霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/2/16 パソコンのキーボード操作だけでページ移動ができるようにアクセスキーを付けました。詳細はこちら
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正八年二月一八日

インフォメーション
種類:伊都能売神諭 年月日:1919(大正8)年2月18日(旧1月18日)
神霊界掲載号:第81号 5頁 神霊界八幡書店復刻版:第4巻 199頁 八幡書店版伊都能売神諭:99頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大正八年二月十八日 旧正月の十八日
002 (うしとら)金神(こんじん)国常立之尊(くにとこたちのみこと)世界(せかい)中心(まんなか)田庭(たには)(くに)神屋敷(かみやしき)003神宮(じんぐう)本宮(ほんぐう)(つぼ)(うち)004竜宮(りうぐう)やかたの()高天原(たかあまはら)(あら)はれて、005(みづ)御魂(みたま)宿(やど)りて()言霊幸彦命(ことたまさちひこのみこと)()()りて、006()根本(こつぽん)からの大略(あらまし)因縁(いんねん)()いて()くぞよ。007(こひ)しくば(たづ)()()丹波(あかなみ)の、008(やま)(やま)との(たたみ)(なら)べる綾部(あやべ)(さと)谷間(たにあい)の、009()大本(おほもと)()(はな)(かほ)在所(あるとこ)を。
010 二度目(にどめ)()立替(たてかへ)改造(たてなをし)は、011(てん)()(かぎ)()()(きは)み、012根底(そこ)(くに)のドン(そこ)までも、013()いて()かせる綾部(あやべ)大本(おほもと)であるぞよ。014変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうによし)身魂(みたま)(あら)はれて、015世界(せかい)改造(たてなをし)(いた)して()(こと)は、016()節分(せつぶん)からは明白(ありやか)()りて()()ろうがな。017明治(めいじ)二十五年から三十年で()立替(たてかへ)立直(たてなを)しを(いた)すと(もう)して、018出口(でぐち)(なを)()(くち)とで()らした(こと)実地(じつち)が、019(だれ)()にも()()うになりて()()るのに、020肝心(かんじん)大本(おほもと)這入(はい)りて(なが)らく筆先(ふでさき)()みて()人民(じんみん)(なに)(わか)らぬので、021神界(しんかい)経綸(しぐみ)世界(せかい)から一日(いちにち)ましに実現(じつげん)するなり、022膝下(ひざもと)はアフンと(いた)して結構(けつこう)神徳(しんとく)(あと)(からす)()つて(かい)られるからと、023毎度(まいど)()()けてありたから、024(いま)()りて(もと)役員(やくいん)何程(なにほど)地団駄(ぢだんだ)()んで(くや)しがりても追付(をつつ)かぬから、025素直(すなを)(いた)して(なん)なりと()()ふた御用(ごよう)を、026一生懸命(いつせうけんめい)(つと)めて(くだ)されよ。027今迄(いままで)(もと)役員(やくいん)(みな)慢神(まんしん)いたして(みづ)御魂(みたま)五六七(みろく)()御用(ごよう)邪魔(じやま)(ばか)(いた)して()りたから、028大変(たいへん)神界(しんかい)御気障(おきざわ)り、029世界改造(よのたてなをし)御用(ごよう)が十年も(をく)れて()るから、030明治(めいじ)二十五年に三十年の(あいだ)全部(ぜんぶ)世界改造(よのたてなをし)遂功(しあげ)て、031結構(けつこう)神界(しんかい)(いた)そうと(おも)ふた仕組(しぐみ)を、032(もと)役員(やくいん)女子(によし)御用(ごよう)邪魔(じやま)(ばか)(いた)して、033十年(あま)(をく)れさして()るから、034余程(よほど)御詫(おわび)(いた)して、035十分(じうぶん)活動(はたらき)(いた)さんと天地(てんち)から御許(おゆる)しがないぞよ。036毎時(いつも)出口(でぐち)(なを)()で、037変性女子(へんぜうによし)大化物(おほばけもの)であるから、038取違(とりちが)いを(いた)すなと(もう)して()らしてあれど、039(あま)慢神(まんしん)(つよ)い、040(わけ)(わか)らぬ身魂(みたま)()るから、041(ちから)一杯(いつぱい)変性女子(へんぜうによし)御用(ごよう)邪魔(じやま)(いた)して()いて、042大変(たいへん)結構(けつこう)御用(ごよう)(いた)して()(やう)(おも)ふて、043(いま)(おほ)きな取違(とりちが)(ばか)(いた)して()るぞよ。044()大本(おほもと)(もと)役員(やくいん)()りたならこそ、045(ここ)まで発達(はつたつ)したのぢやと()ふやうな(こころ)()るが、046それがヱライ慢神(まんしん)取違(とりちが)いであるぞよ。