霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年一月二日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年1月2日(旧12月1日)
神霊界掲載号:第78号 11頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 65頁 八幡書店版伊都能売神諭:50頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-08-22 23:32:31 OBC :is09
001 (うしとら)金神(こんじん)変性男子(へんぜうなんし)御霊(みたま)が、002丹波国(たんばのくに)南桑田郡(みなみくわたごうり)曽我部村(そがべむら)大字(おほあざ)穴太(あなを)延喜式内(えんぎしきない)小幡神社(をばたじんじや)御主神(ごしゆしん)003開化天皇(かいかてんのう)御引合(おひきあ)はせに()り、004氏子(うじこ)(なか)変性女子(へんぜうによし)御魂(みたま)申受(もうしう)けて、005明治(めいじ)三十一年の二月の八日に、006何彼(なにか)因縁(いんねん)()()けて、007弥々(いよいよ)氏神様(うじがみさま)御承知(ごしようち)出来(でき)たから、008(あく)()九日(ここのか)()から女子(によし)身魂(みたま)高熊山(たかくまやま)()(まい)りて、009帰神(かんがかり)修行(しゆぎやう)(いた)させてあるのも、010(むかし)神代(かみよ)からの経綸(しぐみ)時節(じせつ)(まい)りたので()るぞよ。011(その)(をり)には不二(ふじ)(やま)芙蓉坊(ふようぼう)と、012男山(おとこやま)八幡様(はちまんさま)松岡殿(まつをかどの)とに守護(しゆごう)()せて()りたので()るぞよ。013高熊山(たかくまやま)女子(によし)神界(しんかい)から(さづ)けた、014不思議(ふしぎ)(もの)今度(こんど)東京(とうきよう)から大本(おほもと)(をさ)まりた十二の鶴石(かくせき)でありたぞよ。015弥々(いよいよ)時節(じせつ)(まい)りて()たから、016実物(じつぶつ)今日(こんにち)変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)(さづ)けて守護(しゆごう)いたさすから、017世界(せかい)国々(くにぐに)様子(やうす)(これ)からは今迄(いままで)()とは一日(いちにち)()して(かわ)りて()るから、018()大本(おほもと)(なか)世界(せかい)とを()()けて()()ると、019何彼(なにか)神界(しんかい)仕組(しぐみ)身魂(みたま)(みが)けた人民(じんみん)でありたら大方(おほかた)見当(けんとう)()くやうに()るぞよ。020(いま)はモチト筆先(ふでさき)にも(くち)にも肝心(かんじん)(こと)()されんから、021自己(われ)(こころ)(みが)いて(さと)りた(うへ)022神界(しんかい)()きた御用(ごよう)(いた)して(くだ)され。023神界(しんかい)からは(だれ)何役(なにやく)(かれ)()(やく)(もう)(こと)()はんから、024其人(そのひと)(こころ)次第(しだい)御用(ごよう)(いた)さすぞよ。025今度(こんど)大戦争(おほたたかい)()立替(たてかへ)三番叟(さんばんそう)()みたので()るから、026モウ(これ)天下泰平(てんかたいへい)世界(せかい)(をさ)まるであらうと(もう)して(よろ)こびて()ると大変(たいへん)大間違(おほまちが)いが出来(しゆつたい)(いた)すぞよ。