられていたのでありまして「大本には後来、さらに新たな紋が出来る。その紋はミロク神政成就のしるしであるから、この時を境として大本は云うに言われぬ結構なことに代わってくる」とお告げになったのであります。当時直接これを承り、爾来(じらい)心待ちに待っていた四方(しかた)平蔵翁は、今度聖師様よりのお話を聞いて、今さらの如く歓喜と追懐の感に打たれたのを見受けました。
 またこの紋は濫用せぬよう、更始会員として徽章を頂いている方々でも、神界の許可を得なければ衣服の紋様にも用いることは出来ないとのことであります。