霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』予約受付中(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

麦蒔

インフォメーション
題名:21 麦蒔 著者:出口王仁三郎
ページ:75 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c36
─二十三四歳の頃─
一円の懸賞づきにて醤油五合飲みくらべせし友のつどひて
眼をつぶり顔をしかめて五合の醤油をやつと飲み干しにけり
咽喉かわき耐へがたきまま里川の流水がぶがぶ鯨飲なしたり
冷水を幾許飲んでも咽喉かわく苦しき腹は布袋となりぬ
布袋腹にはかにいたみ雪隠に一日数十度かよひつめたり
一円の懸賞とりて農繁の秋半月を病床にくるしむ
わが病める原因父は探知して大いにいかり床より追ひ出す
腹下し瘠せおとろへし身を起し泣き泣き秋田の麦蒔なしぬ
空想にふけりつ秋田に麦を蒔きつ後見ず高岸ゆ墜落をなす
一丈余の高岸の上より逆さまに山田に落ちて腰いためける
足乳根の父に隠してびつこひき半泣き顔を秋田にはたらく
いつの間にか腰部はしるく腫れあがり遂には父に発見されたり
足乳根の父は驚き医師の家に顔あをざめて自ら走せ行く
赤熊の外科医来りて診断し不治の疵よと宣りてかへれり
外科医師の言に少しは驚きしが勇気を皷して灸すゑて見し
三週間一日も欠かさず灸すゑて腰のなやみも全くなほりぬ
初冬の空に麦田をたがやせば又腰冷えてチクチクいためり
灸すゑてやうやく腰は癒えたれどつづいて腹水病を起せり
津の国の草山村に灸の師を訪ひてやうやく平癒にむかひぬ
灸の師の家に警官入り来り無免許医と曳きてかへれり
灸術師老爺のあとを追ひながらわれも地黄の警察に行く
灸術師二十五銭の科料金気の毒のまま弁じてかへる
八十の年をとりたる老灸師二十五銭で放免されたり
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→