霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

荷車

インフォメーション
題名:04 荷車 著者:出口王仁三郎
ページ:36 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c19
─十七八歳の頃─
霜の夜の一番鶏に起き出でて凍てたる道を荷車曳き行く
凍て道に足すベらせて土橋のうへより荷車もろともに落つ
父と子が川底に落ちてさいはひに微傷だもせず神の救助か
生活の資料の荷車破壊して貧しき世帯のなやみは増しぬ
亀岡の寝しづまりたる町中を毎夜カラカラ荷車曳きゆく
篠村のとろとろのぼり坂道を霜夜に汗して荷車を曳く
大枝坂松風洞を出づるころ東の空はしらみそめけり
松風洞東に出づればくだりざか車の轍やすやすころがる
大枝坂七本杉のかげに立ち霜夜の汗を拭きつつやすらふ
真夜中を大枝の坂に車曳きて山賊共におびやかされたり
夜から夜へ働きてえし利得をば一度は残らず山賊にとらる
霜の朝も夏の真夜中も厭ひなく荷車曳きし若き日のわれ
生活におびやかされて止むを得ず昼夜わかたず働きしわれ
田を作るいとまいとまに柴を刈り車をひきて若き日はすぐ
生活に忙しき身も歌を詠み句を作りつつ楽しき日ありぬ
音頭の声破らむとして囂囂とみなぎり落つる瀧浴び唄ふ
瀧の音と声を競ひて咽を破り血を吐きしこと毎度ありけり
七匹の狸の昼寝発見し鎌をふるつて二匹まで獲る
柴の荷に狸ぶらさげ帰るさの月夜にあやまり山池に落ちぬ
たそがれて柴担ひつつ墓の下ものをもいはず走りてかへる
穂芒の風になびける夕まぐれ墓下道にきもをつぶしぬ
臆病とひとにわらはれ腹立てど墓の下道何時もいやらし
薮陰の辻の地蔵に線香立ついやらしき道も恋許り通へり
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→