霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年六月三日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年6月3日(旧5月6日)
神霊界掲載号:第90号 11頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 175頁 八幡書店版伊都能売神諭:167頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-08-30 10:09:14 OBC :is33
001 大正八年六月三日筆
002 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)(なが)く、003出口直霊主命(でぐちなをひぬしのみこと)()()(くち)()りて、004世界(せかい)(こと)()らして(おい)たが、005(この)世界(せかい)最早(もはや)断末魔(だんまつま)(ちか)よりて()006(むかし)からの悪神(あくがみ)仕組(しぐみ)が、007判然(はつきり)(わか)時節(じせつ)()りて()たぞよ。008害国(がいこく)悪神(あくがみ)(かしら)が、009(むかし)からの()がい陰謀(しぐみ)で、010(がく)智恵(ちゑ)(かね)(ちから)とで、011世界中(せかいぢう)自由自在(じゆうじざい)混乱(みだらし)()て、012今度(こんど)(やう)大戦争(だいせんさう)(おこ)して、013世界中(せかいぢう)人民(じんみん)(くる)しめ、014人民(じんみん)(こころ)日増(ひま)しに嶮悪(わるく)いたして、015自己(われ)目的(もくてき)()てやうと(いた)し、016(まる)五ケ年の(あいだ)に、017トコトンの陰謀(しぐみ)成就(ぜうじゆ)いたす(かんがへ)でありたなれど、018(ただ)(ひと)つの日本(にほん)(くに)日本魂(やまとだましい)が、019悪神(あくがみ)自由(じゆう)()らぬので、020(いま)種々(いろいろ)()()(しな)()え、021目的(もくてき)()てようと(いた)して、022(やま)谷々(たにだに)までも手配(てくば)りをいたして()るから、023一寸(ちよつと)油断(ゆだん)出来(でき)(こと)()りたぞよ。
024 三千世界(さんぜんせかい)九分九厘(くぶくりん)()りて、025(いま)(うごき)()れん(こと)()りたから、026(むかし)からの神界(しんかい)経綸(しぐみ)で、027竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)とが(あら)はれて、028(てん)大神様(おほかみさま)御経綸(みしぐみ)昼夜(ちうや)に、029(こゑ)(から)して(さけ)ばせども、030(がく)智識(ちしき)金力(きんりよく)より(ほか)(なに)()いと(おも)(こん)()る、031世界(せかい)人民(じんみん)()るから、032何程(なにほど)(かみ)()()けて()りても、033(ひと)つも(まこと)(いた)さぬから、034(かみ)(たす)けやうが()いぞよ。035()()裁判(さいばん)(いた)(まで)に、036(はや)改心(かいしん)(いた)して、037身魂(みたま)水晶(すいしよう)(みが)いて()らぬと、038何時(いつ)(はじ)まるやら人民(じんみん)には(わか)らんぞよ。039(かみ)日々(にちにち)(てん)からも()からも、040言霊(ことたま)()らして()れども、041(いま)人民(じんみん)薩張(さつぱ)悪魔(あくま)(うつわ)になり()りて、042言霊(ことたま)(みみ)()いから、043脚下(あしもと)()()えて()()るのに()()かぬから、044()(かみ)日月(つきひ)なり、045(ほし)にまで(かわ)りた(こと)をして()せて()()けて()るが、046()れでもまだ(わか)らぬとは、047()くも悪神(あくがみ)身魂(みたま)(くも)らされたものじやぞよ。048(てん)大神様(おほかみさま)経綸(しぐみ)(ふた)御開(おあ)(あそ)ばす時節(じせつ)()たから、049モウ改心(かいしん)()()いから、050斯世(このよ)()いて()しくば、051一日(いちにち)片時(かたとき)(はや)日本魂(やまとだましい)立帰(たちかへ)りて、052(かみ)分霊(ぶんれい)(もう)()けの行状(をこない)(いた)して、053天地(てんち)大神様(おほかみさま)御詫(おわ)びを(いた)すが(なに)より結構(けつこう)()るぞよ。
054