047(もと)役員(やくいん)覇張(はば)らずに(ひか)えて()りたなら、048モウ十年(はや)物事(ものごと)(はこ)びて、049世界(せかい)人民(じんみん)(はや)(たす)かり、050神界(しんかい)もモチト(はや)満足(まんぞく)して(いただ)けるので()りたなれど、051十二人の役員(やくいん)慢神(まんしん)取違(とりちが)いが(いま)(ひび)ひて()て、052世界(せかい)(こと)大変(たいへん)(をく)れて(しも)ふて、053(かみ)迷惑(めいわく)(いた)して()るぞよ。054(はや)大本(おほもと)(なか)(もと)からの役員(やくいん)身魂(みたま)改正(あらため)(いた)さねば、055神界(しんかい)経綸(しぐみ)邪魔(じやま)()(ばか)りで()るから、056(いま)(なか)改心(かいしん)出来(でき)れば()し、057(どう)しても改心(かいしん)出来(でき)ねば、058可愛想(かあいそう)でも世界(せかい)万民(ばんみん)(すこ)しの人民(じんみん)とは()えられんから、059(せう)(むし)(ころ)してでも(だい)(むし)(たす)けねば()らぬから、060(かさ)ねて()()けるぞよ。061(あと)から(まい)りた役員(やくいん)()時日()(あさ)いから、062(わか)らぬのも無理(むり)はないから、063(あま)八釜敷(やかまし)うは(もう)さぬなれど、064世界(せかい)物事(ものごと)絶命(ぜつめい)(とこ)まで(せま)りて()るから、065神界(しんかい)(いそ)ぐから、066一日(いちにち)(はや)身魂(みたま)(みが)いて、067(まこと)日本魂(やまとだましい)発揮(はつき)して(くだ)され。068油断(ゆだん)はチツトも出来(でき)世界(せかい)大本(おほもと)であるぞよ。
069いよいよ三千年(さんぜんねん)神界(しんかい)経綸(しぐみ)時節(じせつ)()たぞよ。070三千年(さんぜんねん)(もう)しても、071(ひやく)を三十(かさ)ねた意味(いみ)では()いぞよ。072数十万年(すうじうまんねん)(なが)(かみ)()一代(いちだい)()して(もう)(こと)であるぞよ。073(ふる)神世(かみよ)有様(ありさま)(はや)世界(せかい)人民(じんみん)()いて()かさんと、074日本(にほん)神国(しんこく)人民(じんみん)が、075天地(てんち)経綸(しぐみ)する主宰者(つかさ)()りながら、076外国(がいこく)人民(じんみん)(おな)()うに()りて(しも)ふて()るから、077第一番(だいいちばん)日本(にほん)人民(じんみん)(わが)身魂(みたま)天職(てんしよく)(さと)りて、078日本魂(やまとだましい)立帰(たちかへ)りて、079神世(かみよ)からの(とうと)因縁(いんねん)(さと)りた(うへ)080世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けて()らねば()らぬ、081天来(てんらい)大責任者(だいせきにんしや)であるぞよ。082世界(せかい)大混雑(だいこんざつ)(をこ)るのも、083(わる)(やまい)流行(はや)るのも、084日本(にほん)人民(じんみん)上下(うへした)身魂(みたま)(くも)りて、085(てん)までも(くも)らして、086日本魂(やまとだましい)活動(はたらき)出来(でき)ぬからの(こと)()るぞよ。087世界(せかい)小言(こごと)()えぬのも、088日本国(にほんこく)責任(せきにん)であるから、089()()世界(せかい)守護(しゆごう)いたす、090日本(にほん)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)一番(いちばん)改心(かいしん)(いた)して、091天地(てんち)(あいだ)清浄(きよらか)(いた)さねば、092何時(いつ)までも天下泰平(てんかたいへい)には(をさ)まらんぞよ。093日本(にほん)人民(じんみん)(とう)とき天地(てんち)(かみ)(みや)(こし)らへてあるので()るから、094(かみ)()(みや)余程(よほど)清浄(きれい)(いた)さんと、095(かみ)()きた(みや)()みて、096天地(てんち)経綸(しぐみ)御用(ごよう)(つと)める(こと)出来(でき)んから一日(いちにち)(はや)(いま)までの(きた)ない(こころ)や、097(ちい)さい物欲(ものよく)速川(はやかは)()(なが)()てて、098身禊(みそぎ)(ぎやう)(いた)して()らんと、099肝腎(かんじん)(かな)めの世界改造(よのたてなをし)御用(ごよう)(つと)()がらんぞよ。100()時代()(うま)れて()日本(にほん)人民(じんみん)は、101特別(とくべつ)神界(しんかい)仕組(しぐみ)(つか)ふやうに(うま)れさして()るのであるから、102(いま)日本(にほん)人民(じんみん)は、103天地(てんち)使命(しめい)中昔(ちうこう)()人民(じんみん)とは一層(いつそう)重大(おも)いのであるぞよ。104(おな)()世界(せかい)でも日本(にほん)(くに)ぐらい結構(けつこう)(くに)はないぞよ。