霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説歌(そうせつか)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 篇:前付 よみ(新仮名遣い):
章:総説歌 よみ(新仮名遣い):そうせつか 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所:松雲閣 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
二十四年の年月を経巡りて、地の高天原も治まった。干支もめぐり、今日如月の八日、梅の香が薫る空に高く輝く瑞月も、黒雲に包まれて浮世の悩みを覚った。
二月九日に松岡芙蓉仙人の導きで、高熊山の岩窟にこもって天地の神の教えを受け継ぎ、産土神に伴われて須弥仙山に登り、宇宙の外に身を置いて、過去現在未来の世の有様を悟った。
それから十二の干支も三廻り目に入った。いよいよ今日は霊界物語も、十二の干支にちなんだ十二巻の口述を開始する。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm120003
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第2輯 625頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001葦原(あしはら)瑞穂(みづほ)(くに)中津国(なかつくに)
002その真秀良場(まほらば)青垣(あをがき)
003(やま)四方(しはう)にめぐらして
004(なが)れも(きよ)小雲川(こくもがは)
005淵瀬(ふちせ)(かは)()(なか)
006めぐりめぐりて二十(はた)四年(よとせ)
007()高天原(たかあまはら)(をさ)まりて
008(おに)姿(すがた)もみずのえの
009大蛇(をろち)探女(さぐめ)(いぬ)(はる)
010干支(えと)もめぐりて如月(きさらぎ)
011今日(けふ)八日(やうか)()めぐりの
012月日(つきひ)(くるま)(あと)にして
013(うめ)()(かを)(つき)(そら)
014(たか)(かがや)瑞月(ずゐげつ)
015八重(やへ)黒雲(くろくも)につつまれて
016浮世(うきよ)のなやみ(さと)りたる
017(かみ)のめぐみの(さち)はひて
018(こころ)岩戸(いはと)(ひら)きつつ
019(あく)れば()(ぐわつ)(ここの)つの
020()西山(せいざん)(かたむ)きて
021(つき)()夜半(よは)独寝(ひとりね)
022(ゆめ)(やぶ)りし芙蓉山(ふようざん)
023(かみ)使(つかひ)(あら)みたま
024五六七(みろく)御代(みよ)松岡(まつをか)
025使(つかひ)(かみ)(いざな)はれ
026千歳(ちとせ)(まつ)(しげ)()
027堅磐(かきは)常盤(ときは)巌窟(がんくつ)
028さしこもらひて天地(あめつち)
029(かみ)(をしへ)受継(うけつぎ)
030()高熊(たかくま)(いは)(まへ)
031天津(あまつ)御空(みそら)月照(つきてる)
032(かみ)はわが()(てら)しつつ
033鎮魂(みたましづめ)帰神(かむがかり)
034審神(さには)(みち)(さづ)けられ
035現界(うつつ)神界(かみのよ)幽界(かくりよ)
036産土神(うぶすながみ)(ともな)はれ
037須弥仙(しゆみせん)(ざん)()(のぼ)
038宇宙(うちう)(そと)()()きて
039過去(くわこ)未来(みらい)現在(げんざい)
040()状況(ありさま)(さと)りたる
041十二(じふに)干支(えと)三廻(みめぐ)りの
042いよいよ今日(けふ)村肝(むらきも)
043(こころ)(あら)ひて霊界(れいかい)
044()しき(たふと)(かた)(ごと)
045十二(じふに)干支(えと)(ちな)みたる
046十二(じふに)(まき)筆始(ふではじ)
047(まつ)大本(おほもと)(かみ)(むら)
048(みせん)(やま)(あふ)ぎつつ(松村仙造)
049天地(てんち)(ざうくわ)物語(ものがた)
050(つき)外山(とやま)(いただき)(外山豊二)
051豊二(とよに)かがやき岩田(いはた)かく
052()久方(ひさかた)御空(おほみそら)(岩田久太郎)
053(くま)()()れる谷村(たにむら)
054藤津(ふじつ)久子(ひさこ)高木氏(たかきうぢ)(谷村真友・藤津久子・高木鉄男)
055中野(なかの)祝子(ときこ)武郷氏(たけさとし)
056(まこと)(とも)()()ひて(中野祝子・同武郷)
057神世(かみよ)(すす)加藤(かとう)時代(じだい)
058(しんげつ)(そら)(あき)らけき(加藤新明)
059(うめ)(はな)()今日(けふ)(はる)
060めぐりめぐりて北村(きたむら)(北村隆光)
061(かみ)稜威(みいづ)隆光(たかひか)
062本宮(ほんぐうやま)(うへした)(山上郁太郎)
063百花(ももはな)千華(ちばな)(ふくいく)
064()(にほ)ひたる(おほもと)
065(かみ)(をしへ)西(なにしお)
066本宮(ほんぐうむら)真秀良場(まほらば)(西村徳治)
067(かみ)御徳(みとく)もいやちこに
068(きよ)(をさ)まる五六七(みろく)()
069(まつ)常磐(ときは)(こころ)もて
070(かみ)(をしへ)()(ひら)
071松雲閣(しよううんかく)(おく)()
072(いづ)御魂(みたま)(ひら)きたる松雲閣(しよううんかく)
073神世(かみよ)(たて)御教言(みのりごと)
074うまらに委曲(つばら)()()くる
075(にしき)(はた)緯糸(よこいと)
076(よこ)たはりつつ(よこ)(やく)
077つとむる今日(けふ)芽出度(めでた)けれ。
078  大正十一壬戌年三月六日 旧二月八日
079於松雲閣 王仁
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
5/5霊界物語音読霊界物語朗読日記」を始めました。声のブログです。
4/24霊界物語音読ユーチューブに霊界物語音読ファイルをアップしました。今回追加したのは第14~19巻の6巻です。再生リスト
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→