霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年四月一三日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年4月13日(旧3月13日)
神霊界掲載号:第85号 1頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 393頁 八幡書店版伊都能売神諭:151頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :is30
001 大正八年四月十三日
002 (うしとら)金神(こんじん)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)(あら)はれて、003世界(せかい)(こと)()きおくぞよ。004変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)宿(やど)りて()出口(でぐち)(なを)()()(くち)()りて明治(めいじ)二十五年から大正(たいせう)七年まで二十七年かかりて()らして()いた言葉(こと)実地(じつち)()()たぞよ。005由良川(よるだんがは)水上(みなかみ)渭水(いすい)(ほと)りに(なが)れも(きよ)和知川(いすずがは)十二の支流(ながれ)()(あつ)め、006三千世界(さんぜんせかい)隅々(すみずみ)へ。007()める(をしへ)(つた)えむと(ふか)(おもひ)(かみ)(むね)008(ひろ)しと(いへど)三千歳(みちとせ)の。009経綸(しぐみ)(ここ)にアオウエイ。010五大父音(ごだいふおん)音無瀬(おとなせ)や、011科戸(しなど)(かぜ)福知山(ふくちやま)012(そら)()東風(とうふう)北風(きたかぜ)の。013(ちり)(あくた)(よそ)(くに)014(みな)舞鶴(まいづる)入海(いりうみ)に、015(なが)(きよ)めて惟神(かんながら)016火水(かみ)稜威(みゐづ)荒磯(あらいそ)の、017(くだ)くる日影(ひかげ)(つき)(かげ)月日(つきひ)仲良(なかよ)(おさ)まりて、018神教(みのり)(おく)大正(たいせう)の、019一二御代(ひふみよ)厳々(いついつ)し。020伊都(いづ)御魂(みたま)(あら)はれて、021(むゆ)斯世(このよ)(ひら)きつつ、022地成(なな)(はる)(なつ)(あき)(そら)023(みね)(いただ)()()の、024木々(きぎ)のそよぎて(かし)こくも、025高天原(たかあまはら)(のぼ)ります。026(いと)(とふ)とき惟神(かんながら)027真道弥広(まみちいやひろ)大出口(おほでぐち)028国地王霊主(くになほひぬし)神魂(かんみたま)029国稚姫(くにわかひめ)久良芸如(くらげな)す、030(ただよ)神国(かみくに)を、031(つく)(はじ)め。032(たて)(よこ)とに()(はた)は、033(あや)(にしき)棚機(たなばた)や、034千々(ちぢ)(こころ)(くば)らせつ、035(おに)大蛇(おろち)(みづ)(たま)036(ひか)りさやけく(うる)はしく、037(あま)岩戸(いわと)(ひら)かむと、038二代(にだい)三代(さんだい)(すみ)直霊(なをひ)039三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)040(ひら)常盤(ときわ)(まつ)みどり、041(たけ)園生(そのふ)弥栄(いやさか)に、042(さか)えを(まつ)神代(かみよ)かな。043弥々(いよいよ)ひらく大正(たいせう)の、044()ツの御年(みとし)(はる)よりぞ。045(はな)()(きよ)()(むす)び、046世界(せかい)(はな)()(わた)り、047(ひがし)西(にし)南北(なんぼく)も、048(かみ)(みやこ)(とな)へつつ、049()(かた)まれる九年(ここのとし)050十年(ととし)(はる)(あき)(そら)051(たか)(きよ)けき(かみ)(くに)052()大本(おほもと)(うる)はしき、053()酉年(とりとし)芽出度(めでた)けれ。
054
