霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年二月二一日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年2月21日(旧1月21日)
神霊界掲載号:第81号 16頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 210頁 八幡書店版伊都能売神諭:117頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正八年二月二十一日 旧正月二十一日
002 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)神屋敷(かみやしき)(あら)はれて、003天照彦之尊(あまてるひこのみこと)御魂(みたま)宿(やど)りた言霊幸彦命(ことたまさちひこのみこと)体内(たいない)()りて世界改造(よのたてかえ)筆先(ふでさき)(しる)しおくぞよ。004明治(めいぢ)二十五年から大出口(おほでぐち)(なほ)()()りて世界(せかい)出現事変(あること)一切(いつさい)日本(にほん)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)警告(しらし)てをいた(こと)実地(じつち)(ちか)よりて()たぞよ。005日本(にほん)神国(しんこく)(うま)れて()身魂(みたま)(みな)日本魂(やまとだましい)性来(せうらい)(さづ)けて()りて上中下(じやうちうげ)三段(さんだん)身魂(みたま)(てん)から(くざ)して世界(せかい)経綸(しぐみ)させるやうに天国(てんごく)政治(せいぢ)地上(ちじやう)(うつ)して、006(きみ)(をみ)(たみ)とに立別(たてわ)けて()れども、007(いま)()逆様(さかさま)()りて()るから、008(たみ)身魂(みたま)大臣(をおみ)小臣(おみ)となり、009大臣(おうみ)小臣(をみ)身魂(みたま)(たみ)位置(くらい)()ち、010其上(そのうへ)八頭八尾(やつがしらやつを)邪神(じやじん)守護(しゆごう)いたして、011斯世(このよ)体主霊従(あく)()(かた)(みだ)して(しま)ふて(いま)世界(せかい)()惨害(ありさま)012(これ)()んとも(おも)はぬやうに()りたのは、013日本(にほん)(およ)世界(せかい)人民(じんみん)()()(あし)(ばか)され()つて()るからであるぞよ。014世界(せかい)経綸(けいりん)する天職(てんしよく)(そな)はりた日本(にほん)人民(じんみん)日本魂(やまとだましい)薩張(さつぱ)()けて(しま)ふて、015九分(くぶ)まで獣蓄(けもの)身魂(みたま)()つて()るぞよ。016天地(てんち)開闢(かいびやく)(はじめ)()からの約束(やくそく)時節(じせつ)(まい)りたから、017愚図々々(ぐずぐず)(いた)して()れんから、018(いま)(しづ)まりて()(うち)一日(いちにち)(はや)身魂(みたま)(みが)いて()らんと、019(ひがし)大空(おほぞら)から西(にし)谷底(たにそこ)(てん)()()(こと)出来(しゆつたい)いたしたら(にわか)に、020栃面貌(とちめんぼう)()つてアフンと(いた)さな()らぬやうになるぞよ。021それで一日(いちにち)(はや)日本魂(やまとだましい)(みが)けと(もう)すので()るぞよ。022日本魂(やまとだましい)(もう)すものは天地(てんち)先祖(せんぞ)(かみ)精神(せいしん)合一(あわ)した(こころ)()るぞよ。023至仁至愛(ぜん)大精神(だいせいしん)にして、024何事(なにごと)にも(こころ)(くば)行届(ゆきとど)き、025凶事(きやうじ)()ふとも、026大山(おほやま)(ごと)微躯(びく)とも(いた)さず、027物質欲(ぶつしつよく)()ちて精神(せいしん)(いと)安静(あんぜい)(こころ)であるぞよ。