霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月一九日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月19日(旧12月18日)
神霊界掲載号:第79号 16頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 118頁 八幡書店版伊都能売神諭:73頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正(たいせう)八年一月十九日
002 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)筆先(ふでさき)であるぞよ。003(なが)らくの神界(しんかい)仕組(しぐみ)成就(ぜうじゆ)する時節(じせつ)(まい)りて、004弥々(いよいよ)今年(こんねん)五六七(みろく)神政(しんせい)(はじま)りとなりたぞよ。005大正(たいせう)七年(きう)十月三日は、006五六七(みろく)神政()守護(しゆごう)(はじま)りであるから、007神界(しんかい)にては大正(たいせう)七年十月から以後(いご)神聖(しんせい)元年(ぐわんねん)(もう)し、008大正(たいせう)八年の節分(せつぶん)から神聖(しんせい)二年と()るのであるから、009節分(せつぶん)()みたら()大本(おほもと)(なか)から大変(おほがわ)りを(いた)すなれど、010人民(じんみん)()には(わか)らぬ(こと)(おほ)いから、011余程(よほど)身魂(みたま)(みが)かんと、012(かへ)つて神徳(しんとく)()づす(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。013世界(せかい)経綸(しぐみ)もそれに()ふて段々(だんだん)明白(ありやか)(わか)りて()るなれど、014(いま)大本(おほもと)役員(やくいん)信者(しんじや)(おも)ふて()(やう)(こと)とは、015天地(てんち)相違(さうゐ)であるから、016充分(じうぶん)(むね)()()てて神界(しんかい)様子(やうす)(かんが)へて()らんと、017(かみ)から露骨(むけつけ)にはまだ(すこ)発表(あらは)(こと)出来(でき)んから、018各自(めいめい)身魂(みたま)(みが)ひて、019思案(しあん)いたして御蔭(おかげ)()ろうより(みち)()いぞよ。020(ここ)三年(さんねん)(あいだ)日本(にほん)にとりても世界(せかい)にとりても、021一番(いちばん)大事(だいじ)性念場(せうねんば)であるから、022(だれ)()らず腹帯(はらをび)(ゆる)んだら(しの)げん(こと)になるぞよ。023()立替(たてかへ)(つい)第一番(だいいちばん)神道(しんだう)布教師(とりつぎ)から(はじ)めると(もう)して、024明治(めいじ)二十七年から出口(でぐち)(なを)()()らして()りたが、025(これ)からは神道(しんだう)布教師(とりつぎ)と、026教会(ひろま)神界(しんかい)から調査(あらため)いたして善悪(よしあし)()けるから、027大分(だいぶ)()(どく)御方(おかた)沢山(たくさん)(あら)はれて()るぞよ。028天理(てんり)029金光(こんこう)030黒住(くろずみ)031妙霊(みやうれい)教会(きやうかい)は、032三千世界(さんぜんせかい)大望(たいもう)ある(ゆへ)に、033神界(しんかい)経綸(しぐみ)で、034(うしとら)金神(こんじん)よりも(まへ)(あら)はして()るのなれど、035(いま)(かみ)(みち)布教師(とりつぎ)教会(きやうかい)は、036(みな)(もと)大神(おほかみ)精神(せいしん)がチツトも(わか)りて()らんから、037折角(せつかく)教祖(きやうそ)御苦労(ごくろう)(みづ)(あわ)(いた)して、038肝心(かんじん)御用(ごよう)出来(でき)(やう)()りて()るから、039変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)宿(やど)りて()りた出口(でぐち)(なを)体内(たいない)()りて、040世界(せかい)にある(こと)(いま)教会(きやうかい)守護神(しゆごうじん)布教師(とりつぎ)()()けさしたなれど、041(みな)取次(とりつぎ)慢神(まんしん)いたし、042(よく)(ばか)りに(ほう)けて、043(しまい)には(かみ)看板(かんばん)にして(かみ)商法(せうばい)(いた)すやうに()りて、044悪魔(あくま)容器(いれもの)()るから、045到底(とうてい)神界(しんかい)()には()はん(もの)(ばか)りで()れど、046(あま)(なが)らく教祖(きやうそ)苦労(くろう)なされた(こと)(みづ)(あわ)には(いた)()うないから、047金光(こんこう)どのの布教師(とりつぎ)教会(きやうかい)出口(でぐち)()筆先(ふでさき)をかかして()()けてあれども、048(われ)(ほう)都合(つごう)(わる)いから、049何時(いつ)()らぬ(かほ)して(ほうむ)りて(しも)ふて、050(かみ)経綸(しぐみ)邪魔(じやま)(いた)したぞよ。