霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年一二月二四日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1918(大正7)年12月24日(旧11月21日)
神霊界掲載号:第77号 14頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 24頁 八幡書店版伊都能売神諭:37頁
概要: 備考:神示の中には旧11/22と出てくるが実際には旧11/21(日没後か?) タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is05
001 三千世界(さんぜんせかい)大本(おほもと)002()高天原(たかあまはら)大正(たいせう)七年(うま)(とし)003教祖(きやうそ)(かみ)神馬(しんば)にまたがり、004天地(てんち)()(めぐ)りての世界(せかい)御守護(ごしゆご)(あそ)ばすを、005()ちに(まつ)なる(つる)(くび)006(うま)(をさ)めて綾部(あやべ)神戸(かんべ)(はた)仕組(しぐみ)出来上(できあが)り、007目出度(めでたく)(ひつじさる)姫神(ひめがみ)豊国主(とよくにぬし)(あら)はれて、008世界(せかい)守護(しゆごう)(かか)るぞよ。009未年(ひつじのとし)には(ひつじ)(うま)れ、010百千万(ひやくせんまん)(てき)(をそ)れぬ変性女子(へんぜうによし)(あら)はれて、011弥々(いよいよ)()れの舞台(ぶたい)(のぼ)るぞよ。012丹波(たんば)(くに)山奥(やまおく)に、013(つの)()(をに)(あら)はれて、014摺針峠(すりはりとうげ)鉄棒(てつぼう)で、015世界(せかい)亡者(もうじや)片端(かたつぱし)から()()らして改心(かいしん)()せるなり、016(また)和知(わち)(ながれ)引添(ひきそ)ふて(ひと)つの(わに)(くび)()げ、017世界(せかい)学者(がくしや)()(ころ)()()んで、018世界(せかい)(がい)(のぞ)かせる仕組(しぐみ)実地(じつち)()()るぞよ。019三十年の()立替(たてかへ)御用(ごよう)も、020最早(もう)(あと)三年に(つづま)りてきたから、021(これ)からは段々(だんだん)(はげ)しく物事(ものごと)()りて()るから、022改心(かいしん)する身魂(みたま)追々(おいおい)()()るぞよ。023時節(じせつ)()たぞよ(はや)いぞよ。024大本(おほもと)経綸(しぐみ)の一の土台(どだい)は、025天王平(てんわうだいら)(いち)()奥津城(をくつき)026(これ)から段々(だんだん)(ひら)けて()るぞよ。027二番(にばん)土台(どだい)はアとクの()()いた守護神(しゆごうじん)御用(ごよう)であるぞよ。028体主霊従(あく)()(かた)薩張(さつぱ)改心(かいしん)いたして、029神界(しんかい)御用(ごよう)いたさす(ため)に、030()高天原(たかあまはら)引寄(ひきよ)せるぞよ。031(いま)では()んな(こと)()いて()しても人民(じんみん)には見当(けんとう)()れんなれど、032(あと)から(わか)仕組(しぐみ)であるぞよ。033アサの仕組(しぐみ)御用(ごよう)(わか)りて()て、034コミの御世話(おせわ)(なが)らく(かく)してありた、035(あげ)竜宮(りうぐう)(たから)が十二(そろ)ふて大本(おほもと)(をさ)まるぞよ。036(この)(たから)大本(おほもと)(をさ)まらぬと、037世界(せかい)立直(たてなを)しの経綸(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたさんのであるぞよ。038人民(じんみん)()からは()んでも()いやうに()えるなれど、039神界(しんかい)では結構(けつこう)経綸(しぐみ)御宝(おたから)であるぞよ。040天地(てんち)(あいだ)にモウ(ひと)つと()結構(けつこう)御宝(おたから)であるから、041この御用(ごよう)いたした守護神(しゆごうじん)は、042復旅(またたび)政蔵(せいぞう)(もう)御魂(みたま)であるぞよ。043明治(めいじ)二十五年から筆先(ふでさき)()して()りた(とほ)り、044()(ひと)身魂(みたま)御宮仕(おみやづかへ)御役(おやく)(いた)すぞよ。045(これ)御魂(みたま)因縁(いんねん)で、046(かみ)から()すので()るなれど、047慢神(まんしん)()たら途中(とちう)(かわ)るから、048()んぼ(かみ)から命令(めいれい)(さが)りた身魂(みたま)でも油断(ゆだん)一寸(ちよつと)出来(でき)んぞよ。049明治(めいじ)三十一年の(きう)の二月に、050変性女子(へんぜうによし)高熊山(たかくまやま)()(まい)りて、051伊都(いづ)御魂(みたま)から(みづ)御魂(みたま)(わた)して()いた三千世界(さんぜんせかい)神宝(たから)であるぞよ。052この(たから)大本(おほもと)這入(はい)りて()るから、053(ひつじさる)金神(こんじん)受取(うけと)りて、054()()れの経綸(しぐみ)(いた)すのであるから、055何事(なにごと)もビシビシと(らち)()いて()くぞよ。056それに(つい)ては()大本(おほもと)(なか)(これ)までとは(きび)しくなるぞよ。057大本(おほもと)仕組(しぐみ)()(もと)根本(こんぽん)天地(てんち)生神(いきがみ)が、058肉体(にくたい)その(まま)でいたして()るのであるから、059今迄(いままで)宗教(しうきやう)()(かた)とは天地(てんち)相違(さうゐ)であるから、060間違(まちが)ふた()(かた)いたして()大本(おほもと)(なか)(これ)までとは(きび)しくなるぞよ。