028(てん)相手(あいて)とし凡人(ぼんじん)(あらそ)はず、029天地(てんち)万有(ばんゆう)山野(やまぬの)海川(うみかわ)(われ)所有(しよゆう)となし、030春夏秋冬(はるなつあきふゆ)(ひる)()(やみ)(あめ)(かぜ)(かみなり)(しも)(ゆき)(みな)(わが)言霊(ことたま)自由(じゆう)()()(たま)であるぞよ。031如何(いか)なる災禍(わざわい)()ふも艱苦(かんく)(なめ)るも()(かい)せず、032幸運(こううん)(むか)ふも油断(ゆだん)せず、033生死一如(せいしいちによ)にして昼夜(ちゆうや)往来(おうらい)する(ごと)く、034世事(せじ)一切(いつさい)惟神(かんながら)大道(おほみち)()かせ、035(この)みも()(うら)みも()さず、036()(おも)んじて心裏(しんり)(つね)安静(あんせい)なる(たま)日本魂(やまとだましい)であるぞよ。037(つね)心中(しんちう)長閑(のどか)にして、038川水(かわみづ)(なが)るる(ごと)く、039(すゑ)(いた)(ほど)(ふか)くなりつつ自然(しぜん)四海(しかい)(たつ)し、040我意(わがい)(おこ)さず、041才智(さいち)(たよ)らず、042(てん)(とき)(おう)じて神意(しんい)(したが)つて天下(てんか)公共(こうきやう)(ため)活動(かつどう)し、043万難(ばんなん)(たゆ)まず(くつ)せず、044無事(ぶじ)にして(ぜん)(おこの)ふを日本魂(やまとだましい)(もう)すぞよ。045奇魂(くしみたま)()活動(かつどう)する(とき)大人(だいにん)(おこな)(そな)はり、046(しん)智者(ちしや)となり、047(もの)(もつ)(もの)見極(みきわ)め、048自己(おのれ)(ひと)しからん(こと)(よく)せずして身魂(みたま)(とも)平静(へいぜい)なり。049小人(せうにん)なるものは自己(おのれ)(もと)として(もの)()050自已(おのれ)(ひと)しからん(こと)(よく)するが(ゆへ)に、051(つね)心中(しんちう)(しづ)かならず、052(これ)体主霊従(あく)精神(せいしん)(もう)すぞよ。053(いま)()(なか)一般(いつぱん)(こころ)(みな)この(こころ)()るぞよ。054(まこと)日本魂(やまとだましい)のある人民(じんみん)(その)意志(こころ)平素(つね)(うち)にのみ(むか)ひ、055自己(おのれ)(ひと)()(ところ)(つつし)み、056自已(おのれ)力量(りきりやう)才覚(さいかく)(ひと)()られん(こと)(もと)めず、057天地(てんち)神明(しんめい)(みち)(したが)(まじ)はり、058(かみ)代表(だいひやう)となりて善言美辞(ぜんげんびし)(もち)ひ、059光風(こうふう)霽月(さいげつ)(ごと)人格(じんかく)(そな)へて自然(しぜん)()光輝(こうき)(はな)身魂(みたま)であるぞよ。060心神(しんしん)(つね)空虚(くうきよ)にして一点(いつてん)私心(ししん)()ければ、061常永(とこしえ)胸中(きやうちう)神国(しんこく)あり、062何事(なにごと)(すぐ)(まさ)りたる行動(こうどう)(この)み、063善者(ぜんしや)(よろ)こびて(とも)となし、064(おと)(けが)れたるを(あわれ)()(めぐ)む、065富貴(ふうき)(よく)せず(うらや)まず、066貧賤(ひんせん)(いと)はず(あなど)らず、067只々(ただただ)天下(てんか)(ため)至善(しぜん)(つく)(こと)のみに焦心(せうしん)す、068()至心(ししん)至情(しぜう)日本魂(やまとだましい)発動(はつどう)であるぞよ。069我身(わがみ)富貴(ふうき)(しよ)しては君国(くんこく)(ため)心魂(しんこん)(ささ)げ、070(ひん)(しよ)しては簡易(かんやう)生活(せいかつ)(あま)んじ、071欲望(よくぼう)(せい)(いとま)にも()(がい)せず、072自暴(じばう)自棄(じしつ)せず、073天命(てんめい)(たのし)みて自己(じこ)応分(おうぶん)天職(てんしよく)(まも)る、074(これ)日本魂(やまとだましい)発動(はつどう)であるぞよ。