霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

満俺鉱

インフォメーション
題名:38 満俺鉄 著者:出口王仁三郎
ページ:115 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c53
─二十五歳の頃─
満俺砿さぐらむとして南桑田船井両郡の山かけまはる
赤禿の山よぢのぼり黒き岩を鑿にてかきとり満俺とよろこぶ
朝夕を山かけめぐり手や足にかすり傷してなほ倦まざりき
この頃の喜楽は如何かしてゐると村上信夫氏あやしみて問ふ
満俺鉱みつけて一つ金儲けするのといへば村上氏うなづく
喜楽さん俺も一緒に行かうよと慾にとぼけた村上氏いふ
村上氏ともなひ握飯もちてあたりの山山かけめぐりたり
船岡に満俺砿が出るとききて妙霊教会のうらなひを乞ふ
わが叔父の主管してゐる教会は満俺出るとの神示なりけり
満俺が出るとの神示に両人はちからづよくも山かけめぐる
断岸をいふみはづして村上氏数十間の谷底に落つ
村上氏落ちたるさまに驚きてわれも谷間にかけ下りけり
かけ下るはづみにあわて尻もちを尖りし石に幾度かつきぬ
石くれに尻を傷つきちがちがとゐざるが如く渓間に下りゆく
よく見れば村上信夫氏谷底にほほ笑みながら休らひてをり
別状はないかと問へば村上氏身軽のおかげで怪我なしといふ
断岸ゆ落ちし村上怪我もせずわれはかへりて尻を傷つく
尻の傷次第次第に腫れあがり歩みもならず痛むくるしさ
谷底にわれはうごめき村上氏は救援たのむと叔父の家にゆく
三十町の山路をたどる村上氏の短き足のはかどらぬかな
村上氏去りたるあとの淋しさを地獄に落ちし心地なりけり
待てどまてど村上来らず救援の人声もなく夜は更けわたる
村上氏叔父の家にも知らさずに馬鹿らしいとて家に帰れり
約五里の夜道を村上てくてくと知らぬ顔して穴太に帰る
待てどまてど人の来らぬかなしさに泣きわめく声谷に谺す
やむを得ず数十町の谷路を川辺の道路にはひ出したり
薪つみてゆく車あり朝あけをわれ木かげより呼びとめてみし
呼びとめし男は驚きふり返りわが顔眺めてあつと叫べり
よくみれば従兄弟の佐野倉吉と知りしうれしさ涙こぼるる
わが従兄弟道のかたへに車おきて叔父のやかたに負ひてゆきけり
わが叔父の妙霊教会にこもらひて負傷の平癒日夜に祈る
やや少し痛みとまればいらだちて杖つきながら帰り路につく
五里の道帰りてみれば足腫れて十日余りもうち伏しにけり
わが足の病なほりし夕暮を村上方へたづね行きけり
喜楽さんお前は狐か奴狸か年寄りのわしをだましたと怒る
あまりにも腹立つままに谷底に捨て帰りしと村上氏答ふ
お前こそ友の負傷を知らぬがに不人情よとわれはなじれり
みせしめのために谷間に捨ておいて帰つてやつたと無茶ばかり言ふ
不足いふつもりで村上訪ぬれば逆襲されてギヤフンとなりぬ
満俺の失敗ばなし村中に村上の口よりひろまりにけり
村びとはわれを満さん満さんとあざけり半分あだ名つけたり
貧乏になやみしわれは千金を一獲せむとて尻をわりたり
満俺はいふも更なり金銀砿その後はさがす気にもなれなく
わが友の和一来りてまた山へ満俺さがしに行こかとからかふ
満俺といはれる度にはづかしく顔あからめてうつむきにけり
ありもせぬ金を使ひて山かけり遂には尻に傷をうけたり
教会の神示もあたらずいたづらに山をかけりて怪我したるのみ
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→