霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

靴音

インフォメーション
題名:25 靴音 著者:出口王仁三郎
ページ:84 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c40
─二十三四歳の頃─
牧場に一人寝ねたる月の夜をしのび入り来る女ありけり
この女まだ十六の秋ながらいたくませたりつかつかもの云ふ
つかつかともの言ふ女をはづかしみわが面ほてりてうつむきて居り
この女二世を契れと泣きつきて帰らぬ夜半を井上入り来る
井上は女の姿見るよりも此処には置かぬとわれを追ひ出す
追ひ出されのめのめ居るよな男かと啖呵きりつつ彼女の家に行く
若き女に随ひゆけば其の家の老いたる母はわれをたしなむ
そんなこと知らぬ知らぬと云ひながら寝床の中にもぐりこみたり
手に合はぬやんちや男といひながら彼女の母は夜具をきせたり
靴のおと高く井上入りきたり吾を引張り牧場にかへる
勉強をせなくてならぬ年ごろでちと心得と井上が云ふ
これからは心得ますと云ひながら吾うつむきて舌を出したり
ぷんぷんと怒りて井上帰りゆく後より吾は腮をしやくれり
舌を出し腮をしやくりし吾がわざを文助親爺がそつと見て居り
文助は一部始終をまつぶさに告げたるらしき井上の面
井上はそれより言葉あらたまり吾を先生先生と呼ぶ
先生はあなたのことよわしは今書生と云へば井上空向く
舌を出し鰓をしやくるは俺よりも先生なりと井上皮肉る
何となく師弟の間折り合はず言葉の端にもかど立つが見ゆ
このやうなやんちや男はたまらぬと井上弟を牧場に入れたり
井上の弟徳はわれよりも一段ましてやんちやなりけり
徳松をともなひ毎夜劇場に乞食芝居を見にかよひたり
徳松を誘惑したと井上が弟のひいきばかりするなり
十六のをんなたちまち発狂し喜楽喜楽とさけびまはれり
母親は娘の病なほすため一度来れと呼びに来にけり
てれくさいながらも女に会ひたさにいやさうな顔してついて行きたり
恋しくて会ひたく思へるその矢先母の招きはもつけの幸ひ
ゆきて見れば彼女は高き水枕頭に氷嚢あててさけべり
喜楽さんが来てくれたよと母云へば彼女は忽ち笑ひ出したり
井上が後を追ふかと案じつつこはごはながらしばし看病りつ
喜楽さんこの娘をどうしてくれるかと母親お松の膝づめ談判
いひほどく術も無ければやむを得ず医者になりたら妻にすると答ふ
その言葉間違ひなくば安心とよろこび娘に云ひ聞かす母
その日より娘の病つぎつぎに全快したれど母親会はさず
母親になぜ会はさぬとなじり問へば医者になつたら曾はすとくび振る
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→