105()結構(けつこう)日本(にほん)神国(しんこく)(せい)()けた神民(しんみん)は、106猶更(なほさら)この(うへ)もなき仕合(しあは)せもので()るから、107世界(せかい)万国(ばんこく)(たい)する責任(せきにん)が、108外国(がいこく)人民(じんみん)よりは何十倍(なんじうばい)(をも)いので()るから、109自己本意(われよし)精神(せいしん)では日本(にほん)人民(じんみん)とは(もう)されんぞよ。110()結構(けつこう)神国(しんこく)神民(しんみん)が、111霊主体従(ぜん)()(かた)薩張(さつぱ)(わす)れて(しも)ふて、112外国(がいこく)体主霊従(あく)()()(かた)八分(はちぶ)九分(くぶ)()りて(しも)ふて()るのも、113(むかし)神代(かみよ)露国(ろこく)(そだ)ちた八尾八頭(やつをうやつがしら)大蛇(だいじや)悪霊(あくれい)(だま)()まれて、114(どろ)世界(せかい)()()つて()るから、115(うしとら)金神(こんじん)神世(かみよ)一代(いちだい)苦労(くろう)(いた)して、116五六七(みろく)大神様(おほかみさま)御加勢(おてつだい)で、117水晶(すいしよう)神世(かみよ)立直(たてなを)経綸(しぐみ)であれども、118(なが)らくの(あいだ)(どろ)()みた守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)であるから、119何程(なにほど)()()かしても(みみ)這入(はい)らず、120(どろ)世界(せかい)から(やみ)世界(せかい)()(ゆこ)うと(いた)す、121一寸(ちよつと)()きの()えぬ盲目(めくら)同様(どうよう)身魂(みたま)()りて、122(いま)では外国人(がいこくじん)よりも(をと)りた人民(じんみん)沢山(たくさん)出来(でき)()るから、123(かみ)中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。124(いま)世界(せかい)大峠(おほとほげ)(さか)(かか)りた(ところ)危機一髪(ききいつぱつ)場合(ばあい)であるから、125()めて因縁(いんねん)ありて()()せられた大本(おほもと)役員(やくいん)信者(しんじや)が、126一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)いたして、127我身(わがみ)荷物(にもつ)(かる)くいたして、128千騎一騎(せんきいつき)活動(はたらき)(いた)して、129千載一遇(せんさいいちぐう)神業(しんげう)参加(さんか)いたして、130末代(まつだい)()れの舞台(ぶたい)()みて(くだ)されよ。131(かみ)信心(しんじん)(ふる)(あたら)しいは(もう)さんから、132(わか)りた(ひと)から我一(われいち)神国(しんこく)成就(ぜうじゆ)(ため)活動(かつだう)いたして、133天地(てんち)祖神様(をやがみさま)御神慮(ごしんりよ)(やす)んじ(まつ)るように(いた)して(くだ)され。134(ちい)さい物質(ぶつしつ)(よく)(ぐら)いに(こころ)()かれて()るやうな(こと)では、135到底(とうてい)此度(このたび)大神業(だいしんげう)(つと)まりは(いた)さんぞよ。136(かみ)(ほう)には役員(やくいん)信者(しんじや)区別(くべつ)(いた)さん、137身魂(みたま)(みが)けた人民(じんみん)から神徳(しんとく)(わた)すから(だれ)()らず身魂(みたま)次第(しだい)で、138神界(しんかい)から(だま)りて()りて御用(ごよう)其人(そのひと)()らぬ()(いた)さして()るから、139()覚悟(かくご)(いた)してをらねば大間違(おほまちが)いが出来(でき)るぞよ。140神界(しんかい)誰彼(だれかれ)区別(くべつ)はないから、141身魂(みたま)(みが)けた人民(じんみん)から()()れの御用(ごよう)使(つか)ふてをるから、142()()大本(おほもと)()在所(ありか)(なに)()らぬ人民(じんみん)でも結構(けつこう)御用(ごよう)()して()るぞよ。143()れで()大本(おほもと)(ほか)にも沢山(たくさん)経綸(しぐみ)御用(ごよう)(いた)さして()るから、144油断(ゆだん)一寸(ちよつと)出来(でき)んと(もう)して、145いつも筆先(ふでさき)()()けてありたのじやぞよ。146(これ)から()()神界(しんかい)経綸(しぐみ)()(わか)る、147結構(けつこう)御用(ごよう)出来(でき)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)を、148()高天原(たかあまはら)()()せるから、149大本(おほもと)神霊界(しんれいかい)充分(じうぶん)骨折(ほねを)りて世界(せかい)(ひろ)めて(くだ)され、150(かみ)守護(しゆごう)(いた)すから、151()()経綸(しぐみ)人民(じんみん)()(かく)れてをるぞよ。