055 (いま)世界(せかい)人民(じんみん)(あま)(がく)智慧(ちゑ)()()ぎて神徳(しんとく)()ふに(およ)ばず、056人徳(じんとく)()ふものが、057(ひと)つも()いから、058(いま)世界(せかい)()有様(ありさま)(なん)とも(おも)はずに、059我身(わがみ)さえ()けりや他人(ひと)()のうが(たを)れうがチツトも(かま)はぬ自己本位(われよし)人民(じんみん)九分九厘(くぶくりん)まで()いて()るから、060何時(いつ)までも神国(しんこく)成就(じやうじゆ)経綸(しぐみ)出来上(できあが)らむから、061今度(こんど)(むかし)(もと)天地(てんち)先祖(せんぞ)(あら)はれて三千世界(さんぜんせかい)改造(かいざう)(いた)すために(てん)大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、062()先祖(せんぞ)国常立尊(くにとこたちのみこと)神代(かみよ)一代(いちだい)()()ちて仕組(しぐみ)いたした(まこと)(みち)玉手箱(たまてばこ)063(ひら)けても()れても一筋(ひとすじ)天津日継(あまつひつぎ)弥高(いやたか)四方(よも)(かが)やき(わた)時節(じせつ)(まい)りたぞよ。064綾部(あやべ)大本(おほもと)神界(しんかい)経綸(しぐみ)で、065変性男子(へんぜうなんし)大気違(おほきちが)いを(あら)はして天地(てんち)神々(かみがみ)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)警告(しらし)()りたなれど、066()大気違(おほきちがい)最早(もはや)(てん)(かへ)りて(てん)からの守護(しゆごう)となりたから、067(これ)からは弥々(いよいよ)変性女子(へんぜうによし)大化物(おほばけもの)(あら)はして、068三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)(とど)めを()して世界(せかい)水晶(すいしよう)神世(かみよ)(つく)()えて(しま)ふぞよ。069それに(つい)ては大本(おほもと)金竜殿(きんりやうでん)説教(せつきやう)演説(えんぜつ)()(かた)から立直(たてなを)さぬと天地(てんち)先祖(せんぞ)神慮(きかん)(かな)はんぞよ。070(いま)()(さかい)金輪際(こんりんざい)千騎一騎(せんきいつき)性念場(せうねんば)であるから、071因縁(ゐんねん)御魂(みたま)日々(にちにち)遠近(えんきん)から引寄(ひきよ)して明治(めいじ)二十五年からの筆先(ふでさき)()大本(おほもと)(なか)()りた実地(じつち)(はなし)さえ(いた)して、072天地(てんち)先祖(せんぞ)苦労(くろう)やら変性男子(へんぜうなんし)(かがみ)()した()行状(ぎやうじやう)有様(ありさま)やら、073女子(によし)(こころ)(そこ)にある炬火(たいまつ)()(あら)はして充分(じうぶん)立寄(たちよ)人民(じんみん)(はら)(そこ)()()むやうに(ひら)たう()いて()かせる世界(せかい)大本(おほもと)()るのに学者(がくしや)()いても容易(ようい)(わか)りかけの(いた)さん言霊学(げんれいがく)やら哲学(てつがく)(よう)(はなし)()()りては物事(ものごと)段々(だんだん)(おく)れる(ばか)りで、074神界(しんかい)(かへ)つて迷惑(めいわく)(いた)して()るぞよ。075()大本(おほもと)改心(かいしん)改心(かいしん)一点張(いつてんば)りに(もう)(ところ)()るが、076(その)改心(かいしん)(どう)したら()いかと(もう)せば、077(うま)赤子(あかご)(なに)()らぬ天真爛漫(そのまま)(こころ)立帰(たちかへ)りて大馬鹿(おほばか)()ると()(こと)であるぞよ。078(いま)金竜殿(きんりやうでん)先生(せんせい)智者(ちしや)学者(がくしや)(あつま)()ひで()るから、079(しら)(しら)ずに自分(じぶん)(はら)(なか)智利(ちり)誤目(ごもく)()んで()(かみ)(ひと)とを()はして(つち)(みみ)()(はな)()れるから(たま)つたもので()いぞよ。080(いま)鼻高(はなだか)さんには(かみ)感心(かんしん)(いた)して()るぞよ。081(かみ)一度(いちど)(もう)したら(その)(とほ)りに(いた)さねば()大本(おほもと)(かみ)因縁(ゐんねん)身魂(みたま)引寄(ひきよ)して(いた)神策地(とこ)であるから、082(かし)こい御方(おかた)結構(けつこう)(かんが)えとは薩張(さつぱり)大反対(だいはんたい)であるぞよ。083世界(せかい)日々(にちにち)説法(せつぽう)()改心(かいしん)いたして今迄(いままで)()(かた)根本(こつぽん)から立替(たてかへ)(くだ)さらぬと神界(しんかい)邪魔(じやま)()るぞよ。