027(これ)から(さき)になると露国(ろこく)悪神(あくがみ)さえ()()()さなんだ竜宮(りうぐう)御宝(みたから)を、028今度(こんど)英米西大国(えべすだいこく)自由(じゆう)(いた)仕組(しぐみ)(いた)して()るが、029()(たから)今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)(かみ)(たから)で、030(むかし)から(かく)して()りたので()るから、031体主霊従(あく)国魂(くにたま)には自由(じゆう)には(いた)させんぞよ。032金銀(きんぎん)(どう)(てつ)水鉛(すいえん)石炭(せきたん)木材(もくざい)食物(しよくもつ)は、033何程(なにほど)でも竜宮(りうぐう)乙姫(をとひめ)守護(しゆごう)(いた)して日出(ひので)(かみ)(わた)してあるから、034肝腎(かんじん)(とき)には掘上(ほりあ)げて、035三千世界(さんぜんせかい)立直(たてなを)しに使(つか)ふて、036五六七(みろく)神代(かみよ)(たて)るぞよ。037(さむ)(くに)では()れど、038(いま)まで人民(じんみん)自由(じゆう)(いた)さぬ(やう)に、039(わざ)とに(さむ)(くに)(ひろ)(ところ)創造(こしらへ)(たくわ)へてありたので()るぞよ。040日本(にほん)人民(じんみん)外国(がいこく)人民(じんみん)大変(たいへん)目的(もくてき)(たて)て、041(われ)自由(じゆう)(いた)さうと(おも)ふて一生懸命(いつせうけんめい)(ほね)()りて()るなれど、042(かみ)(たから)人民(じんみん)勝手(かつて)()()けたら大騒動(おほそうどう)(をこ)るぞよ。043(これ)時節(じせつ)であるから、044外国(がいこく)身魂(みたま)がモウ()()()けて()るなれど、045九分九厘(くぶくりん)まで()つた(ところ)()(ひら)(かへ)して、046(よく)(かわ)()いて()せてやるぞよ。047(うみ)(ひと)(へだ)てて()りても日本(にほん)(かみ)(たから)であるから、048外国(がいこく)自由(じゆう)には神界(しんかい)から(いた)させんぞよ。049(かみ)一度(いちど)(もう)した(こと)何時(いつ)になりても間違(まちが)いは()いぞよ。
050 日本(にほん)人民(じんみん)(みな)天地(てんち)(かみ)殊愛(べつ)御子(おんこ)(こし)らへて、051(まこと)(ひと)つを(つらぬ)きて世界(せかい)人民(じんみん)愛撫(たすけ)るやうに、052()結構(けつこう)神国(しんこく)(うま)れさして()(かみ)容器(いれもの)身魂(みたま)であるから、053一日(いちにち)半時(はんとき)でも()いたり(くや)みたり、054不足(ふそく)(もう)して(くら)すやうな(こと)では日本(にほん)(うま)れた甲斐(かひ)()いぞよ。055(まこと)日本魂(やまとだましい)(さづ)けてある日本(にほん)人民(じんみん)は、056()んな難渋(なんぢう)出来(でき)()ても(くる)しみが()りても微躯(びく)()(やう)(こと)では、057神国(しんこく)神民(しんみん)とは(もう)されんぞよ。058日本(にほん)(くに)天地(てんち)日夜(にちや)讃美(いわい)して(かみ)活動(はたらき)(いた)し、059(わる)(くに)(ぜん)進開(ひら)(みち)びき、060(いさ)んで(かみ)行為(おこない)(いた)し、061世界(せかい)万国(ばんこく)統一(すべ)(まも)り、062一家(いつか)(をさ)()(をさ)めて、063天地(てんち)(かわ)りての大事業(たいもう)身魂(みたま)()けて()る、064(かみ)御宮(おみや)神民(しんみん)であるから、065御土(おつち)(いへ)()霊魂(たま)日々(にちにち)(きよ)らかに(いた)して、066天国(てんごく)極楽(ごくらく)(はな)()かし、067()(むす)天職(やくめ)のある(とほ)といものであるのに、068薩張(さつぱ)外国(がいこく)宗教(おしえ)身魂(みたま)自由自在(じゆうじざい)(いた)され(くも)らされて、069(いま)日本(にほん)神民(しんみん)腰抜様(こしぬけさま)(もう)すものは、070ドーして天地(てんち)祖神様(をやがみさま)(かほ)()はされようか。