霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年一二月二五日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1918(大正7)年12月25日(旧11月22日)
神霊界掲載号:第77号 12頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 22頁 八幡書店版伊都能売神諭:34頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)(もと)国常立之尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)が、002下津(したつ)岩根(いわね)高天原(たかあまはら)(あら)はれて、003世界(せかい)(こと)()()らすぞよ。004(あづま)(くに)一晴(ひとは)れの()のりの(いた)さぬ(すすき)の○○、005()のり(いた)さな(くに)(さか)えぬぞよと(もう)して、006(いま)までの筆先(ふでさき)毎度(まいど)繰返(くりかへ)繰返(くりかへ)()らして()りた(こと)の、007実地(じつち)(ちか)うなりて()たぞよ。008○○の天津(あまつ)御空(みそら)には黒雲(くろくも)(ふさ)がり、009()には泥水(どろうみ)(をぼ)れて、010人民(じんみん)憂瀬(うきせ)(しづ)(くる)しむ(もの)(かず)()れず、011餓鬼(がき)畜生(ちくせう)(いま)()有様(ありさま)012(まこと)(かみ)なら(これ)依然(じつ)として高見(たかみ)から見物(けんぶつ)いたしては()れん(はづ)なれど、013(いま)()()()れる(ほう)守護神(しゆごうじん)にも、014(まこと)日本魂(やまとだましい)(にほ)ひも()いから、015其日(そのひ)(ぐら)しの(いま)()持方(もちかた)016(これ)でも日本(にほん)神国(しんこく)(かみ)(もう)されようか。017力量(ちから)()いと(もう)しても無経綸(こしぬけ)(もう)しても(あま)りでないか。018一日(いちにち)(さき)世界(せかい)出来事(できごと)(わか)らんやうな(くら)御魂(みたま)では、019世界(せかい)どころ()020(ちい)さい日本(にほん)(くに)だけでも(をさ)める(こと)出来(でき)ぬでは()いか。021(なに)()一切(いつさい)万事(ばんじ)()(つま)りて(しも)ふて、022(ゆき)退(もど)りも()らぬ(やう)になりて()りても、023()(こころ)(いや)しいから、024大事(だいじ)(かか)へて()(はな)さん厄介(やつかい)守護神(しゆごうじん)(ばか)りであるが、025外国(がいこく)()れだけの()(しめ)がしてありても()()()かぬか。026(いわ)()いて(うみ)這入(はい)(やう)(こと)(ばか)りいたして()るが、027神界(しんかい)(まこと)生神(いきがみ)()からは危険(あぶの)うて()()れんぞよ。028日本(にほん)(くに)(うへ)守護神(しゆごうじん)よ、029(しつ)かり(いた)さんとハラが(いま)(やぶ)れて、030三千世界(さんぜんせかい)耻晒(はじさら)しにならねば()らぬ(やう)(こと)が、031(うち)(そと)から()(あが)るぞよ。032根本(こんぽん)から(くも)()つた(かがみ)には(かみ)(もう)(まこと)姿(すがた)(うつ)るまいなれど、033何処(どこ)までも(かみ)人民(じんみん)(たす)けたさにクドウ()らして()るぞよ。034(これ)()かねばモウ()(さき)何事(なにごと)突発(わい)()ても()らんから、035(かみ)出口(でぐち)(あと)不足(ふそく)(もう)して(くだ)さるなよ。036モウ(なに)()らんぞよ。037ナヅナ七草(ななぐさ)用意(ようい)(はや)(いた)して()かぬと、038(いま)唐土(とうど)(とり)(わた)りて()るぞよ。039唐土(とうど)(とり)(はね)(つよ)ふて口嘴(くちばし)(なが)(するど)いぞよ。040(あし)(なが)いし(かづ)沢山(たくさん)にあるぞよ。041日本(にほん)(とり)余程(よほど)しつかりと神力(しんりき)()いと、042天空(そら)から()(をと)される(やう)(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。