霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 歴朝の大御心

インフォメーション
題名:第一章 歴朝の大御心 著者:
ページ:47 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/19校正。古事記の漢文の読み出し文は、武田祐吉・注釈校訂『校註 古事記』(1956年、角川書店)を使用した。 データ最終更新日:2017-09-19 16:55:17 OBC :B121801c10
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年4月1日号(第83号) > 皇道我観
 宇宙初発(しよつぱつ)の際に言霊(ことたま)あり、言霊は(かみ)なり、又仏陀(ぶつだ)()真言(しんごん)()ふ。我国(わがくに)は天地開闢(かいびやく)(とき)に、最初(さいしよ)(つく)られたる真正(しんせい)無比の国土(こくど)にして、地球の総領国(そうりやうこく)なり。又言霊の(のり)清く(うるは)しく、円満(ゑんまん)にして(ほがら)かなり。(ゆゑ)我国(わがくに)を言霊の(さちは)ふ国、言霊の天照(あまて)る国、言霊の(たす)くる国、言霊の()ける国と、(いにしへ)より()ひ伝ふ。日本(につぽん)神刕(しんしう)神民(しんみん)の声音は、円満(ゑんまん)清朗にして、(その)(すう)最も(おほ)く、清音(せいおん)のみにして()つ言霊に権威(けんゐ)(ともな)ふ。他国の言霊は、(はなは)だしく混濁して、日本(にほん)神民(しんみん)の三分の一の(かず)(もち)ひ、()つ不正の声音を(はつ)し、言霊の権威(けんゐ)は絶無にして、只々(ただただ)意思を伝ふる用に供するのみ。其他(そのた)の下級動物(どうぶつ)(いた)るに(したが)ひ、声音の(すう)益々(ますます)(すくな)く、論ずるに()らず。
 惟神(かむながら)大道(だいだう)は、天地自然(しぜん)(せい)に従ふものなるが(ゆゑ)に、世界(せかい)(おのおの)その(をしへ)(まう)くるにも、国霊(くにたま)神霊界と王仁文庫では「国魂」だが全集では「国霊」。以下3箇所も同じ(計4箇所)と風土の関係(くわんけい)()つて、差別あるなり。皇国(くわうこく)国霊(くにたま)も風土も、清浄(せいじやう)潔白にして、(その)国民(こくみん)(あだか)神明(しんめい)(ひと)しければ、神命(しんめい)を奉じ、万世一系の皇室を戴き、大君(おほぎみ)(かみ)御心(みこころ)(こころ)とし、(たみ)(もつ)(もと)となし、天国(てんごく)の善政を施き、臣民(しんみん)(ひき)ゐて、天地経綸(てんちけいりん)司宰者(しさいしや)たる天職を尽すべく(をし)へ導き、(あめ)(した)安国(やすくに)(たひら)けく、知食(しろしめし)玉ふが(ゆゑ)に、我大君(おほぎみ)(しゆ)()(しん)三徳(さんとく)惟神(かむながら)具有(ぐいう)し給へば、(わが)国民(こくみん)は、天津神(あまつかみ)の霊統を()がせ玉へる、現人神(あきつかみ)()()す、大君(おほぎみ)御神勅(みことのり)を、(かしこ)(つか)(まつ)りて、上下(じやうか)一致(いつち)億兆一心の、天津(あまつ)(まこと)の道を遵奉(じゆんぽう)(たてまつ)り、天地(あめつち)神明(しんめい)()ぢざる善行を()し、天下(てんか)(はん)(しめ)すベき神刕清潔の神民なれば、外国の(ごと)く、小賢(こざかし)言挙(ことあ)げせざる大御国(おほみくに)なる(こと)も、(わきま)()るベし。又印度(いんど)(ごと)く風俗(あし)く、(したが)つて国霊(くにたま)劣りて、頑愚(ぐわんぐ)()(がた)き人民を、教化(けうくわ)済度(さいど)せんとせば、()釈迦(しやか)(ごと)く、(ほとけ)(をしへ)なるものを(つく)り、地獄(ぢごく)極楽(ごくらく)の説、因果(いんぐわ)応報の教旨など、種々(しゆじゆ)の方便を(まを)けて、国人(こくじん)(こころ)(なご)め、()(これ)を導くは、(これ)その国土(こくど)人心(じんしん)相応(さうおう)したる教誡(けうかい)なり。