152其人(そのにん)一日(いちにち)(はや)()()して、153経綸(しぐみ)御用(ごよう)使(つか)はねば、154神界(しんかい)(をく)れる(ばか)りで、155世界(せかい)人民(じんみん)困難(こんなん)(なが)()(ばか)りで()るぞよ。156(かみ)警告(しら)した筆先(ふでさき)()いでも、157(すこ)しでも身魂(みたま)(ひか)りた守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)()りたら、158(この)(さき)世界(せかい)成行(なりゆ)きの様子(やうす)見当(けんとう)()かねば()らぬやうに、159()(なか)様子(やうす)(かわ)りて()()るのに、160体主霊従(あく)外国(がいこく)身魂(みたま)()()りて()るから、161()きが()えぬどころか、162我身(わがみ)脚下(あしもと)()()えて()て、163身体(からだ)半分(はんぶん)火傷(やけど)する(ところ)まで()()かぬやうな、164動物(どうぶつ)よりも(をと)りた穀潰(ごくつぶ)しの人民(じんみん)が、165幾千万人(いくせんまんにん)()りた(ところ)で、166(なん)(やく)にも()ちは(いた)さん。167米喰虫(こめくひむし)蛆虫(うじむし)同然(だうぜん)168(くに)(たと)うが()つまいが、169外国(がいこく)()られようが()うなろうが、170我身(わがみ)さへ気楽(きらく)()えさえしたら()いと()(いま)世界(せかい)有様(ありさま)171(いま)(ひと)(ひと)()ふやうに()るから、172()()りたら一旦(いつたん)この世界(せかい)根本(こんぽん)から(もと)の○○に(いた)して、173改造(やりなを)さねば()らぬから、174可成(なるべく)此儘(このまま)世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)さして、175()()てたいのが(うしとら)金神(こんじん)一心(いつしん)であるから、176(あと)取返(とりかへ)しは()らんから、177(おな)(こと)をクドウ(もう)して()らすので()るから、178日本(にほん)人民(じんみん)(かみ)()(みや)ならチツトは(かみ)(こころ)推量(すいれう)して(くだ)されよ。
179 (うしとら)金神(こんじん)大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)が、180天照彦之命(あまてるひこのみこと)御魂(みたま)宿(やど)りて()る、181(ひつじさる)金神(こんじん)()(みや)182言霊幸彦命(ことたまさちひこのみこと)()()りて天地(てんち)(ひら)けた(とき)からの()成立(なりたち)から、183神々(かみがみ)各自(めんめ)御活動(おはたらき)()いて()らすぞよ。184田庭(たには)(くに)世界(せかい)(はじま)り、185游能碁呂島(おのごろじま)正中(まんなか)で、186天地(てんち)(つく)(かた)めた()()()(もと)187言霊(ことたま)最初(もと)()()でし、188天地(てんち)経綸(しぐみ)霊地(れいち)であるぞよ。189出口(でぐち)(かみ)(もう)すのも言霊(ことたま)活用(はたらき)(こと)であるぞよ。190()れで綾部(あやべ)大本(おほもと)()()ねば、191天地(てんち)一声(いつせい)(もと)震動(しんどう)させ、192雨風(あめかぜ)自由(じゆう)使(つか)い、193雷神(らいしん)駆使(くし)すると()(こと)出来(でき)ぬので()るぞよ。194天地(てんち)経綸(しぐみ)神力(しんりき)なる言霊(ことたま)アオウエイ五大母音(ごだいぼおん)(あや)高天原(たかあまはら)神屋敷(かみやしき)大本(おほもと)であるぞよ。195人体(じんたい)(そな)へた五男三女(ごなんさんによ)(かみ)は、196近江(おほみ)(くに)(はじま)り、197其他(そのた)生物(せいぶつ)八木(やぎ)(はじ)まりで()るぞよ。198この言霊(ことたま)(はじま)り、199丹波(たんば)綾部(あやべ)200竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)201神宮(じんぐう)本宮(ほんぐう)神屋敷(かみやしき)に、202伊都(いづ)身魂(みたま)203瑞能身魂(みづのみたま)二柱(ふたはしら)(あら)はれて、204(もと)神世(かみよ)()()(なを)時節(じせつ)()たのであるぞよ。