霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 神道の本義

インフォメーション
題名:第三章 神道の本義 著者:出口王仁三郎
ページ:59 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/20校正。 データ最終更新日:2017-09-20 02:30:16 OBC :B121801c12
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年4月15日号(第84号) > 皇道我観(二)
 吾人(ごじん)は進んで神道(しんだう)の本義に移らむとす。(すなは)ち神道とは、世界各国に(おこな)はれつつ()る宗教に対しての名称なり。今(ここ)に論題と()したる目的は、日本(にほん)皇国(くわうこく)()ける神道の事を(もつ)て、()づ標的となすものにして、古来神道宗教家なるものの本尊として、敬拝(けいはい)尊崇(そんすう)せる神々の御性格が、各別々に発揮せられ、明確に説明せられ、的確に実行されあるや、(おほい)に疑問とすべき所なり。現今(げんこん)日本国(につぽんこく)()ける、神道宗教の十三派を(つう)じて、各奉斎する神々の本質を闡明(せんめい)して、真個(しんこ)国体(こくたい)精華(せいくわ)を発揮せるものありや、(すこぶ)る疑はしき次第なり。()天理教(てんりけう)は、十柱(とばしら)の神を主神(しゆしん)として、(これ)天理王尊(てんりわうのみこと)(とな)へ、八埃(ほこり)(をしへ)を説き、神の御活動を説くと(いへど)も、(むし)ろ現代に活躍すべき神理に薄き感あり。黒住教(くろずみけう)は、皇祖(くわうそ)天照大御神(あまてらすおほみかみ)主神(しゆしん)とし、金光教(こんくわうけう)は、天地金(てんちかね)大神(おほかみ)と総称する三神(さんしん)を本尊となし、御嶽教(みたけけう)は、国常立尊(くにとこたちのみこと)大己貴命(おほなむちのみこと)少名彦命(すくなひこのみこと)三神(さんしん)を主神として敬拝すと(いへど)も、(いま)(もつ)て神々の御本質を明確に説かず。其他(そのた)の神道宗教の教理及び祭神も、(また)個々別々にして、一も統一せるもの()く、(かへ)つて神道の尊厳を汚濁(をだく)するものと()ふべし。
 (そもそも)皇典(くわうてん)古事記の内容を、解説せる宗教的神道とも称すべき、安心立命的天理の本源を顕示し給へる、御本文(ごほんぶん)()摘録(てきろく)せむか、古事記上巻、
(かれ)(その)(うさぎ)大穴牟遅神(おほなむちのかみ)(まを)さく、(この)八十神(やそがみ)は必ず八上比売(やがみひめ)()じ、袋を負へども(なんじ)(みこと)(これ)()たまはむ。(八十神(やそがみ)とは(もろもろ)の神道宗教又は耶蘇教(やそけう)の意)(ここ)(その)太刀弓(たちゆみ)を持ちて(その)八十神(やそがみ)追避(おひさ)く時、坂の御尾(みを)(ごと)追伏(おひふ)せ、河の()(ごと)に追ひ(はら)ひて国作り始め(たま)ひき。(()皇道(くわうだう)大本(おほもと)の出現にあらずや)』
 以上の神文(しんぶん)(もつ)て、俗説(ぞくせつ)大国主神(おほくにぬしのかみ)の御遭難の神話と称しつつありと(いへど)も、(その)本義たるや天津(あまつ)日継(ひつぎ)天皇(てんわう)総攬(そうらん)(たま)ふ、天理人道の教義を、説示し玉ひし明文にして、即ち天地の大造化力に伴ひたる、世の経綸(けいりん)を行ふ大本(たいほん)より説き(おこ)し、人の世に(あら)はれ(いで)たる、天職と天賦の徳、ひとしく(かは)る国の天賦と天賦の言語と、人質(じんしつ)の関係、地質と人の性質の関係、言語と性質と手指(しゆし)の活用の関係、気界(きかい)原子(げんし))と人質(じんしつ)の関係、天賦の地を経綸すべき原理倫理の本源、人の生死往来して無限の寿(いのち)を保つ原理及び生死往来の道理を明示し、人の霊魂作用、人の世に処する根本律則(こんぽんりつそく)、一国を主神(しゆさい)する者の(しう)とする根本法理、世道(せだう)人心(じんしん)(たひら)かに治むる大基本を教へ(たま)へる神文(しんぶん)なり。