061大本(おほもと)仕組(しぐみ)()(もと)根本(こんぽん)天地(てんち)生神(いきがみ)肉体(にくたい)その(まま)でいたして()るのであるから、062今迄(いままで)宗教(しうきやう)()(かた)とは天地(てんち)相違(さうゐ)であるから、063間違(まちが)ふた()(かた)いたして()大本(おほもと)分社(でやしろ)今度(こんど)(みな)取払(とりはら)ひに(いた)すぞよ。064役員(やくいん)信者(しんじや)(みな)その(とほ)りであるから、065(はや)改心(かいしん)いたして(くだ)され(かみ)から(かさ)ねて警告(しら)しておくぞよ。066(かみ)一度(いちど)筆先(ふでさき)()したら()れが天地(てんち)規則(きそく)()るから、067万古末代(まんごまつだい)かはらぬので()るから、068何程(なにほど)可愛相(かあいそう)でも(かみ)自由(じゆう)天地(てんち)規則(きそく)()げられんぞよ。
069
070 (うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)宿(やど)りて()大出口(おほでぐち)(かみ)神界(しんかい)御用(ごよう)()(うへ)守護(しゆごう)一段(いちだん)片付(かたづ)いたから、071(あと)御用(ごよう)変性女子(へんぜうによし)坤之金神(ひつじさるのこんじん)身魂(みたま)()(うへ)御用(ごよう)一切(いつさい)(わた)して(てん)(あが)りて惟神真道弥広(かんながらまみちいやひろ)大出口(おほでぐち)国直霊主之命(くになをひぬしのみこと)(あら)はれて、072天地(てんち)をモ一度(いちど)調査(あらため)いたして()れば、073(おも)ふたよりも一層(いつそう)(ひど)()(みだ)(かた)()るから、074チヨロコイ(いましめ)しめ(くら)ゐでは(いま)守護神(しゆごうじん)075人民(じんみん)到底(とうてい)改心(かいしん)出来(でき)んから、076矢張(やは)(むかし)からの経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)さな容赦(ゆるし)出来(でき)(こと)()りて(しも)ふて()るぞよ。077それでも世界(せかい)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)天地(てんち)直々(ぢきぢき)(かみ)()であるから、078一日(いちにち)なりと立替(たてかへ)大峠(おほとほげ)()ばして、079改心(かいしん)さして(たす)けたいと(おも)ふて(あせ)()いて(かみ)()れども、080人民(じんみん)には一寸(ちよつと)(かみ)精神(せいしん)了解(わか)りて()らぬから、081(まこと)(こま)つたもので()るぞよ。082万物(ばんぶつ)霊長(れいちよう)(もう)して()人民(じんみん)であり(なが)ら、083(なに)()ふて()かしても天地(てんち)から()(しめ)(いた)して()()けても(うま)(みみ)(かぜ)同様(どうよう)084モウ(かみ)堪忍袋(かんにんぶくろ)()れるぞよ。
085 大出口(おほでぐち)(かみ)(あら)はれて(てん)から斯世(このよ)見渡(みわた)せば、086何処(どこ)(おな)(あき)夕暮(ゆうぐれ)087霜先(しもさき)(はげ)しき状態(ありさま)088(くち)()ふやうな(こと)では()いぞよ。089○○○(いま)の○○○の行状(をこない)()れば、090奥山(おくやま)(たに)奥深(おくふか)人民(じんみん)()()かぬ(ところ)で、091()(あし)(ひと)つに()りてジヤレて()りて、092(くに)(たと)うが()つまいが、093チツトも念頭(こころ)()いと()(やう)(こと)で、094ドウして()神国(しんこく)(をさ)まりて()くと(おも)ふか、095(かみ)残念(ざんねん)なぞよ。096(いま)(なか)守護神(しゆごうじん)肉体(にくたい)改心(かいしん)して、097神国(しんこく)の一の(おこな)(いた)して(くだ)されば結構(けつこう)なれど、098何時(いつ)までも()(あし)自由(じゆう)(いた)されて()れる(やう)(こと)なら、099(かみ)是非(ぜひ)なく一限(ひとき)りに(いた)して、100(さら)つの(まつ)()(いた)さうより仕様(しやう)()いぞよ。101千里万里(せんりまんり)奥山(おくやま)()(やま)(かみ)精神(せいしん)(わる)いから、102雌鶏(めどり)(とき)()げる()であるから、103世界(せかい)(まこと)(こと)(ひと)つも出来(しゆつたい)いたさんぞよ。104何程(なにほど)守護神(しゆごうじん)()()けても改心(かいしん)いたして()れねば、105神界(しんかい)から()むを()処置(しよち)()ける(こと)(いた)さな()らんから、106()うなりても(かみ)(うら)めて(くだ)さるなよ。107日本(にほん)の一の守護神(しゆごうじん)呉々(くれぐれ)()()けるぞよ。108立替(たてかへ)(はじ)まりても可成(なるべく)(いま)姿(すがた)(まま)立替(たてかへ)をいたして()りたいのが(かみ)(むね)一杯(いつぱい)であれども、109(あま)(くも)(やう)(むご)いから(とど)めは矢張(やは)(むかし)からの経綸(しぐみ)どほりに(ぜう)(うば)とが(あら)はれて(まつ)根本(ねもと)大掃除(おほそうぢ)(いた)して、110(てん)(とど)いた高砂(たかさご)(ふる)松樹(まつぎ)()(なほ)し、111末代(まつだい)(つづ)神代(かみよ)()えて(しも)ふぞよ。112(ひら)いた(くち)(ふさ)がらぬ、113(うま)(くそ)天下(てんか)()ると(もう)すのは、114今度(こんど)のたとへでありたぞよ。
115 大正(たいせう)七年十二月二十四日 陰歴(きう)十一月二十二日