071外国人(がいこくじん)身魂(みたま)よりも(をと)りた人民(じんみん)八分(はちぶ)までも出来(でき)()るが、072(これ)時節(じせつ)とは(もう)(なが)ら、073(あま)りの(こと)で、074(こし)()たせやうが()いぞよ。075(なつ)()(はな)紫陽花(あじさい)(いろ)ほど(かわ)魂線(たましい)で、076()(さき)()をドウして(たて)()かうとするのか。077(ひと)つも日本魂(やまとだましい)活動(はたらき)()りはせんぞよ。078(いま)(うち)一人(いちにん)なり(とも)(おほ)日本魂(やまとだましい)立帰(たちかへ)りて()らむと、079日本(にほん)(くに)此儘(このまま)でウツカリ(いた)して()ると、080(いま)外国(がいこく)()(あし)餌食(ゑじき)(いた)されて(しも)ふぞよ。081()れで綾部(あやべ)大本(おほもと)神界(しんかい)因縁(いんねん)()結構(けつこう)地場(ぢば)であるから、082二度目(にどめ)天之岩戸(あまのいわと)(ひら)いて、083日本(にほん)霊主体従(ひのもと)(ひかり)天晴(あつぱ)世界(せかい)(かがや)かして、084天下万民(しんみん)神国(しんこく)(たす)けたさに、085明治(めいじ)二十五年から、086大出口(おほでぐち)(なを)(うしとら)金神(こんじん)(うつ)りて、087()()人民(じんみん)引寄(ひきよ)して経綸(しぐみ)(いた)して()るので()るぞよ。088それで(この)大本(おほもと)引寄(ひきよ)せられた人民(じんみん)は、089(をとこ)(をんな)(かか)はらず、090(みな)神界(しんかい)経綸(しぐみ)(つな)()けて()るのであるから、091充分(じうぶん)(こころ)落付(をちつ)けて御神徳(おかげ)(をと)さぬやう、092(かみ)結構(けつこう)御用(ごよう)(はな)れんやうに、093()明治(めいじ)二十五年からの筆先(ふでさき)(はら)()れて(くだ)され、094筆先(ふでさき)(すこ)しでも(はら)這入(はい)りたら、095這入(はい)りた(だけ)(まこと)(つく)して、096日本(にほん)(ため)世界(せかい)救助(たすけ)のために、097(ちから)(つく)して(くだ)され、098(つく)した()けの(こと)(かみ)万倍(まんばい)(いた)して御礼(おれい)(もう)すぞよ。099(いま)()(さかい)大峠(おほとほげ)であるから、100(くに)(たす)人民(じんみん)(たす)ける真心(まごころ)のある(まこと)役員(やくいん)信者(しんじや)は、101(いま)(うち)(いへ)妻子(つまこ)(こころ)()かれるやうな(こと)では物事(ものごと)成就(ぜうじゆ)いたさんぞよ。102大正(たいせう)忠臣蔵(ちうしんぐら)綾部(あやべ)大本(おほもと)高天原(たかあまはら)神境(しんかい)仕組(しぐみ)(いた)してあるぞよ。103万古末代(まんごまつだい)()なず(ほろ)びず生通(いきとほ)しの日本(にほん)義士(ぎし)104(かず)は四八の瑞秀(みつひで)身魂(みたま)105三千世界(さんぜんせかい)()らす生魂(いくみたま)(ばか)りを(あつ)めて、106弥々(いよいよ)敵討(かたきうち)(だん)になりたら世界中(せかいぢう)(かみ)107守護神(しゆごうじん)108人民(じんみん)(よろ)こばれて、109千歳(ちとせ)(まつ)(みど)益々(ますます)(あを)く、110弥々(いよいよ)(きよ)く、111(つる)(そら)より舞下(まいくだ)り、112()()ふたる万代(よろづよ)(かめ)御空(みそら)舞上(まいのぼ)り、113天地(てんち)(そろ)ふて(をだや)かに(まつ)神代(かみよ)(あい)()るから、114()(まで)教監役員信者(をしえのたね)用意(ようゐ)(いた)しておいて(くだ)され。