084(かみ)(ため)(きみ)(ため)(くに)(ため)一身一家(いつしんいつか)(ささ)げて居乍(ゐなが)()らず()らずに神慮(きかん)(そむ)()うな(こと)()りたら折角(せつかく)役員(やくゐん)苦心(くしん)(みづ)(あわ)()つては其人(そのひと)()(どく)なり(かみ)第一(だいいち)迷惑(めいわく)いたすなり、085引寄(ひきよ)せられた因縁(ゐんねん)御魂(みたま)(くる)しむから、086一日(いちにち)(はや)何彼(なにか)行方(やりかた)改正(かへ)(くだ)されよ。087一時(いちじ)(おく)れても神界(しんかい)では大変(たいへん)であるぞよ。088筆先(ふでさき)一方(いつぽう)(ひら)くと(まで)(もう)して()(くらい)大本(おほもと)であるから、089()(ごと)やら(まぜ)りの(をしへ)(かみ)大変(たいへん)にいやで()るぞよ。090()大本(おほもと)世界中(せかいじゆう)人民(じんみん)阿房(あほ)(いた)(かみ)大本(おほもと)()るから、091変性女子(へんぜうによし)大化物(おほばけもの)大馬鹿(おほばか)(もう)(こと)行動(をこない)()(かた)()()けて()りて(くだ)されたら(なに)(わか)るので()るぞよ。
092 (これ)までに変性男子(へんぜうなんし)一度(いちど)()めて(おい)役目(やくめ)例之(たとへ)変性女子(へんぜうによし)教主(きやうしゆ)(いへ)ども(みだ)りに立替(たてかへ)(こと)()らぬ(かみ)(ふか)経綸(しぐみ)であるから、093大本(おほもと)役員(やくゐん)勝手(かつて)(いた)(こと)()らぬぞよ。094()()して()るなら一寸(ちよつと)やつて()(すぐ)()(ひら)(かへ)りて後戻(あともど)(ばか)りに()りて(くる)しむだけの(こと)じやぞよ。095神界(しんかい)仕組(しぐみ)はまだ(ほか)にも色々(いろいろ)(いた)して()るから、096変性女子(へんぜうによし)(むね)(うち)(まこと)(つら)いぞよ。097神界(しんかい)(まこと)一方(いつぽう)(たす)けに()りて()れる役員(やくゐん)大本(おほもと)()りたら女子(によし)御用(ごよう)(いた)()いなれど、098肝心(かんじん)女子(によし)(こころ)(わか)らぬから無理(むり)()いぞよ。099(いま)大本(おほもと)役員(やくゐん)赤誠(まこと)一図(ひとつ)一生懸命(いつせうけんめい)御用(ごよう)(いた)して()れる国家(こくか)大忠臣(だいちうしん)斯世(このよ)加賀美(かがみ)()れども、100(あま)正直(せうじき)すぎて融通(ゆうづう)()かぬ人民(じんみん)()るから、101(かみ)目放(めはな)しが(ひと)つも出来(でき)んぞよ。102(いま)役員(やくゐん)信者(しんじや)結構(けつこう)立派(りつぱ)御方(おかた)ばかりで人間界(にんげんかい)では申分(もうしぶん)()けれども、103水晶(すいしよう)()(いた)(かみ)()から()ると丁度(てふど)(せま)山路(やまみち)自転車(じてんしや)()つて(はし)りて()くやうに()りて(かみ)横目(よこめ)()()()馬車馬式(ばしやばしき)御方(おかた)(ばか)りで仕末(しまつ)(こま)るぞよ。104けれ(ども)()始末(しまつ)(しま)えぬ人民(じんみん)()いと今度(こんど)御用(ごよう)には()()はず、105(むつ)(しき)神界(しんかい)経綸(しぐみ)であるぞよ。
106
107 変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)若姫君(わかひめぎみ)(みこと)(てん)(あが)りて五六七大神(みろくのおほかみ)(さま)差添(さしそへ)(あそ)ばすなり、108(ひつじさる)金神(こんじん)豊雲野命(とよくもぬのみこと)()()りて大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)女房役(にようぼうやく)となりて(はたら)くなり、109(てん)にも()にも夫婦(ふうふ)(そろ)ふて守護(しゆごう)いたす時節(じせつ)(まい)りたから、110(これ)からは世界(せかい)物事(ものごと)急転直下(きうてんちよつか)(いきほ)いで天地(てんち)岩戸(いわと)()けるぞよ。