051(なに)()らぬ信者(しんじや)は、052盲目(めくら)()()かれる盲目(めくら)同様(どうよう)であるから、053(まこと)()(どく)なものであれども、054布教師(とりつぎ)から(さき)(わか)らして()らねば、055布教師(とりつぎ)(かほ)()たぬから、056可成(なるべく)布教師(とりつぎ)教会(きやうかい)から(たす)けたいと(おも)ふて、057(なが)らく(かみ)(こころ)(くだ)きたなれど、058(どう)しても聞入(ききい)れぬから、059(これ)からは布教師(とりつぎ)教会(きやうかい)後廻(あとまわ)しに(いた)して、060(なに)()らずに(まよ)はされて()りた信者(しんじや)から改心(かいしん)さして(たす)ける(やう)(いた)すから、061(これ)までの教会(きやうかい)()()えるぞよ。062布教師(とりつぎ)はヂリヂリ(もだ)えを(いた)すぞよ。063(いま)それが()(まへ)にありありと()()いて()るから、064(かみ)()()けて()るのじやぞよ。065(いま)までの(かみ)(みち)教会(きやうかい)(みな)()()えるぞよ。066悪神(あくがみ)金神(こんじん)真似(まね)いたして、067立派(りつぱ)教会(きやうかい)(たて)て、068服装(みなり)立派(りつぱ)(かざ)りて(われ)ほどのヱライものは()(やう)(もう)して羽張(はば)りて()りた(あく)守護神(しゆごうじん)(ねん)(あき)であるから、069チツトも神力(しんりき)(あら)はれんから、070(いま)まで(だま)されて()りた信者(しんじや)が、071愛想(あいさう)(つか)して散々(さんざん)バラバラ、072(あき)木葉(このは)(ごと)()りて(しも)ふから、073(いま)(うち)布教師(とりつぎ)改心(かいしん)いたせば(ゆる)してやりて、074結構(けつこう)守護(しゆごう)いたして()るなれど、075何程(なにほど)()()かしても()敵対(てきた)ふて()守護神(しゆごうじん)076布教師(とりつぎ)世間(せけん)恥晒(はじさら)しとなりて、077乞食(こじき)出来(でき)(やう)(こと)()ちて(くる)しむぞよ。078(つぎ)には天理王(てんりわう)守護神(しゆごうじん)布教師(とりつぎ)もあらため(いた)して()るから、079そろそろと()ケの(かわ)(あら)はれるぞよ。080おみきどのも(まこと)御方(おかた)結構(けつこう)(をしえ)(いた)して神国(しんこく)(みち)(ひら)ひて(くだ)されたのは、081神国(しんこく)(ため)結構(けつこう)であれども、082(あと)御世継(およつぎ)布教師(とりつぎ)(なに)(わか)らんから、083肝心(かんじん)(かみ)精神(せいしん)()()れず、084到頭(とうとう)世間並(せけんなみ)宗教(しうきやう)仲間入(なかまい)りを(いた)して(しも)ふて、085(いま)天理教(てんりきやう)()(かた)(もう)すものは、086(まる)商法(せうばい)(おな)(こと)()りて()るが、087(なが)らくの(あいだ)艱難(かんなん)辛苦(くろう)をして、088(みち)(ひら)かれた教祖(きやうそ)どのに、089(なん)(もう)して言分(いひわ)けが()つと(おも)ふてをるか、090おみきどのに()(どく)であるぞよ。091(つぎ)黒住(くろずみ)どの、092妙霊(みやうれい)どのの(あと)御世継(およつぎ)布教師(とりつぎ)も、093(みな)教祖(きやうそ)どのの(をしえ)素直(すなを)(いた)さずして、094(われ)()(ばか)りで御道(おみち)段々(だんだん)おとろえる(ばか)り、095(これ)(まこと)()(どく)であるぞよ。096一日(いちにち)(はや)今日(こんにち)までの取違(とりちが)いを(あらた)めて、097五六七(みろく)神政()御用(ごよう)()たねば、098(なん)のための(かみ)布教師(とりつぎ)かサツパリ(わか)らん(こと)になりて(いま)にアフンと(いた)(こと)出来(しゆつたい)いたすから、099(いま)一度(いちど)(あらた)めて変性女子(へんぜうによし)()で、100(ねん)()して()くぞよ。101(かみ)(みち)守護神(しゆごうじん)布教師(とりつぎ)も、102(はや)()(かた)(かへ)て、103(まこと)(みち)立帰(たちかへ)らんと、104(いま)立別(たてわ)けが(はじ)まりて、105ヂリヂリ(まい)(いた)さな()らんぞよ。106(いま)実地(じつち)(はじ)まるぞよ。