(ゆゑ)印度人(いんどじん)としては、(もつと)適当(てきたう)なる唯一(ゆゐいつ)教理(けうり)()ふべし。されど我国(わがくに)(これ)を応用するは、人類(じんるゐ)食膳(しよくぜん)(むか)つて、牛馬(ぎうば)(くら)ふべき食物(くひもの)を供するが(ごと)くにして、(かなら)ずしも、適当(てきたう)なる(をしへ)()ふべからず。日本人(につぽんじん)は皇国固有の(をしへ)遵奉(じゆんぽう)し、印度人(いんどじん)印度国(いんどこく)(てき)したる仏教(ぶつけう)遵奉(じゆんぽう)せば安心(あんしん)立命(りつめい)し、(もつ)人生(じんせい)の本分を(つく)()るなり。
 支那(しな)(ごと)きは、人民の(こころ)(もと)として(をしへ)()て、天下(てんか)天下(てんか)天下(てんか)なり、一個人(いちこじん)の左右すべきものに(あら)ずてふ精神に基きて、(をしへ)()てたる国土なれば、仮令(たとへ)天下(てんか)(しゆ)なりと(いへど)も、暴逆にして民心(みんしん)を失ひたる(とき)は、(これ)()ち、(これ)(はな)ちて、(その)(くらゐ)(かは)るを(もつ)て、自然(しぜん)良道(りやうだう)とするなり。(ゆゑ)孟子(まうし)(げん)にも、民為(たみを)(たふとしとして)社稷(しやしよく)次之(これにつぎ)(きみを)為軽(かろしとす)()り。土神(どじん)穀神(こくしん)の社殿と(いへど)も、旱魃(かんばつ)洪水(こうずゐ)などの変災(へんさい)(しき)りに(おこ)りて、(これ)(ふせ)ぐこと(あた)はざる(とき)は、(ただ)ちに無能不用の(かみ)として、其社殿を(こぼ)ちて(これ)を更改す。(いわ)んやそれに次ぐと()せる、国君(こくくん)不徳(ふとく)にして民を(をさ)むる事(あた)はず、暴逆無道(ぶだう)にして、民心(みんしん)背反(はいはん)する(とき)は、明君(めいくん)(いで)てその(くらゐ)(かは)るも、(みな)その風土国霊(くにたま)相応(さうおう)して、聖賢(せいけん)(たて)たる自然(しぜん)(みち)なり。それとは(また)格別(かくべつ)にして、我皇国(くわうこく)(かみ)(つく)りし国、(かみ)(をさ)むる国、(かみ)()てたる国なれば、万世一系の皇統を、天津日継(あまつひつぎ)(まを)(まる)(こと)は、天地開闢(かいびやく)太初(たいしよ)より、高天原(たかあまはら)()します所の、皇祖(くわうそ)天照大御神(あまてらすおほみかみ)の御子孫にして、天津(あまつ)()御跡(みあと)を継ぎて、天下(てんか)に君臨し(たま)ふと()ふ、尊称なる(こと)は、古典(あきら)かに(これ)を教ヘ(たま)ふなり。『(あかね)()天照国(あまてるくに)()(みや)(ひじり)御子(みこ)云々(うんぬん)』と続日本紀(ぞくにほんぎ)の歌にも載せられ、我国体(わがこくたい)の尊厳無比なるは、古往今来(こわうこんらい)国民(こくみん)(あまね)知悉(ちしつ)せる所なり。万葉集の長歌(ちやうか)にも『天地(あめつち)(はじめ)の時ゆ久方の、(あめ)の河原に八百万(やほよろづ)千万神(ちよろづがみ)神集(かむつど)ひ、(つど)()まして神分(かむはか)り、(はか)りし(とき)天照日女尊(あまてらすひるめのみこと)(てん)をば(しろ)しめしぬと葦原(あしはら)の、瑞穂の(くに)天地(あめつち)の、依相(よりあひ)の極み(しろ)しめす、(かみ)(みこと)天雲(あまぐも)の、八重(やへ)掻別(かきわ)けて神(くだ)()(まつ)りし』など詠めるも皇祖(くわうそ)大神(おほかみ)高天原(たかあまはら)知召(しろしめ)し、皇孫瓊瓊岐命(ににぎのみこと)の、()地上(ちじやう)国土(こくど)へ降臨し給ひたる、神事(しんじ)()へる神歌(しんか)にして、(きみ)(きみ)として()て、所謂(いはゆる)天立君主、立憲制の御国土(ごこくど)なるが(ゆゑ)に、(いにしへ)摂家(せつけ)清家(せいか)の家々も(みな)天上より陪従(ばいじう)(きた)りて、(つか)(まつ)りたる神人(しんじん)裔孫(えいそん)支流にして、天地開闢(かいびやく)(はじめ)より、君臣(くんしん)の大義名分なるもの、自然(しぜん)(さだ)まりて、幾度(いくど)()を代ふるとも、(がう)動揺(どうえう)する事()く、天津(あまつ)日継(ひつぎ)高御座(たかみくら)は、万世一系にして(みだ)(たま)ふ事()き、(まこと)に至善至美至真の御国体(ごこくたひ)なれば、()神国(しんこく)(せい)を託するものは、(かみ)皇上(くわうじやう)との殊恩(しゆおん)を、片時(へんじ)も忘却すベからず、(じつ)に神聖無比の天国(てんごく)浄土(じやうど)たるなり。