043(かささぎ)(はし)()ちかけるから、044(かみ)守護(しゆごう)(いた)して()れど、045日本(にほん)守護神(しゆごうじん)改心(かいしん)(をく)れたら、046一旦(いつたん)()()ろうやら()れんから、047(かみ)(こころ)(くる)しみて、048日夜(ちうや)守護(しゆごう)(いた)して()れど、049日本(にほん)(かみ)にも守護神(しゆごうじん)にも(いま)ではチツトも()()かんぞよ。050五十鈴(いすず)(たき)(にご)つて()たぞよ。051川下(かはしも)人民(じんみん)(これ)からは可愛相(かあいさう)であるぞよ。052時節(じせつ)(まい)りて綾部(あやべ)大本(おほもと)竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)から(みづ)御魂(みたま)(あら)はれて、053(にご)(みづ)()まして、054水晶(すいしよう)(なが)れに()()えて、055世界(せかい)人民(じんみん)(どろ)から(たす)けて、056(まこと)(かみ)身魂(みたま)(きよ)めて(たす)けるぞよ。057じやと(もう)して(こころ)(なを)らぬ人民(じんみん)は、058(たす)けると()(こと)出来(でき)んぞよ。059世界(せかい)難儀(なんぎ)(さひは)ひに(いた)して、060(ふく)れた袋鳥(ふくろどり)(ぶくろ)(やぶ)れ、061(はら)引裂(ひきさ)け、062夜食(やしよく)()づれてアフンと(いた)して()いた(くち)()さがらず、063(むつ)(しい)(かほ)(いた)して(あわ)()くのは、064(いま)()(まへ)()()るぞよ。065(よく)(まよ)ふて慢心(まんしん)いたすと(その)(とほ)り、066(まこと)()(どく)なれど、067各自(めいめい)(こころ)からで()るから仕様(しやう)はないぞよ。068(いま)折角(せつかく)(つく)りた立派(りつぱ)()(つぶ)すやうに()るぞよ。069(うへ)から(した)まで(おほ)きな間違(まちが)いが出来(でき)てくるぞよ。070(てん)()()()(てん)となるぞよ。071天災地妖(てんさい)(つゞ)いて(をこ)るぞよ。072()(はな)(くち)()かぬ(やう)(こと)()るぞよ。073餓鬼(がき)段々(だんだん)()えるぞよ。074(をも)はぬ国替(くにがへ)(いた)人民(じんみん)沢山(たつぴつ)あるぞよ。075段々(だんだん)人気(にんき)()るなる(ばか)りであるぞよ。076医者(いしや)坊主(ぼうず)葬式屋(さうしきや)豊年(ほうねん)(つづ)くぞよ。077(こめ)段々(だんだん)欠乏(ひつぱく)する(ばか)りで何程(なにほど)金銀(きんぎん)()しても()()らぬ(こと)になるぞよ。078用意(ようい)肝心(かんじん)であるぞよ。079日本(にほん)(うへ)守護神(しゆごうじん)()()けておくぞよ。080(おほ)きなものは一時(いちじ)にバタバタと(つぶ)れて(しも)ふぞよ。081(ひろ)(しろ)馬塲(ばば)(にはか)天狗風(てんぐかぜ)()()すと、082合羽干(かつぱざほ)(ぢい)さんもハラをもむなれど、083到底(とうてい)人民力(じんみんりき)では(をさ)まらんぞよ。084狼狽(うろた)(さわ)いだ(その)()()(はて)が、085(ほり)落込(をちこ)土左衛門(どざえもん)()るのが(さだ)まつた道筋(みちすじ)086何処(どこ)(ひと)つも(おも)(をさ)えが()いから、087ドウにも()うにも始末(しまつ)()かんやうに()りて()るぞよ。088(かみ)(かま)ふて()らねば(おさま)りは()きは(いた)さんぞよ。089比日谷(ひびや)(はら)何程(なにほど)糞蛙(くそがへる)盲目虫(めくらがへる)(あつ)まつて(やか)ましう()()てても、090()天狗風(てんぐかぜ)(さまた)げんぞよ。091()()千鳥(ちどり)092彼方(あちら)へヒヨロヒヨロ此方(こち)らへヒヨロヒヨロ、093兵糧(ひよろ)(つき)まわつてトコトンの(はて)は、094()()(ほう)(たよ)らねば()らん(こと)になるぞよ。095()()(ほう)(かみ)大前(おほまへ)ぞよ。096(かみ)天地(てんち)(こし)らえた肉体(にくたい)(いま)其儘(そのまま)()きて()(もと)生神(いきがみ)097国常立之尊(くにとこたちのみこと)であるぞよ。
098 大正(たいせう)七年(しちねん)十二(がつ)二十五(にち)冬至(とうじ)()099変性女子(へんぜうによし)()()りてしるす。