107
108 今度(こんど)御使(おつか)いは一生懸命(いつせうけんめい)()れの御用(ごよう)御用(ごよう)為仕舞(ししまい)であるから、109余程(よほど)覚悟(かくご)(いた)して()らんと、110日本(にほん)末代(まつだい)(はじ)になるから、111(かみ)()いて(まい)りて色々(いろいろ)手伝(てつど)ふて、112手柄(てがら)()して()ろうと(おも)へども、113肉体(にくたい)日本(にほん)でも、114肝心(かんじん)霊魂(みたま)外国(がいこく)(そだ)ててあるから、115()とつと()(ところ)()けを()るぞよ。116(かみ)充分(じゆうぶん)()れでも出来(でき)るだけの守護(しゆごう)(いた)してやるから、117(もと)(まこと)日本魂(やまとだましい)でないと()(つらぬ)(こと)(むづ)(しい)から、118守護神(しゆごうじん)()()けるぞよ。119()れも()れも(これ)ならと()身魂(みたま)(ひと)つもないから、120今度(こんど)御使(おつかい)()くのは、121()(なか)でもマシナ守護神(しゆごうじん)であるぞよ。
122
123 天地(てんち)剖判(わか)れた(はじま)りから、124邪気(じやき)(かた)まつて発生(わい)()(あく)(たね)が、125漸次(だんだん)成長(せいてう)して、126邪鬼(じやき)大蛇(をろち)悪狐(よつあし)となり、127邪鬼(じやき)には二本(にほん)(つの)()え、128大蛇(をろち)八頭八尾(やつをやつがしら)ママ一体(いつたい)となり、129悪狐(きつね)金毛九尾白面(よつあし)妖魅()()りて、130三千世界(さんぜんせかい)()(くに)変化(かえ)(しも)(わる)(たく)みをいたして、131(ここ)まではトントン拍子(びやうし)九分九厘(くぶくりん)まで自由(じゆう)(いた)して、132(いま)一厘(いちりん)()(ところ)になりた(をり)(この)()()いと(おも)ふて()りた(ぜん)一筋(ひとすじ)生神(いきがみ)(あら)はれたので()るから、133(あく)(かしら)死物狂(しにものぐる)ひで(はたら)いて()るが、134モウ(なが)くは(つづ)きは(いた)さんぞよ。135邪鬼(じやき)世界中(せかいぢう)自由自在(じゆうじざい)荒廻(あらまわ)りて、136斯世(このよ)(みだ)さうと(かか)りて()るから、137八頭八尾大蛇(おろち)露国(ろこく)土地(とち)(そだ)ちて、138唐天竺(からてんじく)までも()(かへ)し、139(その)(くに)(わう)身魂(みたま)使(つか)ふて、140色々(いろいろ)体主霊従(あく)経綸(しぐみ)(いた)して、141(しまい)には(その)(くに)(わう)まで(くるし)めて()(をと)し、142露国(ろこく)独逸(どいつ)(わう)()道具(だうぐ)使(つか)ふて、143(おな)じく(その)(わう)(くる)しめ()(をと)して、144悪魔(あくま)(かげ)から(した)()して、145まだ()()らいで大海(たいかい)()え、146(さら)仕組(しぐみ)(いた)して、147(しまい)には()(もと)(わた)りて()る、148(わる)経綸(しぐみ)(いた)して()るが、149道具(だうぐ)使(つか)はれる肉体(にくたい)(まこと)()(どく)なものであるぞよ。150(いま)神国(しんこく)()()したら、151()露国(ろこく)独逸(どいつ)大将(たいせう)(やう)()ちて(くる)しむが、152(かみ)世界(せかい)人民(じんみん)可愛想(かあいそう)なから、153三千世界(さんぜんせかい)総方(そうほう)守護神(しゆごうじん)に、154()高天原(たかあまはら)から()()けて()りて()るなれど。155(あま)りの(ひど)(くも)(かた)()るから、156チツトも理解(りかい)出来(でき)ぬから、157残念(ざんねん)ながら()(もの)()せてやらねば、158改心(かいしん)させて(たす)ける方法(ほうほう)()いから、159(これ)からドンナ(こと)()()るか()れんから、160世界中(せかいぢう)守護神(しゆごうじん)(かさ)ねて()()けて()るぞよ。161大直日主命(おほなをひぬしのみこと)御魂(みたま)となりて、162日々(にちにち)世界(せかい)守護神(しゆごうじん)に、163()(さと)しに(まわ)りて()るから、164因縁(いんねん)ありて神界(しんかい)(こと)(わか)守護神(しゆごうじん)を、165綾部(あやべ)大本(おほもと)166()高天原(たかあまはら)引寄(ひきよ)して、167御用(ごよう)(いた)さすから、168大本(おほもと)内部(ないぶ)一日増(いちにちまし)()はしく()るから、169御苦労(ごくろう)であれど、170三千世界(さんぜんせかい)(また)()結構(けつこう)御用(ごよう)であるから、171何事(なにごと)惟神(かんながら)()かして仲良(なかよ)(いた)して、172理窟(りくつ)()めて、173各自(めいめい)御魂(みたま)相応(さうをう)活動(はたらき)をいたして(くだ)され。