205式三番叟(しきさんばんそう)(うた)にも、206今日(こんにち)三番叟(さんばんそう)207天下泰平(てんかたいへい)208国土(こくか)成就(ぜうじゆ)209()()るとも(くも)るとも、210()るは五十鈴(いすず)(たき)水々々々(みづみづみづみづ)211千秋万歳(せんしうばんざい)212(ところ)富貴繁昌(ふうきはんぜう)213この(いろ)(しろ)(ぜう)どのが(をさ)(まい)らせ(さふらふ)(こと)(なに)よりも(やす)(こと)にて(さふらふ)214(もと)屋敷(やしき)御直(おなを)(さふらふ)(もう)(こと)は、215今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)の、216変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)との活動(はたらき)(こと)やら、217綾部(あやべ)二柱(ふたはしら)(かみ)立帰(たちかへ)りて、218天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)めて、219万古末代(まんごまつだい)(つづ)かすと()(こと)神示(しらせ)が、220神界(しんかい)から(つく)りて()りたのじやぞよ。221三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)三番叟(さんばんそう)(つつが)なく(あい)()みて、222弥々(いよいよ)初段(しよだん)世界(せかい)(はじま)りたから、223(みな)一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)さぬと(あと)(まつ)りに()りて、224肝心(かんじん)(はれ)舞台(ぶたい)登場(とうぜう)出来(でき)んぞよ。
225
226 世界(せかい)人民(じんみん)(みな)天地(てんち)(かみ)分霊(ぶんれい)分体(ぶんたい)であり、227()神々(かみがみ)宿(やど)にて世界(せかい)開発(ひら)()(みや)であるぞよ。228(なか)にも日本(にほん)豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)(もう)して()るが、229(その)中津国(なかつくに)(うま)れた人民(じんみん)殊更(ことさら)上級(ぜうきう)神々(かみがみ)生宮(いきみや)()るから、230神国(しんこく)神民(しんみん)上御一人(かみごいちにん)現人神(あらひとかみ)(しん)(をや)とし(しゆ)となし()(いた)して上下(じやうげ)(こころ)(いつ)(かた)めて、231天地(てんち)経綸(しぐみ)(をこな)()天職(てんしよく)()(こと)(さと)り、232一日(いちにち)(はや)今迄(いままで)(あや)まりた精神(せいしん)立直(たてなを)して、233二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(ひら)ひて、234常世(とこよ)()黒白(あやめ)()かぬ暗黒界(やみのよ)(ひか)(かが)やく神世(かみよ)(いた)さねば、235天地(てんち)神々様(かみがみさま)申訳(もうしわけ)()たぬぞよ。236()大本(おほもと)(をしえ)真実(しんじつ)(はら)(おさ)まりて、237(その)(おこな)いが出来(でき)人民(じんみん)でありたら()れが(まこと)差添(さしそへ)(たね)()るぞよ。238(これ)から(もと)(たね)(あら)はして(ぜん)(あく)とを()けて()せるぞよ。239()(かみ)経綸(しぐみ)何程(なにほど)(あく)(たね)でも今度(こんど)(きは)改心(かいしん)さえ(いた)したなら、240(もと)(たね)(あら)はさずに(ぜん)(あく)との真釣合(まつりあ)はせを(いた)して御用(ごよう)(いた)さすから、241()金神(こんじん)慈悲心(じひごころ)(こころ)(そこ)浸徹(しみとほ)りたら、242如何(どんな)悪魔(あくま)改心(かいしん)せずには()れぬやうに()りて、243(こころ)から発根(ほつこん)改心(かいしん)いたすやうに()るから、244第一番(だいいちばん)にこの大本(おほもと)内部(ないぶ)から充分(じうぶん)身魂(みたま)(きよ)らかに(いた)さんと、245世界(せかい)(かみ)守護神(しゆごうじん)人民(じんみん)()しが()かんぞよ。246(いま)大本(おほもと)千騎一騎(せんきいつき)改心(かいしん)(とき)()るぞよ。247一日(いちにち)でも(をく)れる(ほど)世界(せかい)(なが)(くる)しむぞよ。
248 この()世界(せかい)(はじま)りは世界(せかい)一体(いつたい)泥海(どろうみ)()つて、249(ひか)りも(ぬく)みも(なに)ものもなかりたぞよ。250丁度(てふど)(たと)へて()へば朧月夜(おぼろつきよ)二三層倍(にさんそうばい)(くら)(つめ)たい世界(せかい)で、251(やま)(かわ)草木(くさき)(なに)一種(ひといろ)なかつたので()るぞよ。252(その)(どろ)世界(せかい)()()けは五百丈(ごひやくぜう)ばかり、253()(ふと)さは三百丈(さんびやくぜう)(ほど)()蛇体(じやたい)荒神(あらがみ)住居(すまゐ)して()られたのが、254御精神(ごせいしん)()大神様(おほかみさま)前身(ぜんしん)で、255(これ)五六七(みろく)大神様(おほかみさま)御成(おな)(あそ)ばしたので()るぞよ。