115肝腎(かんじん)性念場(せうねんば)()りてから何程(なにほど)あせりても(やく)には()たぬから、116(いま)世界(せかい)一寸(ちよつと)(しづ)まりて()(うち)に、117我一(われいち)身魂(みたま)(みが)いて(かみ)経綸(しぐみ)御用(ごよう)(さと)りて其様(そのよう)施設(おこない)ママ(いた)して(くだ)され。118()(もと)(むかし)(はじま)りから()一度(いちど)()大望(たいもう)()立替(たてかへ)立直(たてなを)しで()るから、119(いま)世界(せかい)人民(じんみん)(かわ)りて()らねば、120今度(こんど)神界(しんかい)御用(ごよう)到底(とうてい)(つと)(あが)らんぞよ。121中々(なかなか)(いま)役員(やくいん)(おも)ふて()るやうな立替(たてかへ)立直(たてなを)しの経綸(しぐみ)()いぞよ。122九分九厘(くぶくりん)まで()(ところ)一厘(いちりん)経綸(しぐみ)人民(じんみん)には(わか)らず、123(かみ)(いま)(いま)まで肝心(かんじん)一厘(いちりん)仕組(しぐみ)はドンナ結構(けつこう)身魂(みたま)にも()かして()らすと()(わけ)には()かんから、124余程(よほど)(どう)()えて()らん(こと)には、125一厘(いちりん)(ところ)()りてから神徳(しんとく)(をと)(もの)出来(でき)るぞよ。126()れで()大本(おほもと)経綸(しぐみ)御用(ごよう)(いた)人民(じんみん)は、127気宥(きゆる)しはチツトも出来(でき)んと(もう)して毎度(まいど)()らして()るのぢやぞよ。128抜刀(ぬきみ)(なか)(すわ)りて()るやうの覚悟(かくご)(いた)して()れと(もう)して()()けてあるぞよ。129一寸(ちよつと)でも慢神(まんしん)油断(ゆだん)()りたら()ぐに(かわ)(こわ)(ところ)結構(けつこう)(ところ)であるぞよ。130来年(らいねん)余程(よほど)世界(せかい)には国難(こくなん)()()るなれど、131(まこと)日本魂(やまとだましい)さえ(みが)けて()りたら(べつ)心配(しんぱい)()らぬから、132大本(おほもと)役員(やくいん)信者(しんじや)(もう)すに(およ)ばず、133日本(にほん)人民(じんみん)(しつ)かり(いた)して、134利己主義(われよし)()(かた)()へて(しま)はんと(しの)げん(こと)出来(しゆつたい)いたすぞよ。135日本(にほん)(かね)()えたと(もう)して安心(あんしん)(いた)して()るなれど、136()(かね)滅多(めつた)日本(にほん)(やく)には(たた)んから、137(むか)ふの(くに)(あづ)けてある(かね)(あて)にならぬぞよ。138早速(さつそく)()()いは(いた)さんぞよ。139外国人(がいこくじん)自由自在(じゆうじざい)(いた)されて()りても、140()()()かぬ人民(じんみん)八分(はちぶ)あるから可愛相(かあいそう)なものであるぞよ。141日本(にほん)(うへ)守護神(しゆごうじん)結構(けつこう)日本(にほん)神国(しんこく)因縁(いんねん)(わか)りて()らんから、142()んな損害(そんがい)出来(でき)るので()るぞよ。143(ちう)守護神(しゆごうじん)()守護神(しゆごうじん)も、144薩張(さつぱ)盲目(めくら)同様(どうよう)一寸(ちよつと)()きが()えぬから、145日本(にほん)段々(だんだん)(くる)しく()るので()るぞよ。146何程(なにほど)人民(じんみん)(ほね)()りても天下泰平(てんかたいへい)(をさ)まると()(こと)()いから、147今度(こんど)(てん)御三体(ごさんたい)大神様(おほかみさま)御許(おゆる)しを(いただ)きて、148(ぜう)(うば)との生神(いきがみ)世界(せかい)始末(しまつ)()けるのであるぞよ。