霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正七年一二月二三日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1918(大正7)年12月23日(旧11月20日)
神霊界掲載号:第79号 13頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 115頁 八幡書店版伊都能売神諭:67頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正(たいせう)七年十二月二十三日
002 (うしとら)金神(こんじん)(なが)らく変性男子(へんぜうなんし)()(くち)とで()らして()りた、003五六七(みろく)()(まい)りたぞよ。004釈迦(しやか)が五十六億七千万年の(あと)に、005至仁至愛神(みろくさま)神政()()ると予言(まお)したのは、006五六七(みろく)(もう)(こと)()るぞよ。007(みな)(なぞ)()けてありたのじやぞよ。008五は(てん)(かづ)()()意義(こころ)であつて、009()()端々(はしばし)(まる)(くわ)へて五の(まる)となる。010()(だい)()(かた)(うめ)(はな)011地球上(せかい)五大洲(ごだいしう)(かた)どる。012六は()(かづ)(みづ)()意義(こころ)であつて、013(みづ)()端々(はしばし)(まる)(くわ)へて六の(まる)となる。014()(ひと)()(かたち)(みづ)獣類(けもの)(かたち)であるぞよ。015()霊系(れいけい)016天系(てんけい)017君系(くんけい)018父系(ふけい)019(みづ)体系(たいけい)020地系(ちけい)021臣系(しんけい)022母系(ぼけい)であるぞよ。023()高御産巣日(たかみむすび)(かみ)(はじま)り、024(みづ)神御産巣日(かんみむすび)(かみ)(はじ)まりで、025()(こゑ)026(みづ)(こゑ)027(これ)(あわ)してカミと(もう)すぞよ。028七は地成(ななり)(かづ)で、029土也(なり)意義(こころ)であつて、030(つち)は十と一の(あつま)りたもの、031十は円満具足完全無欠両手揃(まつたくなりそろ)(こと)で、032一は(はじ)めの意義(こころ)であるぞよ。033十は(もの)成就(ぜうじゆ)034一は世界(せかい)統一(とういつ)035一人(いちにん)(こと)である。036()(しま)いの()(はじま)りがミロクの()であるぞよ。037また(つち)地球(くに)()意義(いぎ)(くに)(なり)038成事(なること)である。039火水地(かみくに)神国(しんこく))が五六七(みろく)である五六七(みろく)()となる(とき)は、040神国(しんこく)()日本(にほん)人民(じんみん)が五千六百七十万人となる。041大本(おほもと)時節(じせつ)まいりて五六七(みろく)御用(ごよう)(いた)さす、042変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)に、043大正(たいせう)五年五月五日(たつ)(とし)(うま)(つき)に、044火水島(かみじま)五六七(みろく)(かみ)(まつ)らせ、045大正(たいせう)六年六月には肝川(きもがわ)竜神(りゆうじん)高天原(たかあまはら)046竜宮館(りうぐうやかた)(むか)へ、047大正(たいせう)七年七月には七十五日の修行(しゆげう)(をほ)()けてありたのも、048(みな)神界(しんかい)(むかし)から(さだ)まりた経綸(しぐみ)実現(あらわ)してあるのじやぞよ。049五六七(みろく)神政(しんせい)大正(たいせう)五六七(みろく)三ケ年の(あいだ)に、050神界(しんかい)仕組(しぐみ)(あら)はし、051(また)五年から七年までの(あいだ)に、052(みづ)大神(おほかみ)神社(やしろ)八重垣(やえがき)(みや)三人(さんにん)兄弟(けうだい)身魂(みたま)申付(もうしつ)けて成就(ぜうじゆ)さしたのも、053神界(しんかい)から因縁(いんねん)のある(こと)であるぞよ。054結構(けつこう)御用(ごよう)でありたぞよ。055五六七(みろく)()には、056()(こと)(わる)(こと)一度(いちど)出現(でく)るぞよ。