075天下修齋(てんかしうさい)大神業(だいしんぎやう)参加(さんか)する(とも)(けつ)して周章(あわて)(さわ)がず、076身魂(しんこん)(つね)洋々(やうやう)として大海(だいかい)(ごと)く、077(てん)(むなし)うして(とり)()ぶに(まか)すが(ごと)く、078(うみ)(ひろ)くして(うを)(おど)るに(したが)ふが(ごと)不動(ふどう)精神(せいしん)(つね)(やしな)ふ、079(これ)神政成就(しんせいじようじゆ)神業(しんげう)奉仕(ほうじ)する身魂(みたま)行動(こうどう)でなけねば()らぬのであるぞよ。080凡人(ぼんじん)()善事(ぜんじ)()(こと)にても(かみ)(ほう)(てら)して()しき(こと)(これ)()さず、081凡人(ぼんじん)()(あく)()(こと)にても(かみ)(まこと)(みち)(てら)して()(こと)(いさ)みて(これ)遂行(すいこう)すべし。082天意(てんい)(した)がひ大業(たいぎやう)()さんとするものは一疋(いつぴき)(むし)(いへど)(みだり)(これ)傷害(しやうがい)せず、083至仁(しじん)至愛(しあい)にして万有(ばんゆう)保護(ほご)し、084()(らん)(ぜう)じて(のぞみ)(おこ)さぬ至粋(しすい)至純(しじゆん)精神(せいしん)(たも)つ、085(これ)(まこと)日本魂(やまとだましい)発動(はつどう)であるぞよ。086今度(こんど)二度目(にどめ)天之岩戸開(あまのいわとびら)きの御用(ごよう)()身魂(みたま)是丈(これだけ)身魂(みたま)覚悟(かくご)()ければ到底(とうてい)(をは)りまで(つと)めると()(こと)出来(でき)んから、087毎度(いつも)筆先(ふでさき)日本魂(やまとだましい)(みが)いて(くだ)されと(もう)して()らして()るぞよ。088(いま)日本(にほん)人民(じんみん)九分九厘(くぶくりん)まで日本魂(やまとだましい)(くも)()りて(しま)ふて()るから、089(いま)人民(じんみん)所作柄(しよさがら)(もう)すものは薩張(さつぱ)精神(せいしん)利害(りがい)のために左右(さゆう)せられて、090一寸(いつすん)()きは暗黒(あんこく)であるから、091何時(いつ)(こころ)(せつ)ろしうて、092一寸(ちよつと)事変(こと)にも狼狽(うろた)(いそ)いで(かほ)(いろ)まで()えて(しま)人民(じんみん)(ばか)りで()るぞよ。093(これ)では到底(とうてい)日本(にほん)神国(しんこく)人民(じんみん)とは(もう)されんぞよ。094(いま)人民(じんみん)精神(せいしん)(もう)すものは体主霊従(あく)であるから(こころ)平素(いつも)外面(そと)ばかりに(はし)り、095人前(ひとまへ)だけは殊勝(しうせう)らしく(つつ)しみて()れど、096内心(ないしん)(もう)すものは頑空(がんくう)妄慮(もうりやう)であるから、097(すこ)しの(こと)にも微躯(びく)()いて外国(がいこく)()(あし)(くわ)えて()るやうな()(あは)されて()りても()()()かぬ厄介(やつかい)人民(じんみん)であるぞよ。098(いま)人民(じんみん)霊界(れいかい)事実(こと)(あたま)から(ちつ)とも(わか)りて()らんから、099万古末代(まんごまつだい)()(とほ)しの真理(しんり)(わき)まへず、100現世(このよ)でさえ立派(りつぱ)(くら)したら死後(しご)(どう)でも(かま)はぬと()一般(いつぱん)馬鹿(ばか)身魂(みたま)()るから、101天地神明(てんちしんめい)御威光(ごいこう)(おそ)れず、102現世(げんざい)富貴(ふうき)安逸(あんいつ)快楽(くわいらく)のみに(こころ)()られて(まづしき)蛇蠍(だかつ)(ごと)くに()(きら)い、103精神(せいしん)(くさ)ろうが天則(てんそく)(はず)そうが()んな(こと)には毛程(けほど)心配(しんぱい)いたさず、104黄金(おうごん)万能(ばんのう)主義(しゆぎ)信者(しんじや)()()み、105国家(こつか)(ため)身命(しんめい)(ささ)げんとする真人(もの)馬鹿(ばか)ものの()うに(ののし)(あざけ)り、106()(こと)(いと)(くだ)らぬ体欲(たいよく)(ふけ)りて、107肝心(かんじん)(てん)使命(しめい)(くざ)つた(かみ)()(みや)身魂(みたま)である(こと)(わす)れて()るから、108世界(せかい)()()しに悪事(あくじ)災害(さいがい)発生(はつせい)いたすので()るぞよ。