149()れに(つい)ては日本(にほん)人民(じんみん)道具(だうぐ)使(つか)ふて、150二度目(にどめ)岩戸開(いわとびら)きを(いた)すので()るから、151因縁(いんねん)(ふか)身魂(みたま)から()高天原(たかあまはら)(つな)かけて(ひき)よして霊魂(たま)(みが)かすので()るから、152(いま)大本(おほもと)御用(ごよう)(いた)して()人民(じんみん)は、153一人(いちにん)粗末(そまつ)()(ひと)(あつか)(こと)()らぬぞよ。154結構(けつこう)神様(かみさま)()()ちて御座(ござ)るから、155何人(だれ)(うつ)りて御出(おいで)なさるやら、156人民(じんみん)では(わか)らぬから、157其人(そのひと)姿(すがた)()取扱(とりあつか)ひを(かへ)(やう)(こと)(いた)されんから、158(みな)心得(こころえ)(くだ)されよ。159明治(めいじ)()りてからの人民(じんみん)追々(おいおい)日本魂(やまとだましい)外国(がいこく)(うつ)りて(しも)ふて、160人民(じんみん)(かく)といふものが(ひく)うなりたから、161()よりも(かく)よりも金銀(きんぎん)(ばか)りに(こころ)()られて、162(むかし)(つるぎ)より(いま)菜刀(ながたな)(もう)して、163(くに)(くらい)(ひと)(かく)(わす)れて、164体主霊従(あく)()(かた)(ばか)りに()りて()りたなれど、165今度(こんど)二度目(にどめ)岩戸(いわと)(ひら)いて()()けたら、166(むかし)(つるぎ)()()して、167日本魂(やまとだましい)(ひかり)()して、168天下(てんか)泰平(たいへい)末永(すへなが)神国(しんこく)政治()立直(たてなを)すぞよ。169綾部(あやべ)大本(おほもと)170()高天原(たかあまはら)へ、171天目一之命(あめのまひとつのみこと)引寄(ひきよ)して、172日本魂(やまとだましい)(こも)りた(つるぎ)(きた)えさすぞよ。173モウ時節(じせつ)()たから何時(いつ)から(はじ)めるやら()れんぞよ。174(あめ)斑駒(ふちこま)引寄(ひきよ)して神界(しんかい)経綸(しぐみ)(ひら)(はじ)めるぞよ。175(つる)(かめ)とが竜宮館(りうぐうやかた)舞下(まひさ)がる時節(じせつ)近寄(ちかよ)りて()たぞよ。176吃驚(びつくり)いたす(こと)があるぞよ。177(めづ)らしき経綸(しぐみ)(ふた)()けて()せるぞよ。
178 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)が、179竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)守護(しゆごう)(いた)さす変性女子(へんぜうによし)御魂(みたま)()()りて、180()立直(たてなを)しの筆先(ふでさき)()きおくぞよ。181(いま)日本(にほん)人民(じんみん)外国(がいこく)体主霊従(あく)()(かた)心酔(ほうけ)(しも)ふて()るから、182(いへ)倉庫(くら)立派(りつぱ)建並(たてなら)べ、183()りもせぬ別荘(べつそう)なぞに(かね)(をし)まず、184人夫(にんぷ)(をし)まず、185(かみ)大宮(おほみや)でも(かな)はんやうな贅沢(ぜいたく)生活方(くらし)をいたし、186(いへ)(はしら)桧作(ひのきづく)り、187(なに)()(ひのき)づくめで、188屋根(やね)(まで)桧皮茸(ひのきかわぶき)(いた)して、189肝腎(かんじん)氏神(うじがみ)(やしろ)粗末(そまつ)(こと)打捨(うちすて)て、190(あめ)()りても(はしら)()ちても、191産土神(うぶすながみ)氏神(うじがみ)(やしろ)修繕(なほす)(もう)(こと)は、192(かね)(をし)みてゴテゴテ(もう)して()さず、193()らぬ(こと)には(かね)湯水(ゆみづ)(やう)使(つか)ふて、194ヱライ人間(にんげん)(やう)(はな)(ばか)(たか)(いた)して()野天狗(のてんぐ)や、195()(あし)守護神(しゆごうじん)(ばか)りで()るから、196世界(せかい)幸福()(こと)(ひと)つも出来(でき)(いた)さうまいがな。