055 撞賢木天照大神(みろくのおほかみ)(さま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、056三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)(ため)に、057由良川(よるだん)水上(かわかみ)神代開祖出口守(よはねのみたま)(あら)はれて、058(きよ)けき和知(いすず)玉水(たまみづ)に、059(ひと)身魂(みたま)(あら)()(きよ)め、060神政成就瑞純霊(きりすとのみたま)が、061(ふたた)()高天原(たかあまはら)(あら)はれて、062(すく)ひの(ふね)(つく)りて()てど、063()りて(たす)かる身魂(みたま)千人(せんにん)一人(いちにん)(むつ)(しい)(いま)()有様(ありさま)064(かみ)(まこと)(こと)(もう)せば、065(いま)人民(じんみん)悪神(あくがみ)(まよ)はされて、066日夜(にちや)勝手(かつて)気儘(きまま)()方題(ほうだい)067自己主義(われよし)(もの)ばかりで()るから、068力一杯(ちからいつぱい)(まこと)(かみ)(をしへ)(ののし)(あざけ)其上(そのうへ)(あなど)(はづ)かしめ、069()ひには(この)大本(おほもと)()(つぶ)しに、070新聞(しんぶん)までが(かか)(やう)な、071暗黒(やみくも)(あく)()()るから、072容易(なかなか)(かみ)(もう)(こと)は、073(いま)人民(じんみん)()きは(いた)さんから、074モウ(かみ)一限(ひとき)りと(いた)すより仕様(しやう)()いぞよ。075五年に()ちた大戦争(だいせんさう)首尾能(しゆびよ)片付(かたづ)き、076世界(せかい)平和(へいわ)栄光(ゑいこう)(かがや)き、077人民(じんみん)歓喜乱舞(てんてこまい)をいたして(いさ)んで()れど、078()れも(ゆめ)()()るから、079()()(おほ)きな戦争(せんそう)出来(でき)()るから、080一日(いちにち)(はや)(かみ)(すが)りて、081日本人(にほんじん)行状(をこない)(いた)して()らんと、082(にわか)吃驚(びつく)(いた)(こと)()()るぞよ。083日本(にほん)中々(なかなか)安心(あんしん)(とこ)へは()かぬぞよ。084腹帯(はらをび)(しめ)(かか)れと(もう)すのは、085(これ)からの(こと)であるぞよ。086()()(かか)小里(こざと)(もの)(さわ)()し、087一人(ひとり)小里(こざと)反対(はんたい)が、088大変(たいへん)(さわ)ぎに()るぞよ。089其他(そのほか)にも種々(いろいろ)市場(いちば)()つて、090八釜敷(やかましく)なるぞよ。091(これ)時節(じせつ)であるから、092落行(をちゆ)(とこ)までは()()かさねば仕様(しやう)()いぞよ。093(いま)千騎一騎(せんきいつき)活動(はたらき)(いた)して神界(しんかい)御用(ごよう)()たねば()らぬ時機(じき)であるのに、094()気楽(きらく)(こと)(もう)して、095大本(おほもと)(なか)()(かた)愚図々々(ぐづぐづ)(もう)すものが()るが神界(しんかい)仕組(しぐみ)人間(にんげん)(わかる)(おも)ふから、096慢心(まんしん)いたして小言(こごと)(もう)すのであるぞよ。097今度(こんど)(てん)からの命令(めいれい)を、098変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)との身魂(みたま)(いただ)きて(いた)(こと)であるから、099何程(なにほど)利巧(りこう)人民(じんみん)でも学者(がくしや)でも(わか)(はづ)()いから、100素直(すなを)(いた)して、101(かみ)(もう)(とほ)りに赤子(あかご)(こころ)()りて()れよと、102毎時(いつも)筆先(ふでさき)()らして()ろうがな。103神界(しんかい)(こと)人民(じんみん)(わか)ると(おも)ふて()るのが、104()れが慢神(まんしん)(もう)すもので()るぞよ。105慢神(まんしん)誤解(とりちがい)大怪我(おほけが)(もと)()ると(もう)して()ろうがな。106(はや)(こころ)()(かへ)()()(かみ)(もう)(やう)(いた)さぬと、107取返(とりかへ)しのならぬ不調法(ぶちやうほう)出来(しゆつたい)するぞよ。