109(すこ)順境(じゆんきやう)(むか)えば千年(せんねん)万年(まんねん)()()いと(もう)し、110(すこ)逆境(ぎやくきやう)()つれば(ただち)()結構(けつこう)神国(しんこく)(をそ)果敢(はか)なみ、111名聞(なきく)(はじ)るが(ゆへ)(まこと)(わす)利欲(りよく)(まなこ)(くら)みて()(わきま)へず天命(てんめい)(さと)らず、112自己(おのれ)よりも富貴(ふうき)(ひと)(うら)やみ()つソネミ、113自己(おのれ)よりも貧賤(ひんせん)なる(ひと)(あなど)軽蔑(さげす)(しの)(くる)しめ、114才智(さいち)芸能(げいのう)自己(おのれ)より(すぐ)れたる(ひと)(したが)(まな)(こと)()さず、115(かへつ)(これ)(そし)り、116自己(おのれ)()らざるを(おぎな)精神(せいしん)(ごう)もなく、117()かれ(わる)かれ自己(おのれ)()め、118()自己(おのれ)追従(ついせう)するものを(した)しみて害毒(がいどく)(まね)き、119(つい)()(これ)(にく)み、120智者(ちしや)賢者(けんしや)()(こと)()ぢて一生(いつせう)無知(むち)愚鈍(ぐどん)生活(せいかつ)(おく)(あわ)れな(いま)世界(せかい)人民(じんみん)度根性(どこんぜう)()るから、121何時(いつ)までも()(なか)暗黒界(くらがり)で、122(われ)我手(わがで)()らん困難(こんなん)(いた)人民(じんみん)(ばか)りで、123(かみ)()からは可愛想(かあいそう)()()れんから、124今度(こんど)(かみ)(おもて)(あら)はれて世界(せかい)人民(じんみん)()(さま)して改心(かいしん)さして結構(けつこう)神代(かみよ)立直(たてなほ)すので()るぞよ。125(あま)世界(せかい)(くも)りやうが(はげ)しいから、126神界(しんかい)中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。127世界(せかい)人民(じんみん)(なか)(あく)身魂(みたま)(たひら)げて(しま)ふて、128()立直(たてなほ)(いた)すのなれば容易(たやすい)なれど(かみ)世界(せかい)人民(じんみん)一人(いちにん)もツツボに(いた)()もないから、129色々(いろいろ)(もう)して(なが)らく出口(でぐち)(なほ)()警告(しらし)たので()れども、130(あま)何時(いつ)までも守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)()いて(くだ)さらぬと()むを()ずの(こと)(いた)さねば()らぬから、131(かみ)中々(なかなか)(つら)(おも)ひを(いた)して()るから、132日本(にほん)人民(じんみん)ならチツトは(かみ)(こころ)推量(すいりよう)いたして(はや)身魂(みたま)(みが)いて神国(しんこく)行動(おこない)()(くだ)され。133何時(いつ)までも(かみ)人民(じんみん)()(さと)して()(いとま)がないから、134改心(かいしん)いたすなら(いま)(うち)であるぞよ。135(いま)人民(じんみん)(こころ)()ふやうな行為(おこない)(まこと)(かみ)(こころ)(かな)はず、136(かみ)(こころ)(かな)行為(おこない)いたす人民(じんみん)俗悪(ぞくあく)世界(せかい)(はな)(たか)人民(じんみん)(こころ)(かな)はぬから、137(こし)(よわ)日本魂(やまとだましい)(くさ)りた人民(じんみん)(のこ)らず(いま)世界(せかい)人民(じんみん)()いて(しま)ふて、138(たと)天道(てんどう)(かな)はぬ(こと)でも世界(せかい)人民(じんみん)()いと(もう)(こと)(なび)くなり、139天道(てんどう)(かな)ふた結構