057独逸(どいつ)(わた)りた八頭八尾(やつがしらやつわう)守護神(しゆごうじん)は、058(おほ)きな世界(せかい)(たたかい)(はじ)めた(その)(あいだ)日数(につすう)が千と五百六十七日、059世界(せかい)風邪(ふうじや)(たほ)れる人民(じんみん)が、060全世界(ぜんせかい)で五百六十七万人であり五年に(わた)大戦争中(おほたたかいちう)戦死者(せんししや)重軽傷者死者(ぢうけいしやうしや)(また)た五千六百七十万人であろうがな。061(これ)釈迦(しやか)(もう)した五十六億七千万年と()意義(いぎ)である。062五六七(みろく)(のぞ)いた(あと)の十億千万年と()意義(こと)は、063万世一系(ばんせいいつけい)天壌無窮(てんぜうむきう)神皇(しんこう)(いただ)き、064地球上(ちきうぜう)天津日嗣(あまつひつぎ)天子(てんし)一人(ひとり)(ましま)して、065神政(しんせい)(おこな)(たま)ふと()(なぞ)でありたが、066(その)(なぞ)()ける時節(じせつ)()たのであるぞよ。067(むかし)神代(かみよ)泥海(どろうみ)(をり)に、068ミロクの大神様(おほかみさま)()先祖(せんぞ)()つた(うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)御命令(ごめいれい)(くだ)(あそ)ばして、069一旦(いつたん)(つち)(みづ)とを立別(たてわ)け、070人民(じんみん)(はじ)万物(ばんぶつ)(そだ)つやうに(いた)したので()るが、071(いま)充分(ぢうぶん)悪神(あくがみ)(ため)神国(しんこく)成就(ぜうじゆ)いたして()らんから、072時節(じせつ)(まい)りて(うしとら)押込(をしこ)められて()りた(うしとら)金神(こんじん)が、073(つぶ)れて(しも)()を、074(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)御願(おねがい)(もう)して立直(たてなを)()いと(おも)ふて、075三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)をフタを()けて、076明治(めいじ)二十五年から変性男子(へんぜうなんし)若姫君之尊(わかひめぎみのみこと)身魂(みたま)(うつ)りて経綸(しぐみ)(いた)して()れど、077()守護(しゆごう)(ばか)りで、078天地(てんち)(そろ)はぬと成就(ぜうじゆ)いたさぬから、079(つき)大神様(おほかみさま)ミロク(さま)が、080肝心(かんじん)()(をさ)(あそ)ばす経綸(しぐみ)となりたのを、081五六七(みろく)()(もう)すのであるぞよ。082ミロクの御用(ごよう)(つき)大神(おほかみ)(あら)はれる(まで)は、083(どろ)()みれて守護(しゆごう)いたさな()らぬから、084ミロクの御用(ごよう)()変性女子(へんぜうによし)()かしたり、085()けさして()立直(たてなを)しを(いた)さすから、086女子(によし)()()水晶(すいしよう)行状(をこない)(ばか)()(こと)出来(でき)ぬ、087和光同塵(まぜこぜ)御用(ごよう)(つら)(やく)であるぞよ。088それで女子(によし)身魂(みたま)()()(うち)からも(そと)からも、089(わら)はれたり、090(をこ)られたり、091()められ(くる)しめられ、092(そし)られ愛想(あいさう)(つか)され、093(うたが)はれ、094()ふに()はれぬ辛抱(しんぼう)もあり、095(くや)しい残念(ざんねん)忍耐(こばら)ねば()らぬ、096()(どく)御役(おやく)であるぞよと女子(によし)行状(をこない)()御蔭(おかげ)(をと)人民(じんみん)も、097沢山(たくさん)(これ)から()()るぞよ。098女子(によし)斯世(このよ)(みだ)れた()(かた)()してあるぞよ。099(もう)して、100変性男子(へんぜうなんし)()(くち)とで(なが)らく()()けて、101三千世界(さんぜんせかい)大化物(おほばけもの)じやと(もう)してあろうがな。102(あま)(あさ)精神(せいしん)やら(ちい)さい身魂(みたま)では、103途中(とちう)(わか)らぬ(やう)になりて、104()げて()ぬぞよと(もう)してあろうがな。105二十七年の(あいだ)筆先(ふでさき)()調(しら)べて(くだ)されたら、106(なに)一言(ひとこと)(もう)(こと)()いぞよ。107肝心(かんじん)(とき)()りて御蔭(おかげ)(をと)して、108間曳(まび)かれんやうに(いた)して(くだ)されと、109毎度(まいど)筆先(ふでさき)()()けてあろうがな。110(かみ)はチツトも(こま)らねど(その)人民(じんみん)可愛想(かあいそう)なから、111呉々(くれぐれ)()()けておいたから、112大本(おほもと)不足(ふそく)(もう)されんぞよ。