108 播州(ばんしう)上島(かみじま)神界(しんかい)(ふか)因縁(ゐんねん)ありて、109(みづ)御魂(みたま)太古(むかし)から(しづま)りて()りた、110(きよ)らかな霊地(れいち)であるのに、111肝心(かんじん)(もの)(けがら)はしい(けもの)(かわ)()(つく)りたものを()つて(まい)りて(よご)したから、112海上(かいぜう)大変(たいへん)()れたのであるぞよ。113女子(によし)御詫(おわび)(とく)一日(いちにち)(をく)れて無事(むじ)ママ参拝(さんぱい)(ゆる)して()りたなれど、114今後(このさき)はモウ(ゆる)さむぞよ。115上島(かみじま)瑞の御霊(へんぜうによし)(ゆる)()しに(まい)りたら大変(たいへん)(こと)(をこ)るぞよ。116肝川(きもがわ)竜神(りゆうじん)へも勝手(かつて)参拝(さんぱい)(いた)すと、117(あと)になりてから(やす)りた(こと)身魂(みたま)出来(でき)()るから、118一寸(ちよつと)()()けておくぞよ。119(うたが)ふなら()かずに()()よ、120其時(そのとき)何事(なにごと)()いが(あと)(わか)(こと)出来(でき)るぞよ。121一度(いちど)(かみ)(もう)した(こと)毛筋(けすじ)(ちが)はむぞよ。122大○○○()神○○○()チト()()けて(くだ)さらぬと、123取返(とりかへ)しの()らん(こと)になるぞよ。124天災地変(てんさいちへん)何時(いつ)()にも()るものじや、125政治(せいじ)126宗教(しうきやう)127思想(しさう)変遷(へんせん)は、128自然(しぜん)大勢(たいせい)じやと(もう)して油断(ゆだん)(いた)して()ると()(をは)りの(ちか)づきた(こと)薩張(さつぱ)(わか)らぬ(やう)()りて(しま)ふて、129(あと)悟悔(こうくわい)いたさな()らぬぞよ。130天地経綸(てんちけいりん)主宰者(しゆさいしや)とも()はるる人民(じんみん)が、131(これ)だけ()()天地(てんち)から実地(じつち)()せて警告(しら)しても(こころ)盲目(めくら)132(こころ)(つんぼ)(ばか)りであるから、133()れで斯世(このよ)(くらが)りじやと(もう)すので()るぞよ。134(いま)世界(せかい)一旦(いつたん)(をさ)まりた()うに、135表面(うわべ)からは()えるなれど、136(かみ)()からは()()しに(さわ)がしく()りて()るぞよ。137(かみ)()らす(うち)に、138チツトは(むね)()(あて)(かん)がへて()ぬと、139(たがい)(はづ)かしき(こと)(いま)出来(しゆつたい)いたすぞよ。140(いま)の○○の役員(やくいん)精神(せいしん)はゴタゴタで()るから、141(はや)改心(かいしん)(いた)して、142小我()をほかして、143大和心(やまとごころ)立帰(たちかへ)りて(もら)はむと、144(かへ)つて大本(おほもと)邪魔(じやま)()るぞよ。145世界統一(せかいとういつ)(かみ)御用(ごよう)(いた)さな()らん○○の役員(やくいん)信者(しんじや)()(なが)ら、146(わづ)かの人民(じんみん)()りて()りて、147()れが統一(とういつ)出来(でき)ぬといふやうな次第(しだい)で、148(だう)して神界(しんかい)(まこと)御用(ごよう)(つと)まると(おも)ふて()るか、149(わか)らんと(もう)しても(あま)りで()るぞよ。150京都(きやうと)では○の会合所(かいがうしよ)()(かた)は、151(かみ)松魚節(かつをぶし)(いた)()(かた)()るぞよ。152村○○の()(かた)(かみ)気勘(きかん)(かな)はむから、153(いま)(うち)(あらた)めむと、154(かみ)から取払(とりはら)ひに(いた)すから、155神界(しんかい)から()()けておくぞよ。156(この)大本(おほもと)(つつ)(かく)しの(ひと)つも出来(でき)(とこ)であるから、157敵味方(てきみかた)区別(くべつ)(いた)さむぞよ。158(かみ)()から()れば、159世界(せかい)一人(ひとり)(てき)()いなれど、160人民(じんみん)(てき)()りたがるので()るぞよ。161(これ)からは(すこ)しでも間違(まちが)ふた(をしへ)(いた)したり、162勝手(かつて)()(かた)(いた)したら、163神界(しんかい)大変(たいへん)邪魔(じやま)()るから、164筆先(ふでさき)遠慮(ゑんりよ)なしに()()けるぞよ。165世界(せかい)大芝居(おほしばゐ)(たと)へて()りたが、166三番叟(さんばんそう)初段(しよだん)()みて、167二段(にだん)(まく)()いたから、168一日(いちにち)半時(はんとき)猶予(いうよ)()らぬから、169(かみ)(いや)なことでも(かま)はずに(きび)しく警告(しら)すぞよ。170自己(じぶん)(こと)(ばか)りを(さき)(いた)して、171(かみ)御用(ごよう)(ついで)(いた)(くらい)()(をろ)か、172(かみ)看板(かんばん)にいたして()(もの)大分(だいぶん)出来(でき)()るが、173(いま)目醒(めさま)しを()せて()るぞよ。