(けつこう)事業(こと)でも世界(せかい)から(わる)()はれたら()ぐに()めて(しま)ふなり、140(ただ)()(まへ)名利(めいり)(もと)め、141(かたち)(よく)(まよ)ふて天津誠(あまつまこと)()らず、142(ゆへ)()結構(けつこう)()高天原(たかあまはら)(まこと)(をしへ)迷信教(めいしんきやう)とか、143怪宗(かいしう)とか、144危険集団(きけんしうだん)とか(もう)して、145新聞(しんぶん)にまで()いて(わる)(もう)すので()るが、146(いま)俗悪(ぞくあく)世界(せかい)新聞(しんぶん)などに()()はれる(やう)世間向(せけんむ)きのする(をしへ)()りたら(かへつ)()大本(おほもと)(をしへ)(あく)(をしへ)であるぞよ。147(わる)()はれて()()経綸(しぐみ)であると明治(めいぢ)二十五年から()らして()いた(こと)実地(じつち)()(まい)りたので()るから、148世間(せけん)から(わる)()はれる(ほど)()大本(おほもと)(をしへ)結構(けつこう)になるので()るぞよ。149(いま)人民(じんみん)(ひと)から()められると()ぎた(こと)でも大変(たいへん)(よろ)こび()(ひと)にほこり高振(たかぶ)りたがり、150(また)自己(おのれ)(そし)るのを()いては実際(じつさい)なれば(おどろ)周章(あわ)(かほ)(いろ)まで(あを)くし、151()(こと)(そし)られると大変(たいへん)立腹(りつぷく)いたして名譽(めいよ)恢復(くわいふく)訴訟(そせう)(おこ)し、152自己(おのれ)過失(くわしつ)(かざ)り、153(また)(かく)し、154()()げて改心(かいしん)する(こと)()らず、155自己(おのれ)(こころ)邪悪(じやあく)なるを()りつつ(ひと)()めて()れると自己(おのれ)邪悪(じやあく)(たれ)()らぬと()(ゆる)し、156自己(おのれ)(よく)する(こと)(たと)少々(せうせう)罪悪(つみあく)なりと承知(せうち)しながら善人(ぜんじん)諫言(れんげん)(みみ)()れず、157(かへつ)(その)(まこと)(ひと)悪人(あくにん)(あつか)ひに(いた)すやうに()りた(いま)()(なか)であるから、158()して(まこと)(かみ)(もう)(こと)()きさうな(はづ)はなけれども、159(てん)から(もら)ふた直霊(ちよくれい)御魂(みたま)にチツトは(たづ)ねて()たら(かみ)(もう)(こと)(わか)らねば()らぬ(はづ)()るぞよ。160結構(けつこう)直霊(たま)我身(わがみ)(かか)(なが)ら、161小人(せうにん)(つみ)(つく)りて()らぬとは(あま)りで()るぞよ。162()がな(すき)がな(ひと)非事(ひじ)(さが)したり、163(ひと)名与(めいよ)(きづづ)けて自己(おのれ)眼識(がんしき)(たか)()つたやうに(かん)がへ()()たそれを(えら)いやうに(おも)ふて自慢(じまん)(いた)したり、164天道(てんどう)(そむ)いて俗悪(ぞくあく)世界(せかい)名与(めいよ)(もと)めたり、165()(そむ)いて利己主義(りこしゆぎ)立貫(たてぬ)高貴(かうき)()びへつらい、166(もつ)我身(わがみ)栄達(はんたつ)(はか)(ひと)()(くら)まして()(たく)み、167浮雲(うきぐも)(ごと)富貴(ふうき)希望(きぼう)して一生懸命(いつせうけんめい)心身(しんしん)(ろう)し、168(つい)には子孫(しそん)断絶(だんぜつ)(いん)()るを(さと)らず、169(わが)霊魂(みたま)永苦(えいく)(かへり)みず、170(ただ)現在(げんざい)(おい)てのみ自己(おのれ)()(こと)()つて(ひと)()(こと)()らず、171自己(おのれ)利益(りえき)あれば公道(こうどう)(やぶ)り、172(ひと)(そこの)ふをも(かへり)みずして(ちか)きは(その)()(ほろ)ぼし、173(とほ)きは(その)(いへ)(ほろ)ぼす(こと)()らず、174我程(われほど)立派(りつぱ)利発(りはつ)ものはなしと慢心(まんしん)して獣族(けもの)境界(きやうかい)(やす)んじ、175親子(おやこ)兄弟(きやうだい)他人(たにん)区別(くべつ)もなく、176利害(りがい)(ため)には(たがひ)敵視(てきし)する(いま)()(なか)有様(ありさま)177此様(こん)沒義道(もぎどう)(けが)らはしき()何時(いつ)までも(つづ)きそうな(こと)はないぞよ。