(しか)して、
(かれ)阿治志貴(あぢしき)高日子根(たかひこねの)(かみ)(いか)りて飛去(とびさ)る時に、(その)伊呂妹(いろも)高比売命(たかひめのみこと)(その)()(あら)はさむと思ふ故に(うたひ)(たまは)く、
あめなるや、をとたなばたの、うながせる、たまのみすまる、みすまるに、あなだまはや、みたにふたわたらす、あぢしきたかひこねのかみぞや』(この)歌は夷振(ひなぶり)(なり)
 ()夷振歌(ひなぶりうた)の本義は、人の世に処する精神によりて、徳の(もとゐ)を結ぶ天理の法則を、示し玉へる神歌(しんか)なり。古来我国(わがくに)神道家の唱導する教義なるものは、至粋至純なる、皇祖の教示し給ひたる真正の教理に(あら)ず。実に一千有余年間に、輸入せる儒仏(じゆぶつ)の教義を、国体的に純化したる人工的教義なれば、実際的に世道人心を、利益する(あた)はざる教理にして、世界各国の宗教と(ほと)んど(ことな)(ところ)なし。実に奉齋(ほうさい)(まつ)る神霊に対し(まつ)りて、(おそ)れ多き次第と()()し。要するに、神は(かく)(その)(ことな)りたる御名(みな)を有し(たま)ふが如く各自(かくじ)天賦(てんぷ)の活用妙機を保ち玉ふにあり。()の神々の保たせ(たま)へる御神格を活用し(まつ)るは、日本国民の(しう)とする所の天職ならざる(べか)らず。故に吾人は、如斯(かくのごとく)(かん)ぜざるを得ず。天運循環して、(ここ)に日進の聖代に遭遇せる、現在の国学者及び十三派の神道宗教家は、(よろ)しく神道(古神道)の大本(たいほん)闡明(せんめい)(まつ)りて、皇祖の御稜威(みいづ)を照らし(あら)はし(まつ)らざる(べか)らず。(しか)るに現代の宗教なるものを見るに、往々(わうわう)にして、安寧(あんねい)秩序(ちつぢよ)を害するものあり。皇国固有の神道には(あら)ずと(いへど)も、朝鮮に()ける天道教(てんだうけう)(しか)り。後援の地位に立てる、某々国(ばうばうこく)キリスト教の宣教師の行動も、()(しか)るに(あら)ずや。帝国憲法は、(あきら)かに(かく)の如き信教を禁ぜり。将来一般宗教に対する批判は、詳細に説述すべき吾人の覚悟なり()
 彼等(かれら)()が、安寧(あんねい)秩序を害するの根元(こんげん)たるや、彼等は、神仏の解剖的意義を多少覚知せるならむも(その)実際の活動に思ひ到らず、救済、摂取を口にするも、事実(これ)(ともな)はず、根本的の神誓(しんせい)神約(しんやく)に着眼するもの無きは、実に思想界の暗黒時代と()ふべし。真実世道(せだう)人心(じんしん)を、利導(りだう)啓発(けいはつ)するに適したる宗教は天下に(ただ)一あるのみ。(これ)天津(あまつ)(まこと)の道と()ひ、皇道(くわうだう)大本教(おほもとけう)と称す。(これ)(すなは)ち、(わが)皇祖(くわうそ)及び神祖(しんそ)の教示し給へる、天理人道の根本義にして、大日本国教の真髄とする所なれば、(まさ)(もつ)て教育の大本(たいほん)となす()きものたり。(ただ)(たん)に哲学と空想とに(もとづ)ける世界一般の宗教に対しては、皇道(くわうだう)大本(おほもと)の教義を照示し、(もつ)()の迷妄を開発離脱せしめ、彼等の理想を満足せしむるは、日本神道家は(さら)なり、吾人の双肩(そうけん)にかかれる職責なり、任務たる()し。『(マタ)(モツ)(ナンヂ)祖先(ソセン)遺風(ヰフウ)顕彰(ケンシヤウ)スルニ()ラム』と示させ給へる、明治天皇の御勅語(ごちよくご)奉答(ほうたふ)するは、一に皇典古事記及び皇道大本神諭の研鑽(けんさん)に待たざる()からざる次第なり。要するに皇道とは、世界を統轄して、(たひら)かに安らかに(をさ)むる教政(けうせい)を総称するの義にして、神道とは、世道人心を教導すべき根本的教育の本源なり。(しか)りと(いへど)も、現代に(おこな)はれつつある政治教育とは、根本的に(ことな)れるの(かん)無き(あた)はざるなり。
   
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。