111(てん)では(つき)大神様(おほかみさま)が一の(ぬし)なり、112五六七(みろく)(かみ)若姫君命(わかひめぎみのみこと)夫婦(ふうふ)御側役(おそばやく)御用(ごよう)なり、113()では禁闕要乃大神(きんかつかねのおほかみ)(さま)が一の(ぬし)なり、114国常立尊(くにとこたちのみこと)豊国主尊(とよくにぬしのみこと)夫婦(ふうふ)(そろ)ふて御側役(おそばやく)をいたすなり、115木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)御魂(みたま)日出乃神(ひのでのかみ)(あら)はれて立派(りつぱ)神代(かみよ)(たて)御役(おんやく)なり、116彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)引添(ひきそ)ふて日出(ひので)(かみ)御手伝(おてつだい)()さるので()るぞよ。117出口(でぐち)(なを)は()の御役(おんやく)()(うへ)(すま)して(てん)(あが)り、118出口(でぐち)(わう)仁は()の(やく)()(いた)すなり、119)の御役(おんやく)二代(にだい)澄子(すみこ)御役(おんやく)であるから、120(これ)から(さき)一番(いちばん)御苦労(ごくろう)であるぞよ。121(つぎ)日出乃神(ひのでのかみ)御用(ごよう)は()の御用(ごよう)(いた)すのであるぞよ。122(いま)大本(おほもと)は(イ)の御用(ごよう)だけ片付(かたづ)きて、123(ロ)の御用(ごよう)初発(しよつぱつ)であるから、124混沌(こんとん)時代(じだい)四方八方(しほうはつぽう)からイロイロと(うわ)さを(いた)すなれど、125(これ)がロの守護(しゆごう)であるから神界(しんかい)経綸(しぐみ)(どほ)りで()るから、126(みな)安心(あんしん)して御用(ごよう)(つと)めて(くだ)されよ。127(これ)から二代(にだい)御用(ごよう)筆先(ふでさき)()んで修行(しゆぎやう)(まゐ)人民(じんみん)()()かす御役(おんやく)であるぞよ。128遠国(ゑんごく)から(まい)りた人民(じんみん)是非(ぜひ)一回(いつくわい)一度(いちど)二度(にど)面会(めんかい)いたさせねば因縁(ゐんねん)明白(ありやか)(わか)らんから、129大本(おほもと)役員(やくゐん)(これ)一番(いちばん)大事(だいじ)であるから、130取違(とりちが)いの()きやうに(いた)して(くだ)されよ。
131
132 三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)(ひら)ひて()りて若日女(わかひめ)(ふたた)(てん)(たか)()く、133()豊国主(とよくにぬし)()果実()(むす)ぶ、134()(まで)世界(せかい)()()(おほ)きい稲荷(いなり)御礼(おふだ)()いて()るぞよ。135(おほ)きな(うま)()(あし)(のみ)とが(うご)()すぞよ。136()()(かか)小里(こさと)(もの)がさはき()日月(にちげつ)(くも)(おほ)はれて常夜(とこよ)(やみ)やサルの(とし)137トリ(こし)苦労(くろう)(いた)すより(はや)身魂(みたま)(みが)くが一等(いつとう)ぞよ。
138
139 銀貨(ぎんくわ)銅貨(どうくわ)(かた)まりて(おほ)きな一箇(いつこ)(たま)となり、140金貨(きんくわ)(やま)()()せて()るなれど、141(もと)から(たふと)(ひか)りの()(きん)容積(かさ)(すく)なくも(をはり)には一の(たから)()ちほこるぞよ。
142
143 若日女君命(わかひめぎみのみこと)(むかし)神代(かみよ)(てん)規則(きそく)(やぶ)れた(をり)144(はた)経綸(しぐみ)最中(さいちう)素盞嗚命(すさのをのみこと)天斑駒(あめのふちこま)(ため)御国替(おくにがへ)(あそ)ばして()(そこ)(うづ)もりて()られたなれど、145二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(ひら)時節(じせつ)(まい)りて()て、146我子(わがこ)禁闕要(きんかつかね)大神(おほかみ)()主宰権(しゆさいけん)(ゆづ)りて今度(こんど)(てん)(かへ)りて五六七大神(みろくのおほかみ)(さま)(ちから)(あわ)(こころ)を一にして(てん)御守護(ごしゆご)(あそ)ばすなり、147()神界(しんかい)国常立尊(くにとこたちのみこと)豊雲野尊(とよくもぬのみこと)左右(さゆう)御脇立(おわきだち)となりて()(うへ)高天原(たかあまはら)()三千世界(さんぜんせかい)守護(しゆごう)(あそ)ばして天津日継(あまつひつぎ)御尾前(おんみまへ)(さちは)(たす)心安(うらやす)(もと)神代(かみよ)()(なほ)(たま)ふぞ(たふ)とき金勝要(きんかつかね)大神(おほかみ)(すみ)きり()ます(うめ)(まつ)との世界(せかい)(かみ)大本(おほもと)ぞ。