178此世(このよ)何時(いつ)までも(この)調子(ちようし)()()うな(こと)()りたら天地(てんち)(あいだ)(かみ)一柱(ひとはしら)もないので()るぞよ。179今度(こんど)()高天原(たかあまはら)竜宮館(りうぐうやかた)から天地(てんち)(かみ)()るかないかを明白(あきらか)()けて()せて、180世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)さして(まつ)()ミロクの神代(かみよ)(いた)して、181世界(せかい)一列(いちれつ)(いさ)んで(くら)すやうに()()へて(しま)ふのであるぞよ。182()れに()(まで)世界(せかい)黄泉津比良坂(おほとうげ)()るから、183(いま)()(なか)精神(せいしん)根本(こつぽん)から立替(たてかへ)(しま)ふて(まこと)日本魂(やまとだましい)立帰(たちかへ)り、184神国(しんこく)成就(じやうじゆう)御用(ごよう)(つと)めて、185末代(まつだい)神国(しんこく)()(のこ)して(くだ)され、186(かみ)(まこと)のものにはドンナ神力(しんりき)(かげ)から(わた)して()るぞよ。187一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)結構(けつこう)であるぞよ。
188明治(めいぢ)二十五年からの筆先(ふでさき)充分(じうぶん)(はら)()れて()(もら)はぬと、189大変(たいへん)取違(とりちが)いを(いた)すものが出来(でき)るぞよ。190この綾部(あやべ)()()ねば神徳(しんとく)(もら)えんやうに(おも)ふて、191一家(いつか)()げて移住(いじう)したり、192今迄(いままで)結構(けつこう)職業(しよくぎやう)まで()てたり、193学校(がくこう)退学(たいがく)したりして(まで)大本(おほもと)()()るやうな(こと)神慮(しんりよ)(かな)はぬぞよ。194大本(おほもと)祝詞(のりと)(なか)にも(まな)びの(わざ)(いくさ)(のり)益々(いやます)(ひら)()はりて玉垣(たまがき)内津御国(うちつみくに)細矛(くわちほこ)千足国(ちたるのくに)心安国(うらやすくに)云々(うんぬん)()てあらうがな。195(まな)びの(わざ)(すて)てまで信心(しんじん)いたせとは(もう)さんぞよ。196それとも事情(じじやう)()むを()(こと)があれば仕方(しかた)はなけれども、197(くや)しい残念(ざんねん)忍耐(こば)ることの出来(でき)んやうな身魂(みたま)でありたら到底(とうてい)(かみ)御用(ごよう)どころか我身(わがみ)(ひと)つさえも(おさ)まらんぞよ。198(これ)から大本(おほもと)(なか)充分(じうぶん)()()()ふて落度(おちど)のなき(やう)心得(こころえ)(くだ)さらんと()結構(けつこう)神国(しんこく)(をしへ)()(けが)(こと)()りて(かへつ)世界(せかい)から()るく(もう)されても弁解(べんかい)出来(でき)(こと)出来(しつたい)するぞよ。199()大本(おほもと)()(けが)すものは大本(おほもと)(なか)から出現(しつげん)するぞよ。200外部(そと)からは(ゆび)一本(いつぽん)さわる(こと)出来(でき)完全(かんぜん)(ある)毎度(まいど)筆先(ふでさき)(だし)(しら)したが余程(よほど)(ここ)からは何彼(なにか)(こと)気配(きくばり)いたして(かみ)(をしへ)(そむ)かぬ(やう)(ぜん)一筋(ひとすじ)(おこな)ひを(いた)して(かみ)()()(だす)やうに(いた)して(くだ)されよ。201(なに)(わか)らずに人民(じんみん)(こころ)(さわ)(やう)(こと)(もうす)(ない)ぞよ()(つけ)るぞよ。