256(まこと)長閑(のどか)やかな御神姿(おすがた)で、257(うろこ)一枚(いちまい)もなし、258(つの)一本(いつぽん)もなし、259(からだ)(いろ)青水晶(あをずいせう)のやうな立派(りつぱ)神様(かみさま)で、260天地(てんち)(もと)祖神(をやがみ)()られたので()るぞよ。261斯世(このよ)創造(さうぞう)して、262天地(てんち)(ひら)(こと)非常(ひじよう)苦心(くしん)(あそ)ばしましたのが、263()大神様(おほかみさま)第一番(だいいちばん)で、264ミロクの大神(おほかみ)ともツキの大神(おほかみ)とも申上(もうしあ)げる御神様(おんかみさま)であるぞよ。265世界(せかい)(つく)るに(つい)非常(ひじよう)独神(ひとり)御心配(ごしんぱい)(あそ)ばして御座(ござ)(ところ)へ、266(おな)じく()たやうな御神姿(おすがた)大蛇神(だいじやじん)(あら)はれたが、267()(かみ)には十六本(じふろくほん)(あたま)(つの)()えて、268(その)(つの)(さき)から大変(たいへん)(ひか)りが(あら)はれて()神様(かみさま)に、269五六七(みろく)大神様(おほかみさま)世界(せかい)創造(さうぞう)御相談(ごさうだん)をお()けになつたので()るぞよ。270()(その)(とき)六六六(みろく)大神様(おほかみさま)御言葉(おことば)には、271何時(いつ)まで()うして(どろ)世界(せかい)(くら)(ところ)住居(すまゐ)(いた)して()つても、272(なに)(ひと)つの(たのし)みもなし、273(なん)功能(かうなう)もなし、274沢山(たくさん)眷属(けんぞく)()(こと)なり。275(なん)とか(いた)して立派(りつぱ)天地(てんち)(つく)()げ、276(よろづ)眷属(けんぞく)(たの)しく(くら)すやうに(いた)したいのが、277(われ)大望(たいもう)()るが、278其方様(そなたさま)(われ)片腕(かたうで)となりて天地(てんち)立別(たてわ)け、279(うる)はしき地上(ちぜう)世界(せかい)(つく)御心(おこころ)()りませぬかと御尋(おたづ)(あそ)ばしたら、280()大神(おほかみ)前身(ぜんしん)なる(あたま)十六本(じふろくほん)(ひかり)(つの)()やした大蛇神様(だいじやじんさま)御答(おこたへ)には、281我身(わがみ)女体(によたい)(こと)なり、282()()()んな(ごう)(ふか)見苦(みぐる)しき姿(すがた)()りますから、283貴神様(あなたさま)()うな御精神(ごせいしん)()い、284立派(りつぱ)神様(かみさま)片腕(かたうで)()ると()(こと)は、285(をそ)()りて御言葉(おことば)(したが)(こと)出来(でき)ませぬと、286大変(たいへん)(へりく)だつて御辞退(ごじたい)(あそ)ばしたなれど、287六六六(みろく)大神様(おほかみさま)()いて御頼(おたの)みに()(われ)片腕(かたうで)()るのは其方様(そなたさま)より(ほか)にない、288()見込(みこ)んで()るからとの(おほ)せに、289()大神様(おほかみさま)左様(さやう)なれば御本望(ごほんもう)()ぐるまで我身(わがみ)(ちから)一杯(いつぱい)活動(かつだう)いたして()ます、290()(かは)りに天地(てんち)立派(りつぱ)出来上(できあが)りましたら、291(われ)末代(まつだい)貴神様(あなたさま)女房役(にようぼうやく)(いた)して(くだ)され(わたし)女房役(にようぼうやく)となりて万古末代(まんごまつだい)世界(せかい)(てら)しますとの御約束(おやくそく)()高天原(たかあまはら)竜宮館(りうぐうやかた)(むす)ばれたので()りたぞよ。292其所(そこ)(うしとら)金神(こんじん)前身(ぜんしん)国常立尊(くにとこたちのみこと)荒神(あらがみ)(あら)はれて、293世界(せかい)(つく)(あそ)ばす御手伝(おてつだい)()して(くだ)されと御願(おねがい)申上(もうしあ)げたので()りたぞよ。294そこで六六六(みろく)大神様(おほかみさま)早速(さつそく)御承知(ごせうち)被下(くざさ)(おほ)(あそ)ばすには、295其方(そのほう)見掛(みかけ)()らぬ誠忠無比(せいちうむひ)(かみ)であるから世界(せかい)一切(いつさい)(まか)すから、296落度(おちど)のなきやうに(いた)すが()かろうと(おほ)せられ、297其上(そのうへ)国常立之命(くにとこたちのみこと)思兼(おもひやり)(かみ)(もう)御名(おんな)(くだ)され、298八百万(やほよろづ)神様(かみさま)(あま)山河澄(やす)川原(かわはら)(あつ)めて一人(いちにん)眷属(けんぞく)(のこ)さず相談(さうだん)中間(なかま)()れて大集会(だいしゆうかい)(あそ)ばしたので()()(かぎ)りに住居(すまゐ)いたして()れる蛇体(じやたい)神々様(かみがみさま)(あつま)()ふて御協議(ごきやうぎ)(うへ)299六六六様(みろくさま)(おほ)せの(とほ)りに国常立之命(くにとこたちのみこと)総体(そうたい)(つぼね)(えら)(くだ)さりたのであるぞよ。