(しか)のみならず、其皇子(わうじ)源平(げんぺい)(とう)(かばね)を賜ひて、皇族の御方々(おんかたがた)(いへど)も、一度(ひとたび)臣下の(れつ)に成らせ給ひたる(とき)は、仮令(たとへ)皇子(わうじ)親王(しんのう)諸王(しよわう)(いへど)も、再度(ふたたび)皇位を継がせ給ヘる事実(こと)なき、霊威不可犯(ふかはん)尊位(そんゐ)()しまして、国民(こくみん)(じつ)有難(ありがた)く、(かたじけ)なき次第(しだい)()ふべし。(わが)歴代の天皇は、(かみ)天津神(あまつかみ)御心(みこころ)(こころ)()し給ひ、(しも)臣民(しんみん)(こころ)(もつ)て、政治(せいぢ)大本(たいほん)()し玉ふが(ゆゑ)に、(かしこ)くも明治(めいじ)天皇は『罪あれば(われ)(とが)めよ天津神(あまつかみ)(たみ)我身(わがみ)()みし子なれば』と(おほ)せられ又『(わが)臣民(しんみん)億兆の(なか)に、一人(いちにん)にても、其所(そのところ)(やす)んぜざる者あらば(ちん)の罪なり』と(あふ)せられし御聖旨を(うかが)(まつ)るに(おい)ては、(わが)皇上(くわうじやう)臣民(しんみん)たるもの、一人(いちにん)として感泣せざる者あらむや。(じつ)に尊く(かたじけ)なく、御仁慈の(ほど)は山よりも(たか)く、海よりも(ふか)く、(あだか)も慈母の赤子(せきし)()けるが如しと()()し。(かしこ)くも皇宗(くわうそう)天武(てんむ)天皇の、古事記を撰録せしめ給ひし時、その御序文に『於是天皇詔之朕聞諸家之所賚帝紀及本辞。既違正実。多加虚偽。当今之時。不改其失。未経幾年。其旨欲滅斯乃邦家之経緯。王化之鴻基焉。故惟撰録帝紀。討覈旧辞。削偽定実欲流後葉。[#読み下し文/ここに天皇詔したまひしく、「朕聞かくは、諸家の()たる帝紀と本辞と既に正実に違ひ、多く虚偽を加ふといへり。今の時に当りて、その失を改めずは、いまだ幾年(いくとせ)を経ずして、その旨滅びなむとす。こはすなはち邦家の経緯、王化の鴻基(こうき)なり。(かれ)ここに帝紀を撰録し、旧辞(くじ)討覈(たうかく)して、偽を削り実を定め、後葉(のちのよ)(つた)へむと(おも)ふ」と宣りたまひき。/武田祐吉注釈校訂『校註 古事記』より]』以上の御聖旨に()るも、皇典古事記の(もつと)も正確にして、勅撰(ちよくせん)に成れる事実は、昭々(せうせう)として日月(じつげつ)(ごと)く、一点(いつてん)の疑惑を()(まつ)るの余地(よち)無し、古典学者の(はい)浅学薄慮(せんがくはくりよ)にして、神聖(しんせい)なる皇典古事記の深奥を(かい)せず、(いたづら)文字(もじ)音句(おんく)(うへ)拘泥(こうでい)し、(たまたま)穴穂御子(あなほみこ)安康(あんかう)天皇)の大日下王(おほくさかのみこ)(ころ)し、其(いもうと)なる長田太郎女(ながたのおほいらつめ)を皇后と()し給ひ、其()目弱王(まよわのみこ)(しい)せられ給ひし事跡などを捕へ(きた)つて、古事記は上代(かみよ)の出来事を、(もつと)赤裸々(せきらら)(つた)へられしものにして、主上(しゆじやう)の暴逆を記載せられたるは、(むし)ろ古典の美点なりなど(とな)へて泰然(たいぜん)たるは、(じつ)恐懼(きようく)(いた)りなりと()ふべし、(わが)歴代の天皇は、(かみ)天神(てんじん)御心(みこころ)(たい)し、(しも)臣民(しんみん)安危(あんき)(もつ)て、念慮(ねんりよ)()させ(たま)ふが(ゆゑ)に、天下(てんか)知食(しろしめ)(たま)ふや、時代(じだい)人情(にんじやう)治乱(ちらん)(もつ)て、()が不(とく)(つみ)()し、(しも)万民に(かは)りて天神(てんじん)に罪を謝し万民を無罪の神子(みこ)と、見直(みなほ)し、聞直(ききなほ)し、詔直(のりなほ)(たま)ふ、(しゆ)()(しん)三徳全備の現人神(あきつかみ)()()せるが(ゆゑ)に、其御宇(ごう)の人民の罪悪(ざいあく)(ゆる)し、御自身(ごじしん)御行跡(ごぎやうせき)(ごと)くに(つた)へ給ひて、臣民(しんみん)庇護(ひご)(たま)ふ、大慈大悲の大御親心(おほみおやごころ)()でさせ(たま)ふを、(うかが)(まつ)()し。