113 変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)五六七(みろく)御用(ごよう)(いた)して(くだ)さる時節(じせつ)(まい)りたから、114神界(しんかい)経綸(しぐみ)(どほ)り、115変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)若姫君(わかひめぎみ)(みこと)(ひと)つになりて(てん)(のぼ)り、116(てん)からは若姫君之命(わかひめぎみのみこと)117()からは国常立尊(くにとこたちのみこと)118天地(てんち)(あいだ)大出口(おほでぐち)国直霊主命(くになをひぬしのみこと)守護(しゆごう)いたして、119大国常立命(おほくにとこたちのみこと)(あら)はれて、120()立替(たてかへ)大掃除(おほそうぢ)をいたすなり、121()には変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)豊雲野命(とよくもぬのみこと)(あら)はれて、122(どろ)(つか)りて、123三千世界(さんぜんせかい)()立直(たてなを)して、124天下泰平(てんかたいへい)125末永(すへなが)(まつ)()ミロクの神世(かみよ)(いた)して、126(つき)大神(おほかみ)豊国主之尊(とよくにぬしのみこと)(あら)はれる経綸(しぐみ)であるから、127(いま)人民(じんみん)には見当(けんとう)()れぬぞよ。
128何時(いつ)(かみ)女子(によし)身魂(みたま)何処(どこ)()(まい)ろうやら()れぬから、129何事(なにごと)(いた)さすも(かみ)経綸(しぐみ)であるから、130別条(べつぜう)()いから、131何時(いつ)姿(すがた)()えぬやうになりても(かみ)守護(しゆごう)いたして()るから、132役員(やくいん)御方(おんかた)心配(しんぱい)(いた)さずに、133各自(めいめい)御用(ごよう)(いた)して()りて(くだ)されよ。134(かみ)(さき)()()けておくぞよ。135(これ)から変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)五六七(みろく)神政(しんせい)御用(ごよう)(いた)さすに(つい)ては、136神界(しんかい)経綸(しぐみ)(いた)させねば、137大望(たいもう)(をく)れて()()はぬ(こと)出来(しゆつたい)いたしては、138(なが)らくの神界(しんかい)仕組(しぐみ)(みづ)(あわ)になるよつて、139秘密(ひみつ)守護(しゆごう)()せるから、140(その)つもりで落付(をちつ)いて()りて(くだ)され。141中々(なかなか)人民(じんみん)(おも)ふて()るやうなチヨロコイ経綸(こと)でないぞよ。142末代(まつだい)(うご)かぬ大望(たいもう)仕組(しぐみ)苦労(くろう)(はな)()くのは、143()(とほ)りや二通(ふたとほ)りや五通(ごとほ)りでは()かぬぞよ。144(やま)谷々(たにだに)までも(ふか)経綸(しぐみ)()るから、145(まこと)仕組(しぐみ)(もう)したら、146(あく)守護神(しゆごうじん)(おほ)きな邪魔(じやま)(いた)すから、147大正(たいせう)八年の節分(せつぶん)()ぎたら、148変性女子(へんぜうによし)(かみ)御用(ごよう)()(まい)るから、149微躯(びく)ともせずに平生(つね)(とほ)大本(おほもと)(なか)御用(ごよう)役員(やくいん)(つと)めて()りて(くだ)されよ。