174(いま)肝心(かんじん)(かな)めの性念場(せうねんば)()るぞよ。175八頭八尾大蛇(あくのかしら)が十億の眷属(けんぞく)使役(つか)ふて、176世界(せかい)人民(じんみん)(うつ)りて、177人民(じんみん)守護神(しゆごうじん)一々(いちいち)押込(をしこめ)て、178御魂(みたま)薩張(さつぱ)(くも)らして(しも)ふて、179世界(せかい)人民(じんみん)体主霊従(あく)()(かた)(いた)さして、180トドの(つま)りは世界(せかい)人民(じんみん)()やす経綸(しぐみ)(いた)して()るので()るから、181何程(なにほど)(まこと)生神(いきがみ)()ふて()かして()りても、182各自(めいめい)悪魔(あくま)邪魔(じやま)いたして、183肝心(かんじん)守護神(しゆごうじん)()かさぬ(やう)(かき)(いた)すから、184世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)出来(でき)ぬのも、185無理(むり)なき(こと)であるぞよ。186(いま)悪魔(あくま)世界中(せかいぢう)人民(じんみん)()やして、187()(くに)(いた)さうと(おも)ふて()れど、188()(もと)生神(いきがみ)()(もと)(くに)には(かく)してありたから、189天晴(あつぱれ)今度(こんど)(もと)生神(いきがみ)国常立之尊(くにとこたちのみこと)が、190()高天原(たかあまはら)(あら)はれて、191悪神(あくがみ)(たく)みを根底(こんてい)から転覆(ひつくりかへ)して、192()ケを(あら)はして、193世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けるので()るから、194(その)御用(ごよう)手伝(てつだ)(いた)させる人民(じんみん)195守護神(しゆごうじん)(この)大本(おほもと)引寄(ひきよ)して()るので()るから、196充分(じゆうぶん)心配(こころくば)りをして、197(これ)から大本(おほもと)()りて()守護神(しゆごうじん)198人民(じんみん)丁寧(ていねい)指導(しだう)(いた)して(くだ)され。199(これ)大本(おほもと)役員(やくいん)御用(ごよう)()るぞよ。200()金毛九尾白面悪狐(よつあしのかしら)世界(せかい)国々(くにぐに)一番(いちばん)(ちから)()(もの)女房(にようぼう)(うつ)りて、201(くに)()だしに一生懸命(いつせうけんめい)(うつ)りて、202世界(せかい)大将(たいせう)(くる)しめに()(をと)(たく)(ばか)(いた)して、203眷属(けんぞく)沢山(たくさん)使(つか)ひ、204人民(じんみん)女房(にようぼう)(むすめ)肉体(にくたい)這入(はい)()み、205体主霊従(あく)()(かた)(かみ)御用(ごよう)(いた)男子(なんし)を、206()(さき)(たま)(ひかり)りで()(くら)まして、207一度(いちど)世界(せかい)()(かへ)し、208(つぶ)(こと)(かか)りて()るが、209(これ)()()人民(じんみん)(すく)ないから、210三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)しが(をく)れるので()るぞよ。211(かみ)(ここ)三年(さんねん)(あいだ)立替(たてかへ)経綸(しぐみ)であれども、212(おも)ふたよりは(くも)りが(ひど)いから、213肝心(かんじん)(はしら)()(にく)いので、214(かみ)(こころ)焦慮(あせ)(ばか)りであるぞよ。215日本(にほん)人民(じんみん)(なか)因縁(いんねん)御魂(みたま)(はや)大本(おほもと)(まい)りて、216身魂(みたま)水晶(すいしよう)(みが)ひて、217(もと)日本魂(やまとだましい)立帰(たちかへ)りて、218五六七(みろく)神政()経綸(しぐみ)御用(ごよう)(かか)るやうに、219上下(うへした)身魂(みたま)(そろ)はんと段々(だんだん)(をく)れる(ばか)りで()るぞよ。220(いま)人民(じんみん)神界(しんかい)(ふか)経綸(しぐみ)(わか)りて()らんなり、221()時機(じき)()るまでは何人(なにびと)にも()かす(わけ)には()かぬから、222(わか)らぬのは(もつと)もの(こと)()れども、223(あま)()(こと)ばかりが()るやうに(おも)ふて、224()(ばか)りでは(つま)らんぞよ。225(をも)いの(ちが)御方(おかた)沢山(たくさん)出来(でき)るぞよ。