197村々(むらむら)(ぶつ)(どう)見晴(みはら)しの()(たか)場所(ばしよ)()つて()きて、198無暗(むやみ)立派(りつぱ)なものを(こし)らへ(なが)ら、199肝心(かんじん)天地(てんち)祖神(をやがみ)氏神(うじがみ)()(をと)し、200村下(むらしも)(ひく)(ところ)(ちい)さい粗末(そまつ)御宮(おみや)()て、201(ねん)一度(いちど)祭典(まつり)(かたち)(ばか)りで、202()たり()んだり空騒(からさわ)(ばか)(いた)して、203()ふと()むと()(こと)より()らん()(あし)御魂(みたま)(ばか)りで()ろうがな。204日本(にほん)人民(じんみん)(なか)(こころ)(そこ)から(かみ)大切(たいせつ)(おも)ふものも、205丁重(ていちやう)御給仕(おきゆうじ)をいたして、206(かみ)大恩(だいをん)207先祖(せんぞ)御恩(ごをん)(むく)いる精神(せいしん)人民(じんみん)は、208(わづか)一分(いちぶ)(むつ)()き、209(いま)日本(にほん)神国(しんこく)現状(ありさま)であるぞよ。210(いま)(うち)一時(いちじ)(はや)守護神(しゆごうじん)改心(かいしん)(いた)さんと、211肉体(にくたい)()(どく)(こと)出来(しゆつたい)いたして、212外国(がいこく)()かねば()らぬ(やう)()るぞよ。213折角(せつかく)結構(けつこう)日本(にほん)(くに)()げて(もら)ふた守護神(しゆごうじん)肉体(にくたい)も、214(かみ)から外国(がいこく)()きに(いた)されては、215今迄(いままで)御魂(みたま)苦労(くろう)(みづ)(あわ)()りては、216モウ()(さき)末代(まつだい)取返(とりかへ)しの()らん(つま)らん(こと)とは(おも)はぬか。217我身(わがみ)()らずの我魂(わがたま)()らずと(もう)しても(あま)りであるぞよ。218(いま)日本(にほん)神国(しんこく)外国魂(がいこくだま)(ばか)りが蜘蛛(くも)()()りた(やう)に、219天地(てんち)(から)みて()るから、220(てん)日輪様(にちりんさま)御威光(ごいこう)(をそ)れぬ(やう)()りて(しも)ふて、221神国(しんこく)(もう)すのは()(ばか)りで、222暗黒(くらやみ)()(なか)であるから、223(うへ)守護神(しゆごうじん)(した)人民(じんみん)脚下(あしもと)()深溝(ふかみぞ)()()かぬ、224(まこと)一寸(ちよつと)()きの()えぬ盲目(めくら)ばかりの()であるから、225綾部(あやべ)大本(おほもと)226()高天原(たかあまはら)から(ひか)りを()して、227身魂(みたま)()らしてやろうと(おも)へぼ、228まばゆがりて()げて()ぬもの(ばか)りで()るから、229()()(まこと)(こと)(もう)して()れんぞよ。230(まこと)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)(われ)(わが)身魂(みたま)(みが)ひて、231()大本(おほもと)(をしえ)(はら)()れて(くだ)されたら、232神界(しんかい)から(なに)(もう)して()らいでも、233(おの)づと(わか)りて()るから、234結構(けつこう)御用(ごよう)出来(でき)て、235日々(にちにち)(いさ)みて(うれ)(うれ)しで(くら)せる(やう)になりて()るぞよ。236三千世界(さんぜんせかい)大本(おほもと)(かみ)御用(ごよう)ほど結構(けつこう)(とほ)とい(たの)もしひ御用(ごよう)は、237何国(どこ)にも()りは(いた)さんぞよ。
238大正(たいせう)八年一月二日 (きう)同七年十二月一日
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)