150今迄(いままで)(まこと)役員(やくいん)(そろ)はなんだから、151女子(によし)御用(ごよう)()(ところ)へは()かなんだので、152神界(しんかい)経綸(しぐみ)御用(ごよう)(をく)れて()りたなれど、153(まこと)熱心(ねつしん)役員(やくいん)が、154(そろ)ふて御用(ごよう)を、155大本(おほもと)(なか)(そと)とで(いた)して(くだ)さる(やう)になりて()たから、156弥々(いよいよ)女子(によし)身魂(みたま)経綸(しぐみ)場所(ばしよ)()(まい)るぞよ。157女子(によし)(まこと)実地(じつち)御用(ごよう)(これ)からが(はじま)りで()るぞよ。158何時(いつ)まで(かみ)経綸(しぐみ)(とこ)()()きても、159(あと)には禁闕要乃大神(きんかつかねのおほかみ)160木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)161彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)身魂(みたま)守護(しゆごう)(あそ)ばすから、162暫時(しばらく)()(ぐらい)別条(べつぜう)()いから、163安心(あんしん)いたして留守(るす)()てをりて(くだ)されよ。
164一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)165(ひら)ひて()りて()(むす)御用(ごよう)()てるは、166変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)御用(ごよう)()るぞよ。167変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)御用(ごよう)は、168三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)仕組(しぐみ)なり、169女子(によし)御用(ごよう)は、170三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)(ひら)ひて()りて(あと)()(むす)ばせ、171スの(たね)(そだ)てて、172世界(せかい)(ひと)つに(まる)めて、173天下(てんか)安穏(あんをん)国土(こくど)成就(ぜうじゆ)174万歳楽(ばんざいらく)(きた)さす(ため)御用(ごよう)であるから、175中々(なかなか)(ほね)()れる事業(こと)であるぞよ。176(これ)でも(うしとら)金神(こんじん)は、177()身魂(みたま)守護(しゆごう)いたして本望(ほんもう)成就(ぜうじゆ)さして、178三千世界(さんぜんせかい)総方(そうほう)御眼(おめ)()けるから、179何事(なにごと)をいたしても細工(さいく)流々(りうりう)180仕上(しあ)げを()(くだ)され。181(みづ)(もら)さぬ仕組(しぐみ)であるぞよ。182たとへ大地(だいち)水中(すいちう)(しづ)むとも、183(かみ)仕組(しぐみ)(うご)かぬから、184金剛力(こんごうりき)()して持上(もちあ)げさせるぞよ。185(これ)一番(いちばん)(かな)めの大望(たいもう)(みづ)御魂(みたま)今度(こんど)御用(ごよう)であるぞよ。186人民(じんみん)智慧(ちゑ)学力(がく)では(ひと)つも見当(けんとう)()れん(こと)(ばか)りで()るぞよ。187女子(によし)今迄(いままで)(みだ)れた()(かた)(いた)さして()りたから(にわか)(かみ)御用(ごよう)使(つか)ふと(もう)せば、188多勢(おほぜい)(なか)には(うたが)(もの)もあるで()ろうなれど、189(かみ)(にわか)()(ひら)()えして改心(かいしん)さして、190(まこと)御用(ごよう)()てるぞよと、191(なが)らく大出口(おほでぐち)(なを)()(くち)とで()らして()りた(こと)の、192実地(じつち)(いた)さす時節(じせつ)()たのであるぞよ。193(この)(もの)(なを)()ければ実地(じつち)仕組(しぐみ)御用(ごよう)には()()かれん(こと)であると(もう)して、194(なが)らく筆先(ふでさき)()らしてありた(こと)の、195実地(じつち)()()たのであるぞよ。196大本(おほもと)はこれからは段々(だんだん)()くなるぞよ。197気使(きづか)いに()るぞよ。