霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

後姿

インフォメーション
題名:54 後姿 著者:出口王仁三郎
ページ:152 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c69
─二十五六歳の頃─
野上がりの青草刈らむと山にゆきて彼女に逢ひぬ谷川の辺に
話すべきことは山ほどありながら口篭もるかな故は知らねど
谷川の水を鎌にていぢりつつ彼女も吾もうつむき向へり
盗み目に彼女の面をながむれば色紅に染まりてあるも
瀬をはやみ岩にせかるる谷川の百人一首の歌身にせまる
この歌をひそびそよみつ何ゆゑか彼女の前に声ふるふなり
彼の女つと立ちあがり篭を背に負ひたる刹那人声きこゆる
入声の近づくままによく見ればあはれ彼女の叔父にてありけり
このやうなところに二人何してる早くかへれと叔父の高声
彼の女ハイと答へて篭を負ひかへる後姿何か淋しき
彼の女しほしほかへる後姿を見おくるわれは胸さわぎすも
あきらめし女なれどもゆくりなく今日逢ひしより再び胸燃ゆ
人なきを幸ひわれと吾がこころ大馬鹿者よと呶鳴りてもみし
石垣の崩るる如くガラガラと木の茂みよりわらひごゑわく
谷川辺に吾呆然とたたずめば草刈りの友四五人あらはる
馬鹿野郎あんなすべたがどこがよい見捨ててしまへと草刈りの友いふ
梟鳥の夜食にはづれし心地して体裁わるくわれ黙しゐぬ
この日より噂ますます高まりて肌に知られぬ濡衣きにけり
朝夕に牛乳の配達おこたらず昼は野山に草を刈りたり
一寸に足らぬ芝草刈る夏のあつさに汗はたきとながるる
石ころに鎌すべらして中指の先をしたたか欠ぎとりにけり
中指の尖端鎌にむしられて草刈るわざを是非なくやすむ
浄瑠璃の夜半に逢ひたる中村のをみな訪ひ来ぬ夏の夕暮
背は高く身体は肥えて色白く夕べのわが目に麗しかりけり
今日からは炊事裁縫手伝ふと女房気どりて彼女言ひけり
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→