300 そこで八百万(やほよろづ)神々(かみがみ)意見(いけん)()()りて、301()(よし)五六七(みろく)大神様(おほかみさま)申上(もうしあ)げたら、302()大神(おほかみ)伊邪那岐之尊(いざなぎのみこと)(さま)(つき)大神(おほかみ)五六七様(みろくさま)との御弐体(おふたかた)大神様(おほかみさま)(さら)集会(しうかい)あそばして、303国常立之尊(くにとこたちのみこと)()(つく)(ぬし)(いた)すぞよとの御命令(ごめいれい)(くだ)りたので、304()(ほう)()主宰(しゆさい)となりて多陀与弊流地面(ただよへるくに)修理固成(つくりかため)いたしたのであるぞよ。305(てん)()()中界(ちうかい)()()下界(げかい)()())で世界中(せかいぢう)天地中界(てんちちうかい)三才(さんさい)()()(ばか)りで()りた()一番(いちばん)大将神(たいせうがみ)御位(みくらい)御出(おいで)(あそ)ばしたので()())を(みつ)(あわ)せてミロクの大神(おほかみ)(もう)すのであるが、306(てん)(みづ)の(())の(なか)から(ほち)一霊(いちれい)()(くざ)りて(いづ)())と(てん)(かた)まり()()())に(ほち)一霊(いちれい)(くわ)はりて()(なな)地成(ななり))となりたから、307()(もと)から(もう)せばミロクは六六六(みろく)なり、308(いま)()立直(たてなを)しの御用(ごよう)から(もう)せばミロクは五六七(みろく)()るのであるから、309六百六十六の守護(しゆごう)(いま)までのミロクで、310(これ)からのミロクの御働(おはたら)きは五六七(みろく)()るので()るぞよ。311国常立之尊(くにとこたちのみこと)()(もと)修理固成(かためしめ)るに(つい)て、312天地中界(てんちちうかい)区別(くべつ)もなく、313世界(せかい)一団(いちだん)泥土(どろつち)泥水(どろみづ)()()(やう)がなかりたので、314(かた)いお(つち)(たね)をミロクの大神様(おほかみさま)御願(おねがい)(もう)()げたら、315大神様(おほかみさま)()ぐに御承知(ごしようち)になりて一生懸命(いつせうけんめい)(いき)()()けなされて一凝(ひとこ)りの(かた)いお(つち)出来(でき)たのを国常立之尊(くにとこたちのみこと)此方(このほう)御授(おさづ)けに()りたので(その)一団(いちだん)御土(おつち)(たね)(いた)して(つち)(みづ)とを立別(たてわ)け、316(やま)317(かわ)318(はら)319()320(うみ)(こし)らえたのが()先祖(せんぞ)大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)であるぞよ。321(うしとら)金神(こんじん)大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)姿(すがた)(いま)まで筆先(ふでさき)にも(あら)はした(こと)はなかりたなれど、322(おそ)(おほ)きミロクの大神様(おほかみさま)323()大神(おほかみ)さまの御神姿(おんみすがた)まで筆先(ふでさき)()して()らしたから、324何時(いつ)までも発表(はつぴやう)見合(みあ)はす(こと)出来(でき)ぬから、325実地(じつち)姿(すがた)()(しる)すぞよ。
326 大国常立之尊(おほくにとこたちのみこと)(もと)(まこと)姿(すがた)(かしら)八本(はちほん)(つの)()えた鬼神(おにかみ)姿(すがた)で、327(みな)神々(かみがみ)(あま)(おそ)ろしいと(もう)して()()かぬやうに(いた)した(くら)いの姿(すがた)()るから、328(いま)人民(じんみん)(もと)(しん)姿(すがた)()せたら、329(ふる)(あが)りて()(まわ)すぞよ。
330 (つき)大神(おほかみ)御成(おなり)(あそ)ばした五六七(みろく)大神様(おほかみさま)()大神様(おほかみさま)と、331御二体(おふたかた)大神(おほかみ)が(水火(いき))を()はして(てん)(かた)めに御上(おあが)(あそ)ばした霊場(れいじやう)(いま)綾部(あやべ)神宮(じんぐう)本宮(ほんぐう)(つぼ)(うち)332竜宮館(りうぐうやかた)()高天原(たかあまはら)であるぞよ。333日本(にほん)世界(せかい)中心(まんなか)であり、334綾部(あやべ)日本(にほん)中心(まんなか)()るから、335天地(てんち)神々(かみがみ)()(もと)から(のぼ)(くだ)りを(いた)されたり集会(しうかい)(あそ)ばし(まし)て、336天地(てんち)(つく)られる(をり)御相談(ごさうだん)なされた結構(けつこう)霊地(とち)であるから、337(その)時分(じぶん)にはたつ(とり)()ちる(いきほ)いの場所(ばしよ)言霊(ことたま)()(もと)でありたぞよ。