(これ)(はん)して紀、記両書の伝ふる事跡を、文辞(ぶんじ)(まま)(かい)()きものとすれば、何を(もつ)天武(てんむ)天皇の『斯乃邦家之経緯、王化之鴻基焉』と()らせ玉ふ()きや。吾人(ごじん)の常識を(もつ)て判断するも、自明の理ならずや、次いで日本書紀の一節、武烈(ぶれつ)天皇紀に『天皇の御所行(ごしよかう)(すべ)て残忍に在坐(ましま)して孕婦(ようふ)(はら)()きて其(たい)()給ひ、(ひと)頭髪(とうはつ)()きて()に登らしめて、(これ)射墜(いおと)(たま)ふ』などの、大悪逆()らせられし(こと)(しる)されたるが、(わが)列聖の大君(おほぎみ)は、元来(ぐわんらい)大慈大悲の、天津御神(あまつみかみ)(うづ)御子孫(ごしそん)()()し、(たみ)を見給ふ事、(あだか)我身(わがみ)(いた)むが()く、思召(おぼしめ)(たま)ふが(ゆゑ)に、(いず)れの君主も皆時代(じだい)に応じたる、善政を()き給ひて、天意(てんい)に順応し(たま)ふが(ゆゑ)に、御一方(おひとかた)として、悪逆無道(ぶだう)の君主()で給ひし事()きは当然(たうぜん)なり。(しか)りと(いへど)も、我国(わがくに)歴代の至尊は、天祖天照皇大神(あまてらすおほかみ)の、()豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほのくに)は、吾児(わがこ)世々(よよ)(しら)さむ国と()り給ひて、全地球の御支配権を、()さし給へる大君(おほぎみ)()()すが(ゆゑ)に、現代(げんだい)の極東日本国のみならず、全世界の人民をも、赤子の(ごと)く治め()(いつ)くしみ(たま)ふ御天職の()しませば、仮令(たとへ)異域(いゐき)の出来事と(いへど)も、責任を()ばせ給ひ、全世界に()ける主、師、親の全徳を発揮し玉ふ、歴朝の大御心(おほみこころ)より、当時に()ける異域の悪逆無道の出来事までも、一身に引受(ひきう)け、異域の悪王(あくわう)所行(しよかう)(いへど)も、(これ)を見直し、聞直し、詔直(のりなほ)し玉ひて、千座(ちくら)置戸(おきど)を負はせ給へる、(たふと)(かたじけ)なき御神慮(ごしんりよ)には、日本臣民は言ふも(さら)なり、外国の臣民たりとも、感泣せざるを得ざる大御心(おほみこころ)と、(あふ)(まつ)りて、(なほ)(あま)りありと()ふべし。(しか)る深遠なる、大慈大悲の御神慮の御在(おは)します(こと)を、奉解(ほうかい)(あた)はざる、群盲象評(ぐんもうぞうひやう)的の似而非(にせ)国学者(はい)頻出して、尊厳無比なる、皇祖皇宗の御遺訓なる古典を誤解し、武烈天皇紀の御事跡(おんじせき)に対して『(かく)の如ぎ大悪逆を()し給ひし大君(おほぎみ)も、崩御し(たま)ふまでは、臣下に誰一人(いちにん)、これを(しい)(まつ)らむと(おも)ふ者()く、天皇と(あふ)(まつ)りたるは、君臣(くんしん)の名分(さだ)まりては、(みだ)りに動かし(かた)き、風土(ふうど)(しか)らしむるに()るなり』など論ずるは、(むし)ろ古典を(けが)す、不忠不敬の盲目(もうもく)学者と()ふベし。(わが)年来(ねんらい)主唱せる皇道(こうだう)大本の解説は、皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)の大御心を奉体(ほうたい)して、弁明を(くだ)(まつ)るものなれば、前人未解の真意義(しんいぎ)を解し、(もつ)て全世界を、精神的に改造し神皇(しんわう)洪大(こうだい)なる御恩徳(ごおんとく)に、(よく)せしめむとするに()るのみ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)