霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

牧場

インフォメーション
題名:31 牧場 著者:出口王仁三郎
ページ:99 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c46
─二十三四歳の頃─
園部より逃げて帰ればわが父は額の凸凹眺めておどろく
園部より五里の夜道を逃げ帰りほろりとなつた吾が家の軒
凸凹は如何して出来た直吉に叩かれたかと父は問ひけり
実状をあかせば父は憤慨しせがれの頭を打ちよつたと怒る
親でさへ打たぬ頭を直吉奴料簡ならぬと雄猛びなしをり
腹立てば煙管や棍棒で打つ父が腹立ちまぎれにこんなといふ
ともかくも様子はあとでわかるから今日は休めと宣りて野に行く
大切な息子を打つた直の奴もうかへさぬと父雄たけびす
この夏は大旱魃ぢや幸に稲田に水かへさせんとよろこぶ
竪釣瓶水汲む途端に足場はづし井戸に陥り両腕ぬきたり
その時にぬきたる疵が六十の今になつてもものいふ苦しさ
搾乳や配達出来ぬに困り果て叔父の清六を呼びによこせり
叔父なる佐野清六いろいろと父をなだめて吾を連れかへる
井上の家にかへれば夫婦ともプリンと面をふくらしてゐる
馬鹿らしいもう俺はいぬと言ひながら闇夜に館を駈け出しにけり
吾が叔父も従兄弟井上直吉もおどろきあとより追つかけきたる
いち早く闇にまぎれて藤坂の薬店に入りてひそみゐたりき
奥の間にひそみてをれば吾が従兄弟叔父諸共に藤坂に来る
藤坂の主人と叔父と井上と店の間に坐し論戦つとむる
藤坂はわたしが医者に仕上げると気烱萬丈あたる術なし
夜を更かし談の結果うち解けて再び牧揚に立ち帰りけり
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→