338(その)(のち)(うしとら)金神(こんじん)八百万(やほよろづ)邪神(あくがみ)(うしとら)押込(おしこ)められてから、339一旦(いつたん)悉皆(みな)(かげ)(かたち)もなきやうに(ほろ)びて(しも)ふたが、340時節(じせつ)(まい)りて煎豆(いりまめ)にも(はな)()きて(ふたた)国常立之尊(くにとこたちのみこと)()()(もど)りて()たから、341変性男子(へんぜうなんし)女子(によし)との身魂(みたま)()りて、342()(もと)からの因縁(ゐんねん)()いて()かせる世界一(せかいいち)大本(おほもと)()りたので()るぞよ。343(てん)(かた)まりたのは御弐体(おふたかた)大神様(おほかみさま)(てん)(あが)りて各自(めいめい)水火(いき)()はしてキリキリと左右(さゆう)三遍(さんぺん)御舞(おま)()されて伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)(あそ)ばすと、344()れで(てん)完全(かんぜん)固成(かたまり)たので()るぞよ。345(つぎ)()()()(たま)伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)()りて(てん)幾億万(いくおくまん)(ほし)出現(しゆつげん)したので()るぞよ。346(その)(ほし)(かづ)だけ()世界(せかい)生物(いきもの)(そだ)ちたら()れで一旦(いつたん)()(あら)(かえ)()るので()るぞよ。347(てん)判然(はつきり)(つく)れたなれど、348()()世界(せかい)充分(じうぶん)(かた)まりて()らなんだ(さい)に、349(かしら)十本(じつぽん)(つの)()へた大蛇神(だいじやじん)(われ)()世界(せかい)修理固成(つくりかため)加勢(かせい)よりも(てん)(あが)りて天上(てんぜう)から(はたら)()いと(もう)されて(てん)で○○○○○○と()られたのであるが、350大変(たいへん)御神力(ごしんりき)(つよ)いので御惣領(ごそうりやう)()てあるなれど、351(いま)世界(せかい)人民(じんみん)(おも)ふて()(やう)(こと)とは神界(しんかい)様子(やうす)()大変(たいへん)(ちが)いであるぞよ。352それで()(てん)(ほう)(かた)まりて(うご)かぬ(こと)()りたなれど、353国常立之尊(くにとこたちのみこと)主宰(しゆさい)する()世界(せかい)()充分(じうぶん)(とこ)へは()()らんから、354此方(このほう)先途(せんど)()ちて()()らん(かぎ)方々(ほうぼう)(かみ)申付(もうしつ)けて持場(もちば)持場(もちば)(かた)めさしたのが国々(くにぐに)国魂神(くにたまかみ)()るぞよ。355(その)(をり)には(いづ)れの(かみ)(こころ)(ひと)つに素直(すなほ)活動(かつどう)なされて、356()世界(せかい)(ほど)なく(かた)まりて眼鼻(めはな)()(やう)結構(けつこう)()つたのであるが、357(いま)露国(ろこく)方面(ほうめん)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇神(だいじやじん)住居(すまゐ)いたして()りたか、358(その)蛇神(じやじん)目的(もくてき)綾部(あやべ)高天原(たかあまはら)中心(まんなか)として()いて、359自身(われ)(てん)(あが)りて(てん)から末代(まつだい)()世界(せかい)守護(しゆごう)いたし()いと()(おも)わくで()りたなれど、360()れより(さき)(てん)(つく)りたいと(おも)ふて()()苦労(くろう)(あそ)ばしたミロク(さま)なり、361一番(いちばん)相談(さうだん)()つて供々(ともども)活動(かつどう)なされた()大神様(おほかみさま)なり、362()世界(せかい)国常立之尊(くにとこたちのみこと)なり、363()(もと)根本(こんぽん)(はじま)りに天地(てんち)三体(さんたい)(かみ)八百万(やほよろづ)(かみ)(あつ)めて天地(てんち)創造(さうぞう)いたした(その)(あと)八頭八尾(やつがしらやつを)巨蛇神(おうじやじん)(あら)はれて、364何程(なにほど)天地(てんち)自由(じゆう)(いた)そうと(おも)ふても(だれ)相手(あいて)(いた)すものがなかつたのであるぞよ。365()八頭八尾(やつがしらやつを)蛇神(じやじん)()世界(せかい)充分(じうぶん)(みだ)らして()いて、366(われ)自由(じゆう)(いた)(かんが)えで種々(いろいろ)(うま)(こと)(もう)して(まこと)(かみ)まで()()れて、367()神国(しんこく)()持荒(もちあ)らし、368(しまい)には()先祖(せんぞ)此方(このほう)まで押込(おしこ)めるやうに(たく)みて(あく)目的(もくてき)(いま)まではトントン拍子(びやうし)面白(おもしろ)(ほど)()たなれど、369今度(こんど)(うしとら)押込(おしこ)められて()りた此方(このほう)時節(じせつ)()()()世界(せかい)一切(いつさい)主宰(つかさ)するやうに()りたから、370改心(かいしん)いたせば供々(ともども)()曳合(ひきあ)ふて神界(しんかい)御用(ごよう)()てて()るなり、371改心(かいしん)出来(でき)ねば弥々(いよいよ)(とど)めを()して往生(おうぜう)さすぞよ。